メトトレキサート 添付 文書。 添付文書情報検索

メトトレキサートの効果・副作用

メトトレキサート 添付 文書

メトトレキサート通常療法 本剤の効能・効果及び用法・用量に基づく療法 においては、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 重大な副作用 頻度不明• ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー 冷感、呼吸困難、血圧低下等 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 骨髄抑制:汎血球減少、無顆粒球症 前駆症状として発熱、咽頭痛、インフルエンザ様症状等が現れる場合がある 、白血球減少、血小板減少、貧血等の骨髄抑制、再生不良性貧血が現れることがあるので、頻回に血液検査を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には減量、休薬等の適切な処置を行う。 感染症:呼吸不全にいたるような肺炎 ニューモシスティス肺炎等を含む 、敗血症、サイトメガロウイルス感染症、帯状疱疹等の重篤な感染症 日和見感染症を含む が現れることがあるので、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、抗生剤、抗菌剤の投与等の適切な処置を行う。 劇症肝炎、肝不全:劇症肝炎、肝不全、肝組織の壊死・肝組織の線維化、肝硬変等の重篤な肝障害 B型肝炎ウイルスによる肝障害又はC型肝炎ウイルスによる肝障害を含む が現れることがあるので、頻回に肝機能検査を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。 急性腎障害、尿細管壊死、重症ネフロパチー:急性腎障害、尿細管壊死、重症ネフロパチー等の重篤な腎障害が現れることがあるので、頻回に腎機能検査を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 間質性肺炎、肺線維症、胸水:間質性肺炎、肺線維症、胸水等が現れ、呼吸不全にいたることがあるので、観察を十分に行い、発熱、咳嗽、呼吸困難等の呼吸器症状が現れた場合には、速やかに胸部X線等の検査を行い、本剤の投与を中止するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 :中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群等の重篤な皮膚障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、発熱、紅斑、そう痒感、眼充血、口内炎等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 出血性腸炎、壊死性腸炎:出血性腸炎、壊死性腸炎等の重篤な腸炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、激しい腹痛、下痢等の症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 膵炎:膵炎が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 骨粗鬆症:骨粗鬆症が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、骨塩量減少等の異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 脳症 白質脳症を含む :脳症 白質脳症を含む が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。 メトトレキサート通常療法 1. 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者。 肝障害のある患者[肝障害を増悪させる恐れがある]。 腎障害のある患者[本剤の排泄遅延により副作用が強く現れる恐れがある]。 胸水、腹水等のある患者[胸水、腹水等に長時間貯留して毒性が増強されることがある]。 慎重投与• 骨髄機能抑制のある患者[骨髄機能抑制を増悪させる恐れがある]。 感染症を合併している患者[骨髄機能抑制により感染を増悪させる恐れがある]。 水痘患者[致命的全身障害が現れることがある]。 重要な基本的注意• 骨髄機能抑制、肝機能障害・腎機能障害等の重篤な副作用が起こることがあるので、頻回に臨床検査 血液検査、肝機能・腎機能検査、尿検査等 を行うなど、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には減量、休薬等の適切な処置を行う。 また、使用が長期間にわたると副作用が強く現れ、遷延性に推移することがあるので、投与は慎重に行う。 出血性腸炎、消化管潰瘍・消化管出血等の消化管障害が現れることがあるので、口内炎、激しい腹痛、嘔吐、下痢等の症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 また、患者に対し、口内炎が現れた場合には、直ちに連絡するよう注意を与える。 感染症の発現又は感染症増悪、出血傾向の発現又は出血傾向増悪に十分注意し、異常が認められたときには投与を中止し、適切な処置を行う。 また、患者に対し発熱、倦怠感が現れた場合には、直ちに連絡するよう注意を与える。 小児及び高齢者に投与する場合には、副作用の発現に特に注意し、慎重に投与する。 小児及び生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮する。 本剤と放射線療法の併用により軟部組織壊死及び骨壊死の発現頻度が高まるという報告があるので、併用治療を行う場合には当該症状の発現を考慮する また、併用治療後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。 副作用が発現した場合には、適切な処置を行いながら、本剤の拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する。 免疫機能が抑制された患者への生ワクチン接種により、ワクチン由来の感染を増強又は持続させる恐れがあるので、本剤投与中に生ワクチンを接種しない。 B型肝炎ウイルスキャリア又はC型肝炎ウイルスキャリアの患者に対する本剤の投与により、重篤な肝炎や肝障害の発現が報告されており、死亡例が認められている。 また本剤投与終了後にB型肝炎ウイルスが活性化することによる肝炎等の発現も報告されている。 本剤投与に先立って、肝炎ウイルス感染の有無を確認し、B型肝炎ウイルスキャリアの患者及びB型肝炎既往感染者 HBs抗原陰性かつHBc抗体陽性又はHBs抗原陰性かつHBs抗体陽性 又はC型肝炎ウイルスキャリアの患者に対し本剤を投与する場合、投与期間中及び投与終了後は継続して肝機能検査や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行うなど、B型又はC型肝炎ウイルス増殖の徴候や症状の発現に注意する。 相互作用 併用注意:• サリチル酸等の非ステロイド性抗炎症剤[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害等 が増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 主として、非ステロイド性抗炎症剤の腎におけるプロスタグランジン合成阻害作用による腎血流量の低下及びナトリウム、水分貯留傾向のためメトトレキサートの排泄が遅延するためと考えられている ]。 スルホンアミド系薬剤、テトラサイクリン、クロラムフェニコール、フェニトイン、バルビツール酸誘導体[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 併用薬剤が血漿蛋白と結合しているメトトレキサートを競合的に置換遊離し、メトトレキサートの濃度を上昇させ、その毒性を増強させる ]。 スルファメトキサゾール・トリメトプリム[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 両薬剤の葉酸代謝阻害作用が協力的に作用するためと考えられている ]。 ペニシリン ピペラシリンナトリウム等 、プロベネシド[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 併用薬剤がメトトレキサートの腎排泄を競合的に阻害するためと考えられている ]。 シプロフロキサシン[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 発現機序の詳細は不明であるが、メトトレキサートの腎尿細管からの排泄が阻害されるためと考えられている ]。 レフルノミド[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 併用により骨髄抑制等の副作用を増強するためと考えられている ]。 プロトンポンプ阻害剤[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 機序は不明であるが、メトトレキサートの血中濃度が上昇することがある ]。 ポルフィマーナトリウム[光線過敏症を起こすことがある ポルフィマーナトリウムは光感受性を高める作用があるため、光線過敏症を起こしやすい薬剤の作用を増強する ]。 高齢者への投与 高齢者では腎機能等生理機能が低下していることが多く、メトトレキサートの排泄遅延により副作用が現れやすいので、腎機能検査値に十分注意し、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[催奇形性を疑う症例報告があり、また、動物実験 マウス、ラット及びウサギ で催奇形作用が報告されている]。 母乳中への移行が報告されているので、授乳中の婦人には投与しない。 小児等への投与 低出生体重児、新生児、乳児 1歳未満 に対する安全性は確立していない 使用経験が少ない。 臨床検査結果に及ぼす影響 トリメトプリム スルファメトキサゾール・トリメトプリム配合剤 を併用した場合、DHFRを用いたメトトレキサート濃度の測定で見かけ上高値を呈することがあるので注意する DHFR dihydrofolate reductase:2水素葉酸還元酵素。 過量投与• 徴候・症状:外国で過量投与時に報告された主な症状は血液障害及び消化管障害であった また、重篤な副作用を発現し、致命的経過をたどった症例が報告されている。 処置:過量投与したときは、すみやかに本剤の拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与するとともに、本剤の排泄を促進するために水分補給と尿のアルカリ化を行う 本剤とホリナートカルシウムの投与間隔が長いほど、ホリナートカルシウムの効果が低下することがある。 その他の注意• 本剤を長期使用した患者あるいは本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した患者に、悪性リンパ腫、急性白血病、骨髄異形成症候群 MDS 等の二次発癌が発生したとの報告がある。 免疫機能が抑制された患者にワクチンを接種した場合、抗体反応の欠如が報告されている。 メトトレキサート通常療法で副作用が発現した場合には、適切な処置を行いながら、本剤の拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム をロイコボリンとして、通常、成人1回6~12mgを6時間間隔で4回筋肉内注射、あるいはロイコボリンとして、通常、成人1回10mgを6時間間隔で4回経口投与する。 なお、過剰投与した場合には、投与した本剤と同量のロイコボリンを投与する。 保管上の注意 遮光保存、密閉容器。

次の

リウマトレックス(メトトレキサート)作用機序・飲み方・副作用

メトトレキサート 添付 文書

リウマトレックス(メトトレキサート)の作用機序:関節リウマチ治療薬 炎症などによって関節の骨が破壊されてしまい、変形してしまう病気として関節リウマチがあります。 関節リウマチでは関節破壊だけでなく、心臓や肺、皮膚など全身に症状が及ぶ場合もあります。 これら関節リウマチの治療薬として メトトレキサート(商品名:リウマトレックス)が使用されます。 メトトレキサートは 抗リウマチ薬と呼ばれる種類の薬になります。 メトトレキサート(商品名:リウマトレックス)の作用機序 関節リウマチでは、 関節の中でも滑膜に炎症が起こっています。 これによって滑膜の腫れや増殖を引き起こすようになり、炎症が関節全体に広がっていきます。 その結果、骨や軟骨が侵されていくことで関節が変形していきます。 このような事が起こる理由として、免疫系の暴走があります。 普段、病原菌などを体から退けるために重要となる免疫ですが、この免疫が間違えて自分自身を攻撃するようになります。 これを、 自己免疫疾患と呼びます。 関節リウマチは自己免疫疾患の1つであり、本来は攻撃するはずのない自分自身に対して免疫が攻撃を仕掛けるようになります。 これによって滑膜に炎症が引き起こされます。 そこで、関節リウマチでは免疫の作用を弱めてしまいます。 免疫の暴走を抑えることにより、関節リウマチによる関節破壊の進行を止めるのです。 このような免疫抑制作用によって関節リウマチを治療する薬がメトトレキサート(商品名:リウマトレックス)です。 免疫細胞は絶えず新しく作られており、そのために細胞分裂をしています。 この時、細胞を新しく作るためには設計図であるDNAが必要になります。 もしDNAが合成できなければ、細胞が増えることはありません。 つまり、 DNA合成を阻害すれば免疫細胞が作られなくなるため、関節リウマチの進行をストップさせることができます。 この時、DNAの合成には 核酸と呼ばれる原料が必要となります。 核酸を合成するためには 葉酸という物質が必要ですが、 メトトレキサート(商品名:リウマトレックス)は葉酸の活性化を阻害する作用があります。 メトトレキサートによって葉酸が活性化されないため、DNAの原料となる核酸が作られなくなります。 その結果、免疫細胞の細胞分裂が抑制されることで、免疫系の働きを弱めることができるようになります。 この酵素を ジヒドロ葉酸レダクターゼ(ジヒドロ葉酸還元酵素)と呼び、この酵素を阻害する事で核酸合成を抑制します。 このように、核酸を作るために必要な葉酸の活性化を抑制し、DNA合成を阻害する事で免疫系を弱める薬がメトトレキサート(商品名:リウマトレックス)です。 メトトレキサート(商品名:リウマトレックス)の特徴 関節リウマチの治療薬の中でも、メトトレキサート(商品名:リウマトレックス)は最も多用される薬の1つです。 関節リウマチによる炎症を強力に抑えることができ、臨床試験では中等度以上の改善率が60. 治療ではメトトレキサートを少ない量で使用し、薬の連続投与をした後に薬の投与を止める休薬期間を設けるなどの間欠投与を行います。 メトトレキサートの効果が表れはじめる時期は服用開始して1~2ヶ月後であり、それまでは薬を飲み続けなければいけません。 この理由ですが、メトトレキサートは鎮痛剤(痛み止めの薬)のように「痛み」という分かりやすい症状を抑えるのではなく、免疫系が関わる関節の破壊を止める薬です。 そのため、効果を実感するまでにどうしても時間がかかってしまうのです。 鎮痛剤やステロイドだけでは骨の破壊までは止めることができないため、これら抗リウマチ薬による免疫抑制作用が必要になります。 このような特徴によって関節リウマチを治療する薬がメトトレキサート(商品名:リウマトレックス)です。

次の

メトレート錠2mgの添付文書

メトトレキサート 添付 文書

本剤投与開始前に胸部X線等の検査で肺疾患の有無を確認し、さらに必要に応じて胸部CT検査等を行い、投与の可否を慎重に判断すること。 また、患者に対し、咳嗽、呼吸困難等の呼吸器症状があらわれた場合には、直ちに連絡するよう注意を与えること。 薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 サリチル酸等の非ステロイド性抗炎症剤 メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害等)が増強されることがある。 頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。 また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。 主として、非ステロイド性抗炎症剤の腎におけるプロスタグランジン合成阻害作用による腎血流量の低下及びナトリウム、水分貯留傾向のためメトトレキサートの排泄が遅延するためと考えられている。 スルホンアミド系薬剤 テトラサイクリン クロラムフェニコール フェニトイン バルビツール酸誘導体 メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。 また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。 併用薬剤が血漿蛋白と結合しているメトトレキサートを競合的に置換遊離し、メトトレキサートの濃度を上昇させ、その毒性を増強させる。 スルファメトキサゾール・トリメトプリム メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。 また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。 両薬剤の葉酸代謝阻害作用が協力的に作用するためと考えられている。 ペニシリン(ピペラシリンナトリウム等) プロベネシド メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。 また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。 併用薬剤がメトトレキサートの腎排泄を競合的に阻害するためと考えられている。 シプロフロキサシン メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。 また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。 発現機序の詳細は不明であるが、メトトレキサートの腎尿細管からの排泄が阻害されるためと考えられている。 レフルノミド メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。 また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。 併用により骨髄抑制等の副作用を増強するためと考えられている。 プロトンポンプ阻害剤 メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行うこと。 また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与すること。 機序は不明であるが、メトトレキサートの血中濃度が上昇することがある。 ポルフィマーナトリウム 光線過敏症を起こすことがある。 ポルフィマーナトリウムは光感受性を高める作用があるため、光線過敏症を起こしやすい薬剤の作用を増強する。 副作用 手術不能癌患者2例に 3H-メトトレキサートを0. また、分娩1ヵ月後の絨毛性腫瘍患者1例にメトトレキサート22. 最高血清中濃度は投与6時間後に1. メトトレキサート投与後12時間までの乳汁中へのメトトレキサートの分泌量は0. 薬物動態の表.

次の