秋葉原 あだち食堂。 秋葉原デカ盛り|大盛り定食店 「あだち」普通盛りでごはん『一升』です

あだち(千代田区)【デカ盛り】秋葉原の名所日本有数の老舗中の老舗てんこ盛り大繁盛店【大食い】

秋葉原 あだち食堂

秋葉原でメガ盛りの定食を食べるなら「ごはん処あだち」がオススメです。 このお店の売りは、なんといってもその常軌を逸したボリューム。 定食のごはんは普通盛りで1升(約3. 5kg)、大盛りで2升(約7kg)という常識では考えられないデカ盛りなのです。 もちろんおかずもデカ盛りで、名物の「あだちサービスセット」(980円)では、おでん、コロッケ、唐揚げ、天ぷらなどがテンコ盛り。 ネギトロ丼(海鮮丼)もスゴいです。 見ただけでお腹いっぱいになりそうなメニューに加え、店主のキャラもどっぷりと濃いです。 マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてくるという副次的な効果もあります。 (・) で安くてお腹いっぱい食べることができるお店を探したことはありませんか? 実際にあるんです! 知る人ぞ知る安くてのお店が! そのお店の名は「ごはん処あだち 」 このお店のごはん盛りは尋常ではありません。 ・普通盛りで1升(約3. 5kg) ・大盛りで2升(約7kg) すいません、数字だけではイメージつかないですよね。 このあとたっぷりとお見せします。 ちなみに、おかずのっぷりもハンパなし。 これでもかというほどから揚げやが詰め込まれたランチセットやチョモランマを思わせるタワーもあるようです。 コスパ&好きな方はぜひご一読ください! 店はの一角にある「ごはん処あだち 」 見慣れている人はここがどの辺りかわかるはず。 店頭には絶対見逃さない「アキバでボリュームNo. 1」と宣言した看板が。 これでもかというほどをアピール 入り口にもメニュー写真が所狭しと貼られ、入る前から満腹になってしまいそうです。 これが名物の「あだちサービスセット」980円 表には「あだちランチセット」と書いてありますが、同じモノです。 から揚げ、コロッケ、などなど、まあの店なら想定内の品数ですね。 ただし下の「ごはん量目安」を見ると、上記で触れたように大盛り2升、普通盛り1升のほか、少なめ8合もありました。 店主に止められる 何も知らずにうっかり「普通で」と言うと、店主がすかさず「うちの普通はこれなの!」と、頼むとどういう目を見るかを丁寧にレクチャーしてくれます。 ちなみに店主は話好き。 「大盛りはねえ……プロでも無理!大食いタレントのAが一応食べたには食べたけど」「おかずだけでも1kgあるからねえ。 大盛りだと総重量10kgくらいになるんじゃない」とニコニコしながら話し出します。 何度行っても同じトークなので、前菜だと思ってこれを聞くか、心を鬼にして大声で遮り、注文を強行しましょう。 ようやく店主と妥結して あだちサービスセット大盛りを注文。 ちなみにこの店では料理を注文してから出てくるまでなかなか時間がかかります。 次の3つのことを注意しておけば、待ち時間は大幅に減らせます。 ~『あだち』で待たない3原則~ (1)「あんた来たことあるよね」と言われたら嘘でも「ハイ」と言っておく。 (2)調理中に店主に話しかけない。 明らかに揚げ物放置でこっちがヒヤヒヤ。 から揚げが固くならないか心配。 (3)急に店主がテレビの話題について話を振ってくるので身構えておくように。 深い議論になるとまた厨房から出てきてしまうので、そうですねと軽く流すこと。 不気味な音が・・・ 「ぺしぺし、ぺしぺし」…… 何やら不気味な音がすると思って見ると、店主が無言で米の山を作っています。 ひとすくいで茶碗一杯分ぐらいありそうです。 まるで子どもがお手伝いしているかのような微笑ましい光景ですね(汗)。 具材はその時によって変わります。 汁物が揚げ物と一緒に盛られているとか、この店ではそんな小さいことは気にならなくなります。 ・コロッケ 中身は日によって変わります。 メンチ系だったりクリーム系だったり。 自家製とは信じられないくらいの完成度です。 ・ 巨大すぎる獅子唐と、茄子。 これもその時によって変わります。 ・厚焼き卵 甘めでこれもごはんが進みます。 自家製だそうです。 ・春巻 自家製かは別にして、味がいいアクセントになります。 ・漬物 ごはん処理班として大活躍してくれそうですが、明らかにごはんに対しては足りません。 ・から揚げ このから揚げを目当てに来る人もいるそうです。 というのも…… 名物のカレーから揚げは10cmほどのデカさ。 しかも4個! 特製のカレー風味に仕上げてあり、鶏モモ肉の柔らかさとカリッと揚がった衣の食感がたまりません。 味付けは濃い目で、から揚げ1個につきごはん1合はいけそうです。 赤子の顔ぐらいある 放置しても長年の勘でベストな揚げ加減に。 冷めてもカリカリのままです。 しかし巨大です。 もはや麻痺しているのです。 店で一番少ない量(でも茶碗3杯分) この「11軽」というサイズが最小だそうです。 店主は普段からこんなに量を食べていないと思いますが、他人の胃ならいくらでも入ると勘違いしているのでしょうか。 どうしてこんなに盛り始めたのか 実は昔、駅前には青果市場がありました。 『あだち』は先代が50年前に始めた店で、当時は市場で働く人のための食堂だったそうです。 市場で働く人はたくさん食べる上に舌が肥えており、ここは「味と量の店」として美味しさとボリュームを売りに繁盛していました。 市場が大田市場に移った今も店主の安達政則さんが暖簾を守り、と美味しさをアキバの人々に提供し続けています。 ちなみに看板の「江戸神輿」とは、安達さんが江戸神輿愛好会「安達會」を主宰しているためPRしているようです。 これについて訊くとまた話し始めてしまうので、時間のある時にぜひ。 産コシヒカリが秘密の安いルートで手に入る! 「こんなにごはんを盛れるなんて、どうせ安い米使ってんだろ」なんて邪推はヤボ!! ここの米はのコシヒカリで、米問屋とは先代から築いた信頼があるため安く仕入れることができるそうです。 正直、本当にお米は甘くふっくらしていて美味しい。 おかずがなくなっても食べ続けてしまうのはそのためなんですね。 ネギトロ丼の威力もハンパない(なぜか別の日にまた来てしまった) 別の日にネギトロ丼も注文してみました。 ネギトロ丼とは言うものの、マグロ、サーモン、タコなどが乗り普通にです。 一面に張り付いたシラスは釜揚げ系の柔らかいものではなく、塩気の効いた乾物系なのでこれまたごはんが進みます。 以上に店主のキャラがスゴかった 昼休みの1時間に訪れるより、ゆっくりしたい休日や誰かにかまってほしい寂しい日などに行くのが良いでしょう。 お腹もいっぱいになりますが、マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてきます。 ちなみに夜は居酒屋として営業していて、ランチセットを同じ内容で1000円で提供しています。 夜の定食は高い店も多いですが、たったの20円アップでお酒とともに楽しめるので、会社帰りにいかがでしょう。 紹介したお店 ごはん処あだち 住所:都千代田区外3丁目11-6 時間:11:30~15:00(L. )、17:00~23:00(L. )、土・日曜の昼は~16:00(L. ) プロフィール 猫田しげる と食べ放題を求めて津々浦々。 おいしいものもおいしくないものも大好きです。

次の

ごはん処 あだち

秋葉原 あだち食堂

いつもランチ食べた後の昼休みにちゃちゃっとブログを書きなぐって夕方に公開しているんだけど、今日はブログどころか午後の仕事ができないくらいお腹いっぱいで動けなかったんです。 ということで定時後に書きました。 そんな山盛りの定食が出てきた「あだち」という店のレポートです。 あだちは秋葉原で一番とも言われるデカ盛りの店。 SNSなどでもよく話題になっているので知っている人も多いと思います。 場所は秋葉原のPCパーツショップが多くある通りから10メートルほど横に入ったあたり。 となりには「」があります。 店に入ると威勢のいい大将が出迎えてくれます。 店内はカウンター席とテーブル席。 カウンター席に座ると大将が説明してくれます。 大将「うち来るのは初めてかい?ネットで見たの?初めてならコレ(あだちランチセット)がおすすめだよ!大抵の人はコレ頼むねえ。 (中略)ねぎとろ丼も人気だよ!(中略)やっぱ唐揚げがうまいって評判のやつにするかい?(中略)ねぎとろ丼はねえ、うちのは海鮮丼かよってくらいすごいんだよ(中略)ごはんもいいやつ使ってるんだよ(後略)」 すごく丁寧に色々教えていただきましたw 一番人気という「あだちランチセット」を注文。 980円です。 ここでまたご飯について大将の説明が始まりました。 大将「うちのご飯の量は多いんだよ!みんな普通と大盛りとか頼むでしょ。 無理だから。 食べられないから。 だって大盛りで7kgだからね!(中略)どれにする?これくらいがいいんじゃない?(中略)ここくらい?足りる?(中略)じゃあこれくらいにしておくか(後略)」 大将が桶を持ってご飯の量に関して丁寧に教えていただきましたw 桶の擦り切れだと600gとのこと。 大体1.7合くらいかな。 その桶の70%くらいを指差してご飯の量を指定しました。 1合ちょっとならなんとか食べられそう。 ようやく注文が終わり、店内を見回しました。 お代わりするときに「前回と同じ」と頼むと3倍の量が出てくるなどの説明が書いてあります。 なんだかすごい店だ。 声優のサインが飾ってあったので眺めていたら大将が説明してくれましたw 大将「あのサインは声優さんのサインなんだよ!ラブライブってしってる?そういうのがあるんだよ。 うちの店はラブライバーにも人気なんだよ。 週末とかよく来てくれるんだよ。 人形ならべたり穂乃果ちゃんがどうのとか盛り上がってるね。 俺は全然わかんねえんだけど」 大将からラブライブとか穂乃果ちゃんという名前が出てくるとはw そんな説明をしてくれながらあだちランチセットを持ってきてくれました。 大将「記念に写真とりな。 思い出にな。 ほら、ここに七味おくと大きさ分かるでしょ。 」 と隣に七味を置いてくれるやさしい大将。 しかしでかい。 唐揚げがデカすぎる。 内容は、大きい唐揚げ3つ、天ぷら、コロッケ、春巻き、煮物、卵焼き。 ご飯も1合ちょっとくらいある。 ご飯だけなら大丈夫そうだけど、この唐揚げ食べきれるだろうか… いただきます。 まずはデカすぎる唐揚げ。 この写真だとそれほど大きくは見えないけど、桶の直径の80%くらいの幅があるのは分かると思います。 唐揚げを一口食べるといい感じのカレー風味。 ちょうど大将が他の人に唐揚げの説明をしていました。 大将「唐揚げおいしいでしょ。 うちのはカレーの味付けなんだよ。 これが人気なんだよ。 昔は塩とか醤油味とかだったんだよな。 普通のカレー粉混ぜてるだけじゃないんだよ。 何種類もの調味料いれてるからうまいんだよな。 」 たしかに単なるカレー粉混ぜただけのとは違うような気もしてきた。 唐揚げはモモ肉と胸肉のがありました。 モモ肉のほうはジューシー、胸肉のほうはさっぱり系。 ようやく唐揚げを1つ食べて、もう一つ持ち上げたところ下からコロッケと春巻きが出現。 コロッケはポテトコロッケ。 ホクホクで美味しい。 春巻きは普通の春巻き。 煮物もたっぷりありました。 たっぷり有りすぎておかずを食べても食べてもなかなか減らない。 ご飯は説明があったとおり、美味しいご飯。 この美味しいご飯を山盛り食べても同じ料金なのはすごい。 次々と入ってくる人に「初めてかい?初めてなら(略)」と説明をする大将。 そんな大将の話をBGMにしてワシワシと食べ続ける。 途中から修行の感じがしてきたが、ようやく全部残さず食べ終えられた。 よかった。 お金を支払おうと思ったとき、「お代わりはいいのかい?」と大将。 いやいや、おなかいっぱいだよw 大将「うちは、お代わりするときにさっきと同じ量で頼むと3倍の量で出てくるんだよ。 みんなスプーン1杯分とか耳かき1杯分とか言って頼むんだよ」 と説明してくれました。 これからあだちでお代わりする人は参考にしてください。 話好きな大将やデカ盛りのインパクトなど面白い店でした。 ねぎとろ丼を頼んでいた人もいましたが、それをちらっと見たら美味しそうだったので次はねぎとろ丼を頼んでみたい。 デカ盛りの店ですが、ご飯の量は調整出来るので安心してください。 ごちそうさまでした。 読んでいただきありがとうございました。 下記ボタンを押すとTwitter画面が開いて「いいね」や「リツイート」ができます。 この記事が気に入ったらぜひ「いいね」「リツイート」をお願いします。 一人ならカウンター、複数ならテーブル席へ。 大将に注文する。 お冷はテーブルに置いてある。 ティッシュあり。 食べ終わった食器類はそのままでいい。 店内奥で支払う。 2020年1月16日(木) 11時40分 店舗情報などは訪問時の情報です。 これらの情報は変わる可能性があります。

次の

【はじめての】秋葉原のデカ盛り食堂「あだち」

秋葉原 あだち食堂

「あだち」の米の量は日本語が歪む お店の前の看板によると 大盛り:7kg 普通:3. 5kg 少なめ:2. 8kg 擦り切れ:600g ものご飯が提供されるようです。 どういう人間の大盛り、普通なんでしょうかw グーグルマップの口コミには星5の評価、星1の評価で真っ二つに別れています。 あだちの店主はこんな感じ 手ぬぐいねじりハチマキのよく喋るご主人がいます。 そして、ご飯の盛りに注文と大きな誤差を気分によって発生させます。 これは江戸っ子だからだそうです。 江戸っ子ってそうなの。 感覚的にメイド喫茶と同じような感じです。 メイド喫茶に純粋に喫茶の部分のみを求めていくのって変化球的じゃないですか。 メイドさんがキャピキャピ接客しに来ますよね。 (勝手なイメージ) ある意味、メイドさんとご主人様あってメイド喫茶という世界が出来上がりますよね。 それと同じ。 「あだち」のご主人と我々が「あだち」を作り上げます。 おしゃべりでお米を大量に継ぎたがるメイドさんと思えばオッケーです。 萌え要素がありませんが。 あだちの料理は… お店の売りはおいしいお米とおいしいからあげです。 まずメニューを選びます。 あまりに自慢の逸品なので、あだち(からあげ)セットを強く強く推奨されます。 なので、あだちセットで良いと思います。 おかずが出来上がると米の量を選びます。 「うちの店の米の量は半端じゃねぇぞ!」と脅かされます。 「夜、口笛を吹くと蛇が出るぞ!」的な茶目っ気のある脅かし方です。 桶の半分くらい(300g)が良いんじゃねぇか、おかわり自由だしといわれます。 誤差がデカイ。 さすが江戸っ子、どんぶり勘定。 「店主が江戸っ子気質のため写真と異なる場合がございます。 」 江戸っ子に薬剤の調剤はまかせらんねぇな。 からあげの味ですがご飯がすすむカレー味です。 もも肉なのでサラッと食べられます。 岩くらいの大きさです。 他にポテトコロッケと揚げ春巻き二本、おでんと柴漬けがあります。 からあげの味は正直言えば、これよりおいしいからあげを僕は知っています。 肉が大きいので、もも肉の淡白な味わいが味付けの濃いめチェーン店系と比較すると物足りないって意見は賛同します。 付け合せのおでんはめちゃくちゃ美味しかった。 「あだち」に向かない人 テーマパークやメイド喫茶にその世界感に入ることに強い抵抗があったり、一歩引いたところで見ちゃう方は難しいかなぁ。 流石に秋葉原で50年以上、三代続いてるお店だけあって ラーメン二郎のような独特の世界観があります。 ラーメン二郎もメイド喫茶(軍服とかくノ一喫茶もあるようですが)も特有の世界観が認められる東京。 しかし、口コミをみると「あだち」の世界観がやや認められていない節があるのは残念だなぁと思います。 知り合いが行くなら覚悟して行けといいますが。

次の