タクシー ワン メーター と は。 タクシーはワンメーターだと迷惑?嫌がられると思う乗客と複雑な運転手の心理

タクシーに乗ってワンメーターで降りたら嫌な顔をされるってどうなの?

タクシー ワン メーター と は

今回は僕の友人が遭遇したあるタクシーでの出来事から、「タクシーワンメーター下車問題」について書いていきたい。 まずは、事の発端である経緯から書いていこう。 ちなみに、今回は「駅からタクシーに乗るケース」について話がしたい。 また、タクシーには、駅や人気スポット近辺に停車して乗客を待っている「停車中タクシー」と、乗客を乗せず道路を走っている「走行中タクシー」の2つのケースがあるが、今回の焦点は前者の「停車中タクシー」である。 友人が出くわしたあるタクシーでの出来事 先日僕の大学の友人から聞いた話だ。 彼はその日、仕事中に持病の偏頭痛がおきて体調を崩したそうだ。 退社後に最寄り駅までなんとか電車で帰ったものの、駅から徒歩10分かかる家まではどうしても歩けないという状態になってしまった。 そこで、駅のロータリーに停車しているタクシーに乗って家まで帰ろうとした。 徒歩なら10分かかる距離も、タクシーなら1分程度で帰ることができる。 そもそも歩く余裕がない。 だが、そのタクシーの運転手の返答に彼は驚いた。 「えっ、すぐそこですよ?歩けばいいんじゃないですか?」 友人は「はっ?!」と思いながらも、「すみませんが、体調が悪いので近いですけどお願いします」と伝えた。 しかし、運転手は明らかに嫌そうな表情をして、渋々運転を開始した。 友人は嫌な思いをしながらも、体調の方が優先なのでとにかく家まで帰ろうと、もやもやを抱えたままタクシーに乗っていた。 だが、タクシー運転手はさらに衝撃的な発言をした。 本当は家であるマンションの入り口近くまで行ってほしかったのだが、運転手が途中で「もうここで降りてもらっていいですか?」と言って途中で勝手車を止めたのだ。 友人は腹わたが煮えくり返りそうになったが、偏頭痛でそれどころではなく、支払いだけ済ませてさっさと下車し、結局その場所から家まで歩いて帰ったらしい。 これが「タクシーワンメーター下車問題」の経緯である。 ワンメーター 1メーター で下車することの是非 友人からこの出来事を聞いた僕は、タクシー運転手のこの対応はおかしいと思った。 友人が何の理由もなく、ただ歩くのが面倒だからという理由で駅に停車しているタクシーに乗ったならまだしも、どうしてもタクシーに頼らざるをえない状況にいる人に対し、民間とはいえ公共財としての立場が強いタクシーという交通機関がそのような対応をすることはいかがなものだろうか。 そして友人は体調不良の旨も伝えているのだ。 ましてや、乗客はタダで乗っているわけではなく、ちゃんと代金を支払ってサービスを利用している。 それをサービス供給側の都合で途中放棄することはどう考えてもおかしい。 ホテルで宿泊客が安い部屋にしか泊まらないからといって、チェックアウトよりも早く出ていけと言っているようなものだ。 ただ一方で、タクシー運転手を完全に批判することもできない。 そもそもタクシーの料金構造とタクシー会社の給与制度が、この問題の根本にあるからだ。 タクシー料金は初乗り運賃が設定されており、移動距離や時間によって追加料金が発生していく仕組みだ。 だからこそ、タクシーが稼ごうと思えば、できるだけ遠方の客を乗せることが重要となってくる。 つまり、ワンメーターという最低金額で下車しようとする客は、売上面だけで言えば一番乗せたくない客となってしまうのだ。 それは客のおかれている状況に関係なく、固定された料金体系なのである。 駅のロータリーはタクシーが多数連なり、自分の順番を待ち構えている。 大きな駅になれば、数時間かけて順番を待つことも日常茶飯事だろう。 それだけ待ってようやく乗車した客がワンメーターという最低金額で降車したいと言われれば、たしかに辛く、嫌になる気持ちはわからなくはない。 タクシー運転手の彼にも生活があり、そのためには稼がなければいけないのだ。 会社に個人タクシーになれば尚更である。 また、タクシー会社の給与体系もこのワンメーター下車問題に拍車をかけている。 調べてみたところ、タクシー運転手の給与は会社にもよるが、ノルマ制である場合が多いらしい。 会社によってはそのノルマを移動距離としている場合もあるが、ほとんどが売上金額のノルマを敷いている。 そのため、月に稼がなければいけない金額が決まっており、そのためにいかに単価の高い客を多く乗せられるかがキーとなってくる。 これは歩合制の営業マンの仕事のやり方と変わらない。 だからこそ、数時間かけても遠方へ行く確率が高い大きな駅をターゲティングし、単価の高い客を乗せることにかけているのだ。 タクシーの料金構造と会社の給与体系によって、タクシー運転手はいかに単価の高い客を多く乗せられるかの戦いが求められる。 だから、ワンメーターの近距離でも利用したい乗客のニーズと運転手の意向はベクトルが合わず、その結果お互いが嫌な気分になってしまうことになりかねないのだ。 このようなことを考えると、たったワンメーターで駅に停車しているタクシーを利用するのはかなり気が引ける。 順番をずっと待ってようやく乗せた客が超近距離客だったらそれは嫌に思うだろうし、こちらとしても運転手に対しても申し訳ない気持ちになる。 ちなみに僕は、駅に停車しているタクシーはよっぽどのことがなければ利用しない。 駅からタクシーに乗りたい時でも、タクシー会社に電話して駅の別の場所に迎えにきてもらうか、駅から少し離れて走行中のタクシーを止める。 目の前にタクシーが止まっているのに面倒ではあるけれど、お互いが嫌な気分になるくらいなら、その手間をかけた方が自分としても気が楽なのだ。 乗客と運転手、Win-Winの関係を築くには 駅から近距離でタクシーを利用する際に生じるこの問題に対し、良い解決策は何かないものだろうか。 いろいろ考えてはいるけれど、一番のネックになってくるのは、"スペース(土地)"の問題じゃないかと思う。 距離によって乗り場を分ける たとえば、駅のタクシー乗り場を「近距離用」と「遠距離用」に分けるということを考えてみた。 ワンメーター程度でいけるほどの近距離でタクシーを利用したい人は「近距離用」のタクシー乗り場に並び、それ以外の人は「遠距離用」の乗り場に並ぶ。 そして、タクシーは自分が乗せたい客の方の列に並ぶというもの。 そうすれば、タクシー運転手としてははじめからその乗客が高単価の乗客なのか、そうでないのかがわかる。 おそらく遠距離の乗客を乗せたいタクシーの方が多いだろうから、遠距離用の順番待ちは今と同様に混雑するだろう。 だが、逆に近距離用の乗り場はそんなにタクシーは混まないにちがいない。 であるならば、近距離であったとしても、乗客を下ろして速やかに元の乗り場に戻り、また乗せる、というサイクルを遠距離用よりも多く繰り返すことができるはずだ。 遠距離の場合は、この客単価をいかに高めるかという勝負だが、近距離なら客単価は低いとしても「乗車回数」を増やし、結果として売上拡大ができる可能性がある。 一方、タクシーを利用する側としても、乗り場が分かれていれば、タクシーもそれを承知の上で客を乗せているのだから、何の遠慮もなく、近距離でも利用することができる。 両者にとってWin-Winな関係だ。 だが、実際のところ、問題になってくるのは"スペース"だ。 駅のタクシー乗り場は既にパンパンで「近距離用」の乗り場を増設することは現実的とは言えない。 また、今の乗り場を分割する余裕もない。 良さそうなアイデアだと思ったが、現実的ではないだろう。 スマホの配車アプリを普及させる 次に考えたのは、「スマホのタクシー配車アプリを使う」ことだ。 最近はさまざまな配車アプリが登場している。 たとえば、日本交通がリリースしたがある。 全国47都道府県で利用が可能で、300社以上のタクシー会社が登録しており、近くのタクシーを呼び出すことができる。 また、予約もできるので、あらかじめタクシーに迎車依頼をしておくことも可能だ。 このようなアプリをもっと多くの人が活用するようになれば、駅で待っているタクシーに乗らなくても、気軽にタクシーを呼び出し、近距離でも気を遣うことなく乗車することができる。 実際にすでにリリースされ、多くの人が利用しているサービスなので、実現性も高い。 ただ、これにも問題となるのが、"スペース"だ。 今回のケースは駅からの近距離乗車をいかに解決するかである。 タクシーをアプリで呼び出そうにも、駅前のロータリーは混雑しているので来てもらうことが困難だ。 そうなると、自分が駅から少し離れた場所まで移動する必要が出てくる。 今回のケースのように体調不良の場合や、荷物が多くて歩いて移動できない場合など、そういった移動が困難かつ緊急性が高いケースに利用することが出来ない。 さらに、現状のアプリにもまだまだ利用をためらう部分がある。 たとえば、迎車の場合は迎車料金が別途発生する。 料金は利用する会社にもよるが、相場は310〜410円のようだ。 近距離で移動するだけのために、初乗り運賃とは別に迎車料金を別途支払うのはためらわれる。 そうなると普及は難しいだろう。 また、高齢者など普段アプリを利用しない層でも簡単に利用できるように、インターフェースを改善していくことも必要だろう。 まとめ 今年1月30日より、東京都の23区内と一部地域にて、タクシーの初乗り料金が従来の730円から410円へ大幅に値下げが実施された。 これは、国内のタクシー業界が誕生して以来、初の値下げとなるらしい。 今回の改革を指揮した東京ハイヤー・タクシー協会の川鍋会長(日本交通会長)は、値下げの理由として、「高齢化社会に対応し、ちょい乗り需要を喚起する」ことと「訪日外国人の増加に対応し、外国人のタクシー需要を伸ばす」ことの2つをあげている。 (参考記事:) 今回実施された値下げについて、遠距離の場合は従来よりも価格が上がることから、「実際の狙いは値上げだ」という声もあるようだが、年々輸送回数が減少しているタクシー業界において、やはり「ちょい乗り」つまり、近距離移動の需要を重要視していることは間違いない。 だが、経営陣や上層部の意図がどこまで現場のタクシードライバーに伝わっているか。 タクシー会社が本当に近距離需要を取り込みたいのであれば、近距離・遠距離問わず、同一の丁寧なサービスが乗客に行き届く仕組みづくりと接客対応を、現場レベルで浸透させていくことが必要となってくるだろう。 そして、運転手側にも近距離でも自分にもメリットがあるような組織や制度の整備が求められるだろう。 経営陣が「お客様に良いサービスを提供しよう」と口でどれだけ言ったとしても、人事制度を含めたそのような仕組みが変わらなければ、運転手のモチベーションを高めることは難しい。 最後に、今回はあるタクシー運転手の対応を例に挙げたが、超近距離でも笑顔でとても親切に対応してくれる素晴らしい運転手も多数いらっしゃることを記載しておく。 タクシー運転手は乗客を選べないが、乗客もタクシーに乗り込むまで運転手を選ぶことはできない。 サービスの受け手と担い手という立場はあるものの、お互いが気遣いと礼儀をもって、良いドライブを過ごしたい。 おすすめ記事 ・ ・ majicpie.

次の

タクシーメーター

タクシー ワン メーター と は

が、これには北京市内の激しい交通渋滞も影響しているようだ。 ナンバープレートの新規発給規制があるとはいえ、それなりに自動車が増え続けている北京市内の交通渋滞は、聞いたところ年々激しくなるばかり。 しかも、北京以外でも同じ傾向なのだが、1度マイカーを手にすると、通勤はもちろん、買い物など日常生活での移動はほぼクルマになると中国ではいわれているほどマイカー依存度が高くなる。 いつでも混雑している路線バスや地下鉄での移動は筆者ですらウンザリすることも多いので、そんな気持ちはわからなくないのだが、それだけ街の通りにはクルマが溢れているのだから、交通渋滞も激しいはず。 今回は午後10時近くに北京空港に降りたち、空港から宿泊先までタクシーに乗ったのだが、そんな時間でさえ環状道路は渋滞寸前の交通量でスピードダウンしていた。 北京モーターショーの会場は北京市郊外にあり、ほぼ北京空港に近い。 2年前の前回開催時に朝タクシーで会場に向かおうとしたら、「ふざけるな」とばかりに断られ続け(朝のラッシュ渋滞に加えて、会場近くがハンパない大渋滞となるから時間がまったく読めない)、結局混み合う地下鉄で会場に向かったので、今回は最初からタクシーはアテにせず地下鉄で向かった。 中国語はほとんどわからないのだが、ある時シブシブ距離の離れた場所まで送ってもらうときに、「渋滞がひどいから、近い距離での営業で数をこなすほうが合理的だ」というようなことを乗務員が語ってくれた。 長距離のお客を乗せれば確かに料金はたくさんもらえるが、渋滞で移動時間はかなりかかる。 そしていざ元の場所に戻ろうとすると激しい交通渋滞が待っている。 時間がかかりすぎて結局全体の売り上げが減ってしまうというのが、その乗務員の言い分のようだ。 乗務員それぞれが得意とするエリアがあり、そこをベースに営業するのは万国共通の様子。 遠くへとばされると、その場所からさらに飛ばされる危険性も高いので、交通渋滞の激しい北京市内では多くの乗務員が自分のテリトリーから離れたがらないらしいのだ。 そのため手を挙げてタクシーが停まっても、すぐに乗り込まないのが流儀。 助手席の窓越しから言葉が通じないので、目的地がホテルなら住所の書かれたカードや、別の行き先ならば、漢字(簡体字で書くと結構喜ばれる)で手書きの行き先を見せて、乗務員が納得すれば、そこで初めてタクシーに乗り込むことができるのだ。 タクシー乗務員がタクシー車両で行っていることもあるが、その影響は大きいようだ。 ほぼタクシーメーターをオンにしてくれる上海や北京よりも、柄の悪い広州市では、モーターショー取材が終わり、会場近くからタクシーで帰ろうとしても、「そんな遠く(川を渡るので橋が大渋滞している)に行くならアプリで(中国版ウーバー)呼べ!」と怒鳴られることもしばしば。 ようやく乗せてくれてもメーターオンなどするはずもなく、「100元よこせ(かなり高額だけど一昨年100元だったのが、去年は80元に値下げされていた)」と言われることはもはや当たり前。 ちなみに中国版ウーバーの浸透で、街から白タクのオジさんがほぼいなくなってしまった(みんな中国版ウーバーに鞍替えしてしまったようだ)。 タクシーに乗れない時の非常手段として利用していただけに非常に残念である。 話を北京に戻すと、乗務員が長距離移動を喜ぶのは、早朝の北京空港まで行くときぐらいしかない。 それでも午前6時前にはすでに空港近くの高速道路やターミナル近くは大渋滞になっている。 そのため空港のボディチェックのコーナーでは、「飛行機に間に合わないから先にやらせてくれ」と言ってくる、渋滞でギリギリ空港に滑り込んだ人民がかなりいた。 筆者は最近スマホの地図などで、あらかじめ目的地の位置を確認し、これぐらいの距離ならタクシーは行ってくれるな、などとアタリをつけてからタクシーを探すようにしている。 渋滞による時間的ロスや、目的地までの距離での判断など、北京市内でタクシーに乗るのは結構面倒くさいのは確かである。

次の

【削除されるかも】ワンメーターで1万円?ぼったくりタクシーの実態を全て公開します【証拠映像あり】

タクシー ワン メーター と は

タクシーに乗ると気になるのがメーター料金ですよね。 運転手の左側にあるタクシー料金を表示しているあの機械です。 走るとどんどん金額が上がっていくのでお金が心配になる人も少なくないかと。 今回はタクシーに乗ったら必ず目にするタクシーメーターの仕組みについて記事にしました。 料金の上がり方や計算方法、距離時間制などタクシーメーターについての基本的なことをわかりやすく解説しています。 タクシー料金の上がり方に不満を持っているたり、運転手が故意に操作して料金を上げているのではないかとムカついている、止まる直前にメーターが上がって不思議に感じているなど、誰しも気に入らない タクシー料金を決めるタクシーメーターの仕組みを知りたい方におすすめの記事です。 関連記事:「」• タクシーメーターとは タクシーメーターは、タクシーやハイヤーに設置される機器の名称である。 走行距離や時間に応じて収受すべき運賃や料金を自動的に計算し表示する機能を持つ。 タクシーに必ず設置されているタクシー料金を決める機械のこと。 タクシーメーターはに規定されていて 運転手が勝手に不正操作すること違反になります。 タクシーメーターは計量法により一年ごとに距離の誤差を検査する決まりがあり、車両には検査済みのシールを張ることになっています。 全てのメーターは1年毎に距離の誤差を検査 PDF:経済産業省 「特定計量器」とは何か(リンクエラーにより削除) メーター料金の仕組み タクシー料金は地域によって異なります。 ここでは東京23区・武蔵野市・三鷹市を一例に紹介させていただきます。 料金の上がり方が地域によって違うといってもタクシーメーターの仕組みは同じですので多少金額が違うだけですよ。 下記はより引用させていただいたタクシー運賃・料金の仕組みについてです。 距離制運賃 初乗運賃 1052mまで410円 加算運賃 237m増すごとに80円 時間距離併用運賃 時速10km以下1分30秒ごとに80円 深夜早朝割増 22時から5時まで2割増 迎車回送料金 1回につき定額料金を事業者ごとに設定 障害者割引 1割引 遠距離割引 9,000円を超えた金額について1割引 タクシー料金は乗ったら初乗り運賃の410円が加算され、そこから時間距離併用でメーター料金が上がってく仕組みです。 タクシーメーターのメーカーは4社 タクシーに設置されているメーカーは4社。 そのうちの1社、大阪メーター製造が廃業されたということなので5社から4社になりました。 運転手からするとメーカーによって使い勝手がかなり違います。 お客さんは検査で統一されていますのでメーカーが違っても料金の違いはありませんよ。 タクシーメーカーの一覧 三和メーター 大阪メーター製造(2014年9月破産手続きの開始決定) 時間距離併用運賃とは よくある疑問に同じ場所なのにメーター料金が違うという話がありますよね。 タクシーメーターの仕組みは時間距離併用といって距離だけでなくタクシーが停止している時間もメーターが上がるからです。 同じ目的地でも信号や混雑状況によって停止している時間が異なるためタクシー料金が違ってくるのです。 一度も信号で止まらないと普段より安いかもしれませんし、毎回信号で停止していれば割高になるかもしれないのです。 お客さんで勘違いされやすいのが、信号や停止してメーター料金が上がって運転手が儲かったということ。 これは一概に正しいとも間違ってるともいえます。 忙しいか暇かで変わってきますので状況によるということですね。 タクシーメーター表示の意味 タクシーメーターには車外からタクシーの運行状況がわかるよう表示機が設置されています。 「 空車」や「 回送」などの表示ですね。 ここでは表示機やメーターの操作について解説しています。 JapanTaxi(日本交通グループ)製タクシーメーター(ATM-100型)。 二葉計器製R9-6型タクシーメーターの独自ソフトウェア版。 wikipediaより 空車(くうしゃ) タクシーにお客さんが乗っておらず、次のお客さんを受け入れる状態の意味。 外から見て空車表示のタクシーを見つけたら手を上げて乗車することができます。 実車(じっしゃ)賃走(ちんそう) お客さんを乗せて営業走行しているという意味。 表示機には実車や賃走の表示がないケースが多い。 タクシーは空車の表示でなければ実車中ということです。 支払(しはらい) 目的地まで到着して料金の支払いをしているという意味。 通常であれば支払いの後は空車になるのですぐに乗り込むこともできます。 ですが運転手や地域の状況によっては乗れないこともありますので乗ってもいいか運転手に確認しましょう。 迎車(げいしゃ) お客さんから迎えに来てほしいという依頼で迎車料金を頂戴し迎車地まで走行しているという意味。 空車表示ではないので他のお客さんが乗り込むことはできません。 回送(かいそう) 運転手の都合や地域外などの事情によりお客さんを乗せる営業走行をしていないという意味。 回送表示のタクシーに乗ろうとしても断られます。 高速(こうそく) 高速道路では距離制運賃だけの適用となるため、タクシーが停止してもメーターが上がらないよう時間運賃を止めているという意味。 一般的な使い方は高速道路に侵入する際に高速ボタンを押し、高速道路から降りたらボタンを押して解除します。 割増(わりまし) 深夜早朝割増の時間帯なので2割増の運賃で営業走行中という意味。 時計と連動しているので22時になれば自動的に割増になり、5時になれば解除されます。 料金上がり予告、上がり目 車内の料金メーターにはあとどれくらい走行すれば料金が上がるのかを表示しています。 簡単なメモリ表示なので厳密にあと何メーターであがるかはわかりません。 まとめ タクシーはサービスを受ける前に料金が確定せず、目的地に到着するというお客さんがサービスを受け終わった時点でメーター料金が決まるという消費者にとっては不安なサービスです。 事前に料金がわからなくて、どんどん金額が膨れ上がっていく。 お客さんはとても不安で心配になりますよね。 タクシーメーターの仕組みを少しでも理解していればタクシーに乗りやすくなり、もっと気軽に乗れて生活が便利になると思います。 ぜひタクシーメーターを理解してお気軽にご乗車ください。 そのときは 「空車」表示のタクシーを探してくださいね。 もっとタクシー料金について知りたい方は「」という記事も書いていますし、ほかにも参考になる記事がありますのでぜひご覧ください。

次の