酵素 ドリンク 手作り。 消費者庁「酵素ジュース」レシピ騒動の裏で起きてたもう一つの事件

植物発酵エキス(酵素ドリンク)を手作りしよう!作り方

酵素 ドリンク 手作り

ファスティング期間に飲むファスティングジュースは、酵素やミネラルをたくさん含んでおり、固形物を食べなくても辛くない飲み物になります。 ファスティングジュースとは 代謝酵素の働きを活性化する酵素と、脂肪を燃焼させやすくするビタミンとミネラルを含んだジュースのことです。 ファスティングは断食とは違い、ジュースで栄養を補うため、身体に優しいです。 また、ジュースのカロリーで1日に必要なエネルギーを補うようにつくられています。 発酵ファスティングジュースを手作りしよう 発酵ファスティングジュースの材料の野菜や果物は、ビタミン、ミネラル、酵素を豊富に含んだものを使います。 また、ジュースには生の食材を使うので、オーガニックや新鮮な材料を使いましょう。 ジュースを作る際は、ジューサーがあると便利です。 専用のジューサーで作ると、繊維質が分解されたさらっとしたジュースに仕上がります。 そのため、消化の働きをしっかり休めることができます。 基本的なファスティングジュースの作り方 いちごとレモンの豆乳ジュースを作ってみましょう。 作り方はとても簡単です。 材料(1杯分)• いちご…100g• 豆乳…80cc• いちごはヘタをとって、半分に切ります。 レモンは皮をむいて、一口大に切ります。 1と2をジューサーにかけます。 3でできたジュースに豆乳を入れて完成です。 季節の食材は、その季節の身体の調子をきちんと整えてくれます。 なるべく旬のものを使って、ジュースを作りましょう。 いちごとレモンのファスティング効果• ビタミンCが豊富…疲労回復、風邪予防、老化防止、美肌効果• ポリフェノール…動脈硬化予防、脳梗塞予防、ホルモン促進作用 専用のファスティングジュースとは 手作りではなく市販の専用のファスティングジュースもあります。 これは、必要な栄養素をきちんと科学的に分析し開発された酵素ドリンクです。 手作りのファスティングジュースと違って持ち運びができるため、仕事で忙しい人やジュースをつくることが面倒な人におすすめです。 ファスティングジュースの作り方のコツ おいしく楽しくファスティングを実践するために気を付けておきたいポイントをご紹介します。 ファスティングジューサーを持っていないのですが、購入すべきでしょうか。 ジューサーは材料をおろしながら、遠心力で食物繊維を飛ばすことができます。 そのため、簡単に作ることができます。 ミキサーやフードプロセッサーでも代用は可能ですが、ミキサーにかけた後に、ガーゼなどに包んで搾ってこす作業が必要になります。 食物繊維が残ったままのどろどろの状態のジュースは、消化器官を休めることができず、ファスティングの効果はありません。 ファスティングジュースは、豆乳ではなく牛乳で代用はできますか。 代用できません。 牛乳は日本人の消化機能に適していません。 生の食材ではなく、缶詰や冷凍食品でファスティングジュースを作っていいでしょうか。 必ず生の食材を用いましょう。 缶詰や冷凍食品の野菜などは、保存のために加工されており、酵素がほとんど失われています。 そのため、酵素がたくさん含まれている新鮮な野菜や果物を使いましょう。 ファスティングジュースをまとめて作って冷凍できますか。 できません。 ファスティングジュースは時間が経つと、ビタミンや酵素が減っていき、色味も悪くなります。 前の晩に下ごしらえをしておき、朝にジューサーにかけるなど工夫をしましょう。 綺麗に洗った材料を切っておき、保存袋などに入れて冷蔵庫に入れておく方法をおすすめします。

次の

梅酵素ジュースの簡単な作り方!手作りが超おすすめな理由とは?

酵素 ドリンク 手作り

酵素ドリンクの簡単な手作りの方法 まずは、酵素ドリンクを手作りする場合、どうやって作ればいいかを調べてみました。 まず用意するものは、• ガーゼ となります。 酵素ドリンクの手作りの手順 材料の割合ですが、 野菜や果物1に対して1. 1の砂糖とのこと。 私のような面倒くさがり屋は、1対1でいいじゃんとなりますが、一応はそのようです。 作り方ですが、まず材料を適当な大きさに切ります。 適当というのがわからない場合は、 一口サイズで構いません。 切った材料を5回に分けて入れていきます。 この時の注意点は、 材料を5分の1入れ砂糖を5分の1と言った感じで、交互に入れていくようです。 最後にフタをするわけですが、この時ガーゼもしくは木綿布をかけてフタをします。 理由は、発酵するとガズが出ますので、ガズが抜けるようにするためです。 もし、布の準備ができない場合、 1日に2,3度蓋を開けガスを抜きましょう。 発酵の目安は泡がたくさん出てくればとのことですが、3日という人もいますし、1週間という人もいます。 また、冬場は2週間という人もいますが、 人の体温くらいの温度だと発酵しやすいようです。 それと、発酵にムラが出ないように1日に一度は瓶を振るなりして、混ぜる方がいいとのこと。 あと、これは好みなのでしょうかが、野菜だけで作ってもいいですし、果物だけで作るのもありのようです。 最後に 濾した液体が、酵素ドリンクになります。 酵素ドリンクの手作りは失敗する? 失敗というのは、温度調節がうまく行かなかった場合、発酵してくれないことを言うようです。 また、最悪なのは、発酵する前に腐ってしまうこと。 発酵ではなく腐敗ですね。 せっかく意気込んで酵素ドリンクを手作りして、失敗だとかなりショックだと思います。 酵素ドリンクの手作りが危険と言われるのは? まずは、発酵ではなく腐敗だと危険なのはわかりますよね。 でも、発酵と腐敗の違いが素人にわかるのか? 明らかに悪臭がすれば問題ないでしょう。 ですが、 発酵の場合も酸っぱい匂いはしますから、発酵して腐敗に向かうと危険な感じがします。 また、 最も注意したいのは、雑菌の混入です。 酵素ドリンクの手作りの方法で、手でかき混ぜる方法を勧めているサイトもありますが、手についた雑菌が毒素を作る可能性もあります。 それこそ、最初に書いた 腸管出血性大腸菌O157などだと、命の危険まであるから怖い。 他にも 砂糖です。 酵素ドリンクを手作りする際は、大量の砂糖を入れて発酵させるわけですが、この砂糖も問題。 酵素ドリンクの手作りを勧めているサイトでは、 砂糖は発酵の段階でブドウ糖と果糖に分解されるので大丈夫と言っています。 ですが、 砂糖が完全に分解されるには、半年から1年の期間が必要。 酵素ドリンクの手作りは、長くても2週間で出来上がりです。 しかも、出来るだけ早く飲むことを勧めています。 ということは、砂糖ジュースを飲んでいることになるんです。 実際に体調不良を訴える人も出ているとのこと。 重曹水につけて洗うという方法も紹介されていますが、完全に農薬を除去できるかは疑問。 もし、農薬が残っているのであれば、農薬と一緒に漬け込むことになるのです。 手作り酵素ドリンクは、危険というより怖くて飲めません。 酵素ドリンクの手作りは簡単でも危険 そもそも酵素ドリンクを何故手作りするのか? それは、酵素ドリンクの 値段が高いからでしょう。 ですが、考えてみてください。 無農薬の材料と完璧な衛生管理、それに砂糖も使わずに熟成発酵して作っているのです。 高くて当然のような気がします。 私なら手作りで簡単にできる酵素ドリンクだとしても、危険なら母には飲ませられません。 しかも、高いと言っても1日248円。 あなたが安易に酵素ドリンクを手作りしないことを願っています。 本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。

次の

植物発酵エキス(酵素ドリンク)を手作りしよう!作り方

酵素 ドリンク 手作り

酵素ドリンクって、果物や野菜を発酵させたものですよね。 そう、ヨーグルトや味噌などと同じ部類の発酵食品なのです。 ヨーグルトなんかは、牛乳を乳酸菌で、味噌は、大豆に塩と麹を混ぜて発酵させます。 「もしかして酵素ドリンクも手作りできる?」 と思った方、そうなんです。 実は酵素はお家で割りと簡単にできちゃいますよ。 というわけで、私も手作りに挑戦してみました。 まずは準備 まず用意するものは、野菜・果物など1kgです。 私の気分的なものですが、できるだけ無農薬のものがいいかなぁと思います。 冬なので、リンゴやミカンを使おうかと思いましたが、リンゴなどは特に無農薬のものがないのであきらめました。 それで手元にあった大根とにんじん、青菜と、ゆず、レモンを使うことに。 農薬が気になる方は、大きめのボールに小さじ1の重曹水に10~30秒ほどつけて洗うといいそうですね。 それで全部が落ちるとは私は思いませんが、やらないよりはマシかな。 ビンは3リットルのものを使用。 2リットルだと2kgの食材が入らなそうだし、4リットルだと、大きすぎるかなぁ、というところです。 まず、ビンを洗ってから、熱湯を内側にいれながらまわして、気持ち消毒しました。 水分が残らないように、一日おいて乾かします。 同じように、野菜と果物も洗って、乾かしました。 汚れた部分などを全部取り除き、あとは、切るだけという形にして、置いておきます。 これで準備は万端。 次の日、仕込み 食材もビンもすべて乾いた状態にして次の日、仕込みです。 砂糖も1kg用意しました。 砂糖の量ですが、よく、日本のサイトでは、「材料1キロに対して1. 1kg」が主流ですね。 でも、海外のサイトでは、350gというところもありますから、この辺はアバウトでいいかもしれません。 天然酵母の作り方なら、「リンゴと水をいれて置いておく」だけで、あわがシュワシュワたってきますからね~。 ただ、梅シロップ作りの時、砂糖をケチってカビが生えたことがありますので、砂糖はしっかりあったほうが失敗は少ないのかもです。 素材がきっちり隠れるぐらいの砂糖なら、1kgもなくても大丈夫ですよ。 まずはにんじん。 こんなかんじのスライスにします。 これをビンにいれて・・・ 息子にもやらせないと邪魔されますからねぇ。 最初のレイヤーに砂糖をふりかけます。 順番にきまりはなしですが、砂糖をサンドイッチするのをお忘れなく。 私だけでなく、助手の手の常在菌も入っていい感じかな。 皮も、白いところをとったものをいれます。 なんでも、苦味がでるそうな。 でも、めんどくさい方はそのままどうぞ。 ほのかな苦味も味の一つですからね。 青菜のパワーもなんとなくほしくて、入れてみます。 色々いれなくても良いみたいですけどね。 ほんと、あるもので、テキトーにです。 青菜をいれて、ちょうど満杯。 これに、残りの砂糖で蓋をします。 白砂糖以外だと、ミネラル分が邪魔をして発酵しにくいそうなので、白砂糖を使っています。 ほんと、砂糖をこんなに入れなくても良いような気がしますが、砂糖は発酵の際、ブドウ糖と果糖に分解されるので、大丈夫ですよ。 もう少し減らしても、大丈夫だと思いますけどね。 5時間ぐらいで、砂糖は全部とけてしまいました。 発酵してくると、ガスがでて、ビン内の気圧が高くなって危険なので、ガス抜きに蓋をたまにあけることが大事。 蓋を開けるのは一日2回ぐらいかな。 しないと、爆発なんてことにもなりかねません・・・。 密封しないように、蓋のパッキンを外しておいたり、ガーゼなどで蓋をするという手もありますよ。 この蓋を開けた時に、洗った手でかき混ぜる人もいますね。 そうやって発酵させると、自分についた菌で、自分にぴったりあった酵素ドリンクになるそうです。 でも、しなくても発酵するそうなので、蓋をあけたときに、表面が入れ替わるようにゆすることにしました。 次回は手でやってみようかな。 2日後の様子です。 ん?? ちょこっと泡が見えるけど、あんまり変化がみられません。 やっぱり温度が低すぎるのかなぁ。 腐ってはないけれど。 んーー・・・・待てど暮らせど、発酵がはじまりません。 東北の冬の寒さをなめていました・・・。 (仕込んだのは1月です) そこでしっかりコタツで保温することにしました。 ようやくシュワシュワしてきました。 コタツで保温すること2日、ようやく変化が。 液体が濁って、泡が出始めたんです。 2日目、蓋をあけると、ポン、と軽く音がするように。 順調に発酵が進んでいます。 中の材料も、水分がぬけた感じになって、浮いてきました。 ためしに、飲んでみましたが、甘ーいなかにほのかに柑橘の香りがただよって、やさしい味です。 もう少しシュワシュワしたら、濾して完成です。 味はどうか? こちらが濾した後の完成品です。 青菜や大根、にんじんと、けっこう野菜ベースなのでお味はどんなでしょうね?香りは、レモンとゆずがやわらかく香ってきます。 飲んでみると、サクマドロップのフルーツ味のような、さわやかな酸味と甘みがミックスされたお味です。 青汁や大根くさいの味がするのかとおもいきや、ぜんぜん甘いジュースでした。 うん、美味い! ひょっとしたら、かんきつ類を丸ごと入れても苦味が味のアクセントになっていいかもです。 甘すぎて、水をたくさん足して飲むところも酵素ドリンクっぽい。 助手も待ちきれない、という表情で飲むのを待っていたのですが・・・。 ちょびっと飲んで、微妙な表情に。 「もう飲まないの?」 「うーん、もういい・・・」 市販の酵素のように飛びついてくれませんでした。 でも断言しますが、美味しいです! 作るのが面倒な方はこちらがおすすめ 「やっぱり自分で作るのは面倒」 「白砂糖がいっぱい入ってて心配」 そんな方にオススメなのが、白砂糖の代わりに 麦芽糖で発酵をさせている 優光泉(ゆうこうせん)という酵素ドリンクです。 完全無添加で、色々な酵素を手作りするこだわり派の私でも納得して飲める、唯一の酵素ドリンクです。 酵素断食を20年以上指導してきたプロが作った物なので、自分で作るよりもかなり上質で、しかもとっても美味しいです。

次の