おもてなし料理 子供が喜ぶ 簡単。 大皿料理特集!ボリューム満点の簡単レシピでみんなをおもてなし♪

子供が好きなサラダの種類!ホームパーティーは子供も喜ぶおもてなしを

おもてなし料理 子供が喜ぶ 簡単

イワシで包んだりんごや玉ねぎ・レーズンの甘み、フェタチーズのまろやかな塩気、レモンのフレッシュな酸味の3要素が口内で広がり、豊かな気分になれるひと皿。 作り立てはもちろんのこと、冷めてもおいしいので、午後イチからゆるゆると始める長丁場のホームパーティにもぴったり。 キリクリームチーズとアボカドをよく混ぜて、塩・こしょう、レモン汁で味を調えます。 マグロを1cm角に切って加えたら、オーブンで焼いたフランスパンにのせ、オリーブオイルをかけて出来上がり! カリカリのフランスパンとクリームチーズの食感の違いが楽しい一品です。 プロシュートの塩気が調味料代わりのため、味調整が簡単なのがうれしい一皿です。 マッシュルームを使ったきのこペーストソースは、ジャガイモの素揚げとの相性抜群。 キッチンペーパーで水気を拭き取ったら、オリーブオイルをひいたフライパンで両面焼きます。 器に広げるように盛り付けて、軽く塩・こしょうをふり、生ハムをのせ、ベビーリーフ、刻んだくるみを散らします。 スタンダードなローストビーフが、少しの工夫で華やかな一品に変身! 濃厚なチーズに、ハーブやガーリックの豊かな味わいが楽しめます。 上質なアンチョビを原料に作られたアンチョビとガーリックのペーストです。 オリーブオイルか生クリームを1:3でのばして使います。 バーニャカウダポットでしばらく混ぜながら温め、少し煮詰めたくらいがベスト。 オリーブオイルでのばしたわさびに、カッテージチーズを加えて和え、塩・こしょうで味を調えます。 これをアボカドの種があったくぼみにたっぷりとのせて、こしょうをふり、クラッカーにのせていただきます。 パーティ串鍋に初めて挑戦する方は、まずはこのレシピにトライしてみましょう! チーズフォンデュ風やBBQ風にして楽しんだり、フランクフルトや焼き鳥などの串メニューをそのまま活用するなど、アレンジの幅は無限大です。 日本酒をちょっぴりプラスすれば、フルーティーで飲みやすい、見た目も華やかなドリンクになります。 皮をよく洗ったリンゴとオレンジは、皮付きのまま食べやすい大きさに切ったら容器に入れ、レモン、ブルーベリーを加えます。 ミネラルウォーターを注いで冷蔵庫で1時間以上冷やしたら、日本酒を加えてひと混ぜし、ミントを飾って完成。 グラスに柚子ジャムと日本酒、ショウガを入れてよく混ぜ、氷を加えたら、炭酸水を注いでミントを飾るだけ。 チューブタイプのショウガなら混ぜるだけなので簡単です。 すっと飲める軽快な口当たりと、しっかりとした押し味が特徴。 バランスのいい味わいなので幅広い料理と相性抜群です。 シナモンスティックでスパイシーさをプラスすると味がしまります。 使い方は通常のピーラーを使う要領で、削る角度を変えるだけと簡単。 地味な色合いの料理に添えると、料理の味を邪魔せずアクセントになります。 パンやハム、チーズなどをカットしながらサーブしたり、プレートのような感覚で前菜などを並べてテーブルのセンターに置くのも素敵です。 カッティングボードは「切る」「盛る」ができて便利な上、インスタ映え必至のアイテム。 シンプルに食材を盛り付けてもおしゃれに見えます。 見た目も華やかな、簡単おもてなしレシピでパーティーをおしゃれに。 素敵なお料理でお客様に喜んでいただきましょう。 初出:しごとなでしこ.

次の

七夕の献立はこれで決まり!子供も喜ぶ人気レシピ10選!

おもてなし料理 子供が喜ぶ 簡単

ハンバーグで子供が喜ぶ柔らか食感にするためのポイントは? 大人にしてみると、肉感たっぷりのハンバーグって美味しいのですが、 子供にしてみると、 「固くて食べにくい」とか、 「ボソボソして美味しくない」って感じる場合もあります。 ハンバーグを柔らかくするコツは? 柔らかい食感にするポイントは、 タマネギの量を多くすることと、 中まで火を通すときに、 水を入れて蒸し焼きにすると、ふわっふわに仕上がって、 小さいお子さんにも食べやすくなります。 あと、 マヨネーズをタネに入れることで、お肉がふわふわ柔らかくジューシーに仕上がる効果があります。 これについては、キューピーさんがエビデンス(統計や実験による証拠のこと)を出してました。 おおっ、さすがキューピーです 笑。 これらのポイントをおさえて作ることで、おはしで簡単に崩れるハンバーグを作ることができます。 スポンサーリンク ハンバーグの簡単レシピとそのコツは? では、材料と作り方です。 『ハンバーグで子供が喜ぶ柔らか食感レシピ』の材料 (4人分) 合挽き肉 400g タマネギ 2個 サラダ油 適量 塩 小さじ1 こしょう、ナツメグ 適量 パン粉 大さじ6 牛乳 大さじ4 マヨネーズ 大さじ2 卵1個 ハンバーグのたれの材料 酒(白ワインがおすすめ) 大さじ4 しょうゆ 大さじ2 みりん 大さじ4 *材料のポイント:通常のハンバーグのレシピより、タマネギが多く、倍量以上いれています。 ソース用に大さじ4を取り出しておきます。 *タマネギは炒めた方が美味しいのですが、 生のままタネにいれても、あとで蒸し焼きをするので、問題なくできます。 私は気にならないのですが、生のまま入れて タマネギの苦みが気になる方もおられるので、そういう場合は炒めた方が無難です。 で、生のまま入れた場合は、取り分けたタマネギは レンジ加熱しておいてください。 焼き色をつけたら裏返し、裏側も同じように焼き色をつけます。 水4分の一カップを加えてふたをして、中火で7分前後蒸し焼きにします。 もう半分も同じように焼いて取り出します。 ハンバーグの和風ソースの簡単作り方! フライパンに残った肉汁を使って、 簡単和風ソースを作ります。 幼児食の場合は、ソースをかけないとか、ソースの量を調節するなどして、うす味に仕上げるといいですよ。

次の

正月料理におせち以外で簡単のもの!おもてなし料理と子供が喜ぶメニュー|現役美容師の気になるコト身になるコト

おもてなし料理 子供が喜ぶ 簡単

材料 中玉トマト6個分• 中玉トマト 6個 1個約150g• ボイル海老 6尾 1尾約10g• 鶏ささみ 1本 40〜50g• オクラ 2本 1本約10g• コーン缶 大さじ2• 素麺 乾麺 100g• オリーブ油 EXバージン 大さじ1• オクラ 50g• トマト 50g• ペッパーハム 50g• 水 60cc• 梅酒 大さじ1• ポン酢 大さじ1• めんつゆ 2倍濃縮 大さじ1• ゼラチン 5g• 大葉 2枚 最後の1品は、大人の方向けの品をご紹介! おもてなしにも最適な、オクラとトマトとペッパーハムのゼリー寄せ。

次の