あっさり おかず レシピ。 あっさり料理の人気レシピ!食欲がなくても食べられるメニューを特集!

【保存版】すぐできるおかずレシピまとめ☆忙しい日におすすめの美味しい時短料理

あっさり おかず レシピ

【材料】• 牛すじ肉…500~1,000g• お米…大さじ1程度(ごはんでも可)• 鷹の爪…1本(種を取る)• 長ねぎ…1本(みじん切り)• 薄口醤油…大さじ3• みりん…大さじ2強 【作り方】• 大根とお米を鍋に入れ、20分ほど柔らかくなるまで煮る。 圧力鍋に牛スジ肉と被るくらいの水を入れて沸騰するまで茹でる。 沸騰したらお湯を捨て、肉についた灰汁などを洗う。 2と3を数回繰り返し、綺麗になったら一口大にカットする。 圧力鍋に肉を戻し、ひたひたの水で30分ほど圧をかけて煮る。 大根はお米を洗い流しておく。 柔らかく煮た牛すじに大根と調味料、鷹の爪を入れて10~20分ほど煮る。 長ネギのみじん切りの半量を入れてさっと煮込む。 火を止めて残りの長ネギをちらし、器に盛り付けたら出来上がり。 【材料】• 豚バラ薄切り…200g• ジャガイモ…3個• にんじん…1本• 玉ねぎ…1個• しらたき…180g• 絹さや…6〜8枚 〈A〉• 酒…100ml• みりん…大さじ2• 砂糖…大さじ2• 水…400ml• 濃口醤油…大さじ3 【作り方】• 豚バラを5cm幅に、ジャガイモと人参を乱切りに、 玉ねぎはくし切りにする。 切ったじゃがいもを水に浸けておく。 しらたきを茹でて適当な長さに切る。 絹さやを塩茹して冷水に浸す。 強火で熱した鍋で豚バラ肉を炒め、色が変わったら一旦取り出す。 再度サラダ油を敷き、人参と玉ねぎを炒める。 ジャガイモを加え、全体的に馴染ませるように炒める。 Aの水と醤油以外を全てを加え、強火で加熱する、• ひと混ぜして豚バラとしらたき加える(湧いたら灰汁取りを行う)• 醤油を加えて落し蓋をし、中火で15分ほど煮込む。 火を止めたら、そのまま冷まして味を染み込ませる。 塩茹でした絹さやを入れて絡め、器に盛り付けたら出来上がり。 【材料】• 鶏もも肉…大1枚 300g• クレソン…適量• レモン…適量• 塩…少々• こしょう…少々• サラダ油…少々 〈A〉• 卵黄…1個• 大根おろし…大さじ2 【作り方】• 大根を擦り下ろして水気を絞る。 鶏肉の両面に塩こしょうを振り、冷たい状態のフライパンにサラダ油を敷く。 鶏肉を皮目から入れて弱めの中火にかけ、アルミホイルで蓋をして焼き上げる。 Aを混ぜ合わせて黄身おろしを作る。 7~8分程焼き上げたら裏返して、先程と同じ様に5分ほど焼く。 途中で余分な脂をキッチンペーパーでふき取る。 鶏肉を食べやすい大きさにカットし、レモンとクレソンを添えて出来上がり。 【材料】• しょうが…1片• ゆず…適量 皮のみ• ぶり…2切れ 切り身• しょうゆ…80ml 〈A〉• 昆布…1枚 5cm角• 水…1L 〈B〉• 酒…200ml• 砂糖…50g 【作り方】• ブリを一口大に切る。 大根を3㎝厚さの半月切りにして厚めに皮をむく。 しょうがを薄切りにして、柚子の皮をせん切りにする。 たっぷりの水と大根を入れた鍋を火にかけ、沸騰したら中火で20分ほど茹でる。 別の鍋に湯を沸かしてブリを湯通しし、氷水にとってうろこや血合いなどを洗い流す。 キッチンペーパーでブリの水気を拭き取る。 大根が柔らかくなったら、湯から上げて粗熱をとる。 5の鍋をきれいにし、大根とAを入れて火にかける。 沸騰したらBを加え、ひと煮立ちしたら20分ほど煮る。 ブリとしょうゆを加え、ひと煮立ちしたらさらに20分ほど煮る。 しょうがを加えて5分ほど煮たら火を止める。 冷まして味を含ませてから、再度温めて器に盛る。 ゆずの皮を乗せて出来上がり。 【材料】• だし汁…200ml• しょうゆ…大さじ2• 砂糖…大さじ2• みりん…大さじ1• 輪切り唐辛子…適量• 穀物酢…100ml• 豆アジ…10〜12尾• 塩…少々• 片栗粉…適量 【作り方】• 玉ねぎを薄切りに、ピーマンを千切りにする。 鍋にだし汁、醤油、砂糖、みりん、輪切り唐辛子を入れて火にかける。 沸いたら穀物酢を加え、1の野菜を入れて冷蔵庫で冷ます。 アジの内臓とエラを取り除き、水洗いをしてから水気を拭き取る。 3の南蛮酢に揚げたてのアジを入れ、1時間以上冷まして味をしみこませる。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• なす…3本• 生姜…ひとかけ(約10g)• きざみねぎ…少々 〈A〉• サラダ油…大さじ2• だし汁…250ml• しょうゆ…大さじ3• 砂糖…小さじ2 【作り方】• なすのヘタを切り落として縦半分に切る。 皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れ、縦半分に切る。 水に浸けて灰汁抜きし、キッチンペーパーで水気を拭き取る。 生姜の皮ごと包丁の腹の部分で軽く潰し、Aの材料を合わせておく。 フライパンにサラダ油大さじ2を入れたら、生姜を入れて弱めの中火にかける。 一度火を止め、なすの皮を下にして並べてから再び中火で火を点ける。 皮面に火が通って色が変わったら裏返し、反対側を焼いていく。 Aを加えて煮汁が沸いたら、そのまま3~4分ほど煮込む。 火が通ったら保存容器や器に煮汁ごと移し、2〜3時間ほど寝かせる。 器に盛り付け、刻みねぎやみょうがを乗せたら出来上がり。 【材料】• サラダ油…小さじ1• 鶏肉…100g• 乾燥ひじき…15g• だし…200ml• 醤油…大さじ1• みりん…大さじ1• 砂糖…小さじ1 【作り方】• 乾燥ひじきを水で戻しておく。 人参を細切りにして、食べやすい長さにカットする。 油揚げは半分の長さにカットしてから細切りする。 鶏肉はひじきと馴染むよう細かめにカットする。 戻したひじきを水で洗って、よく水気を切っておく。 熱したフライパンにサラダ油を敷き、人参と油揚げを炒める。 さっと炒めたら鶏肉も加え、塩を振って炒め合わせる。 鶏肉の周りが白くなってきたらひじきを加える。 だし、しょうゆ、みりん、砂糖を加える。 【材料】• 切干大根(乾物)…25g• 油揚げ…1枚(7㎝四方ほどの大きさのもの)• 茹でた絹さや…好みで少々• だし汁…200ml• 醤油…大さじ1• みりん…大さじ1• 砂糖…小さじ1 【作り方】• 切り干し大根を洗い、たっぷりの水に浸けて戻しておく。 にんじんを4〜5㎝のせん切りに、油あげを細めで短冊切りにする。 切り干し大根を絞って水気を切る。 中火で熱した鍋にサラダ油を敷き、にんじんと切り干し大根をほぐしながら炒める。 鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料を全てを加えて軽く混ぜ合わせる。 沸騰したら弱火に落とし、落し蓋をして12分ほど煮る。 落し蓋を取って箸で混ぜ合わせ、味をみて問題ないようなら火を止める。 器に盛り付け、茹でた絹さやを乗せたら出来上がり。 【材料】• 鶏挽き肉…150 g• 長ねぎ…15cm• 白いりごま…適量• サラダ油…適量 〈A〉• 水…大さじ2• みりん…大さじ1• ゆずこしょう…少々 【作り方】• 長ねぎをみじん切りにする。 豆腐をキッチンペーパーで包んで耐熱皿にのせ、電子レンジで1分半加熱する。 キッチンペーパーを外し、木べらなどで粗くつぶして粗熱をとる。 ボウルに鶏挽き肉、豆腐、長ねぎ、Aを合わせて手でよく練り混ぜる。 豆腐の形がなくなったら、生地をボウルに叩きつけて空気を抜く。 手にサラダ油をつけて、なだらかな小判型に均していく。 中火で熱したフライパンにサラダ油を敷き、タネを入れて中央を少しくぼませる。 焼き色がついたら裏返し、蓋をして弱火で6分蒸し焼きにする。 Bを混ぜ合わてフライパンに加え、スプーンでソースをかけながら軽く煮詰める。 器に盛っていりごまを振り、レタスやミニトマトなどを添えて出来上がり。 【材料】• ごぼう…小1本• 白いりごま…小さじ1• サラダ油…大さじ1 〈A〉• かつおだし…大さじ2• 酒…大さじ2 〈B〉• しょうゆ…大さじ1• ごぼうとにんじんをピーラーでささがきにし、水にさらして水気を切る。 中火で熱したフライパンにサラダ油を敷き、ごぼうをしんなりするまで炒める。 にんじんを加えてしんなりしたら火を強め、Aを加えてサッと炒める。 Bを加えて汁気がなくなるまで炒めたら、白いりごまを手ですり潰して加える。 全体的に混ぜ合わせたら、器に盛り付けて出来上がり。 あっさりとした和食レシピを紹介してきましたが、ここで和食レシピの組み立て方について軽くおさらいをしておきましょう。 和食における献立は「一汁三菜」が基本中の基本です。 これは読んで字の如く汁物を一品と3品のおかず、そしてごはんの組み合わせです。 おかずに関しては主菜を1品と、副菜を2品組み合わせてください。 この場合、主菜には動物性や植物性のたんぱく質が多く含まれている物を、そして副菜にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれている物をチョイスするのが王道です。 主菜には肉や魚、卵や大豆製品などを、そして副菜には野菜や海藻、きのこなどを取り入れます。 この様に献立を組み立てることにより。 食バランス良く栄養を摂取することが可能となるわけです。 和食が非常に栄養バランスに優れた食事であると言われるのは、この様な考え方に基づいて献立を組み立てる故のものなのです。 献立を組み立てる際は、まず献立の主菜から決めていきましょう。 先程説明した通り、和食の献立はバランスが第一です。 よって献立を決める場合はまず核となる料理からチョイスし、そこに合わせた副菜を当てはめていくのが正攻法です。 献立例を紹介するレシピ本を見ると、大体どれもこの法則に則って献立が紹介されています。 勿論食べたい副菜があり、そちらを献立に組み入れたい場合もあるでしょう。 そういった時は献立のバランスを考えながら、主菜と副菜を組み合わせてください。 ただし、あくまで和食の献立はトータルでのバランス感が大切ですので、この献立バランスを崩壊させないように組み立てる必要があります。 そこだけは注意しましょう。

次の

おかずレシピ:白ごはん.com

あっさり おかず レシピ

子どもに人気の、あっさり食べやすいレシピや、夏野菜、お魚を使った簡単にできる料理のレシピなどを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたものの中から厳選してまとめました! 子どもに人気の和食レシピ 【1】柿とほうれん草のごま和え 秋にぴったり!熟した柿がとろ~りとおいしいく、緑とオレンジのコントラストがきれいなおかずです。 ほうれん草は耐熱容器に並べてラップをかけ、電子レンジで2分ほど加熱する。 粗熱がとれたら水けを絞り、2cm長さに切る。 【2】ボウルに【A】を合わせてよく混ぜ、【1】を加えて和える。 サッと水けをきって耐熱容器に入れ、ラップをかけて電子レンジで1分加熱する。 【2】ボウルに【A】の材料を合わせてよく混ぜ、【1】を加え混ぜ、食べやすい大きさに分けて丸める。 【3】フライパンにサラダ油を熱して【2】を並べ入れ、焼き色がついたら裏返す。 水大さじ2を加えてふたをし、弱火にし、5分ほど蒸し焼きにする。 *かぶ、パプリカ、いんげんなどの野菜を一緒に炒めたり、サラダ菜を添えても。 教えてくれたのは 鈴木薫さん シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 今回は、盛りつけのポイントも伺いました。 【2】フライパンにサラダ油を熱して【1】を入れ、中火で両面を6~7分焼く。 油を拭き、【B】を入れて煮からめる。 【3】絹さやを塩ゆでして器に敷き、【2】を盛る。 和風の一品を、味つけいらずでパパッと作れるから助かります。 【2】【1】と【A】を混ぜ合わせる。 教えてくれたのは 藤井恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『めばえ』2014年5月号 【4】豆腐ハンバーグみそバターソース 淡白な鶏ひき肉とヘルシーな豆腐は相性抜群!塩分ひかえめなのに風味のいいソースで子供も大人も満足な一品です。 【2】ボウルにひき肉と【1】を入れてよく練り混ぜ、【A】を加えて混ぜて、4つに丸める。 【3】フライパンにサラダ油を熱して【2】を入れ、ふたをして片面4分ずつ焼き、器に盛る。 【4】フライパンを拭いて【B】を入れ、煮立ったらバターを加えて混ぜながら溶かし、【3】にかける。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『めばえ』2016年1月号 【5】しらすと青菜のおにぎり パクッと食べられる手軽なおにぎりにカルシウム豊富なしらすをプラスして栄養価をアップ。 青菜を加えて彩よく仕上げました。 【2】ボウルに【1】、しらす干し、ご飯を入れ、混ぜ合わせる。 【3】3等分にして、俵型ににぎる。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も『めばえ』世代、女児(本特集にモデルとして登場)の母として「食育」を実践している。 戻し汁100mlは米の浸け水に使用。 【2】米は洗って水気を切り、釜に入れ、【A】を加えて30分以上置く。 【3】【2】に酒、塩を混ぜ、スキムミルク、刻み昆布、桜えび、ゆで大豆をのせて炊く。 【4】炊き上がったら、ふんわり混ぜる。 教えてくれたのは 藤井 恵さん ふじいめぐみ/料理研究家、管理栄養士。 女子栄養大学在学中から料理アシスタントを務め、料理家の道へ。 25~30歳の5年間育児休業するも、復帰後、メディア各種、イベント、講演会など、幅広く活躍。 「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)の講師としても人気。 『めばえ』2017年1月号 簡単にできる和食レシピ 【1】いか団子とキャベツのやわらか煮 万能めんつゆだれを使用。 薄味なのにしっかり味がついている。 いかを取り出して輪切りから細かく叩き(またはフードプロセッサーにかけ)、【A】を加えて混ぜる(漬けだれは取っておく)。 【2】キャベツは芯を除いて4cm角に切る。 【3】鍋にだし汁、漬けだれ、【2】を入れて火にかけ、煮立ったら火を弱め、ふたをして5分煮る。 【1】を一口大に丸めながら加えてふたをし、3~4分煮る。 混ぜ合わせた【B】を加えてとろみをつける。 *いかは冷凍のロールいかを解凍して使っても。 【2】すべての材料を混ぜる。 *冷蔵庫で10日ほど保存可能。 【2】牛肉と野菜のすき煮 子どもが大好きな甘辛すき焼き風煮物はめんつゆだれで。 サッと炒めるだけで絶品のおいしさ。 【2】長ねぎは斜め薄切りにし、しめじは根元を除いてほぐす。 にんじんは薄切りにし、あれば型で抜いて、下ゆでする。 【3】フライパンにごま油を中火で熱し、【1】の牛肉をサッと炒め、だし汁と漬けだれを加えて混ぜる。 【2】を加え、汁がほんの少しになるまで煮る。 教えてくれたのは 夏梅美智子さん 身近な食材を使った、作りやすくておいしい家庭料理が人気。 基本の料理からエスニックまで幅広いレパートリーがある。 男の子のママでもある。 『めばえ』2015年2月号 【3】さばと長いもの甘辛サクサク焼き さばのサクサクと長いものしゃきしゃきした歯ごたえはやみつきに。 甘辛いタレとしょうがで青魚の臭みを消して。 長いもは皮をむいて8mm幅の半月切りにする。 【2】フライパンにサラダ油を熱して【1】を並べ、両面をこんがり焼き、長いもに塩をふる。 *お好みで万能ねぎを散らしても。 教えてくれたのは 山本ゆりさん 学生時代から料理ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」をスタート。 『syunkonカフェごはん』などの著書は計350万部の大ヒット中。 二児の母。 『めばえ』2015年9月号 【4】サケの蒸し焼きを使ったサケのごまみそ照り焼き ほんのり甘い照り焼き味は子どもも大好き!ごまみその照りが食欲をそそります。 【A】は混ぜ合わせておく。 【2】フライパンに油を中火で熱してサケを軽く焼いたら、絹さやを加えて【A】を回し入れ、照りが出てきたところで火を止める。 あらかじめ食べやすく切っておくと便利。 冷蔵庫で4~5日、冷凍庫で3週間保存可能。 4等分に切って並べ、酒とごま油を回しかける。 【2】フタをして弱めの中火で約7分蒸し焼きにし、火を止めてそのまま冷ます 教えてくれたのは 武蔵裕子さん むさしゆうこ/料理研究家。 作りやすく、おいしいレシピに定評のある、家庭料理のエキスパート。 自らも働きながら双子の息子を育て上げ、今も3世代の食卓を担う日々。 忙しい主婦が真似しやすい時短レシピを数多く提案している。 『めばえ』2017年4月号 あっさり食べやすい和食レシピ 【1】鶏団子と卵のさっぱり煮 食欲が増すさっぱり煮。 残った煮汁はそうめんのつけ汁や、煮物の汁に使うことも。 ゆで卵は殻をむく。 【2】鍋に【A】を入れて火にかけ、沸騰したら強火で3分煮て酸味をとばす。 【1】を加え、弱めの中火で4~5分煮、いんげんを加えてサッと煮る。 *鶏のうま味が出た煮汁は、麺類のつけ汁にしても。 または、豆腐などを煮てもおいしい。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 【2】きのこの煮浸し風 調味料ときのこをレンジで一緒に加熱するだけ!「あと一品!」というときに助かります。 ラップをふんわりかけて電子レンジで2分ほど(500Wの場合)加熱。 そのまま冷ます。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子の舜(しゅん)くんと3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【3】ミニトマトの甘酢漬け 甘酢液を作ったら、15分間漬けるだけ。 甘みのある味なので子供もおいしく食べられます。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子の舜(しゅん)くんと3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【4】水だしで作る茶わん蒸し 水でとれる出汁使った一品。 【2】ボウルに卵を割り入れ、白身を切るようにして、全体を泡立てずに溶きほぐす。 水だしと【A】を加えて軽く混ぜ、ザルでこして卵液にする。 【3】器に【1】を入れて【2】の卵液を静かに流し入れる。 表面の泡はペーパータオルなどでつぶす。 【4】深めのフライパンに水(分量外)を3cmの高さまで注ぎ、【3】の器を静かに入れる。 【5】フタをして強火で煮立てて1分加熱。 弱火にして10分蒸す。 竹ぐしを刺して、透明な汁が出たら蒸し上がり。 フライパンから器を取り出して、かいわれをのせる。 冷蔵庫で約1週間保存可能。 【2】塩と砂糖を加える。 【3】水を注ぎ、フタを閉めて、冷蔵庫でひと晩置く。 教えてくれたのは 武蔵裕子さん むさしゆうこ/料理研究家。 作りやすく、おいしいレシピに定評のある、家庭料理のエキスパート。 自らも働きながら双子の息子を育て上げ、今も3世代の食卓を担う日々。 忙しい主婦が真似しやすい時短レシピを数多く提案している。 『めばえ』2017年4月号 【5】即席浅漬け 余った野菜ですぐできる、時短おかず。 冷蔵庫に常備しておけば野菜不足解消に。 にんじんは短冊切りにする。 切り昆布は半分の長さに切る。 【2】【1】をジップ付きポリ袋などに入れ、【A】を加えてよくもみ混ぜ、空気を抜くように袋の口を閉めて冷蔵庫で2~3時間漬ける。 教えてくれたのは 渥美まゆ美さん あつみまゆみ/管理栄養士。 フードコーディネーター。 健康運動指導士。 保育園勤務で子どもの料理提供に関わる。 料理講師やセミナー講師などフリーランスで活動後、「株式会社Smile meal」を設立。 食育など食と健康に関わる活動を行う。 2児の母。 【2】にんじんは輪切りにしてゆでて、型抜きする。 チーズは1cm角に切る。 【3】ご飯に【1】、【2】、しらす干しを混ぜる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 料理研究家。 「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 今回は、長男の遼大(りょうだい)くんにお手伝いしてもらいました。 『めばえ』2015年8月号 【2】きゅうりとセロリ、鶏ささみの和えもの 片栗粉をまぶして茹でたささみはたれにしっかり絡んで、パサつかず、鶏のうま味を存分に味わえます。 きゅうりとセロリの千切りもしゃきしゃきと楽しい食感です。 鶏ささみは筋を取り、塩少々(分量外)を振りかけて10分ほどおき、片栗粉をまぶす。 鍋で湯(分量外)を沸かし、沸騰したら弱火にして鶏ささみをゆで、ザルにあげる。 粗熱が取れたらほぐす。 【2】ボウルに【1】の野菜、鶏ささみを入れてしょうが汁、ごま油を加えてさっと混ぜ、最後に塩を加えて全体を和える。 教えてくれたのは 瀬戸口しおりさん 料理家。 学生時代、東京・吉祥寺にあった『諸国空想料理店KuuKuu』のスタッフとして働き始め、その後、料理家・高山なおみ氏のアシスタントを経て独立。 昔ながらの家庭料理や人気のエスニック料理をよりおいしく、おしゃれにレベルアップさせる独自のセンスに定評がある。 『めばえ』2017年9月号 【3】野菜のヨーグルトみそ漬け 和洋ミックスの新風味。 子どもウケも抜群な新感覚のお漬物です。 【2】【A】と【1】を混ぜて2~3時間置く。 【3】みそをぬぐい取り、水気を絞る。 ヨーグルトは、100gに120mgのCaを含有。 みそは、100gに100mgのCaを含有。 良質なたんぱく質も摂取できる。 教えてくれたのは 藤井 恵さん ふじいめぐみ/料理研究家、管理栄養士。 女子栄養大学在学中から料理アシスタントを務め、料理家の道へ。 25~30歳の5年間育児休業するも、復帰後、メディア各種、イベント、講演会など、幅広く活躍。 「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)の講師としても人気。 『めばえ』2017年1月号 【4】ギザギザ梅きゅうり すきまおかずもちょっとオシャレにするだけで子供は大喜びです。 【2】【1】の中央に梅肉をのせる。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネータ ー、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 『ベビーブック』2011年10月号 【5】きゅうりとしらすの納豆うどん ゆでて具材をのせるだけで完成する時短メニューは忙しいときに最適! めんつゆでさっぱり食べられるうどんは、きゅうりの食感がアクセントです。 【2】うどんは半分の長さに切ってサッとゆで、流水で洗って、水けをきる。 【3】器に【2】を盛り、水けを絞った【1】、納豆、しらす、ごまをのせ、めんつゆをかける。 教えてくれたのは 鈴木 薫さん シンプルでおいしい実用的なレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 『ベビーブック』2013年7月号 魚を使った和食レシピ 【1】たらと白菜のみそホイル蒸し オーブンシートで蒸し煮にすれば、たらや野菜の水分に味噌が溶けて優しい味わいに。 仕上げのバターはしっかりコクを出してくれます。 にんじんは縦半分にして斜め薄切りにする。 まいたけはほぐす。 【2】オーブンシート(またはアルミホイル)に【1】の野菜とまいたけをのせ、上にたらとバターをのせ、混ぜ合わせた【A】をかけて包む。 【3】オーブントースターの天板にのせ、10分蒸し焼きにする。 【2】さんまとにんじんの炊き込みご飯 シュンの味覚がたっぷり!ごぼうやれんこんなど大きく切った根菜も加えて風味と食べ応えもアップ。 【2】さんまは4cm幅に切る。 にんじんは皮をむいてすりおろし、れんこんは半月切りにし、ごぼうはささがきにする。 【3】【1】に【2】を入れて炊く。 *小ねぎを散らしても。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママ。 教えてくれたのは 阪下 千恵さん 料理研究家、栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二児のママ。 『めばえ』2015年4月号 【4】てりやき鮭丼 電子レンジで下ごしらえした食材をカリッと焼いて丼に。 かぼちゃやなすも加え、甘くてしょっぱいたれとマヨネーズがよく合います。 かぼちゃは食べやすく切って耐熱皿にのせ、水少々をふってふわっとラ ップをかけ、電子レンジで約1分加熱する。 なすは乱切り、トマトは4つ割、レタスはちぎる。 【2】フライパンにサラダ油を半量熱し、かぼちゃとなすをこんがり焼いて取り出す。 残りの油を足して鮭を両面こんがり焼き、【A】を加えてからめ、かぼちゃとなすを戻してからめる。 【3】器にご飯を盛ってレタス、【2】、トマトをのせ、たれを回しかけ、マヨネーズを絞る。 【5】あじの開きの炊き込みご飯 焼いてのせて炊くだけ。 枝豆は解凍してさやから出す。 【2】炊飯器にといだ米とめんつゆを入れ、2合の目盛りに合わせて水を張り、軽く混ぜ、あじをのせて炊く。 【3】炊き上がったら、あじを取り出して骨を除き、ざっくりほぐして戻し、枝豆を加えて混ぜる。 教えてくれたのは 山本ゆりさん 学生時代から料理ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」をスタート。 『syunkonカフェごはん』などの著書は計350万部の大ヒット中。 二児の母。 『めばえ』2015年9月号 【6】かじきのみそヨーグルト漬け みそとヨーグルト、W発酵食品の風味で魚がやわらかく。 下味をつけることで子供も食べやすく。 冷蔵庫に4~5時間以上おく(一晩以上の場合は、冷凍庫におく)。 【2】【1】のみそを拭い取り、熱したグリルに並べ、中弱火で4~5分ほど焼く。 【3】器に盛り、ソテーしたコーンなどを添える。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『めばえ』2016年1月号 キャベツを使った和食の副菜レシピ 【1】キャベツと塩昆布の漬物風サラダ ミネラル豊富な昆布がアクセント。 【2】ポリ袋に【1】と塩昆布を入れ、キャベツがしんなりするまで手でもみ込む。 自身も『めばえ』世代、女児(本特集にモデルとして登場)の母として「食育」を実践している。 【1】キャベツをちぎる 洗って芯を除き、葉を手で一口大にちぎる。 芯はスライスする。 【2】エリンギを裂く サッと洗って食べやすい長さに切り、手で縦に細く裂く。 【3】にんじんを型抜きする 好みの型で抜く。 材料が柔らかくなったらみそ を溶き入れ、下ゆでしたにんじん を型抜きして飾る。 教えてくれたのは こんぺいとさん 今回取材に協力してくれたのは「台所 のある幼児教室こんぺいと」。 作って、 食べて、遊んで知力を育てるのがコンセ プトで、1歳から料理体験ができます。 『ベビーブック』2017年9月号 【3】和風コールスローサラダ たっぷりの野菜だけでなくかつお節やゴマがはいった優秀な副菜。 ブロッコリーは小房に分けてゆでる。 【2】【1】とコーン大さじ5 をあわせ、かつお節、白すりごま、めんつゆ、マヨネーズを加えて混ぜ、塩で味を調える。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2018年2月号 【4】キャベツ巻きみそカツ 薄切り肉は味噌を塗ることで柔らかく。 せん切りキャベツと一緒に巻いて、外はカリッと、中はふわっと柔らかく仕上げます。 【3】【2】に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。 食べやすいように、それぞれ3等分に切り分ける。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『めばえ』2016年1月号.

次の

和食のあっさりレシピ!晩御飯の献立に!簡単にできるおかずを紹介

あっさり おかず レシピ

オクラを塩でこすって熱湯に通し、冷水にあげる。 水気をきって、小口切りにする。 だし汁を強火でえ煮立てて、調味料を入れて火を消す。 冷水で冷ます。 山芋をすって、さらに小口切したオクラを入れて、叩くようにすりつぶす。 2の中に1の冷ましただし汁を入れてのばし、お茶碗に盛ったご飯の上にたっぷりかけて刻みのりを散らす。 オクラと山芋のねばねばには健康効果があります。 風邪予防、消化促進、腸内環境改善、生活習慣病や老化予防などです。 夏バテにもオススメです。 のどごし良く、ササっと食べれるので、食欲がなくても食べやすいです。 大根は皮をむいてすりおろし、ざるに入れて水気を切る万能ネギは小口切りにする。 ボールに酢醤油と大根を入れて混ぜておく。 唐揚げは温めておく 3. どんぶりにご飯を盛り、温めた唐揚げをのせてボールで混ぜたみぞれ酢醤油をかける。 orangepage. 5cmの、そぎ切りにし、エリンギは長さ半分に切ってから縦6等分に切る。 きぬさやは下手をと筋を取る。 フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、エリンギ、きぬさや、赤唐辛子を入れて1分ほど軽く炒める。 切って炒めるだけのとっても簡単なおかず!素材の美味しさをそのままに、ピリッと赤唐辛子とお酢が食欲をそそり、暑い夏にはオススメの一品です。 royalqueen. アジは三枚におろして、塩少々と酒(分量外)をふっておく。 しょうゆ、みりん、砂糖、酒を合わせて、たたいて潰した梅干しと千切りにしたしそを混ぜる。 しそは仕上げの飾り用に少しおいておく。 アジの水分を拭いて片栗粉をまぶし、フライパンで両面焼く。 2で合わせたタレをかけ入れて、とろみが出たら完成。 どんな魚の蒲焼にも合う梅としそのタレがさっぱりと美味しい一品です。 アジは年間を通して手に入りやすく、フライパンで焼くことで手軽にできます。 しそはなくてもOK。 orangepage. たっぷりのお湯で豚肉を茹で、色が変わったらざるにあげて、冷水で冷まし水気を切る。 山芋は皮をむき、酢少々を入れた酢水に10分ほどつけて、長さ3cmの拍子木切り(四角柱に切る)にする。 大根おろしは軽く水気を切ってボールに入れ、残りのおろしポン酢の材料を加えて混ぜておく。 お皿の中心に豚肉をのせ、山芋を添えておろしポン酢をかける。 お好みで、貝割れ菜やミョウガやもみじおろしを添えると色目も爽やかにキレイになる。 暑い夏といえば「冷しゃぶ」。 大根おろしを合わせることでさっぱり度アップ!!貝割れ菜やミョウガを加えるとピリッと辛みが出てちょっと大人の味に。 rakuten. トマトはヘタを取って、1cm角に切り、塩少々ふり、ざるに入れて5分ほどおいて水気を切る。 豆腐は2等分に切って器に盛る。 ボールにトマト、千切りにした青じそのは、しょうゆ、酢各大1を入れて混ぜ合わせ、豆腐にかける。 美肌や風邪予防のビタミンC、腸内環境を整える食物繊維、抗酸化作用のあるリコピンなど健康野菜のトマトを添えることで体にもよく、彩りもきれい。 rakuten. とうがらしの先を切り落とす。 フライパンに油を入れ、1のとうがらしに焦げ目がつく程度まで焼きます。 そこに水、その他の調味料を入れて、蓋をし煮ます。 とうがらしがシナシナになり、煮汁も半分くらいになってきたら完成!お好みで、かつお節などかけても美味しい。 京都舞鶴で栽培されている万願寺とうがらしは大型で辛みのない甘いとうがらしです。 「万願寺甘とう」として知られ、ブランド京野菜に指定されています。 ビタミンA. Eが豊富。 種も少なく食べやすいので、夏のおすすめ!普通のとうがらしの苦味や辛みが苦手な人にはぜひ食べていただきたい万願寺とうがらし。 とっても美味しく、ビールのお供に最高です。 最後に 簡単さっぱりおかず+ご飯をご紹介しました!冷ややっこにキムチをのせたり、いつもの浅漬けに梅肉を合わせたり・・まだまだおすすめはあるかと思いますが、気になったおかずがあればぜひ作ってみてください!! 暑いと食欲がわかず、食べる気しないな? と思ってしまいますが、ネバネバ系はさらっと食べれて栄養価も高いです。 夏に限らずですが、 我が家はスーパーの試食コーナーで簡単に作れそうなおかずのヒントをもらっています。 試食コーナーって、とても魅力的ですよね。 きちんと食べて、夏バテにならないように暑い夏を乗り切ってくださいね。 他にも夏におすすめのレシピを記事にしています。

次の