お心遣いありがとうございます 返信。 「お心遣い」の意味と正しい使い方!礼状などで使える例文も紹介

「ありがとう」への正しい返信は?失敗しない上司へのビジネスメール

お心遣いありがとうございます 返信

要件を手短にまとめ、すぐ送信できるのがメールのメリット。 そのため、ビジネスの現場においてメールのやりとりをする機会は少なくないでしょう。 というより、いまやメールのやりとりを抜きにして仕事はできないとすら言えます。 しかし、相手や状況により 「こう書いておけば間違いない」というような「正解」を見出しにくいのも事実。 相手に納得してもらうためには、簡略化しただけの安易な内容では相手に気持ちも姿勢も伝えることはできないわけです。 だからこそ、正解を見出せないまま、「では、どう書くのが最適か」について模索している人は、決して少なくないのかもしれません。 そこでご紹介したいのが、『 迷わず書けるメール術』(神垣あゆみ著、フォレスト出版)。 7000人に読まれているメールマガジン「仕事美人のメール作法」を発行している著者が、ビジネスシーンに応じた文例と基本フレーズ、言い回しなどを紹介した書籍。 2009年に刊行された『メールは1分で返しなさい!』を改題し、大幅に加筆・再編集したものです。 ビジネスメールのやり取りではスピードが求められる反面、どのように書けばよいか、迷ったり悩んだりすることも多く、なかなかメールが書けないという声をよく耳にします。 そこで本書では、より早く必要な文例やフレーズにリーチしていただくために検索性を追求しました。 「感謝」「おわび」「依頼」など、テーマ別に状況に応じた文例と基本フレーズ、さらにそこから派生した言い回しを多数紹介しています。 (「まえがき」より) きょうは、II「ピッタリの表現が必ず見つかる! ビジネスメールの文例とフレーズ」のなかから、 「感謝の文例とフレーズ」を抜き出してみたいと思います。 感謝の文例とフレーズ 感謝の気持ちを伝えるメールは間をおかず、できるだけ早く送ることが大切。 メールの冒頭に感謝の気持ちを伝えるひとことがあると、相手に好印象を与えることができるといいます。 対応へのお礼 件名:先ほどはありがとうございました。 お世話になります。 メルイチ商事の鈴木です。 さっそく、詳しい資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 システム導入については前向きに検討しております。 社内で討議のうえ、改めてご連絡させてください。 引き続きよろしくお願いいたします。 このように、「なにが」「どのように」ありがたかったのかを明示すると、儀礼的な挨拶にならず、相手に感謝の気持ちが伝わるといいます。 (40ページより) 感謝の基本フレーズ ありがとうございます 例: ご返信いただき、ありがとうございます。 いうまでもなく、感謝の意を伝える最も基本的なフレーズ。 なお上記の場合、「ご返信」に代わる言葉として、「ご連絡」「ご確認」「ご対応」「お知らせ」なども。 その他の感謝のフレーズ 重ねてお礼申し上げます。 例: 早速のご返信、ありがとうございます。 早速資料もお送りいただき、重ねてお礼申し上げます。 メール本文に「ありがとうございます」が繰り返し使われるときは、別の表現に言い換えて感謝の気持ちを表すと、よりスマートな印象に。 逆にいえば「ありがとうございます」を連発すればするほど、感謝の気持ちは薄れて伝わり、相手には儀礼的なイメージを与えてしまう可能性が生まれるわけです。 でも、「ありがとうございます」以外、たとえば「感謝いたしております」「ありがたく思っております」などのフレーズを用いると、感じよくまとまるといいます。 恐れ入ります 例: お忙しいところ、恐れ入ります。 相手がなんらかの配慮をしてくれたとき、「恐れ入ります」を使うと感じがいいもの。 ちなみにこれは、「恐縮です」と言い換えることも可能です。 なお訃報を知らせるメールへの返信の場合、「ありがとうございます」は避け、恐れ入りますを使います。 会長がお亡くなりになったとのこと。 わざわざお知らせいただきまして、恐れ入ります。 おかげさまで 例: ・おかげさまで、次のプロジェクトも順調に進んでいます。 ・これもひとえに、御社にご協力いただいたおかげです。 気にかけたり、支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを凝縮した言葉。 (41ページより) 感謝のフレーズにプラス お気遣い 例: お気遣いいただき、ありがとうございます。 ささいなことでも相手の気遣いや配慮に気づいたなら、言葉にして伝えたいところ。 小さな積み重ねが心を通わせ、信頼関係を築く礎になっていくわけです。 お心遣い 例: いつもお心遣いいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 「お気遣い」に代わる言葉としては、「お心遣い」「ご配慮」も。 いずれも相手が気にかけてくれたり、自分の配慮を感じたりしたときにひとこと添えたいフレーズだといいます。 上記のNG例のような文章は堅苦しく儀礼的で、気持ちが伝わらないもの。 このような場合、「ご配慮」を使ってシンプルに言い換えるほうがすっきりするというわけです。 お取り計らい 例: 部長のお取り計らいに心から感謝いたします。 物事がうまく運ぶように適切な処置をすること。 「お気遣い」「お心遣い」「ご配慮」と言い換えることも。 恐縮する気持ちを伝える「すみません」よりも、感謝の気持ちを伝える「ありがとうございます」のほうが前向きで好印象を与えることに。 「どうも」はいろいろな場面で使える便利な言葉ですが、これだけでは、きちんとした感謝の気持ちは伝わらないわけです。 (43ページより) このように、すぐに役立てることができる実践的な1冊。 迷ったときに答えを見つけ出すことができるので、デスクサイドに置いておけば大活躍してくれるのではないかと思います。 Photo: 印南敦史.

次の

「ありがとう」への正しい返信は?失敗しない上司へのビジネスメール

お心遣いありがとうございます 返信

ご確認ありがとうございます、ご返信ありがとうございます、ご協力ありがとうございます、など様々な場面で使えます。 基本的に下記の2つの単語(表現)が主に使われます。 thank you for ~:主に人に対する感謝• ありがとうございます(感謝)の詳細については、『』の記事をご確認下さい。 例えば先ほどの例文で言えば下記がその英語となります。 ビジネスメールでも口頭でも使えます。 ご確認ありがとうございます:Thank you very much for your confirmation. ご返信ありがとうございます:Thank you for your reply. ご協力ありがとうございます:I really appreciate your help. 上記のように、「very mcuh」や「really」を付けて、「ご確認誠にありがとうございます」などと強調してもOKです。 また、お礼のメールを書くときはその件名や書き出し、結びなどもじゅうようになるので、その際は、『』の記事をご参考下さい。 また、ここで注意してほしいのが、特に「apprecaite」を使う場合ですが、あなたが感謝しているのか?または会社全体が感謝しているのか?で、主語を「I」や「We」に代えてもOKです。 2.「ご対応ありがとうございます」の英語 さて、それでは「ご対応ありがとうございます」はどのように表現すればいいのでしょうか? 対応の英語は次のような単語で表現できます。 response(リスポンス):反応、応答などの意味がります。 「~への対応」と細かく言う時は「response to ~」などと表現します。 日本語でもビジネスで「レス(レス不要です)」と使いますがこの「response」が基となっています。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 また、先ほどもあった「cooperation」(コーポレーション)や 「assistance」(アシスタンス)や 「support」(サポート)の単語に置き換えることもできます。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 友達にも「対応ありがとうね」という場合とビジネスで丁寧に「ご対応頂きましてありがとうございます」などのパターンがありますね。 これを、とてもカジュアルな「Thanks for your ~」や通常の「Thank you for ~」、また丁寧な「appreciate ~」に当てはめてみましょう。 Thanks for your help! Thank you very much for your response. I really appreciate your great support. 「great」を「tremendous(トレメンダス)」の単語に代える表現も多くあります。 このように、時と場合に分けて表現できるようになると素晴らしいです。 3.それぞれの「~のご対応ありがとうございます」」の英語例文 冒頭でもお伝えしましたが、「ご対応ありがとうございます」に「迅速な」、「お忙しい中」などを加えるとさらに親切で丁寧な言い方になりますね。 ここではそれぞれの例文の言い方を覚えましょう! また例文では「thank you for ~」と「appreciate」を交互に使っていますが、入れ替えても問題ありません。 「迅速なご対応ありがとうございます」の英語 すぐに対応して頂けた、またはすぐの返信が来た場合などに使える表現ですね。 Thank you for your prompt reply. I apprecaite your quick response. 「quick(クイック)」は日本語でも使われれているので、「早い」というイメージがらいますが、 「prompt(プロンプト)」という単語はあまり馴染みが無いかもしれませんが、ネイティブはよくメールなどで使います。 「prompt」は、迅速な、機敏なという意味です。 この2つの単語を押さえると「迅速な対応ありがとうございます」の表現ができるようになります。 また、 「早速のご対応ありがとうございます」とほぼ同じ意味なのでそのまま使えます。 「親切なご対応ありがとうございます」の英語 「親切な」という単語は 「kind(カインド)」を使うのがベストです。 Thank you very much for your kind support. We really appreciate your kind response. また、 「丁寧なご対応ありがとうございます」と表現したい場合もこの表現が使えます。 「polite(ポライト)」という単語が「丁寧な」という表現がありますが、「kind」が一般的によく使われます。 「忙しい中ご対応ありがとうございます」の英語 「お忙しいところ」、「お忙しい中」という表現も付け加える時がありますね。 Thank you very much for your reply while you are busy. I appreciate your kind assistance out of your busy schedule. 「out of ~」で「~(ここでは、忙しいスケジュール)の中から」という表現を使っています。 まとめ:「ご対応ありがとうございます」の英語は感謝の気持ちを込めることが最優先 先ずは相手に対してどれくらい感謝をしているのかを示すには「very much」や「really」など様々な単語をプラスしてもOKです。 supportなのか?assistanceがいいのか?などの単語の選定は二の次で、相手に失礼なく、感謝の意を伝えることがとても大切です。 また、一つの表現に偏らないようにここでご紹介した表現を時と場合で使い分けれるようにしましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「早い返信ありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

お心遣いありがとうございます 返信

この「ご心配ありがとうございます」という言葉は、相手に心配してくれてありがとうという気持ちを伝えられるものですが、それだけだとちょっと相手を突き放すような表現になります。 この表現を単独で使うとどこかぶっきらぼうで、皮肉っぽい響きになりかねないわけですね。 それを避けるために、この表現の後に「お陰様で、体調も回復してきました」「やっと見通しが立ってきました」など、相手が気遣ってくれている事柄の状況を報告するコメントをつけましょう。 これで端的になりすぎるのを防げますよ。 1つ目のマナーでもご紹介した通り、「ご心配ありがとうございます」という表現は短すぎたり、無表情で言ってしまうと相手にぶっきらぼうな印象を与えてしまい、失礼な表現になってしまいます。 従って、このような表現を特に直接、口語で使用する際はその時している作業の手を止めてしっかり相手の目を見ながら言いましょう。 また、少し微笑むくらいの柔らかい表情で言うのが良いでしょう。 特にビジネスでは忙しい関係で丁寧なコミュニケーションを取るのが難しい場合もありますが、大人として大事なたしなみです。 具体的には、特に目上の人がこちらの時間の都合などを心配してくれて声をかけてくれた際に、「ご心配ありがとうございます。 何とか間に合うと思います」などの形で表現します。 こちらの心配してくれていた目上の人からすると、その気遣いに対して感謝の気持ちが伝わってこないのは礼儀のない振る舞いとなってしまいます。 このような配慮をいただき、心配してくれている場合にはしっかり敬語表現を用いて相手に感謝を伝えましょう。 「ご心配おかけしました」と続けるのも良いですね。 具体的には、例えば自分が風邪を引いていることに対して「風邪、大丈夫ですか?」と聞かれた場合、「ご心配ありがとうござます」または「ご心配いただきありがとうございます」と使います。 ここでも、この表現に続けて「徐々に体調の方も回復してきています」「今は熱も下がって、回復傾向にあります」など、自分の体調の状況を心配してくれた相手に補足して説明できるとよいですね。 こうすることで丁寧さが加わり、しっかり丁寧な敬語表現として活用することができますよ。 1つ目の例と同様、「ご心配おかけしました」と後に続けるのも良いでしょう。 重ねて丁寧な印象を与えられ、好感度もアップしますよ。 相手が事故やけがの状況について「今回は大変でしたね」と声をかけてきてくれた際にその返答として使います。 「ご心配おかけしました」と重ねることもできます。 ただ、自分がその時に見舞われた事故やけがが比較的大きく、精神的ショックも大きい場合、相手に感謝の気持ちを述べるのが遅くなってしまうのはやむを得ないことです。 その時は返事が遅くなってもかまわないので、自分の状況や気持ちの整理がついてから改めて相手に連絡するのがマナーと言えるでしょう。 メール本文の中では例えば、「先のプロジェクトについては貴社からもご心配いただきありがとうございました」などの形で使用します。 「ご心配ありがとうございます」よりも少し丁寧さが増した敬語表現となり、文字通り、相手の心配や配慮に対して感謝の意を伝える表現として使用できます。 続けて相手側の配慮をいただいた件についての進捗状況などを伝えると良いですね。 「ご心配おかけしました」という意味でも使えます。 1つ目の表現よりやや柔らかい表現となり、意味は同じで丁寧に相手の配慮に対して丁寧に感謝を伝えます。 具体的には、「今回の件に関してはご心配くださいましてありがとうございました」などの形で使います。 続けて、「その件に関しましては貴社にもご支援いただきました結果、滞りなく執り行うことができました」などそのことの進捗について相手に伝えると良いでしょう。 このように丁寧に伝えることで相手も自分が心配したことが事なきを得たことが分かって安心しますよね。 いただくと同様、賜るも「もらう」という言葉の謙譲語ですが、賜るの方がよりフォーマルで礼儀正しい響きを持っています。 ビジネス文書などかなり堅い言い回しで書きたい時に活用します。 具体的には、「この度は貴社にもご心配賜り、誠にありがとうございます」などの形で使用します。 意味するところは例文2までと同様、相手の心配や配慮について感謝するという意味です。 自分より上の立場である取引先にメールを送る時などにも活用できますね。 具体的には「お忙しいにも関わらず、ご心配賜りまして誠にありがとうございます」などの形で使います。 3つ目の「ご心配賜り」に「まして」を付け加えてより丁寧にした表現です。 例文3つ目、4つ目のどちらもご心配と賜りの間に「を」を置いて「ご心配を賜り」「ご心配を賜りまして」という形にもできます。 どちらもどちらかというとビジネス文書やメール、パーティーの初めの挨拶などで使われる堅い印象の強い表現となります。 これは、社内外問わずまだそんなに関係が深くない人に対して使える丁寧な表現です。 「心配してくれてありがとう」という意味で丁寧な敬語表現として活用できますね。 具体的には、「この度は私の体調にいついてご心配くださりありがとうございます。 お陰様で、体調の方も回復して参りました。 」などの形で後に表現を続ける形で使用するとより自然で丁寧な表現となります。 皆さんもぜひ使ってみてくださいね。 以下の関連記事では、類似表現の「ご配慮いただきありがとうございます」の意味や使い方、類語表現などを解説しています。 敬語や丁寧語は大人のマナーとして一つでも多く知っておくことが重要です。 この記事の内容と合わせて、こちらもぜひチェックしてビジネスや日常生活にしっかり活かしてみてくださいね。 この表現は特にビジネスで使う表現で、concernとは日本語で言うと「懸念」という意味です。 この表現で、日本語で「ご心配おかけしました」という意味にもなります。 かなり堅い表現となりますので、日常生活では普通使わず、主にビジネスシーンで会話やメール内にて使われます。 英語的に言えば、「気にしてくれてありがとう」くらいのカジュアルな表現となります。 従って、この表現はビジネスシーンでというよりはカジュアルなメールの内容や友達や家族同士で好んで使われる表現となります。 特にビジネスシーンで目上の人に使うとちょっと逆に失礼になりますので気を付けましょう。 1つ目と同様、日本語で「ご心配おかけしました」という意味にもなりますよ。 worryは文字通り、「心配」という意味を持つ英単語です。 ただ、この表現もビジネスで使うと少し外れた響きになってしまいますので、注意しましょう。 家族や友人間で使うのは大丈夫です。 日本語に直訳すると、「それは私にとって大きな意味があります」という意味となり、意訳すると「ご心配ありがとうございます」という意味で使用できます。 「ご心配おかけしました」という意味でも使えます。 この表現は、ビジネスでも友人、家族に向けてでも自分の感謝の心を謙虚に伝える良い英語表現です。 口語はもちろん、ビジネスメールや手紙などでも活用できますから、心配してくれてありがとう、ご心配いただきありがとうという意味を伝えるフレーズとしてぜひ覚えて活用してみてくださいね。 ご心配ありがとうございますの表現を活用してコミュニケーションを楽しもう ご心配おかけしましたなどの類語表現も積極的に使おう この記事では、相手に心配してくれてありがとうという意味を表す「ご心配ありがとうございます」のマナーや使い方、意味、類語、敬語表現やメールでも使える英語例文など盛り沢山の内容でお送りしてきましたが、いかがでしたか?あなたにも明日からビジネスや日常生活で使える表現が一つでも見つかったでしょうか? 特にビジネスシーンでの丁寧語や敬語表現の使用は慣れるまで時間がかかりますし、戸惑うこともあるとは思いますが、ビジネスの実践の場で練習を重ねていけば、きっと使いこなせるようになると思います。 この記事の内容を参考にしてぜひあなたのコミュニケーションの質アップを図ってみてくださいね。 下記の関連記事では、ビジネスメールでもよく使われる表現である「恐縮」という言葉の意味や使い方、類語表現、ビジネス例文をたっぷりご紹介しています。 今回の「ご心配ありがとうございます」の表現とプラスして使用することであなたのビジネススキルも上がること間違いなしです。 ぜひ合わせてチェックしてみてください。

次の