覚醒剤 やめ られ ない。 溝口敦 『薬物とセックス』

息子に罵倒されても覚醒剤をやめる気がない男の言い分 「子どものことなんて頭から消える」 (2ページ目)

覚醒剤 やめ られ ない

沖縄刑務所那覇拘置支所(那覇市) - 写真=筆者撮影 覚醒剤などの違法薬物に手を出した人は、出所後、どんな暮らしをしているのか。 薬物依存を断ち切れた人がいる一方で、出所後も薬物を使い続けている人もいる。 フリーライターの上原由佳子氏が、それぞれの立場の人に「なぜやめられたのか」「なぜやめられないのか」を聞いた——。 だが、薬物をやっているのは芸能人だけではない。 筆者の住む沖縄県では、普通の主婦、性風俗店で働いている人、在留米軍の兵士など、「知り合いの知り合い」が薬物使用者というケースは珍しくしない。 本稿では、覚醒剤を使用している2人のケースを紹介したい。 前者をAと呼ぼう。 Aの親は公務員で、母親は専業主婦だった。 家庭環境は恵まれていたが、Aは中学生からシンナーやライターのガスを吸っていた。 ガスはライターの詰め替え用のガスをそのまま吸うか、ビニールに移してから吸う。 本人いわく「いろんな薬物に興味があったんだよね。 ガスとシンナーは薬物じゃないけど。 あと、せき止め薬のブロンも使っていた」という。 ガスについては「シンナーより早く幻覚が見える。 でも、人によって違うかもしれない」と説明する。 Aが覚醒剤をやるようになったのは、地元のヤンキーグループの先輩から「渡すものがあるから一緒に車で行こう」と誘われたからだった。 何をくれるのかと聞いたら覚醒剤だという。 先輩から「ちょっと舐めてみる?」と実物を渡され、舐めてみたけれど「苦いだけだった」。 覚醒剤の量によっては、舐めるだけでも効き目はあるそうだ。 その先輩は、那覇市辻にある性風俗店で働いていた。 覚醒剤には、注射器を使う方法と、アルミホイルや瓶に入れて火であぶり、煙を吸う方法がある。 先輩に「お前も吸ってみろよ」と勧められ、Aはそこでも覚醒剤に手を出してしまった。 最初のうちはハマることはなかったが、誰かと会うたびに覚醒剤を吸うようになってから、少しずつハマっていったという。 ついには自分の方から「シャブないですか?」と先輩に聞くようになった。 それをAは「知らず知らずにハマっていったのかな」と話す。 そして、言われるがままに覚醒剤の売人を始める。 この頃にはもう、自分でも覚醒剤をやめられなくなっていた。 そのうち、「組織(暴力団)から自分で引いて(仕入れて)、客に売らないで自分でやるようになって、いつの間にかやめられなくなった」とAは語る。 その後、Aは覚醒剤取締法違反(使用)とは別の容疑で逮捕された。 懲役1年9カ月の有罪判決を言い渡され服役することになった(現在は出所している)が、この懲役がきっかけで覚醒剤の依存症から抜け出せたという。 写真=筆者撮影 那覇地方裁判所(那覇市) - 写真=筆者撮影 Aは服役中の様子も語ってくれた。 刑務所や懲役作業をする工場では、自分と同様に覚醒剤を理由に服役している人が少なくなかったそうだ。 そのため、「シャブで6回、7回、刑務所に入っている人もいたし、(注射器で)打つのと、火であぶるのとは全然違うっていう話を聞いていたんだけど、出所してから覚醒剤そのものに興味がなくなったんだよね。 ブロンも買わなくなったし」と、話す。 その理由を問うと、ちょっと恥ずかしげに「薬よりも女の子が恋しくなったから」と言った。 名前はBとする。 Bはある事件を起こして逮捕された後、覚醒剤の陽性反応が出て覚醒剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕された。 ちなみに同法違反での逮捕はこれで2度目だ。 また、再逮捕後にあった家宅捜索でも0. 7グラムを所持していたと地元紙で報道されている。 Bは、地元の人間として筆者も昔から知る人物だ。 Bの家庭環境は複雑で、母親は水商売、父親は暴力団関係者。 両親は離婚し、母親のもとで育てられた。 本人によると中学に入ってから生活が荒れ始め、危険ドラッグの使用はAと同じくブロンとシンナーからスタートしたという。 Bとは10年以上疎遠だったが、筆者は今回、取材のためBのいる那覇拘置所(沖縄県)を訪れた。 以下はBとのやりとりである。 でも、あの頃は、まだシンナーを吸っていたからシンナーのほうが自分に合っていた」 —— ハマりだしたきっかけは? 「多分、23歳くらいかな。 大阪に働きに行っていたんだけど、仕事先の先輩が覚醒剤をやっていて、自分も一緒にハマっていった」 —— 逮捕された今、また覚醒剤を使いたいと思うか 「無ければやらないけど、手元にあればやってしまう。 我慢しようとしても体が震えるんだよ。 (自分の)子どものことなんて頭から消えてしまう」 写真=iStock. com/123ducu Bには小学生の一人息子がいる。 一度目の逮捕時は面会に来てくれたそうだ。 息子から「『パパ、バカじゃないの?』って言われた」とうれしそうに振り返っていた。 その口ぶりからは覚醒剤をやめようという気持ちはうかがえない。 短い面会時間の中で、筆者は最後に「将来、自分の環境を変える気はないのか?」と問いかけた。 するとBはこう言い切った。 「それはない。 筆者はBを責める気にはなれない。 というのも、Bが今後服役し、刑務所から出てくる頃には40代後半になっている。 そこから新たな環境を自分ひとりの力で作り上げていくことを諦めてしまうのは理解できる。 現在、刑務所で行っている特別改善指導の中に「薬物依存離脱指導」というプログラムがある。 具体的には、テキスト、VTR、グループワークなどで「なぜ薬に手を出してしまったのか」について自らを省みる内容となっている。 しかし、受刑者が薬物に手を出す背景はさまざまかつ複雑で、画一的な内容では根本治療に結びつかないという指摘もある。 これは女性の薬物使用者に限った話ではあるが、札幌刑務支所(札幌市)が民間団体の力を借り、薬物使用の罪で服役する女性受刑者のための回復支援策を導入し、新たな更生プログラムを開発する方針を決めている。 毎日新聞の2月13日付の記事「」によると、女性の薬物使用者の特性として、幼少期からの虐待やDVを経験した割合が男性に比べ少なくないことから、心を落ち着かせる行いや出所後へのフォローも手厚くするとのことだ。 刑務所における薬物犯罪者への処遇については、平井秀幸の『』(世織書房)に詳しい。 筆者が取材している範囲だと、男性も幼少期にネグレクトを受けた経験があったり、家に親がいなかったりなど、複雑な環境で過ごしている場合がある。 女性受刑者のみならず、彼らが出所後に開き直って薬物を繰り返すことのないよう、新たな枠組みのサポートが必要ではないだろうか。 ---------- 上原 由佳子(うえはら・ゆかこ) フリーライター 1988年沖縄県生まれ。 高校中退後、キャッチのアルバイトをきっかけに、沖縄県内のキャバクラやクラブで働く。 2015年高校卒業後、現在は佛教大学社会学部現代社会学科(通信制課程)に在籍。 社会学を勉強するかたわら、キャバクラ時代に知り合った人脈を生かし、取材・執筆活動を行っている。 ---------- (フリーライター 上原 由佳子).

次の

溝口敦 『薬物とセックス』

覚醒剤 やめ られ ない

何度でも捕まる。 いずれ運が尽きて、誰でもいつかは捕まる。 だからみんな人間が哀しくて、誰かが捕まるたびに、大声で嗤い騒ぎ出すんでしょう。 誰が悪い! 38歳の本人が悪い! 三田さんのコメントは? 小遣いが1日15万円!? 子供いたのか! 覚せい剤は病気だ、懲役何年だ? いや必要なのは更生施設だ……。 で、大御所の清水健太郎が登場して「俺のところに来い!」と高らかに宣言したのにはひっくり返った。 でも、その後すぐに元アイドルの飲酒ひき逃げなんかがあったりして、今はもう、当の高橋祐也という人のことなんか、みんな忘れ始めてる。 それでいいんだけど。 ところがですね、薬物使用者本人にとっての薬物問題は、「逮捕される/されない」に関わらず、日々向き合い考え続けていかなくてはならない、人生上の大大問題なわけです。 その先にしか未来はないから。 考えてもどうにもならないにしても。

次の

私の体験(20歳 男性)

覚醒剤 やめ られ ない

さらには「シャブを覚えて、飛び過ぎてしまうと目立ってしまうので、草(大麻)でダウンさせて中和させてたのは事実です」とも。 覚醒剤の怖さについて「膝の悪い人は痛みがなくなり、歯の痛い人は痛みが取れる。 でもどんどん老いていく。 常習者は歯が1本もなくなり、骨がボロボロになって、死んだ後には、遺骨も粉々になって拾えないといわれている。 非常に危ないもの」と話す。 覚醒剤をやめられない理由について清水は「多くの人がウソをついていますね」と強調する。 「疲労のためとか言って。 もちろんそういうのもあるでしょうが、口では表現できないような快楽を求めてやったと正直に言える人は、自分の恥部をさらけ出せている人だと思う。 僕はそういう人がクスリから抜け出せる人だと思う。 逆にいえば、そういうことを隠しているような人は、またやりたいと思っているのだと思います」 清水が薬物依存から立ち直ったのは妻の存在が大きかったと話す。 「危険ドラッグがまだ合法だった時代、僕に『どこに行くの?』『いくら持っているの?』『私も一緒に行くから』とお金も持たせてもらえなくて、結局は散歩して帰るだけ。 それが僕にとってはよかった。 携帯電話の未登録の番号や名前があっても『この人どんな人?』『どういう付き合い?』『クスリの関係の人?』と妻は僕に尋ね、危険な人は全て名前を消し、関係を絶ってくれた。 僕に対する愛情なのだと感じた」.

次の