ワニとヘビ。 ヘビが食べたものはどうなるの?ワニが消化されていくレントゲン写真が撮影される!

メガ・パイソンVSギガント・ゲイター

ワニとヘビ

もちろん、好みなので、好き、キライはどちらでもいいのですが・・・ 笑 ただ。 好きであろうが、キライであろうが、ワニも、ヘビも、原始的な脳の機能は、人間と一緒なんです。 ; ゚ ロ゚ ナン! ; ロ゚ ゚ デス!! ; ロ ゚ ゚トー!! つまり、人間の原始的な脳の機能を司る脳幹の機能は、爬虫類と一緒なんです。 脳幹は、ひとも、爬虫類も原子的に持っているんです。 なぜかというと、脳幹は、生命維持機能を司り、本能も司っているからです。 爬虫類も、ひとも、生きている以上、脳幹の機能は必須だし、その機能は、一緒なのです。 理性脳。 新哺乳類脳。 そんな風に呼ばれたりもします。 大脳新皮質の発達のおかげで、未来への思考ができるし、未来を想像できるし、将来を見据えて行動できる人間らしさがあるから、文化、文明を発展させることができました。 ところが、一方で、大脳新皮質が発達するほど、脳幹は使わなくなっていきます。 すると、脳幹を使わず、大脳新皮質だけで判断していくパターンになるので、脳の構造上、脳幹的な本当のじぶん、本来のじぶんらしさの感覚を忘れていってしまうのです。 そんな矛盾を、生まれながらにひとは、脳の構造的に抱えています。 「なんか、いまの人生ちがう」 「イイ感じなんだけど、ちょっと違和感がある」 現状に違和感を感じるなら、大脳新皮質ばかりで判断している状態なので、脳幹で感じるコトを実践して、その体験を大脳新皮質に沁み込ませていく。 それを意図的に続けると、脳内の電磁波も変わり、現実の捉え方も好転していくので、脳の現実の解釈も好転し、実際に、現実も変わっていきます。 ワニや、ヘビ、爬虫類がつかっている部位、脳幹。 その脳幹の反応に基づいて行動するのが、原始的に持ち併せている、本来の自分らしさです。 爬虫類がストレスを感じているかわかりませんが 笑 、好きなときに寝て、本能的に餌を探して、餌を確保すれば、また寝る。 そんな行動が、人生を思いがけずに切り拓くし、なぜか、 引き寄せるのです。 でも、脳の構造からみると、野性的に、ワイルドに、感覚的に判断するって、脳幹の感覚に従っている状態であり、脳幹的に生きることであり、言ってみれば、本能的に生きることであり、自分自身が潜在意識レベルで喜びを感じるのです。 潜在意識レベルで喜びを感じるから、意識の大部分が喜び状態となり、現実を喜ばしい状態で認識し、よろこびを感じ易くなるから、よろこびを引き寄せるようになる。 脳の構造からみると、爬虫類のように、脳幹的に生きることは、実は、つじつまが合うし、よろこびを引き寄せることになるのです。

次の

【夢占い】ワニの夢の意味は?13パターンの夢から読み解く

ワニとヘビ

写真: ワニを飲み込んでることにも驚きを隠せませんが、あの体でどうやって食べたものを消化しているのかを気になった人は少なくはないはず。 そんな謎が今日解き明かされます。 今回の撮影の被写体となったヘビは ビルマニシキヘビと言う品種。 このビルマニシキヘビ、全長はオスで250センチ~350センチ、メスは300センチ~450センチになります。 最大全長は823センチの記録があるんだとか。 それではそんなビルマニシキヘビのワニの消化過程をご覧ください! 1日目。 まだワニの原型がヘビの胃の中にあります。 因みにこのワニは全長50センチほど。 写真: 2日目。 徐々に原型が崩壊し始めています。 写真: 3日目。 ワニの骨やうろこ状の皮膚が強力な酸や酵素で消化しています。 大きな獲物を食べたときにビルマニシキヘビは、動かなくなってしまいます。 その代わり、強力な消化器系が備わっています。 獲物を食べた24時間以内に胃のpH値がpH7からpH2に下がるんだとか。 写真: 4日目。 ワニの溶けにくい部分だけが残っています。 写真: 5日目。 かすかにワニの骨が残っています。 大きな獲物を食べた後は、数週間から数ヶ月食べなくて済むんだとか。 ちょっと羨ましい。 写真: 6日目。 ほぼ消化しきってしまいました。 全長50センチのワニも一週間もしないうちにこうなってしまうのですね。 写真: この実験によりヘビは捕食後、心臓や肝臓、腎臓といった内臓の機能をあげ、代謝率を通常の40倍にまで増加させていることが判明しました。 こちらの研究を行ったのは、アラバマ大学のスティーブン教授。 スティーブン教授は、ヘビの遺伝子や消化器系の研究を行っているんだとか。 今までにヘビが飲み込んだ事があるものってなにがあるの? 写真: まるでツチノコだこれ。 ニシキヘビは、自分の体よりも大きな動物を捕食することはよくあることなんだとか。 しかし、捕食中に獲物に暴れられて両者共に亡くなるケースも稀に発生しています。 今まで捕食された動物は、 ・インパラ ・ウシ ・ワニ ・ヤギ ・ヒョウ ・犬 ・人 などなど。 2010年には、スマトラ島北部にある川で友達と遊んでいた中学生の男の子が、パイソンに飲み込まれてしまう事件がインドネシアで発生してしまいました。 近くに住む住民の助けを借り、パイソンが男の子を吐き出したようですが、飲み込む際に噛み付かれてしまっていたため、この男の子は助かりませんでした。 最近ではヤギがパイソンに食べられたというニュースもあります。 因みにヘビは捕食する時に顎を外して捕食ができるんだとか。 ヘビすげえ。 写真: ペットしても飼われているニシキヘビですが、こういったものを見てしまうと飼い主には畏敬の念を抱いてしまいます。 参照元:.

次の

メガ・パイソンVSギガント・ゲイター

ワニとヘビ

生物的特徴 [ ] 進化 [ ] ワニ目は、中生代中期に出現したグループ・を始原とし、・などを経て、唯一の現存亜目であるにつながっており、上はそれら全てを「ワニ」と言う。 現生の群の中でとは上最も近縁の関係で、ともにに属する。 なお、同じ主竜類中には絶滅したや鳥類の祖先であるも含まれる。 ワニ目は、恐竜(鳥類を含む)や翼竜が属すると並んで主竜類を代表する二大グループであるの唯一の現生動物である。 三畳紀より大きさの違いはあれ、形態的にはほとんど変化していない。 ならびの分裂により生じた浅瀬の海や沼沢地に適応するために今日の形態に進化した。 恐竜よりもわずかに古い時代から地球上に存在し続けている動物群である。 三畳紀末期においてが起きたことで、繁栄の絶頂にあったクルロタルシ類は、そのほとんどが絶滅。 これ以降、恐竜が繁栄していくことになるが、クルロタルシ類の中においてワニ類は唯一、絶滅を免れていた。 続く恐竜の栄えた、は彼等にとっても繁栄の時代であり、陸棲種、海棲種、植物食種、濾過摂食(プランクトン食)種、超大型種など多様な環境に適応した種を数多く生み出した。 また、恐竜が絶滅に追い込まれた白亜紀末の大量絶滅を、彼らが(前述のような多様な種を失いながらも)なぜ生き延びられたのかについては解明されていない。 形態 [ ] 長いと扁平な長い尾を持つ。 背面はした丈夫なでおり、とのみが水面上に露出するような配置になっている。 、などの小型種では、1. 5メートルほどで成熟する。 大型種では体重1トンに達する個体も存在するなど、現生爬虫類としては最重の一群を含む。 生態 [ ] 現生種はからにかけて23が分布し、(・)および一部の海域(を主とする)に棲息する。 水場からあまり離れることはない。 現生種は、おもに・・といった水棲生物や、水場に現れた・などをする(上述のように絶滅種まで含めると、非常に多様性に富んだ分類群で、この食性に当てはまらない種も相当数ある)。 非常に高い咀嚼力をもち、やをいとも簡単に噛み砕いてしまうほど。 またの中の食物をすり潰して消化の助けとする他に水中でを調整する目的から「石を捕食する」があり、飲み込んだ石はとしての中に蓄えられる。 水中ではを体側に密着させて、体を大きく波打たせ、尾を左右に振り、すばやく泳ぐ。 水面に浮かび、岸辺に近づく動物を待ち構えていることが多い。 尾の力を利用して水面上に垂直に後ろ足を水面に出すまで飛び上がることもできる。 陸上では鈍重なイメージがあるが、短距離ならば走る事もできる。 陸上で日光浴をしているときは、のために口を大きく開けていることが多い。 ヒトが捕まえる場合、後ろ側から近づき背中の上に跨いで口にロープを掛ければ(閉じる力は大きいが開く力はそれほどでもない)無力化することが出来る。 繁殖期のはを誘うために大きな鳴き声を挙げ、幼体は危険を感じると独特の鳴き声でメスを呼ぶなど、個体間のコミュニケーションが発達しており、爬虫類の中でもっとも社会性があると言われている。 メスは産卵のために巣を作り、卵がするまで保護したり、孵化直後の幼体を保護したりする種類もある。 こうした子育ての習性は、ワニ類が度重なる気候変動を生き延びた要因の一つになっている。 また、やのようなのに用いられる雄性生殖器が1対のであるのに対し、ワニでは対を成さない1本のである。 さまざまな爬虫類で見られるように、ワニでもの発生時の環境温度によって性別が分化し、特定の温度帯以外では片方の性に偏ってしまうという性決定様式を持っている。 そのための影響で性別のバランスが崩れることが懸念されている。 系統 [ ] 下位分類 [ ] [上]ミシシッピワニ(アリゲーター科) [中]ナイルワニ(クロコダイル科) [下]インドガビアル(ガビアル科) 現生のワニ目はすべてに属し、アリゲーター科、クロコダイル科、ガビアル科の3に分けられることが多い。 このうちガビアル科は他の2科と比べて非常に特異なとされ、古い形質を残しているとも、逆に特殊化が進んでいるとも言われてきた。 しかし、形態形質の詳細な比較と再評価から、クロコダイルとガビアルが近縁であり、ガビアルはクロコダイル科に含まれるとする説もある。 ワニの祖先であるはに登場し、の地層からはさまざまなワニのが発見されている。 口を閉じた際には、の歯は外からは見えない。 は、やや丸みを帯びている。 American Alligator• Chinese Alligator• Spectacled Caiman• Yacare Caiman• Broad-snouted Caiman• クロカイマン属 Melanosuchus• Black Caiman• Cuvier's Dwarf Caiman• Smooth-fronted Caiman アリゲーター科と違い、口を閉じた際にの前から4番目の歯が外から見える。 は、やや尖っている。 American Crocodile• Slender-snouted Crocodile M. leptorhyncus• Orinoco Crocodile• Freshwater Crocodile• Philippine Crocodile• Morelet's Crocodile• Nile Crocodile• New Guinea Crocodile• Mugger Crocodile• Saltwater Crocodile• Cuban Crocodile• Siamese Crocodile• コビトワニ属 Osteolaemus• Dwarf Crocodile• マレーガビアル属 Tomistoma• (ガビアルモドキ) False Gharial クロコダイル科に含める説もあり。 ・は非常に細長い。 ガビアル属 Gavialis• Gharial 人間との関わり [ ] 呼称 [ ] 似鱉、有四足、喙長三尺、甚利歯、虎及大鹿渡水、鰐撃之、皆中断 (スッポン、もしくは何らかの水生爬虫類)に似て四足あり、長3、歯は非常に鋭い。 虎や大鹿が水を渡ると攻撃し、仕留めて断つ と解説している。 このような生き物は当時の日本人にとって未知であったが、最もイメージの近い生物として「わに」、すなわち日本近海に見られるサメを連想し、「鰐」の訓を「わに」として結びつけたのであろうと推測される。 とは言え、「鰐」がイメージのしづらい未知の生物であることに変わりはなく、長い間「鰐」とサメとは明確に区別されることがなかった。 が鰐であることについては、丸山林平が1936年『国語教材説話文学の新研究』において『和邇伝説』と題した章を設け、和邇はサメであるとする説(以下、鮫説)を否定し、和邇はワニである(以下、鰐説)と断定している。 同書の要約を示す。 にある和邇は爬虫類の鰐で、も『古事記伝』において和名抄を引用し鰐説をとっている。 中国の鰐に関する記述は正確で、奈良時代末からは西洋人 との接触により正確な鰐の知識を日本人も持っていたと考えられる。 ・も鰐説である。 津田左右吉が和邇を海蛇としたのは極めて非科学的な態度であるが、トヨタマ姫のお産の話にある陸上で腹ばいになり、のたうつ動物が鮫のはずはない。 鱶がワニと同語源とするのは、漢字に対する無知を物語るもので、鱶はかのことである。 記紀に和邇の別名としてサヒモチの神とあるが、サヒモチは歯が鋭いという意味で、鮫説の根拠にはならない。 鮫説の根拠は、日本に鰐がいない、日本周辺にワニに音と意味で似た語がない、出雲で鮫をワニと呼ぶの3点である。 かつて、日本に鰐がいた可能性はあるが、いなくても何の差し支えもなく、『因幡の白兎』は明らかに南方から伝播した話である。 南方では、鰐を騙す動物は鼠鹿や猿と変化があるが、騙される動物は常に鰐である。 日本に龍はいないが、タツという語と概念があるように、ワニは日本の固有語で、鰐口は鰐の口であって、鮫の口ではない。 出雲のワニザメは 鰐のように強い鮫の意味で、後にワニと呼ぶようになったものである。 山幸彦と海幸彦にある和邇も鰐で、南方のトーテムとしての鰐の反映である。 したがって、人名の和邇もトーテムとしての鰐の影響を受けている。 和邇はワニで断じてサメやワニザメではない。 は1942年『古代日本文学における南方要素』と題した講演において、ワニが日本にいないから和邇はサメだとするのは、短気な話で、日本人の非常に広い経験を軽蔑している旨述べている。 近代以降、「わに」は学術的に再定義され、明確にワニ目の動物を意味することとなった。 なお、、など一部のサメは、漁業者の間で伝えられてきた呼称を採用し、「ワニ」の名を戴いたまま現在に至っている。 奄美大島の風俗を描いた『』ではという名前でワニを記している。 [ ] 日本語名以外 [ ] 名 (アリゲーター)は: "el de India "(エル・ラガルト(・デ・インディア))「(インドの)とかげ」が訛ったもの。 では(繁体字:ダ)が一般的で、これはを意味する。 鰐で表記されるものは、古代中国南部に生息していたなどを意味した。 竜や蛟なども、特定の種を意味していたものと思われる。 神話・伝承 [ ] 東南アジアにおいて川船の舳先に描かれる目玉の模様はワニに対する魔除けの名残りであるといわれる。 ベトナムのホイアンにて。 ワニの棲息する地方では、水泳中の人間が襲われることもあり、ワニは邪悪な動物、魔性の動物とされていることが多い。 一方で、ワニを神聖視する例もまた多く見られ、世界中にワニの姿をした神がいる。 古代では、ワニは豊穣や、そのものを象徴し、ではワニの頭部を持つ神の信仰が盛んであった。 ではワニが飼育され、神官が餌を与え、多数のワニのが作られた。 の帝の広大な別荘であるの池のほとりにはワニの像がある。 にもワニを神聖な生き物として飼うがある。 の、船の守護神である海神のも、でワニを意味するに由来するという。 の伝説上の動物、 のイメージの原型は、絶滅したではないかという説 もある。 また、、、など世界各地に、ワニを自分のの()として祀る人々がいる。 の流域では、ワニのは幸運を呼び込むものとして祀られている。 では、ワニは涙を流して獲物を油断させるという伝承があり、「 ()」(英語crocodile tears)は、偽りを意味した。 涙を流しながら獲物を食うという伝承もあり偽善の例えともされ、男をだます女の空涙、顔面神経麻痺の後遺症で食事中に出る涙(ボーゴラッド症、ワニの涙症候群)などで使われる。 イギリスでもワニがいない。 古典の『』では冷たい沼から出てきて人々を襲うgrendelという怪物を退治する話になっているのだが、想像で描かれている(日本の「獅子」がライオンと似ても似つかぬ怪獣になっているのと似ている)。 シェイクスピアも困ったらしく、『アントニーとクレオパトラ』(2幕7場)で、ローマの三巨頭がガレー船の中で酒盛りをしていて、酔ったレピダスがアントニーに聞く。 アントニーは「体形は、いわゆるワニ形で、それなりの幅があって、しかるべき厚みもある。 いつも自分の器官を使って動く。 適量の栄養になるエサを取り、やがてその力がつきると、巡りめぐって生死のサイクルに戻る」と説明する。 利用 [ ] オーストラリアでのワニ料理 ワニの肉は淡白な味で、鶏肉のような食感をもつ。 食用に飼育されたものは特に臭みはなく、高低食の健康食品として売り出されている。 ではワニ料理レストランが観光客に供されている。 では日常用の食材として、スーパーマーケットにワニ肉が並べられている。 日本ではで食用のための養殖が行われ、にはワニ料理も供するレストランがあったが 、養殖業者は2015年に廃業している。 では、オーストラリア館などでワニ肉が振る舞われた。 なお、の一部地域には郷土料理として「」が存在するが、この「ワニ」はの方言名で、爬虫類のワニではない。 東南アジアの各地では、食用、皮革用両方のためのワニ養殖施設が多く存在する。 ワニのは丈夫さなどの理由からやに貼られるほか、・などに加工されるが、かつて主に皮革用としてされており、棲息数は激減した。 現在では野生個体は保護され、全種がにリストアップされている。 各地で養殖が行われており、個体数が回復したケースもあるが、密猟と棲息地の開発のため、絶滅が危惧されている個体群や種も少なくない。 ワニは人間よりもはるかに強力な免疫機構を持ち、負傷しても血液中の抗体が殺菌することが知られているうえ、大きく負傷したり四肢を失った場合も重篤な感染症になることはないと言われている。 その強力な力 を応用し、ワニのをの治療に役立てようとする動きもある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「龍」の字は甲骨文字の時代にはマチカネワニを指していたとのの論文「大分県津房川層のワニ化石」(2001)で示された説。 2011年6月21日. 2017年7月1日時点のよりアーカイブ。 2013年2月26日閲覧。 EXPO 2005 AICHI,JAPAN. Global Industrial and Social Progress Research Institute. 2019年5月3日閲覧。 Merchant ME, Pallansch M, Paulman RL, Wells JB, Nalca A, Ptak R 2005. Antiviral Res 66 1 : 35-8. Merchant ME, Roche CM, Thibodeaux D, Elsey RM 2005. Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 141 3 : 281-8. Phys. org. 2019年5月3日閲覧。 参考文献 [ ].

次の