スプーン 日本 語。 スペイン語がこんなに沢山日本語に!日本語になっているスペイン語をまとめてみました<旅スペイン・コム>

箸とスプーン(韓国の食事) | みんなが知りたい韓国文化

スプーン 日本 語

イタリアの「ひとつまみ」とは? 「ひとつまみ」はイタリア語で「Un pizzico(ウン・ピッツィコ)」といいます。 「つまむ」を意味する動詞「Pizzicare」に由来する言葉で、例えば「塩ひとつまみ」でしたら「Un pizzico di sale」といいます。 日本で「ひとつまみ」はだいたい「約1g」といわれることが多いですが、イタリアでは「約0. 2〜0. 5g」と言われています(参考までに、筆者が周りの友人にリサーチしたところ、0. 5gという意見が一番多かったです)。 ということで、どちらかというと日本の「少々(約0. 5gといわれています)」の方が、イタリアの「ひとつまみ」の感覚に近いです。 是非、次回から「ひとつまみ」する際は、日本でやっていたときより、気持ち少なめに入れてみてください。 イタリアの「スプーン1杯」とは? 計量スプーンはイタリアでも取扱いはあるものの、基本的には料理本や料理番組に、まず登場しません。 では、イタリア人は何を使って計量しているのでしょうか?多くの場合が、家のスプーンを使って量ります。 朝食でシリアルなどを食べるときに登場する、普通の大きさのスプーンはイタリア語で「Cucchiaio(クッキアイオ)」といい、ティースプーンなど小さいものは「Cucchiaino(クッキアイーノ)」といいます。 これらを使って計量するのです。 Un cucchiaio:大さじ1杯(約15g)• Un cucchiaino:小さじ1杯(約5g) まとめると上記のようになります。 ただ、家ごとにスプーンの大きさは違うもの。 そのため、場合によっては「Un cucchiaio da tavola(食卓用のスプーン1杯)」「Un cucchiaio da te (紅茶用のスプーン1杯)」と書き添えられていたり、グラム表記がカッコ書きで書かれていることもあります。 ちなみに、イタリアでも基本的にはグラム表記ですが、読み方は「グラーム(グラーミ)」といいます。 そして「g」と書かれている場合もありますが「gr」と書くこともあります。 スポンサーリンク ここに広告が入る イタリアの「1カップ」とは? イタリアでは、計量カップも基本的には使いません。 料理本や料理番組などでは、どの家の台所にもある「Bicchiere(グラス・コップ)」や「Tazza(カップ)」を使って計量してまいります。 Un bicchiere:グラス1杯(約200cc)• Una tazza:マグカップ1杯(約250cc) ただ、こちらも家ごとにグラスやコップのサイズも違うので、容器の詳細が書いてあったり、容量が書き添えられていたりすることが多いです。 例えば「Una tazza da colazione(朝食用の普通のマグカップ)」と書かれていたりします。 その他イタリア特有の言い回し cl(センチリットル) 日本では「cc」や「ml」などの表記が多いですが、イタリアでは「cl」で表すことも多いです。 1cc=1ml=0. 1clですので、是非覚えておいてください。 ちなみに、500mlペットボトルも「Bottiglia da 50cl di Acqua」と、書かれていることがあります。 (適量) 「適量」はイタリア語で「Quanto basta」といい、たいてい略式の「q. 」と書かれ、レシピに掲載されています。 くるみ1個分 バターなどを使う際に「Noce(くるみ)」を使って「Una noce di burro(バターくるみ1つ分)」などと表記することがあります。 ちなみに約20gを意味します。 その他にも、日本の「1束」「1匹」「1枚」のように、それぞれ特有の言い回しがありますが、数字も書き添えられておりますので大丈夫です。 よく食べる物からゆっくり覚えていきましょう。 その他の特有な言い回しの例• Un mazzetto di spinaci:ホウレンソウ1束• Un ciuffo di prezzemolo:パセリ1束• Un gambo di sedano:セロリ1束• Una fetta di prosciutto cotto:ハム1枚• Uno spicchio d'aglio:ニンニク1かけ• Una foglia di basilico:バジル1枚 まとめ いかがでしたか?ちなみに、今回ご紹介した以外にも「エスプレッソカップ1杯分の水」や「ボウル1杯分の小麦粉」など、まだまだたくさんの言い回しがあります。 是非面白いものを見つけてみてくださいね! イタリアに住みたいなら イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか? イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法• 日本でどんなスキルを身につけるべきか• 英語の履歴書の書き方、面接対策 など、を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください! 留学メディア「THE RYUGAKU [ザ・留学]」とは? THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。 語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。 「どこに留学したらいいか分からない」「おすすめの学校が知りたい」「経験者による体験談が知りたい」「留学生活での節約方法を知りたい」。 初めての留学は分からないことだらけで、不安になったり、予算が心配だったりしますよね?THE RYUGAKUなら全て解決できます。 最新情報をチェックして、ぜひ充実した留学にしてください!.

次の

タイ語で「スプーン・フォーク・お箸」は何と言う?食器に関する重要単語7選

スプーン 日本 語

受賞 『』 主演女優賞 1999年『』 2005年『』 『』 主演女優賞 『』 作品賞(リミテッドシリーズ部門) 『』 『』 AFI賞 2017年『ビック・リトル・ライズ』 2005年『』 2017年『ビッグ・リトル・ライズ』 『』 『ビック・リトル・ライズ』 『』 その他の賞 リース・ウィザースプーン( Reese Witherspoon, - )は、の、。 リーズ・ウィザースプーンと表記されることもあるが、リースが最も近い発音。 アメリカ独立宣言署名者の子孫である。 1991年、『 ()』の主演で子役としてデビューした。 1996年、『』に出演し、1998年、『』に主演した。 2000年、『』でにノミネートされた。 2001年の『』で知名度が上がり、2002年、ロマンチック・コメディ『』主演で商業的に成功した。 2005年、『』で役を演じて、、賞、、女優賞を受賞して世界的な注目を集めた。 他に2003年、『』、2009年、『』、2011年、『』などに出演した。 2014年、スリラー『』のプロデュースを行ない、『』でシェリル・ストレイド役を演じて批評家の称賛を得て、アカデミー主演女優賞に再度ノミネートされた。 1999年、俳優のと結婚した。 2006年に別居して2007年に離婚した。 2011年、タレント・エージェントのジム・トスと結婚した。 ウィザースプーンはプロダクション会社のパシフィック・スタンダードを所有している。 女性や子供の支援組織にも積極的に関わっている。 児童支援基金 CDF の役員であり、2007年にのグローバル・アンバサダーに任命され、エイボン基金の名誉会長を務めている。 2010年12月1日、に星を受けた。 生い立ち [ ] 1976年3月22日、にて、の医学生であった父親ジョン・ドレイパー・ウィザースプーンと理学士、看護学修士、教育学博士号を持つ母親メアリー・エリザベス 愛称ベティ、旧姓リース の間に出生名 ローラ・ジーン・リース・ウィザースプーン( Laura Jeanne Reese Witherspoon)として生まれた。 ミドルネームのリースはの母親の旧姓である。 父は生まれで陸軍予備軍中佐 、そして2012年までの開業医であった。 母親はハリマン出身で、理学士、看護学修士、教育学博士号を取得しており 、で小児科および精神科の看護学教授として働いていた。 1988年から定年まで、ヴァンダービルト大学病院ので乳児の看護職に就いていた。 ウィザースプーンは書にサインをした、生まれのの子孫であるとされる が、独立宣言子孫の系図学者からは立証されていない。 両親は1996年に別居しているが、現在も婚姻中である。 幼少の頃に4年間父親がとして勤務していた・で過ごし 、帰国後に移住して子供時代を過ごした。 を信仰して育った。 兄ジョン・ジュニアは不動産会社に勤務している。 ウィザースプーンは学校で成績が良く 、読書が好きで自分を「読書ばか」と呼ぶ。 本好きに関して「書店に行くとクレイジーになる。 全て欲しくなって動悸がする」と語った。 ナッシュビルにて中学校はハーディング・アカデミーに通学し、女子高のハーパス・ホール・スクールではに所属していた。 その後英文学部に進学した。 1年通学したのち、女優業の本格化のため退学した。 生粋の育ちであることに誇りを持っている。 「人の感情に誠実に、礼儀正しく、責任感を持ち、身の丈以上の生活をしない」と南部の伝統や家系の教えを与えられてきたと語った。 ウィザースプーンは優等生で、両親から「タイプA少女」とあだ名が付けられていた。 初期の頃の『』誌の記事によると「それが特別なこととは思っていなかった。 それが普通で、地に足のついた方法だと思っていたのだと思う。 私は女性が様々なことを成し遂げる環境で育ってきた。 もし成し遂げられないことがあれば、それは社会が阻害していたから」と語った。 7歳の頃、花屋のテレビ・コマーシャルのモデルに選ばれ、以降演技の勉強をする気になった。 11歳の時、テネシー州タレント・フェアで優勝した。 キャリア [ ] 1991年—1998年: 初期 [ ] 子供のころからなどに出演していた。 『』誌によると「記憶に残る感動的な」演技と評価され 、批評家のは「彼女のファースト・キスは私がかつて観た映画の中で最も完璧なシーンの1つ」と語った。 この役によりウィザースプーンはヤング・アーティスト賞女優賞にノミネートされた。 同年後期、監督、主演の映画『 ()』でテレビ映画デビューをした。 1992年、テレビ映画『 Desperate Choices: To Save My Child 』に出演し、重病の少女役を演じた。 1993年、のミニシリーズ『 』で幼な妻役を、ディズニー映画『 ()』でノニー・パーカー役を、『』でカレン・モリス役を演じ、ヤング・アーティスト賞共演女優賞を受賞した。 翌1994年、ジェフリー・リーヴァイ監督の映画『 』でウェンディ・ファイスター役で主演した。 1996年、スリラー映画『』で10代の少女ニコール・ウォーカー役を演じ、のちに暴力的なサイコパスとなるハンサムなボーイフレンド役のと共に主演した。 ウィザースプーンのヴァネッサ・ラッツ役はに住む貧しい少女で、に住む祖母を訪ねる途中に遭遇する。 この映画は出版業界から好評を得た。 『』紙のミック・ラセルは「ウィザースプーンは魅力的で、甲高い訛りで真に迫っていた」と語った。 コニャック警察映画祭で女優賞を受賞し、躍進的な女優の地位を確立した。 ウィザースプーンはこのスリラー映画の製作の過程で「映画であるということを越えて、死ぬほど怖い思いをした」と語った。 1997年、との時間を大切にするため休養した。 1998年、『 ()』、『カラー・オブ・ハート』、『』の3本の映画で復帰した。 『カラー・オブ・ハート』では1990年代から1950年代のテレビ・ドラマの舞台に紛れ込んでしまう兄妹としてと共に主演した。 ウィザースプーンは外見、交友関係、人気ばかりを気にする妹ジェニファー役を演じた。 この演技は好評で、ヤング・ハリウッド賞女優賞を受賞した。 映画監督のはこの頃からウィザースプーンは将来大物女優になると予見していた。 1999年—2000年: 批評的称賛 [ ] 1999年、スリラー・ドラマ映画『』でと共に主演した。 ウィザースプーンは恋人ニックと共に錆びれた小さな町から逃げようとするリサ役を演じた。 同年、ドラマ映画『』でとライアン・フィリップと共に主演した。 この作品は18世紀のフランスの小説『』を現代に置き換えたものである。 『サンフランシスコ・クロニクル』紙はウィザースプーンのアネット・ハーグローヴ役の演技を称賛し「ウィザースプーンはこのような派手でない役がとても良く、小悪魔的表情をうまく作る」と記した。 ウィザースプーンはこの映画のサウンドトラックのマーシー・プレイグラウンドのミュージック・ビデオにも出演した。 その後、トム・ペロッタの1998年の小説『 』の映画化『』でと共に主演した。 意欲的で頑張り屋のトレイシー・フリック役を演じ、多くの批評的称賛を得てとから主演女優賞を受賞し、に初めてノミネートされた他、にもノミネートされ注目を集めた。 また『プレミア』誌が選ぶ『 100 Greatest Film Performances of All Time 』にランクインした。 監督は「男性にとっては魅力的で、女性にとっては友達になりたいタイプ。 ただしそれは単なる基礎である。 彼女のように魅力とコミカルさを兼ね備えた人はいない。 彼女は何でもできる」と語った。 『ハイスクール白書』での成功に関わらず、ウィザースプーンは役がはまり過ぎて次の仕事がなかなか見つからなかったとインタビューにて記した。 ウィザースプーンは「私が演じた役はとても極端で、それが演技ではなく私自身だと考える人もいる。 私はいくつでもオーディションを受けるつもりだったし、なぜ私が雇われなかったかをじっくり考える。 興行収入女優の座を降りるつもりはなかったけれど、そうは考えなかった人もいる」と分析した。 2000年、『』で助演し、『』でカメオ出演した。 また『』第6シーズンでレイチェル・グリーン の妹ジル役でゲスト出演した。 翌2001年、アニメ映画『 ()』でセリーナ役の声を担当した。 2001—2004年: 世界的認知 [ ] 2001年の映画『』が大ヒットし、一躍トップ・スターの座をつかんだ。 続編も製作され、「ラブコメの女王」と評されるようになる。 ウィザースプーンにとってこの映画がターニング・ポイントとなった。 ファッション・マーチャンダイジングを学んでいるが、に進学するボーイフレンドを追って法学生になることを決心する主役エル・ウッズ役を演じた。 ウィザースプーンはこの役について「この脚本を読んだ時「彼女は出身で、裕福で、にいる。 素敵なボーイフレンドがいるけど振られる。 誰が気にする? 私も彼女が嫌いだわ」と思ったけれど、実際は憎めないタイプの人」と語った。 『キューティ・ブロンド』は興行収入の上でヒットし、アメリカ国内だけで9,600万ドルをあげた。 ウィザースプーンの演技は批評家の称賛を得て、メディアは「第二の」と言及するようになった。 ロジャー・イーバートは「ウィザースプーンは快活さと頭の回転の良さを兼ね備え、難なくこの役に命を吹き込んだ」と語り 、は「ウィザースプーンはエル役のキャラクターを美しく表現している」と記した。 また『シアトル・ポスト・インテリジェンサー』は「ウィザースプーンは才能あるコメディ女優であり、ただ登場するだけでそのシーンが活気づき、ほぼ単独でこの映画を作り上げている」と記した。 この演技によりウィザースプーンは2回目のゴールデングローブ賞主演女優賞ノミネートを受け、コメディ演技賞を受賞した。 2002年、『キューティ・ブロンド』の成功後、ウィザースプーンは『』のエピソード『 』のグレタ・ウォルフキャッスル役など様々な役を演じ、の戯曲の映画化『』のセシリー役でにノミネートされた。 同年後期、監督の『』で、と共に主演した。 ニューヨークの政治家と結婚目前だが、幼馴染であった7年間別居中の夫と離婚するために戻らなければいけない若いファッション・デザイナーのメラニー・カーマイケル役を演じた。 ウィザースプーンはこの役を演じる上で、ナッシュビルからロサンゼルスに転居した経験を思い起こした。 この映画は初週興行収入3,500万ドル、全米興行収入1億2,700万ドルをあげ、ウィザースプーンにとってこの時点で最大のヒットとなった。 商業的成功に関わらず、批評家からの評価は低かった。 『マイアミ・ヘラルド』紙は「ありきたりの退屈な予測可能なロマンティック・コメディ」と記し 、メディアはウィザースプーンが主演ということだけでヒットしたと報じた。 『』紙は「ウィザースプーンは映画の主な魅力ではなく、映画の唯一の魅力」と記した。 2003年、『キューティ・ブロンド』の成功を追い、続編『』に主演した。 エル・ウッズはハーバードを卒業し、化粧品業界の科学実験から動物を守る弁護士となる決心をする。 この続編は前作ほど成功せず、否定的な評価が多かった。 『』紙は「だらだらとつまらない、困惑するような話」としたが、「ウィザースプーンは今回も愛すべき能あるブロンド役で素晴らしい演技をしたが、彼女の一流のコメディ演技はつまらない筋書で無駄になった」と記した。 Salon. comは「前作の良さを全てぶち壊した」と記した。 批評家からの批判に関わらず、この続編は最初の5日間にアメリカ国内のみで3,900万ドルをあげ、最終的に全米で9千万ドルをあげた。 ウィザースプーンのこの映画の出演料は1,500万ドルで、2002年から2010年のハリウッドの高額出演女優の1人となった。 2004年、19世紀の古典小説『』の映画化で監督の『』に主演した。 ウィザースプーンは、冷酷で社会の地位を確立しようとする貧しい女性ベッキー・シャープ役を演じた。 撮影時第二子妊娠中だったため、腹部を隠す衣裳を着用していた。 ウィザースプーンはこの妊娠は女優業の妨げではなく、シャープ役のキャラクターを演じる手助けとなったとした。 「妊娠がもたらす輝き、この体形、胸が好き。 これらが演技をする上で多くのことをもたらしてくれる」と語った。 この映画およびウィザースプーンの演技は好評で、『』誌は「この映画の出演者は優秀である。 下品になりがちなこの役をウィザースプーンは快活に演じたことにより魅力的になった」と記した。 『シャーロット・オブザーバー』紙は「鋭さをソフトに包み込んだ素晴らしい演技」を記し、『』紙は「ウィザースプーンはこの役を演じるために生まれてきた」と評した。 2005年—2006年: 『ウォーク・ザ・ライン』および批評的功績 [ ] 2004年後期、ウィザースプーンはロマンティック・コメディ『』にと共に主演した。 ブラインド・デートに向かう途中交通事故に遭い昏睡状態となる、意欲的な医師エリザベス・マスターソン役を演じた。 エリザベスの魂はかつて本当の愛を見つけた古いアパートに戻る。 2005年、トロント国際映画祭での『ウォーク・ザ・ライン』プレミア上映にて 同年初頭、映画『』で歌手および作曲家の2番目の妻役に選ばれた。 ウィザースプーンは『悪女』撮影中にカーター・キャッシュが亡くなったために本人に会うことはできなかった。 映画の中でウィザースプーン本人の声で撮影され、実際に観客役を前にして歌わなければならず、ライヴを行なうことをとても恐れて弁護士にこの映画の契約を切りたいと頼んだほどであった。 のちのインタビューにてこの件について「人前で歌ったことなどなく、この役で最も挑戦的なことだった」と語った。 役が決まってからの6ヶ月間、この役での歌い方を学ばなければならなかった。 ウィザースプーンが演じたカーター・キャッシュは批評家から称賛を受け、ロバート・イーバートはウィザースプーンの演技は映画に無限の力を与えたと記した。 ウィザースプーンはゴールデングローブ賞、、、などにおいて主演女優賞を受賞し、名実共にのトップスターになった。 映画業界で批評的に成功しただけでなく、ウィザースプーンおよび共演者のはからコラボレート・ビデオ賞にノミネートされた。 ウィザースプーンはこの映画への情熱について「なかなか深入りできない実際の婚姻関係、実際の人間関係を描いたこの映画に関わることができて嬉しい。 そしてこの映画は問題の簡単な解決法だけでなく長期間にわたる想いを描いている」と語った。 ウィザースプーンはカーター・キャッシュについて、この時代においてとても進んだ女性だったと考えており「2回結婚と離婚を繰り返し父親の違う子を2人生み、とても有名なミュージシャンたちと1台の車でコンサート・ツアーに出るような、1950年代には受け入れがたい女性であった。 社会慣習に従うような性格ではなかったことが彼女をとてもモダンな女性にしたのだと思う」と語った。 オスカー受賞後の最初の役は現代のおとぎ話『』で家系の呪いのかかったペネロピ の親友アニー役であった。 ウィザースプーンは女優業だけでなくType A Filmsという制作会社の経営業にも関わっており、製作・プロデュースを行っている。 この映画は『ウォーク・ザ・ライン』でオスカーを獲得した直後の2006年3月から によりプロデュースされて撮影が開始した。 2006年、でプレミア上映されたが 、正式公開は2回延期されて最終的に2008年2月に公開された。 2007年—2012年: 低迷期および三角関係時代 [ ] 『ウォーク・ザ・ライン』の批評的成功後数年間、ウィザースプーンはキャリアの低迷期を迎えた。 2014年12月のインタビューで、2006年10月に最初の夫と別居してその後離婚したことが原因であると考え「数年は気分を上げることだけ考えた。 脳がスクランブル・エッグのような気分の時にクリエイティブなことなんてできない」と語った。 また「作品を情熱的に作り上げることができなかった。 ただ淡々と仕事をするだけ。 私の公開作品に観客が何も反応しないのは明らかだった」と語った。 この時期の作品には2006年11月の『』がある。 テロ容疑者の妊娠中の妻イザベラ・フィールズ・エル=イブラヒミ役を演じた。 ウィザースプーンにとって2005年の『ウォーク・ザ・ライン』以降初めての劇場公開作品として2007年10月に公開された。 この映画の評価はほとんど低く、トロント国際映画祭でも一般的に期待外れとされた。 ウィザースプーンの演技も批判され、『USAトゥデイ』紙は「ウィザースプーンは驚くほど生気がなかった」とし、「ウィザースプーンはいつも活気があって役に魂を入れ込むが、この映画では抑制されていた」と記した。 2011年5月、『恋人たちのパレード』プレミア上映にて 2007年12月、離婚した両親4人それぞれの家族をクリスマス当日に訪れようとするカッブルをと共に演じたホリデイ・コメディ『』の撮影が始まり 、2008年11月に公開された。 批評家からはまずまずの評価であったが、興行収入の上で成功し、アメリカ国内で1億2千万ドル以上、世界的に1億5,700万ドルをあげた。 2009年3月公開のによる『』で主役のスーザン・マーフィ役の声を担当し 、『キューティ・ブロンド』のスピンオフで双子のカメリア・ロッソとレベッカ・ロッソが主演する『 ()』のプロデュースに参加した。 しかし2008年の『フォー・クリスマス』以降2年間スクリーンに登場していなかった。 『』誌で「予期せぬ休養」とし、「単に好みの脚本がなかっただけ。 ロボットに関する大作映画は本当にたくさんあったけれど、34歳の女性が演じる役はなかった」と語った。 2010年から2012年まで3本の映画に出演したが、いずれも2人の男性に挟まれる三角関係の映画であった。 2012年ののインタビューでウィザースプーンは「三角関係時代」と冗談で言及した。 三角関係映画1作目はによるロマンティック・コメディ『』で 、野球のスター選手のボーイフレンド と知能犯罪の容疑がかかっている事業経営者 との間で揺れ動く元全米ソフトボール選手役であった。 2009年の夏から秋にかけてやで撮影され 、2010年12月17日に公開された。 この映画は批評的にも商業的にも失敗した。 1億以上の製作費でありながら初週760万ドルしかあげられず、『ロサンゼルス・タイムズ』は「今年最大の失敗作」と報じた。 2作目は1930年代のサーカス・ドラマの映画化『』である。 2010年3月、この映画のマーリナ役のためサーカスでトレーニングを始めた。 短気な夫 との結婚生活に悩むグラマラスなパフォーマーであるマーリナはサーカスの新しい獣医 に惹かれていく。 2010年5月下旬から8月までテネシー州、ジョージア州、カリフォルニア州で撮影され 、2011年4月22日に公開された。 評価は賛否両論だったが 、まずまずの興行収入であった。 2010年9月、3本目となる監督ののスパイ・コメディ『』をにて撮影開始した。 と演じる親友たちと三角関係に陥る。 ヴァレンタイン・デーに先行上映され、2012年2月17日に正式に公開された。 興行収入も初週1,760万ドルで第5位とふるわなかった。 『ニューヨーク・タイムズ』は「オスカー女優ウィザースプーンの興行収入に冷たい嵐が吹き荒れた」と記した。 2013年—現在: 再評価—『わたしに会うまでの1600キロ』他 [ ] 2012年、カンヌ映画祭の『MUD -マッド-』プレミア上映にて 以降の映画は三角関係からかけ離れたものとなっていった。 地元の少年2人の助けで逃げる逃亡者 と再燃する元ガールフレンドのジュニパー役を演じた。 2012年5月、のコンペティション部門でプレミア上映されたが最高賞は逃した。 2013年1月19日、でアメリカ初上映となり 、4月26日に北米の限られた劇場で限定公開された。 次の作品は実際に起こったを基にした ()作 『 ()』の映画化で監督の『』であった。 『MUD』と同様にアーカンソー州で撮影が行われた。 殺人容疑のかかった3人の少年のうち1人の母親であるパム・ホブス役を演じた。 インタビューによるとエゴヤン監督はこのキャスティングについて感情的な演技を必要としていて、ウィザースプーンに会い長時間かけて話し合った結果、ウィザースプーンはこの役への挑戦を切望したと語った。 2012年6月から7月にかけてジョージア州で撮影が行われた。 撮影中、ウィザースプーンは第三子を妊娠中であった。 2013年9月8日、トロント国際映画祭にてワールド・プレミアが行われた。 2014年5月9日、限られた映画館で限定公開された。 2013年4月、のフィリップ・ファラルドー監督による『』の製作がジョージア州で開始された。 実際に起こった「」を基にした、宝くじの賞金での4人の若いを助けアメリカに移住させる、気の強いアメリカ人女性役を演じた。 2014年10月3日に公開された。 2013年夏、カリフォルニア州にての小説『』の映画化『』の撮影が行われた。 ウィザースプーンはの小説『 』の映画化『』に出演せず、自身のプロダクション会社パシフィック・スタンダードが製作した。 ウィザースプーンと仕事上のパートナーは監督の映画『ゴーン・ガール』に少しだけ関わり」 、『ゴーン・ガール』と同じ撮影開始日にパシフィック・スタンダードはシェリル・ストレイドの体験記の映画化『』の製作を開始した。 ウィザースプーンはこの作品での1,000マイル 1,600 km を歩いたストレイドの役を演じて主演した。 2014年12月に公開されて評論家の称賛を得て 、『シカゴ・トリビューン』のマイケル・フィリップスは「ウィザースプーンのキャリアの中でも抑えた演技だが、それが効果的となっている作品である。 粛々と絶え間なくストレイドの切望、苦悩、情熱、楽観を表現している」と記した。 この映画はスランプからの復帰作として宣伝され 、2度目のアカデミー賞ノミネートとなった。 2014年5月、にてコメディ映画『』の撮影が開始された。 ウィザースプーンは麻薬密売組織のボスの未亡人 を守ろうとする警察官役を演じた。 2015年5月8日に公開され、一般的に不評であり興行収入も振るわなかった。 2015年1月、『ハイスクール白書』のペイン監督と主演『』で再びコラボレーションする予定だったが 、のちに降板した。 その他の活動 [ ] 2012年1月、第69回ゴールデングローブ賞授賞式 ウィザースプーンはかつてプロダクション会社Type A Filmsを所有していた。 メディアによるとこの名は子供の頃のあだ名「Little Miss Type A」 タイプA少女 から来ているとされる。 『Interview』誌においてウィザースプーンは「私自身に因んで名付けられたと考える人が多い。 確かに7歳でA型行動形式、B型行動形式の違いなどの複雑な医学用語を理解していたので家族から冗談でそのようなあだ名がついた。 でも私は単に「ドッグフード・フィルムズ」や「フォーク」などと名付けたかった」と語った。 2012年3月、プロデューサーの ()のMake Movies BannerとType A Filmsが合併し、新たなプロダクション会社であるパシフィック・スタンダードとなった。 2013年、のアルバム『 』の中でとのデュエット『』をカバーした。 2014年3月、アンドレア・ハイドが社長を務めるライフスタイル会社C. ワンダーの設立に関わっていたと報じられた。 2015年5月、アメリカ南部の文化に影響を受けたファッション、アクセサリー、インテリアのブランドとなるドレイパー・ジェイムズを開始した。 ウィザースプーンに多大なる影響を与えた祖父母のドロシア・ドレイパーとウィリアム・ジェイムズ・ウィザースプーンに因んで名付けられた。 商品は社内でデザインおよび製造され、オンライン注文の上で直接顧客に届けられることになった。 さらに2015年秋、ウィザースプーンの地元テネシー州ナッシュビルにレンガとモルタルでできた店舗が開業した。 慈善事業 [ ] ウィザースプーンは子供や女性の擁護組織に積極的に関わっている。 長期間、ウィザースプーンは世界中の子供の教育、健康、救急救命を供給する組織を支援している。 また子供の支援、研究グループの児童支援基金の役員を務めている。 2006年、被害者の要望を周知するための児童支援基金のプロジェクトの一環でルイジアナ州ニューオリンズに他の女優たちと共に向かった。 現地の子供たちと会って話をし、ニューオリンズ初のフリーダム・スクールの開校を支援した。 ウィザースプーンはこの時のことに関して、忘れられない経験となったと語った。 2007年、ウィザースプーンは化粧ブランドであるのグローバル・アンバサダーとして複数年契約をし、世界的に認知されるようになった。 エイボンのスポークウーマンとして活動し、乳がん研究や家庭内暴力からの保護など女性支援に焦点を当てたチャリティ組織であるエイボン基金の名誉会長を務めている。 また化粧品開発に参加し、コマーシャルにも登場している。 エイボン基金に関わることについて「女性として母として、常に世界中の女性や子供が健やかでいることを深く気にしている。 私は変化をもたらす機会を常に探している」と語った。 メディアへの登場 [ ] 2005年、『ウォーク・ザ・ライン』プレミア上映にて 2001年9月29日、ニューヨークでが起こった直後の『』で司会を務めた。 2005年、『ティーン・ピープル』誌において、最もパワフルな若いハリウッド俳優の第5位にランクインした。 2006年、のリストに入り 、ウィザースプーンの紹介記事は『キューティ・ブロンド』で共演したが担当した。 同年、『』誌の読者が選ぶ「世界で最もセクシーな女性100人」に選ばれた。 ウィザースプーンは『フォーブス』誌による「セレブリティ100人」において2006年に第75位、2007年に第80位となった。 『フォーブス』誌はさらに「信頼できるセレブリティ」のトップ10にウィザースプーンを選んだ。 『CEOWORLD』誌は「成し遂げた女性エンターテイナー」にウィザースプーンを加えた。 2006年、『スター』誌はウィザースプーンが第三子妊娠中であるという捏造記事を掲載したとして、ウィザースプーンはロサンゼルス最高裁判所にこの雑誌の親会社のアメリカン・メディア社をプライバシー侵害で訴えた。 これから撮影しようとする映画のプロデューサーに妊娠を隠していると疑われ、ウィザースプーンの評判を落とすものとして損害賠償を求めた。 2007年、ゴールデングローブ賞授賞式で着用した黄色のドレスは広く称賛され 、『ピープル』誌およびテレビ番組『アクセス・ハリウッド』でこの年のベスト・ドレッサーの1人に選ばれた。 同年、E-Poll Market Researchにより最も好感度の高い女性セレブリティに選ばれた。 同年、出演料が映画1作につき1,500万ドルから2千万ドルでアメリカの映画界で最も高額出演料の女優となった。 近年の興行収入の低迷によりこの地位に変化が起き、2011年から2013年、ハリウッドで興行収入に対して出演料が高すぎる俳優の1人となった。 2011年4月、『ピープル』誌の第22回最も美しい人で第3位にランクインするなど 、これまで『ピープル』誌の「最も美しい100人」に4回入った。 2010年12月1日、のハリウッド通り6262番に星を埋め込まれた。 私生活 [ ] 交際 [ ] 1997年3月の21歳の誕生パーティでと出会った。 1999年公開の映画『』で共演し、1998年12月に婚約し 、1999年6月5日に近くのオールド・ワイド・アウェイク・プランテーションで結婚した。 同年9月に長女エイヴァを 、2003年10月には長男ディーコンを出産した。 2006年10月、別居中であることが発表された。 翌11月に和解しがたい不和により離婚申請を出した。 ウィザースプーンは子供について法的な共同親権および身上監護、フィリップの面会権を求めた。 はなかったため、カリフォルニア州法にのっとり全財産を半分にすることとなったため、ウィザースプーンが損をする形になった。 ウィザースプーンはフィリップに離婚後の生活費を求めず、フィリップもこれに異議を唱えなかった。 2007年5月15日、フィリップも子供の共同身上監護を求めた。 2007年10月5日にロサンゼルス最高裁判所により正式に離婚した。 2007年を通してメディアにおいて『』で共演したと交際しているのではないかと報じられた。 10月のフィリップとの正式離婚後、ので共にバケーションする所をパパラッチされ、交際はよりオープンになっていった。 2009年12月に破局したと報じられた。 2010年2月上旬にウィザースプーンが顧客となっているの CAA 映画部門の共同部長ジム・トスと交際を始めたと報じられた。 2010年12月、婚約を発表し 、2011年3月26日、ウィザースプーンのカントリー風屋敷であるカリフォルニア州オーハイにあるライベイ・レンチ のちに売却 で再婚した。 2012年9月27日にウィザースプーンにとっての次男テネシー・ジェイムズ・トスを出産した。 宗教 [ ] カリフォルニア州にあるに通っている。 逮捕 [ ] ジョージア州アトランタで『グッド・ライ』撮影期間中の2013年4月19日早朝、ピーチツリー通りの二重線を越え蛇行運転をしていたとしてウィザースプーンとトスはパトカーに停められた。 運転していた夫であるトスが血中アルコール濃度が0. 139でおよび境界線を越えたことにより逮捕された。 ウィザースプーンも車内に残るようにとの警官の命令に従わず、本物の警官と信じず文句を言い、自分のことを誰かわかっているのかと怒鳴り治安紊乱行為で逮捕されてしまった。 同日午前3時半に2人は釈放された。 4月21日の『MUD』ニューヨーク・プレミア上映に出席し 、同日夜に謝罪を表明し、「明らかに飲み過ぎ」で「自分が言ったことを深く恥じています。 自分の仕事をこなした警察官に失礼なことを言ってしまいました。 警察官には尊敬以外のものはなく、私のした行動を本当に反省しています」と語った。 5月2日、ウィザースプーンの弁護士とトスは出廷し、40時間の地域奉仕活動、アルコール講座の受講、1年間の処分の有罪となった。 ウィザースプーンは異議を唱えず罰金213ドルが科せられた。 2005年度 『』• 1999年度 主演女優賞 『』• 2002年度 コメディ演技賞 『』 脚注 [ ]• FilmReference. com. 2013年4月22日閲覧。 1251 : 25. March 22, 2013. Martin, Aaron 2006年3月1日. Tulane University magazine. 2007年3月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年4月30日閲覧。 The Sunday Times UK. 2007年11月26日閲覧。 2007年6月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年10月25日閲覧。 2007年10月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月26日閲覧。 at Family Tree Maker• The Independent UK. の2009年7月7日時点におけるアーカイブ。 2010年11月18日閲覧。 Agirlsworld. com. 2007年9月28日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年10月25日閲覧。 DSDI Staff 2011年12月11日. 2013年2月9日閲覧。 2012年5月10日. 2015年1月23日閲覧。 The Scotsman. 2008年1月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月5日閲覧。 The Sun UK. 2009年4月6日. 2010年9月19日閲覧。 Reader's Digest. 2008年5月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年10月19日閲覧。 White, Chelsea 2014年6月17日. Daily Mail London. 2007年10月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月26日閲覧。 Booth, William 2005年11月13日. Washington Post. 2007年11月10日閲覧。 BBC News. 2006年1月17日. 2007年10月25日閲覧。 New York Times. 2007年10月25日閲覧。 USA Today. 2007年11月4日閲覧。 London:. 2005年1月7日. 2015年6月29日閲覧。 Meyer, Norma 2005年11月13日. 2005年5月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月26日閲覧。 Patterson, John 2003年7月26日. Guardian UK. 2007年11月26日閲覧。 Levy, Emanuel 1996年5月8日. 2007年11月10日閲覧。 2007年7月4日閲覧。 2007年7月4日閲覧。 Vena, Jocelyn 2010年12月29日. MTV. 2012年2月1日閲覧。 LaSalle, Mick 1996年8月23日. San Francisco Chronicle. 2007年12月12日閲覧。 2012年11月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年2月1日閲覧。 2007年11月10日閲覧。 movies. yahoo. com. 2007年1月9日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年7月4日閲覧。 Graham, Bob 1999年3月5日. San Francisco Chronicle. 2007年12月6日閲覧。 2007年6月30日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月10日閲覧。 2012年4月10日閲覧。 2007年7月4日閲覧。 Booth, William 2005年11月13日. The Washington Post. 2007年11月10日閲覧。 Deggans, Eric 2004年5月4日. 2007年11月10日閲覧。 2007年12月2日閲覧。 Harkness, John 2003年2月6日. 2012年2月1日閲覧。 Ebert, Roger 2001年7月13日. Chicago Sun-Times. 2007年2月23日閲覧。 Zacharek, Stephanie 2001年7月13日. 2007年12月12日閲覧。 Axmaker, Sean 2001年7月13日. 2007年12月12日閲覧。 Clark, John 2002年5月12日. San Francisco Chronicle. 2007年11月4日閲覧。 2003年8月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月4日閲覧。 IGN. 2007年6月12日閲覧。 Wills, Dominic. 2008年5月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月12日閲覧。 Ogle, Connie 2002年9月27日. 2007年6月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月1日閲覧。 Ebert, Roger 2002年9月27日. Chicago Sun-Times. 2007年12月1日閲覧。 2008年5月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月1日閲覧。 Sterritt, David 2002年9月27日. 2007年12月12日閲覧。 Puig, Claudia 2003年7月2日. USA Today. 2007年12月12日閲覧。 Taylor, Charles 2003年7月2日. 2007年12月12日閲覧。 BBC News. 2003年7月23日. 2007年11月4日閲覧。 2008年6月13日閲覧。 2005年12月2日. 2008年2月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月4日閲覧。 2008年12月5日. 2008年12月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月8日閲覧。 Edelstein, David 2005年11月13日. 2007年11月4日閲覧。 The Telegraph Kolkota, India. 2004年9月6日. 2007年11月4日閲覧。 BBC News. 2004年12月1日. 2007年11月4日閲覧。 Honeycutt, Kirk 2004年8月27日. の2009年1月14日時点におけるアーカイブ。 2007年12月2日閲覧。 Toppman Lawrence 2004年9月1日. 2007年12月2日閲覧。 [ ]• Chocano, Carina 2004年9月1日. Los Angeles Times. 2008年3月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月2日閲覧。 Moten, Katie 2005年12月29日. 2007年11月4日閲覧。 BBC News. 2006年11月3日. 2007年11月5日閲覧。 BBC News. 2006年2月1日. 2007年11月7日閲覧。 Donaldson-Evans, Catherine 2006年2月8日. Fox News Channel. 2007年11月5日閲覧。 Ebert, Roger 2002年9月27日. Chicago Sun-Times. 2007年12月1日閲覧。 BBC. 2006年3月20日. 2008年7月17日閲覧。 の2008年7月19日時点におけるアーカイブ。 2008年7月17日閲覧。 2007年12月15日閲覧。 EMPIRE. 2006年3月15日. 2014年12月31日閲覧。 Macdonald, Moira 2006年9月6日. The Seattle Times. 2007年12月12日閲覧。 Hernandez, Eugene. indiewire. com. 2007年9月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月12日閲覧。 Goldstein, Gregg 2007年9月6日. 2012年2月1日閲覧。 Rose, Charlie 2014年12月21日. CBS News. 2014年12月31日閲覧。 Germain, David 2007年10月16日. The Washington Post. 2007年11月5日閲覧。 Mathews, Jack 2007年10月19日. New York Daily News. 2007年12月12日閲覧。 Puig, Claudia 2007年10月18日. USA Today. 2007年12月12日閲覧。 Mcnary, Dave 2007年7月26日. Variety. 2007年8月22日閲覧。 Metacritic. 2008年11月30日閲覧。 Wloszczyna, Susan 2008年3月11日. USA Today. 2008年4月6日閲覧。 All Movie Guide. 2015年2月14日閲覧。 Entertainment Weekly. 2010年12月29日閲覧。 MTV. 2012年2月20日閲覧。 Cieply, Michael 2010年3月22日. The New York Times. 2010年4月27日閲覧。 Brunsting, Joshua 2010年6月9日. Gordon and the Whale. の2010年6月13日時点におけるアーカイブ。 2010年6月21日閲覧。 The Independent UK. 2010年8月14日. 2010年8月14日閲覧。 Siegel, Tatiana 2009年2月17日. Variety. 2010年3月14日閲覧。 GossipCenter Network. 2009年10月1日. 2011年4月2日閲覧。 Washington City Paper. 2009年6月4日. 2010年3月14日閲覧。 Los Angeles Times. 2010年12月19日. 2010年12月28日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2010年12月28日閲覧。 Entertainment Tonight. 2010年3月10日. の2012年4月3日時点におけるアーカイブ。 2011年2月6日閲覧。 Hollywood News. 2010年5月20日. 2010年5月22日閲覧。 Lawrence, Francis. 2010年9月19日閲覧。 McClintock, Pamela 2010年12月23日. Hollywood Reporter. 2010年12月28日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2011年6月28日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年7月29日閲覧。 Entertainment Weekly. 2010年5月6日. の2011年10月5日時点におけるアーカイブ。 2012年1月2日閲覧。 Hollywood News. 2010年5月8日. 2010年5月8日閲覧。 Vancouver Sun. 2010年9月3日. の2010年9月7日時点におけるアーカイブ。 2010年9月19日閲覧。 Movieline. 2011年4月12日. 2011年6月28日閲覧。 Reuters. 2012年1月8日. 2012年1月22日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2012年2月20日閲覧。 Brooks Barnes 2012年2月19日. New York Times. 2012年2月20日閲覧。 InArkansas. 2011年9月28日. 2011年10月3日閲覧。 McNary, Dave 2011年9月26日. Variety. 2011年10月3日閲覧。 Phillips, Michael 2012年4月19日. Chicago Tribune. 2012年5月5日閲覧。 Leffler, Rebecca 2012年5月26日. Hollywood Reporter. 2012年5月27日閲覧。 Labrecque, Jeff 2013年1月21日. Entertainment Weekly. 2013年1月23日閲覧。 Fox, Jesse David 2013年1月16日. Vulture. 2013年1月16日閲覧。 Tapley, Kristopher 2013年1月16日. Hitflix. 2013年1月16日閲覧。 Macdonald, Gayle 2011年12月16日. Globe and Mail Toronto. 2011年12月30日閲覧。 McClintock, Pamela 2012年5月16日. Hollywood Reporter. 2012年5月27日閲覧。 Gicas, Peter 2012年6月26日. eOnline. の2013年1月22日時点におけるアーカイブ。 2012年6月30日閲覧。 Brett, Jennifer 2012年7月5日. Access Atlanta. の2012年10月17日時点におけるアーカイブ。 2013年1月23日閲覧。 Johnson, Zach 2012年6月26日. Us Weekly. 2013年1月23日閲覧。 Zwecker, Bill 2012年6月23日. Chicago Sun Times. の2012年9月19日時点におけるアーカイブ。 2013年1月23日閲覧。 Barnard, Linda 2013年7月23日. Toronto Star. 2013年7月24日閲覧。 Atkinson, Nathalie 2013年9月8日. National Post. の2013年9月9日時点におけるアーカイブ。 2013年9月8日閲覧。 Labrecque, Jeff 2014年2月10日. Entertainment Weekly. 2014年5月19日閲覧。 Yamato, Jen 2013年4月3日. Deadline. 2013年4月7日閲覧。 Keene, Allison 2013年4月5日. Creative Loafing Atlanta. 2013年4月7日閲覧。 Lang, Brent 2014年5月27日. Variety. 2015年1月1日閲覧。 indiewire. com. 2013年6月4日. の2013年6月8日時点におけるアーカイブ。 2013年6月26日閲覧。 Kroll, Justin 2013年5月15日. Variety. 2013年7月22日閲覧。 Duncan, Dustin 2013年9月17日. The Southern. 2013年10月16日閲覧。 Kit, Borys 2013年1月22日. Hollywood Reporter. 2013年1月23日閲覧。 Strecker, Erin 2013年10月15日. Entertainment Weekly. 2014年5月19日閲覧。 Riley, Jenelle 2014年10月7日. Variety. 2014年12月31日閲覧。 Oregon Live. 2012年3月8日. 2012年7月29日閲覧。 McNary, Dave 2013年10月11日. Variety. 2013年10月16日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2014年12月7日閲覧。 Phillips, Michael 2014年12月4日. Chicago Tribune. 2014年12月7日閲覧。 Mendelson, Scott 2014年9月9日. Forbes. 2015年1月1日閲覧。 Robey, Tim 2014年12月29日. The Telegraph London. 2015年1月1日閲覧。 Stack, Tim 2015年1月15日. Entertainment Weekly. 2015年2月1日閲覧。 Scott, Mike 2014年5月12日. The Times-Picayune. 2015年3月8日閲覧。 McNary, Dave 2015年2月12日. Variety. 2015年3月8日閲覧。 Fleming, Jr. , Mike 2015年1月7日. 2015年1月7日閲覧。 Sneider, Jeff 2015年1月7日. 2015年1月7日閲覧。 Kit, Borys 2015年1月7日. 2015年1月7日閲覧。 2017年7月4日閲覧。 Hancock, Tiffany 2006年2月13日. The Daily Telegraph UK. の2007年12月3日時点におけるアーカイブ。 2007年11月5日閲覧。 Borys Kit 2012年3月18日. Hollywood Reporter. 2012年7月28日閲覧。 Apple Inc 2013年4月23日. iTunes. 2013年4月23日閲覧。 Medina, Marcy 2014年3月13日. WWD. 2014年3月13日閲覧。 CBS News. 2015年5月6日. 2015年5月6日閲覧。 Eonline. com. 2012年2月1日閲覧。 [ ]• Plaisance, Stacey 2006年5月8日. The Washington Post. 2007年12月1日閲覧。 2006年5月14日. 2007年12月1日閲覧。 Guest, Katy 2007年8月5日. London:. 2012年2月1日閲覧。 Reuters. 2007年8月2日. 2007年11月11日閲覧。 BBC News. 2007年8月1日. 2007年12月1日閲覧。 2001年9月27日. 2007年12月12日閲覧。 2005年8月6日. 2012年1月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年2月1日閲覧。 TIME. 2007年11月5日閲覧。 Wilson, Luke 2006年4月30日. TIME. 2007年11月5日閲覧。 2007年10月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月5日閲覧。 Forbes. 2006年6月15日. 2007年11月21日閲覧。 Forbes. 2007年6月14日. 2007年11月21日閲覧。 Rose, Lacey 2006年9月25日. Forbes. の2007年12月1日時点におけるアーカイブ。 2007年11月21日閲覧。 CEOWORLD magazine. 2011年5月18日. の2016年1月15日時点におけるアーカイブ。 International Herald Tribune 2006年6月22日. 2011年9月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年11月10日閲覧。 The Washington Post. 2006年6月22日. 2007年11月10日閲覧。 Rubenstein, Hal. 100 Unforgettable Dresses. New York: Harper Design. Fox News. 2007年9月12日. 2007年11月21日閲覧。 2009年1月5日. 2012年2月1日閲覧。 Reuters. 2008年1月4日. 2008年1月5日閲覧。 Goodwin, Christopher 2007年10月7日. The Times UK. 2007年11月5日閲覧。 Grabicki, Michelle 2007年11月30日. Reuters. 2007年11月5日閲覧。 New York: Articles. nydailynews. com. 2011年11月4日. 2019年1月3日閲覧。 Pomerantz, Dorothy 2012年4月18日. Forbes. 2013年4月21日閲覧。 Pomerantz, Dorothy 2013年12月9日. Forbes. 2014年1月26日閲覧。 People 2011年4月13日. 2007年12月28日閲覧。 PDF. 2007年12月28日閲覧。 Hollywoodchamber. net. 2011年2月4日閲覧。 [ ]。 Scott, Paul 2006年3月7日. Daily Mail UK. 2007年11月10日閲覧。 de Kretser, Leela 2006年10月31日. New York Post. 2012年2月1日閲覧。 Thomas, Karen 2006年11月8日. USA Today. 2007年11月10日閲覧。 CNN. 2003年10月29日. 2007年11月10日閲覧。 About. com. 2008年7月2日閲覧。 Frankel, Daniel 1999年6月8日. Eonline. com. 2012年2月1日閲覧。 BBC News. 1999年9月16日. 2007年11月10日閲覧。 2006年10月30日. 2014年12月22日閲覧。 Fox News Channel. 2006年11月9日. 2007年11月10日閲覧。 Arnold, Holly. 2007年11月10日閲覧。 2006年11月11日. 2007年11月10日閲覧。 Noveck, Jocelyn 2006年11月8日. The Washington Post. 2007年11月10日閲覧。 Lee, Ken 2007年5月18日. 2007年11月10日閲覧。 2007年10月10日. 2007年10月26日閲覧。 2007年10月11日. 2007年10月26日閲覧。 Huffington Post 2008年10月14日. 2008年11月19日閲覧。 Daily Mail UK. 2007年10月25日. 2007年11月17日閲覧。 エラー: time の呼び出しが多すぎます。 February 4, 2010. April 24, 2010閲覧。 February 25, 2010. April 24, 2010閲覧。 2010年3月22日. April 24, 2010閲覧。 September 21, 2010. December 8, 2010閲覧。 2010年12月28日. 2010年12月28日閲覧。 March 25, 2011. の2011-04-28時点におけるアーカイブ。 March 27, 2011閲覧。 March 26, 2011. March 26, 2011閲覧。 Chan, Jennifer November 12, 2013. November 15, 2013閲覧。 September 27, 2012. September 27, 2012閲覧。 Robina Gibb, , , 1 February 2015• Variety. 2013年4月21日閲覧。 Fleeman, Mike May 2, 2013. May 2, 2013閲覧。 Lee, Youyoung 2013年4月21日. 2013年4月21日閲覧。 Takeda, Allison 2013年4月21日. 2013年4月21日閲覧。 Nashawaty, Chris 2013年4月22日. Entertainment Weekly. 2013年4月22日閲覧。 Ravitz, Justin May 2, 2013. May 2, 2013閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• 英国 , 外国 1952• 英国 , 外国 1953• 英国 , 外国 1954• 英国 , 外国 1955• 英国 , 外国 1956• 英国 , 外国 1957• 英国 , 外国 1958• 英国 , 外国 1959• 英国 , 外国 1960• 英国 , 外国 1961• 英国 , 外国 1962• 英国 , 外国 1963• 英国 , 外国 1964• 英国 , 外国 1965• 英国 , 外国 1966• 英国 , 外国 1967 1968-現在• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018.

次の

スペイン語がこんなに沢山日本語に!日本語になっているスペイン語をまとめてみました<旅スペイン・コム>

スプーン 日本 語

木片などを使ったスプーン状の道具は二万年ぐらい前の遺跡から出土しておりますし、貝殻や素焼きのタイプも発見されています。 古代エジプトの墓からは副葬品に混じって象牙や骨、黄金で作られたスプーン状の道具が発掘されていますし、恐らくこうした道具は世界中で広く使われていたのではないでしょうか。 「スプーン」という言葉そのものは、古代アングロ・サクソン語の「かけら」「木片」を意味する「スポンSpon」に由来しますが、フランス語でスプーンを意味するキュイエールcuillerはギリシア語の「貝」を意味するコクロスkokhlos、ラテン語で「かたつむり」を意味するコクレアcochleaが語源で、貝殻などをスプーン代わりに使っていたことがこれらの言葉からも見て取れます。 コクレアレは主に卵を食べる時に使われ、絵の先が円形に窪み、その反対側が殻を割りやすいように尖っています。 恐らく食べる際に尖った方で上部に穴を空け、そこから窪みの方ですくって食べたのでありましょう。 このコクレアレは食具としてだけでなく、悪運から身を守るシンボルとしても使われたようで、しばしば卵に突き刺したまま置かれたそうです。 リグラもやはりヘラ状のスプーンであり、反対側には装飾が施されました。 古代エジプトでもやはり象牙、青銅、木片、骨などで作ったスプーンが作られましたが、いずれも食事用としてではなく化粧用で、顔料などを水に溶かす際に使われたものと考えられています。 ケルト(ヨーロッパ北西部)のスプーンは骨製の小さなタイプですが、なぜか発掘されたもののボール(さじ頭)にはことごとく小さな穴が空いていたそうです。 どのような目的でこのような穴が空けられたのかは分かっていません。 大鍋をかき回したり、皿によそったりするような大型の「おたま」のようなものは残りましたが、それはあくまでも食卓の補助的な役割にとどまり、食具としてのスプーンは、ほとんど姿を消してしまったのです。 スープのような液体も、皿から直接すすったり、手でかき出して食べていたそうです。 だから今でも、スープは「飲む(drink)」ではなく「食べる(eat)」という表現を使います。 こうした状態は1000年近くの長きに渡って続きましたが、14世紀ごろから次第にテーブルに再登場し始めます。 当時の絵画にも、スプーンで食事をしている姿が描かれたものがあります。 とは言うものの、当時のそれはあくまでも一部の特権階級の「貴重品」扱いであり、庶民がそうそう使えるものではありませんでした。 14世紀のフランス王シャルル五世の財産目録を見ても、金銀のコップは280個もあるのに、スプーンはわずかに66本しかなかったそうです。 このスプーンを修理するのに「銀貨」が何枚も溶かされたという話もあったそうです。 これらのスプーンは主に宴会の場で使われましたが、数が客に較べて極端に少ない上に、そのまま持ち帰る不心得者もしばしば存在したので、宴会が終わるたびに数が調べられ、その後は厳重に保管されたと言うことです。 ちなみに当時のスプーンの材質は骨や木材、錫などが一般的でしたが、財力にものを言わせて金銀をあしらう人もいたということです。 孔子の活躍した春秋戦国時代(2500〜3000年前)には現在のものに近いタイプも発明され、広く使用されました。 これらのスプーンは蓮の葉に似ていることから「蓮華(れんげ)」と呼ばれ、その名前は、今もラーメンや中華料理のスープを飲む時の道具に使われています。 日本でも、古い時代からヒョウタンや鳥の卵などがスプーン代わりに使われておりました。 日本のスプーンの名前である「柄杓(ひしゃく)」も、もとは「ヒサゴ」、つまりヒョウタンの名前から派生したものです。 奈良時代には既に現在の形に近いスプーンがあったことが分かっていて、正倉院にも佐波理匙(さはりさじ、真鍮製のスプーンの意)と呼ばれるものが所蔵されています。 清少納言の「枕草子」にも「箸・匙(さじ)など、取りまぜて鳴りたる、をかし(箸やスプーンがカチャカチャ鳴っている音が聞こえるけれど、それもなかなかいいものです)」という記述が見えます。 しかし、「箸」という食具が発達したこの国では、スプーンは徐々に食卓から追いやられ、かつてのヨーロッパのような、調理具や計量具としての性格を強くしていきます。 茶の湯では「茶杓(ちゃしゃく)」と呼ばれるスプーンが使われましたが、あくまでも茶葉を計量するものであり、直接口をつけるものではありませんでした。 それでも、オランダなどを通じて江戸中期ごろからスプーンが日本にも持ち込まれるようになり、18世紀末の蘭学者・大槻玄沢は著書の中で、オランダ人が「れいぺる(lepel=オランダ語でスプーンの意)」という食匙を使っているということを記しています。 ちなみに西洋料理もこのころに入ってきましたが、スプーンに当たる道具のない当時の人々は中国生まれの「蓮華」を代わりに使ったと言います。 今もケルトの文化が色濃く残るイギリス・ウェールズ地方には、恋人にスプーンをかたどったペンダント(ラブ・スプーン)をプレゼントする習慣があります。 また、ノルウェーでは結婚式に鎖で繋いだ木のスプーンを用意することがあったと言います。 新婚夫婦は結婚式の翌朝、そのスプーンでともにご馳走を食べることで、お互いの愛を確かめ合います。 「スプーニーspoony」と言えば「女に甘い、センチメンタルな」という意味ですが、この言葉が果たしてその習慣と関係があるのかは分かりません。 イギリスでは16世紀から17世紀にかけて、裕福な家庭では「使徒のスプーン」と呼ばれる銀製のスプーンが子供にプレゼントされました。 これは、柄の反対側が十二使徒の形をしているもので、洗礼の際の贈り物としてよく使われたそうです。 基本的に十二本一組ですが、中にはキリストをかたどった大きなスプーンが加えられ、十三本一組になることもありました。 銀のスプーンを作れるのはたいてい金持ちの家だったから、あるいは銀のスプーンは幸福の徴(しるし)だったので、「幸福に育つであろう子供」の善とをスプーンになぞらえたものだと言われています。 その一方で「裕福でない家庭に生まれた子供」のことを「木のスプーンをくわえて生まれる」などと表現することもあります。 木のスプーンと銀貨を揃えて子供の幸福を祈る地方もあります。 悪魔は一般に長いスプーンを使うと言われるので、「彼と一緒に長いスプーンを使用する」と言えば「彼は油断のならないヤツだ」という意味になります。 その他に「彼はスプーンの時代を過ぎた」と言えば「彼はもう子供ではない(スプーンを使うような世代ではない)」、「彼のスプーンを吊す」と言えば「彼は死んだ(スプーンを使う必要がなくなった)」ことを表します。 また、スプーンが落ちることは不幸の徴(しるし)であるとも、誰かが訪問してくる予兆であるとも言われました。 スコットランドなどでは、幼児が初めての食事の時、どちらの手を使うかによってその未来を知ることができると言います。 右手を使えば幸福になり、左手を使えばその一生に何らかの不幸が訪れるそうです。 いわゆる3番ウッドのことですが、沈んだ球をすくい上げるために使われたので、中央がスプーンのように窪んでいるのだそうです。 「匙を投げる」ということわざの「匙」も、やはり「薬匙」のことを差し、食具ではありません。 病状が篤くなり、もはや薬を調合する必要もないことから、このような表現が生まれたと言います。

次の