パワプロ ささやき 戦術 効果。 ペナント攻略

パワプロ12野手特殊能力取得方法/パワプロ12攻略

パワプロ ささやき 戦術 効果

能力アップ画面で経験点を消費して取得できるほか、イベントで直接取得することもある。 イベントの選択肢によって覚える・覚えないが出てくるため、イベント内容を確認しながらサクセスをプレイしよう。 超特殊能力 金特 とは 特殊能力 特能 の上位互換となる能力。 取得にはイベント+下位の特能が必要 金特はイベントでコツを取得することで能力アップ画面に追加される。 金特のコツは、下位となる特能を持っていることが取得の条件になっている。 下位能力がないものもある 司令塔やささやき戦術など、下位の特能が存在しない金特もある。 金特のコツを入手すれば取得できるようになる。 マイナス要素の多い特殊能力だが、赤特は経験点を使うことで外すことができる。 特殊能力名 効果 安打製造機 ミート打ちの時、弾道が低くなりミートがかなり上がる。 下位能力:アベレージヒッター 一球入魂 1ストライクを取られるまで、ミート・パワーがかなり上がる。 下位能力:ヘッドスライディング 球界の頭脳 捕手限定で発動。 味方投手のコントロールが上昇し、消費スタミナが減少する。 下位能力:満塁男 芸術的流し打ち 流し打ちをした時、ファールになりにくくヒットの確率がかなり高くなる。 下位能力:流し打ち 広角砲 強振時、流し方向にすごく強い打球が打てる。 下位能力:広角打法 高球必打 高めのボールを打った時、打球速度がかなりアップする。 下位能力:ハイボールヒッター 高速ベースラン 走力が上がり、ベースランニングがとても速くなる。 下位能力:レーザービーム 左キラー 野手 左投手が相手の時、ミート・パワーがものすごく上がる。 ピンチの場面で味方の守備力が上がる。 下位能力:なし 重戦車 本塁に突入した時、捕手を吹き飛ばす。 下位能力:ホーム突入 勝負師 走者が2塁以上にいる時、ミート・パワーがものすごく上がる。 ピンチ時に味方投手の能力がアップすることがある。 下位能力:なし 精神的支柱 試合に出場するとチームメイト全員の能力がすごく上がる。 下位能力:チャンスメーカー 代打の神様 代打の時、ミート・パワーがかなり上がる。 下位能力:意外性 低球必打 低めのボールを打った時、打球速度がかなりアップする。 下位能力:ローボールヒッター 鉄の壁 滑り込んでくるランナーをはね返す。 下位能力:ホーム死守 鉄人 サクセス中、ケガをする確率が低くなる。 下位能力:サヨナラ男 電光石火 盗塁時のスタートがとても速くなる。 相手投手のコントロール・スタミナがものすごく減少する。 下位能力:なし 内角必打 内角のボールを打った時、打球速度がすごくアップする。 下位能力:インコースヒッター 内野安打王 打った後の走り出しがとても速くなる。 下位能力:守備職人 アーチスト 強振の時、弾道・パワーがかなり上がる。 下位能力:パワーヒッター アイコンタクト 内野手限定で発動。 隣接する守備位置の選手同士が持っていると守備力がすごく上がる。 下位能力:なし ささやき戦術 捕手限定で発動。 相手打者のミート・パワーを下げる。 下位能力:なし ストライク送球 各塁に送球する時、悪送球になる確率がとても低くなる。 盗塁阻止時の送球が鋭くなる。 下位能力:なし メッタ打ち 2安打後の打席でミート・パワーがかなり上がる。 下位能力:固め打ち ローリング打法 インパクト時にバットを回転させ飛距離をグンと伸ばす。 下位能力:かく乱 特殊能力名 効果 意外性 5回以降両チーム無得点または7回以降負けているか同点の場面で、同点または勝ち越しのチャンスに打席が回ってきた時パワーが上がる。 気分屋 打席毎に調子が変化する。 固め打ち 2安打後の打席で、ミート・パワーが上がる。 広角打法 強振で流し打ちをした時、打球速度が落ちにくい。 高速チャージ バント処理が速くなる。 守備職人 守備時の動作が良くなり、ゲッツー崩しを無効化する。 走塁 走塁がうまくなる。 送球 各塁に送球する時、悪送球に確率がかなり低くなる。 対左投手 左投手が相手の時、ミート・パワーがかなり上がる。 帳尻合わせ 無安打の場合、3打席目以降能力が上がる。 盗塁 盗塁時のスタートが速くなる。 盗塁5のみ 相手投手のコントロール・スタミナが減少する。 粘り打ち 2ストライクの時、ミート・パワーが上がる。 本塁生還 出塁していると、味方の打力アップする。 満塁男 満塁の時、ミート・パワーが上がる。 流し打ち ミート打ちで流し打ちをした時、ファールになりにくくヒットになりやすい。 アベレージヒッター ミート打ちの時、弾道が低くなりミートが上がる。 いぶし銀 7回以降、同点もしくは2点差以内で負けておりランナーなしもしくは2塁以上に走者がいる時、ミート打ちをするとヒット性の打球が出やすい。 インコースヒッター 内角のボールを打った時、打球速度がアップする。 味方投手の能力が上昇する。 ケガしにくさ ケガをする確率が低くなる。 サヨナラ男 2塁以上にサヨナラの走者がいる時、ミート・パワーが上がる。 チャンス 走者が2塁以上にいる時、ミート・パワーが上がる。 チャンスメーカー 走者がいない時、ミート・パワーが上がる。 ハイボールヒッター 高めのボールを打った時、打球速度がアップする。 パワーヒッター 強振の時、弾道とパワーが上がる。 ヘッドスライディング 際どいタイミングで頭から滑り込む。 鋭い送球ができる。 ローボールヒッター 低めのボールを打った時、打球速度がアップする。 悪球打ち ストライクゾーン外までミートカーソルが動かせるようになる。 アウトコースヒッター 外角のボールを打つのが得意になる。 かく乱 塁に出ると相手投手や野手の能力をダウンさせる。 味方投手の能力が下がる。 味方投手の能力がかなり下がる。 三振 2ストライクの時、ミート・パワーが下がる。 併殺 ミートカーソルが下寄りになりダブルプレーを引き起こしやすい。 エラー 走者が2・3塁の時、エラー率が上がる。 ハードラック 打席時に逆風が吹いたり死球を受けやすくなる。

次の

【パワプロ2013】超特殊能力&オリジナル球種の取得条件

パワプロ ささやき 戦術 効果

投手特殊能力 色 名前 効果 対ピンチA 得点圏に走者がいるとき球速+2、変化量+2 対ピンチB 得点圏に走者がいるとき球速+1、変化量+1 対ピンチC 得点圏に走者がいるとき球速+1 対ピンチE 得点圏に走者がいるとき球速-1 対ピンチF 得点圏に走者がいるとき球速-1、変化量-1 対ピンチG 得点圏に走者がいるとき球速-2、変化量-2 対左打者A 左打者と対戦時球速+2、コントロール+5、消費スタミナ-5 対左打者B 左打者と対戦時球速+1、コントロール+3、消費スタミナ-3 対左打者C 左打者と対戦時球速+1、コントロール+2、消費スタミナ-1 対左打者E 左打者と対戦時球速-1、コントロール-2、消費スタミナ+1 対左打者F 左打者と対戦時球速-1、コントロール-3、消費スタミナ+3 対左打者G 左打者と対戦時球速-2、コントロール-5、消費スタミナ+5 打たれ強さA かなりピヨリにくくなる 打たれ強さB ピヨリになりにくい 打たれ強さC 少しピヨリになりにくい 打たれ強さE 少しピヨリになりやすい 打たれ強さF ピヨリになりやすい 打たれ強さG かなりピヨリになりやすい ケガしにくさA かなりケガしにくくなる ケガしにくさB ケガしにくくなる ケガしにくさC 少しケガしにくくなる ケガしにくさE 少しケガしやすくなる ケガしにくさF ケガしやすくなる ケガしにくさG かなりケガしやすくなる ノビA ストレートの速度が球速よりもかなり速く見える ノビB ストレートの速度が球速よりも速く見える ノビC ストレートの速度が球速よりも少し速くなる ノビE ストレートの速度が球速よりも少し遅くなる ノビF ストレートの速度が球速よりも遅く見える ノビG ストレートの速度が球速よりもかなり遅く見える クイックA 走者がいるときの投球モーションがかなり早くなる クイックB 走者がいるときの投球モーションが早くなる クイックC 走者がいるときの投球モーションが少し早くなる クイックE 走者がいるときの投球モーションが少し遅くなる クイックF 走者がいるときの投球モーションが遅くなる クイックG 走者がいるときの投球モーションがかなり遅くなる 回復A ペナントモードで登板後のスタミナ回復がかなり早くなる 回復B ペナントモードで登板後のスタミナ回復が早くなる 回復C ペナントモードで登板後のスタミナ回復が少し早くなる 回復E ペナントモードで登板後のスタミナ回復が少し遅くなる 回復F ペナントモードで登板後のスタミナ回復が遅くなる 回復G ペナントモードで登板後のスタミナ回復がかなり遅くなる 調子安定 調子不調、絶不調時のマイナス効果の幅が少なくなる。 ジャイロボール ストレート、またはツーシーム投球時、球速よりも表示速度アップ 重い球 球質4%アップ。 好調時の減退はない 野手調子極端 調子好調以上、不調以下の幅が大きくなる アベレージヒッター ミート時ヒット性の当たりが出やすく。 弾道2. 5固定 パワーヒッター 強振時本塁打性の当たりが出やすく。 弾道3. 体当たりしてくる走者をブロックする 意外性 5回以降両チーム無得点、または7回以降負けているか同点の場面で同点または勝ち越しのチャンス時にパワーが80(A)に。 見た目球速大幅アップ 怪物球威 重い球の上位。 球質8%アップ ガソリンタンク 回復Aの上位 ガラスのハート 連打されるとすぐピヨリになる 脅威の切れ味 キレの上位 強心臓 対ピンチAの上位。 走者釘付け クイックAの上位 鉄腕 好調をキープしやすくなる ドクターK 奪三振の上位。 2ストライクで球速+4、変化量+2 ノミの心臓 得点圏に走者を背負うと球速-3、変化量-3 左キラー 対左打者Aの上位。 対左時に球速+3、コントロール+7、消費スタミナ-7 不屈の魂 打たれ強さAの上位。 失投時にど真ん中にいく確率が3分の1 アーチスト PHの上位。 強振時打球速度アップ 安打製造機 AHの上位。 1ストライク取られるまでミート+15、パワー+10 気迫ヘッド ヘッドスライディングの上位。 専用モーションで滑り込む 球界の頭脳 キャッチャーAの上位。 投手のコントロール+20、消費スタミナ-10 恐怖の満塁男 満塁男の上位。 満塁時ミート+20、パワー+20 切り込み隊長 チャンスメーカーの上位。 走者がいないとミート+15、パワー+10 芸術的流し打ち 流し打ちの上位 高速ベースラン 走塁Aの上位 高速レーザー レーザービームの上位 ささやき戦術 捕手専用。 相手打者のミート-10、パワー-5 重戦車 体当たりの上位。 専用モーションで体当たりする 勝負師 チャンスAの上位。 得点圏に走者がいるとミート+20、パワー+15 ストライク送球 送球Aの上位。 盗塁走力大幅アップかつ相手投手のコントロールと消費スタミナ-10 伝説のサヨナラ男 サヨナラ男の上位。 サヨナラのチャンスでミート+20、パワー+20 左キラー 対左投手Aの上位。 左投手が相手のときミート+20、パワー+15 魔術師 守備職人の上位 鉄人 ケガしにくさAの上位。

次の

パワプロ2010でささやき戦術とキャッチャー◎といぶし銀と闘志の効果を...

パワプロ ささやき 戦術 効果

06以前に、自分用に調べたものです。 間違いがあるかもしれないので、全部を信用しないでください。 またver. 07以降、仕様変更されている部分が多数あります。 オーペナにおける投手・野手能力について解説した記事をあげました。 あくまで個人の主観ですが、参考になれば幸いです。 07以降では、早熟、普通、晩成タイプで成長期が最大で2年ずれて早く始まったり遅く始まったりするという選手特性が追加されています。 コーチの育成力や練習機材のレベルで成長限界を上昇させることができる。 内は、最大まで上昇させた時の上限値。 2016ver. 07では、この成長限界が選手個別に設定されるようになっており、かなり下方修正されています。 「高スペックのルーキーが入団したと喜んでいたら、能力が全く伸びない」なんてこともあります。 その間はコーチの特別練習は行えない。 習得中の特別練習はキャンセルされてしまう。 07以降、留学できる回数が1選手につき1回に修正されています。 また、検証していませんが、留学した際に能力の上昇値が低くなったようです。 シーズンオフ期間中に経験値は得られません。 ver. 07以降、特殊能力習得に必要な日数は増加傾向にあると思います(体感)。 また、ver. 07以降、特殊能力練習が得意、不得意という新しい選手特性が追加されています。 2018ではさらに特殊能力習得に必要な日数が増加したように思います。 これも体感ですが、ほぼ間違いない事実です。 なので、上記されている日数は2018プレイ時には参考にしないでください。 50以下」「通算被率0. 40以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「100イニング以上登板」「被安打率0. 00以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「150イニング以上登板」「2. 00以上」「通算2. 90以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「100イニング以上登板」「率9. 00以下」「通算被率0. 30以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「被率0. 90以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「率9. 00以上」「通算3. 00以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「率9. 00以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「100イニング以上登板」「2. 25以下」「通算被率0. 25以下」 上記条件を満たす投手が、シーズンで「30イニング以上登板」「被率0. sisterion.

次の