チビ クワガタ。 O山のチビクワガタ

クワガタのエサって何が最適?「大好物」とこれは「NG」を覚えておこう。

チビ クワガタ

世界のクワガタ、カブトムシ、コガネムシの飼育情報AtoZ 世界のクワガタ、カブト、コガネの甲虫生体、飼育用品の専門店 甲虫専門店だからお届けできる確実な生体と、オリジナルの飼育用品を初め、安心して使える飼育用品を取り揃えています。 日本のチビクワガタ、ツノヒョウタンクワガタ チビクワガタ、ツノヒョウタンクワガタの分布 日本に分布するチビクワガタの仲間は全部で5種類が知られている。 チビクワガタの系統とマメクワガタの系統に分けられるが、共に同じ属の近縁な種類になる。 共に小型の種類で一番大型のオガサワラチビクワガタでも20mm程度、その他の種類は10mm前後の個体が多い。 チビクワガタとマメクワガタは同じ様な大きさで区別が付きにくいが、チビクワガタとマメクワガタの見分け方は、チビクワガタでは前胸後角が直線になるのに対し、マメクワガタはギザギザになることで区別できる。 分布図では混生しているように思えるが、マメクワガタは沿岸部に、チビクワガタは内陸部に分布していることが多く、混生地はほとんどない。 この仲間はともに暖地性の種類で、最東北部に分布するチビクワガタでも確実な産地は本州だと静岡県までとなる。 八丈島には多産するが、チビクワガタは島嶼でもほとんど分布している島はなく、確実に分布している島は八丈島と御蔵島だけになる。 オガサワラチビクワガタは小笠原諸島に広く分布しているようで、ほとんどの島で記録がある。 マメクワガタは八重山諸島から本州、四国、九州の沿岸沿いに分布している。 南西諸島から九州南西部の島嶼には広く分布しているようで、最北の分布地は対馬、東限は伊豆諸島になる。 海沿いに分布していることから、海流で分布を広げていると思われる。 ダイトウマメクワガタは大東諸島に分布しているマメクワガタの仲間で、前胸の中央溝周辺の点刻が細かく、溝自体も短く浅い。 体全体に光沢が強いが、マメクワガタとの区別は難しい。 イオウマメクワガタは中硫黄島に分布しているが、この島は太平洋戦争の激戦地で、現在は自衛隊以外は常駐していない。 基本的に渡航は出来ない島なので観察は難しい。 ルイスツノヒョウタンクワガタは国内に分布する唯一のヒョウタンクワガタ。 分布の南限は沖縄本島で、マメクワガタと同様に沿岸部に沿って分布している。 現在知られている北限は対馬、東限は和歌山県になる。 この種は八重山諸島には分布していないようだ。 チビクワガタとオガサワラチビクワガタ、ルイスツノヒョウタンクワガタの雌雄は比較的判別しやすいが、マメクワガタの仲間の雌雄判別はかなり難しい。 暖地性の種類で、確実に分布が確認されているのは本州では静岡県までとなる。 周辺離島にはほとんど分布していないが、御蔵島と八丈島には分布している。 八丈島には多産していて、簡単に見つけることが出来る。 内陸性の種類で、沿岸部にはほとんど分布していない。 成虫は朽ち木の中に集団でいることが多く、朽ち木の中に坑道を掘って生活している。 成虫は肉食性が強く、弱った個体がいれば同種の個体でも食べられてしまうが、幼虫が同じ朽ち木で見られることが多いため同種の幼虫は食べないようだ。 同じ様な環境に生息しているコクワガタの幼虫などは同じ朽ち木でほとんど見られず、他の種類の昆虫は朽ち木内で襲って食べてしまう。 幼虫は朽ち木を食べて成長するが、親が朽ち木を砕いておくなどの多少の世話をする。 親の成虫がいなくても羽化まで問題なく成長するため、オニクロツヤムシのように強い社会性はないようだ。 幼虫は他種の幼虫と一緒にいても共食いすることはなく、朽ち木のみで成長する。 Figulus boninensis 小笠原諸島 母島、父島、媒島、弟島、兄島、向島など チビクワガタより大型で、前胸が発達し大あごの外側が角ばる。 小笠原諸島のほとんどの島に分布しているが、父島と母島以外は無人島で船をチャーターしないと渡航できない。 生態はチビクワガタとほとんど同じで、朽ち木内でコロニーを作って生活している。 Figulus punctatus 山口県、紀伊半島、四国の南沿岸部、九州の海岸沿い及び周辺島嶼 対馬、五島列島、男女群島、天草下島、屋久島、種子島、口永良部島、トカラ諸島、黒島 、奄美大島、徳之島、沖縄本島及び周辺の島嶼、石垣島、西表島、伊豆諸島 神津島、御蔵島、三宅島 など チビクワガタと異なりほとんどの分布地で沿岸部に見られる。 成虫はチビクワガタより肉食性が強く、チビクワガタの成虫や幼虫も襲って食べてしまう。 そのためチビクワガタとの混生地ではマメクワガタの方が勢力が強い。 生態はチビクワガタと同様で、朽ち木内にコロニーを作って生活している。 Figulus daitoensis 南大東島、北大東島 大東諸島に分布するマメクワガタの仲間で、マメクワガタより体表の艶が強い。 生態はマメクワガタと同様で、朽ち木の中に坑道を掘って数頭から十数頭の個体が生活している。 Figulus yujii 中硫黄島 火山列島の中硫黄島に分布している。 イオウマメクワガタはマメクワガタと別の系統のマメクワガタで、体の特徴はマメクワガタとはやや異なる。 火山列島は北硫黄島、南硫黄島、中硫黄島があるが、共に渡航は難しい。 生態はマメクワガタと同じようだ。 Nigidius lewisi 本州 和歌山県)、四国の太平洋側、九州湾岸とその周辺の島および沖縄本島までの南西諸島 国内に分布する唯一のヒョウタンクワガタ。 チビクワガタ同様に朽ち木内に集団で見られることが多く、幼虫も同時に見られる。 肉食性はチビクワガタより弱い。 当サイトの画像、文章を無断使用、転載することを、堅くお断り致します Copyright c 2004 [AtoZ] All Rights Reserved. Since 2002 Jun.

次の

チビクワガタ

チビ クワガタ

マメとツノヒョウタンは複数飼育してる。 自分は雌雄判別できないから。 成虫寿命はマメだと半年幼虫やって半年ちょっと成虫みたいな感じ。 ルイスは1年程度。 でも、交尾とかさせず良い餌をやりつづけて単独飼育したところ 5年以上も生きたルイスツノヒョウタンの記録が確かあったと思う。 だからよほど気合いの入った小型種マニアじゃないと行かない。 オガサワラチビ大事にしたほうがいいですよ。 逆に適当に管理してる人は長く累代できてたりするんで、妙なもんですわ。 あんまり触らないのが良いのかもしれません。 マメもルイスも劣化した材は嫌いますよ。 ルイスの場合、材はやや硬いぐらいがちょうどみたいです。 マメは樹皮を向かない。 そのへんがコツといえばコツ。 材の硬さ的にはコクワが入る材よりやや硬めで、 多湿な環境に落ちている材で爆発することがあります。 むしろ材の話よりも、まずはルイスが生息しているエリアを見つけることが大事になります。 手返しよく材割りをして移動を繰り返し、広範囲に探ると良いですね。 仮に1頭でも見つければその付近やその山にはいます。 希望を持って根気よく探してみてください。 そのうち30頭以上のルイスが詰まった当たり材に出会えるかもしれません。 材の交換時期だか、追加のタイミングが難しい。 それで成虫と幼虫を割り出したセットもしばらく放置して、 卵やド初齢の見落としを無くすというね。 聞いた話だとネブトのポイントを教えるのに情報料3000円とかあったみたいで、 なんかいかにも中部な印象を受けました。 ただみんながみんなそんなだとは思いたくないですし、 そいういうの抜きでアドバイスをくれる方がいると良いですね。 あと、近所でもないかぎり、原付か車じゃないと本州では厳しいと思います。 もう5年近くになる。 小プラケに割り出し屑を詰めてあるだけ。 餌は、合挽や牛脂の欠片を。 メロディアンミニなどの植物性油脂だって大好きだ。 たまに、羽化不全のオオクワや部屋に迷い込んだ蛾などを放り込む。 米軍の管轄じゃないみたいですね。 いつもは軍属、輸送関係しか出入りしてないそうですが、 硫黄島防衛戦の戦死者遺族が年2回だか1回だか 決められた日に慰霊のため島を訪れるらしい。 なんで、自衛隊か戦死者遺族に知り合いがないと難しい。 さっき800ccのブローに朽木を詰めて移し替えた。 秋でも産むんだな。 自分は3〜4年前に楽天で5匹売りの買った。 最初は、ミニコンテナに発酵マット堅詰めで餌はクワガタの死骸。 何の変化もなく1年が過ぎた秋頃、10匹になってた。 今は、太い材を入れて大きめのコンテナで飼ってます。 それは半年前のレスだ。 餌の問題だけどうにかすれば簡単な虫だからガンバレ。 ツヤハダは草食系です。 ずっと前から探してたけど、なかなかタイミング合わなくて、 ようやく手に入れたんで何とか次世代に繋げたいんだけど。 あんまり落ち着きがないなら酸欠とかガスとかかもしれんけど。 60プリンで管理中だけど順調に孵化してきてる。 とりあえず次世代に残せそうで一安心。 忘れてください。 最近の投稿• 最近のコメント• に Q より• に 社会のクズになった死ぬべき駄目人間 より• に あ より• に 個人情報保護法 より• に あま より アーカイブ• 425• 537• 587• 180• 290• 272• 239• 228• 215• 185• 130• 115• 155• 2225• 1169• 1370 カテゴリー• 144• 499• 135• 232• 305• 298• 1,031• 835• 463• 757• 282• 3,505• 760• 344• 661.

次の

【チビクワガタ】小さな肉食性のクワガタを飼ったら繁殖に成功しました!【昆虫飼育・クワガタ・カブトムシ・】

チビ クワガタ

特徴 [ ] 体は全身が黒く、が広く、には縦に筋が入る。 雌雄の判別はを解剖しないとわからないほど大顎のは発達しないが、雌雄共に大顎の能力は高い。 体長は1cmほど、大きくても2cmであり、生息地ではを崩して探せば特に珍しくはないが、目立たないクワガタムシで、生態や行動に関心の強い専門家や、甲虫全般に関心の強い愛好家を除くと、の著しい大型クワガタムシを好む愛好家の間では、採集、飼育共にほとんど行われていない。 このようにチビクワガタ属は一部を除くと、一般の注目を浴びることはほとんどないが、生態においては興味深いものがある。 になっても腐朽の進んだ朽木の中で集団で生活し、が食べやすいように朽木を噛み砕くなどといった保育行動も発達しているため、のレベルにまで達したに近いものと考えられている。 そのため、ほとんどの種の幼虫は親と同居して、その保育を受けなければ育つのが難しい 生態はに似る。 また成虫はが強く、特に繁殖期になると同じ朽木の中で生活する他昆虫の幼虫などを主に捕食している他、分散期には朽木を出て樹液にも集まる。 この時期には灯火にも飛来することも知られている。 接頭語によって、 > > > といった大小関係が見られる。 と外見が似るが分類的に近いわけでもない。 下位分類 [ ] Figulus W. MacLeay, 1819 と Figulinus Bomans, 2007 の2亜属に分ける。 日本に産する種 [ ] Figulus binodulusWaterhouse, 1873 関東以南の本土と伊豆諸島。 生息地ではコクワガタの場合と似たような状態の朽木に成虫、幼虫共に普通にみられる。 また、夏期の成虫は地上を盛んに歩行しているらしく、水の無い側溝にたまった落ち葉の下からも見出される。 灯火にも飛来する。 チビクワガタよりも大型になり、横幅も増す。 世界のチビクワガタ属の間でも最大級の種ではあるが、それでも最大個体で2cm程度である。 punctatus Waterhouse, 1873 伊豆諸島・南西諸島。 本土でも紀伊半島や中国地方などの一部の地方で確認されている。 チビクワガタよりも さらに小さく、体型が若干細長い。 林床に埋もれかけた細い照葉樹の朽ち枝にみられる。 地域によってはルイスツノヒョウタンクワガタと混成し、同一の朽木から両者が見出されることも少なくない。 fissicollis 中硫黄島。 イオウマメクワガタと以前はいわれていたが2010年に本種のになった。 生態はほとんど解明されておらず、記録も若干標本があるくらいだが生態はマメクワガタとほぼ同じと考えられる。 daitoensis 北大東島・南大東島。 マメクワガタよりも大きく、光沢が強めである。 南大東島にはまとまった樹林が大変少ないため、水の干上がった用水路中に横たわる、の朽木に生息する。 脚注および参考文献 [ ]• BioLib 1999-2011. 2011年4月29日閲覧。 BioLib 1999-2011. 2011年4月29日閲覧。 Bomans, H. 9 2007. Note sur le genre Figulus Macleay 1819. Description d'un nouveau sous-genre. 376-. (未見)• 2011年4月29日閲覧。 Entomological Research 40: 55—81. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 2011年4月29日閲覧。

次の