大阪 メトロ 定期 代 値上げ。 運賃|Osaka Metro

定期券|きっぷ・ICカード|電車・駅のご案内|京阪電気鉄道株式会社

大阪 メトロ 定期 代 値上げ

や大阪シティバス(旧市バス)を通勤や通学などで利用する場合、交通費を安く抑える節約方法として、「定期券」とPiTaPa(ピタパ)の「マイスタイル」の2つがあります。 「定期券」はお馴染みですが、「 マイスタイル」とは?駅や車内で宣伝ポスターが掲示されているので、その名前を見たことがあるかもしれません。 「マイスタイル」は、ICカードのPiTaPaを使った登録型の運賃割引サービスなのですが、よく内容は知らないという人も多いと思います。 事実、案内を読んでも分かりにくいです。 でも、この「マイスタイル」は、あなたの地下鉄やバスの利用状況によっては、定期券よりも安く便利になりますので、知っておいて損はありません。 そこで、ここでは「マイスタイル」の内容としくみや登録方法を、できるだけ分かりやすく解説しました。 通勤通学の交通費を安くしたい人、定期券と「マイスタイル」どちらにしようかと迷っている人、「マイスタイル」とは何なのかよく分かっていない人は、参考にしてください。 大阪地下鉄の「マイスタイル」とは? PiTaPaを使った運賃の割引サービスです 「マイスタイル」とは、大阪地下鉄(メトロ)と大阪シティバスで独自に実施しているICカード 「PiTaPa(ピタパ)」を使った登録型の運賃割引サービスです。 「地下鉄プラン」「バスプラン」「地下鉄・バスプラン」の3種類があります。 また、子供用、学生用(学割)も用意されています。 「マイスタイル」の利用には PiTaPaを持っていることが大前提になります。 その上で利用登録をすると実際に利用できるようになります。 PiTaPaは、どんな種類のものでも使えます。 他社でPiTaPa定期券として使っていたり、区間指定割引などに登録していても大丈夫です。 PiTaPaを持っていない人は、PiTaPaに入会してください。 PiTaPaは、ICOCA(イコカ)など他の交通系ICカードと違って、クレジットカードと同じ後払い(ポストペイ)方式のカードです。 誰でもすぐに作れるものではありません。 入会には審査があります。 定期券より利用範囲が広がります 「マイスタイル」の特徴のひとつが、 定期券よりも利用できる範囲が広がることです。 まず「マイスタイル」のしくみをみてみましょう。 「マイスタイル」を利用するにあたっては、最初に 「登録駅」2か所を選びます。 登録駅は自由に決められます。 とりあえずは、いつも乗り降りする自宅や会社、学校の最寄駅にしておくといいです(学割の場合は自宅と学校の最寄駅しか選べません)。 登録駅を決めると 自動的に「対象駅」が設定されます(自分で選べません)。 運賃が高い区間ほど「対象駅」の数が多くなります。 「マイスタイル」では、2つの「登録駅」の間と、「登録駅」と「対象駅」との間で地下鉄が利用できます。 この点が定期券と違うところです。 以下、例を挙げてみました。 図の赤枠の駅が「登録駅」、緑枠の駅が「対象駅」です。 「マイスタイル」ではご覧のように対象駅が広い範囲で設定されますので、通勤通学以外でも使える機会が増えます。 必ず「登録駅」の1か所で乗り降りしないといけません。 この点が定期券との違いです。 例えば、心斎橋駅から乗って淀屋橋駅で降りるという使い方ができますが、「マイスタイル」ではできません。 「マイスタイル」では経路は自由で、目的の駅までは好きなルートで行くことができます。 梅田の場合、「梅田駅」「西梅田駅」「東梅田駅」で1つの駅と見なします。 あと同じように「四ツ橋駅」と「心斎橋駅」も同じ駅と扱います。 【例2】登録駅を「梅田駅」と「本町駅」とした場合(運賃180円) この例のように、地下鉄の初乗り運賃(180円)の区間の場合は、それほど利用範囲は広がりませんが、それでも定期券よりは広いです。 【例3】登録駅を「大 阪港駅」と「難波駅」とした場合(運賃280円) この例の場合も、定期券に比べて利用範囲がぐっと広がります。 定期券では通常含まれていない梅田や新大阪、天王寺、京橋もカバーしているので、かなり便利になります。 【例4】登録駅を「天神橋筋六丁目駅」と「日本橋駅」とした場合(運賃230円) 阪急電車の沿線から「天神橋筋六丁目駅」をまたいで地下鉄を利用する場合は、この例のように 登録駅の1つを「天神橋筋六丁目駅」に設定することで、「マイスタイル」を利用できます。 定期券では通常含まれない梅田や難波をはじめ広い範囲をカバーできます。 あなたが「マイスタイル」を利用した場合、具体的に「対象駅」がどこで、利用範囲がどれくらい広くなるのかは、大阪メトロの公式サイトで簡単にシミュレーションできます(下方にリンクがあります)。 請求は1ヶ月単位で定期券よりも安く(割引のしくみ) 「マイスタイル」は、定期券より費用の面ではお得です。 「マイスタイル」では、 毎月1日から末日までの「特定の利用」した運賃の合計に1割引(学割は2割引)を実施します。 これが支払い金額になりますが、 上限が設定されています。 上限額は、6カ月定期券の6分の1の金額(1ヶ月分相当)です。 「特定の利用」でしたら、いくら乗ってもこの上限以上の請求されません。 逆に 上限を超えなかったときは、乗った分だけの請求になります。 乗っても乗らなくても値段が一律の定期券とは大きく違います。 【マイスタイル上限額の例(大人)】(2019年10月~) 1カ月通勤定期券の値段 マイスタイルの上限額 地下鉄180円区間(1区) 7,550円 6,800円 地下鉄230円区間(2区) 9,100円 8,190円 地下鉄280円区間(3区) 10,650円 9,590円 地下鉄330円区間(4区) 11,450円 10,310円 地下鉄380円区間(5区) 12,390円 11,160円 地下鉄2区・バス全線連絡 13,580円 12,220円 バス全線 9,000円 8,100円 例えば、梅田駅~難波駅など230円(2区)の区間を登録駅に選んだ場合、1か月間に地下鉄にいくら乗っても、「特定の利用」でしたら8,190円以上の請求はありません。 逆に8,190円も乗らなかった月は、乗った分だけです。 1ヶ月間に1回も乗らなければ、請求はありません。 このように、1ヶ月定期を買うのであれば、値段的に「マイスタイル」の方がお得です。 「特定の利用」以外にも割引が 「マイスタイル」では「特定の利用」 以外の利用の運賃についても割引があります(1割引、学割は2割引)。 「マイスタイル」の毎月の支払い金額(請求額)をまとめると、このようになります。 実際の支払いは、月ごとにPiTaPaに届け出している金融機関口座から引き落としになります。 「地下鉄・バスプラン」「バスプラン」では、大阪シティバスを利用すると、停留所や乗車区間に関係なく「特定の利用」になります。 登録や更新に窓口へ行かなくてもいい 「マイスタイル」の利用登録や更新、内容の変更は、いつでもインターネットを使ってできます(後述)。 定期券のように購入や更新のたびに定期券発売所へ出向く必要はありません。 学生証をもって定期券発売所で手続きしてください。 「マイスタイル」の注意点 大阪地下鉄のPiTaPa「マイスタイル」には、次のような注意点もあります。 細かい部分ですが、利用にあたっては確認しておきましょう。 「乗り越し」できません 定期券と「マイスタイル」では、登録区間を乗り越した場合の取扱いが違います。 定期券では、乗り越した区間の運賃を精算して追加で支払えばいいだけです。 「マイスタイル」の場合は、乗車した駅から(登録駅でも対象駅でもない) 下車駅までの運賃がまるまる必要になります。 「振替輸送」の対象にはなりません 地下鉄が事故や故障などで運転見合わせになったとき、状況によってはJRや私鉄に「振替輸送」が行われることがあります。 定期券の場合は、手持ちの地下鉄定期券のまま、無料でJRや私鉄の振り替え区間を乗ることができます。 PiTaPa「マイスタイル」の場合は 「振替輸送」が受けらません。 JRや私鉄を利用する際は、通常運賃の支払いが必要になります。 「マイスタイル」の登録は?いつから使える? すでにPiTaPaを持っていて、「マイスタイル」を使ってみよう!となったときは、先に触れたように、利用登録が必要です。 登録料や利用料など費用は一切かかりません。 なので、今すぐ使う予定がなくても登録だけしておいてデメリットはありません。 たまたま大阪で地下鉄やバスに乗ることがあれば、1割引で利用できます。 利用登録の方法 利用登録は大阪地下鉄の定期券発売所か、インターネットのPiTaPaサイトで行えます。 ただ学生さんで 「マイスタイル」を学割で使いたいときは定期券発売所でしか手続きできません。 定期券発売所 「マイスタイル」の利用登録(変更も)は、下記の地下鉄定期券発売所で手続きできます。 窓口で「登録申込書」を記入して、手持ちのPiTaPaと一緒に提出するだけです。 梅田駅、難波駅、天王寺駅は年中無休です。 インターネット インターネットでの利用登録(変更)は、PiTaPa利用者用サイト「」で、24時間いつでもできます。 手続き自体は簡単です。 すでに「マイスタイル」の内容が分かっていれば3分ほどで完了します。 毎月の請求額や利用明細など確認できます。 利用開始のタイミング 「マイスタイル」の利用登録が完了したあと、実際に割引の適用がスタートするタイミングは表のようになります。 登録完了日 マイスタイルの適用開始日 1日~15日 登録した当月分から、または翌月分から。 16日~末日 登録した月の翌月分から 定期券を有効期間中に解約(払い戻し)すると手数料(310円)がかかりますので、「マイスタイル」への変更は、定期が切れてからにした方がいいです。 ただ、「マイスタイル」の利用登録は、定期券に関係なくやっておいてデメリットはありません。 定期券区間外でPiTaPaを利用すれば割引が付きます。 利用期間の設定 「マイスタイル」を利用登録する際に、その適用期間を設定します。 1ヶ月単位(最大12ヶ月)の設定と「無期限」を選べます。 期間を設定しておくと、その時期がくれば自動的に「マイスタイル」の適用が終了します。 再開したいときは、利用登録をすることで使えます。 「無期限」としていると、自分から取り消ししない限りずっと適用が続きます。 先にも触れましたが、「マイスタイル」は登録しておいて費用の発生などデメリットはありませんので、特に不都合などなければ「無期限」にしておくと良いです。 そして毎年3月末で自動的に適用が終了します。 4月以降再開したいときは利用登録が必要になります。 設定期間が終了したあと、特に再登録しなければ、自動的に1ヶ月間に利用した運賃の合計額に応じて割引する「フリースタイル(一般)」というサービスが適用されます。 これはこれでメリットがあります。 公式サイトで「マイスタイル」のシミュレーションを! 大阪地下鉄(メトロ)、大阪シティバスで定期券を買う場合は、とりあえず「マイスタイル」のシミュレーションをして比べてみましょう。 登録駅を2か所入力すると、利用できる範囲がすぐに表示されます。 上で紹介した例のように、自宅と会社の最寄駅の経路に、梅田や難波などが含まれていない「しょぼい」区間でも、「マイスタイル」することで含まれることががあったりしますよ。 「マイスタイル」の最新情報の確認と合わせて、シミュレーションを試してみてください。 必ずA駅、B駅のどちらかて乗降。 最高でも6ヶ月定期券の6分の1が上限。 これ以下の場合は使った分だけ(割引あり)。 振替輸送 利用できます(対象) 利用できません(対象外) 定期券と「マイスタイル」を選ぶ際、値段的には「マイスタイル」の方が、1ヶ月や3ヶ月の定期券を買うより安いです。 使った分だけの請求なので、ゴールデンウィークやお盆、年末年始など出勤日が少ない月は特にお得な場合が多いです。 会社から支給される定期代との差益が期待できます。 値段以外では、地下鉄やバスの利用の仕方がポイントになっていきます。 「マイスタイル」は利用範囲が広がりますが、登録駅でかならず乗り降りする必要があります。 通勤通学だけでなく、例えば通院や習い事、休日の利用など1ヶ月の利用状況をふまえて、交通費の節約効果を検討してみましょう。 くどいですが、PiTaPaを持っているなら、「特定」でも「特定以外」でも、地下鉄やシティバスを乗れば運賃がなんせ割引になりますので、利用頻度にかかわらず「マイスタイル」に登録しておいて損や不都合はありません。

次の

実は損してるかも?通勤定期券はどれだけ得なのか検証してみた

大阪 メトロ 定期 代 値上げ

スポンサーリンク 3月まで・4月以降の通勤・通学定期代比較 ここからは表を使っています。 スマホで見られている方は、画面を横にして確認して下さい。 例えば1区だけ通勤定期を買っている人は、4月以降に買うと、なんと3,400円も安くなります。 消費税8%適応されているにも関わらずです。 これは大きいですね。 2区以上の方は消費税分の値上げがあります。 大人と同じく1区分は4月以降の方が安くなっています。 4月以降に1区間の6ヶ月定期を買うと1,700円もお得になります。 先ほどの記事に詳しくまとめています。 1区の6ヶ月通学定期では、4月以降に買うと1,560円も安く買えます。 消費税8%になっても安いですね。 先ほどの記事に詳しくまとめています。 1区の6ヶ月通学定期を4月以降に買うと、780円お得に買うことができます。 2区以上は消費税分上がります。 先ほどの記事に詳しくまとめています。

次の

企業理念・行動指針|Osaka Metro

大阪 メトロ 定期 代 値上げ

2019年10月1日から消費税率が10%へ引き上げられます。 これに伴い、大阪メトロ(地下鉄)・大阪シティバスの運賃が値上げされます。 具体的には地下鉄は4区・5区の普通運賃が10円、そして全区間の定期運賃が値上げされます。 また、バスの普通運賃は据え置かれますが、定期運賃が値上げされます(通学定期を除く)。 したがって、初乗り運賃は、180円の据え置きとなる。 (以下省略) JR西日本や阪急・京阪・南海・阪神等でも値上げが発表されています。 消費税率の引き上げにより、家計への影響は避けられません。 引き上げる以上は、社会保障の充実を図って欲しいです。 余談ですが、小学生の運賃は大人の半額、中学生以上は大人と同額です。 反面、敬老パスが利用出来る高齢者は50円で乗車できます(詳細は)。 高齢者より小中学生の運賃の方が高いのは理不尽です。 問題提起をしたいです。

次の