スロパチステーション自粛。 元スロパチなぎさ氏がアンチに法的対応を示唆

PAAまで来店告知の自粛通達だしてるのに、加盟してるスロパチステーションはなんで告知するの?

スロパチステーション自粛

人気メディア『スロパチステーション』が広告宣伝規制を突破。 自粛中のパチンコホールなどでもイベントが開催されているかのように見せかけるという荒業を使ったため、ホール関係者が頭を抱えている。 コロナウイルス対策に追われるパチンコホール パチンコホールは今、コロナウイルス対策のため、筐体の消毒をしたり、お客様にはマスクの着用を促し、さらには検温するなど念には念を入れてホールを運営している。 一部地域で緊急事態宣言が発令されたこともあり、営業自粛をしているパチンコホールも少なくない。 来店イベントやSNS等での告知などは以前から規制されていたが、さらに厳しくなっているのが現状である。 スロパチステーション 自粛ムードの中、大体的にキャンペーンを実施 スロパチステーションが開催していた(現在は終了)キャンペーンは『どやまる』。 内容は、自慢したい画像などを【対象店舗の名前】を入れてツイートすることで総額200万円の賞品が当たるというもの。 当イベントだが広告宣伝規制を強行突破しており、さらに掲載された【対象店舗】(パチンコホール)の中には営業を自粛されているところや、そもそも掲載を許可していない店舗もあるそうで、ホール経営者の方々の顔に泥を塗っている状況になっている。 うちの県、理事長んところに1番最初に全部自粛してくれた法人、いま入口で検温までしてるところと… いま対応で気揉んでるところの名前勝手に載せてんじゃねーよ。 「ユーザーが勝手に投稿しました」の体で店舗名出してるが、スロパチてめぇふざけるにしても状況考えろ。 — コウメイの罠 a. 「締切中」という謎ワードで責任を回避しようとしているのが丸分かり。 全店舗締切にするならページごと削除すればいいのに。 その他にも来店イベントなどをTwitterで告知したり、イベントとは謳わないものの、店舗名を記し射幸心を煽る写真を掲載するなど、様々な決まりごとを無視し自由にスロパチステーションが活動したため、大阪府の規制が強化されたことは有名である。 それらを鑑み、感染症対策をするパチンコホールや、やむなく営業を自粛する店舗もある。 規制を突破し私利私欲のため自由に活動することは後に自分たちの首を絞める。 【関連記事】.

次の

スロパチステーションさん、このご時世に勝手にホール名と写真を使って稼働写真を煽るイベントを開催して非難されるwww

スロパチステーション自粛

先日、全日遊連からも通達があったところですが、2月29日、ぱちんこ広告協議会からも通達があったということです。 広告の自粛などの対応を要請しています。 広告宣伝協議会 PAA からも文書が出ましたね。 今の状況を鑑みると🐔卵にならないようであって欲しい。 ホール側の節度が図られ、演者や広告側のモラルを見透かされる。 ホール団体、広告宣伝協議会、共に公式で出されている事を十分に理解して欲しい。 初めてだよね。 同意文書発行。 先日の全日遊連の通達でライターイベントが中止か?と思われましたが、ほとんどが今でも普通にやっているようです(握手禁止などの対策はされている様ですが)。 パチンコ業界のモラルが問われるところです。

次の

ぱちんこ広告協議会も新型コロナウイルス対策で自粛の要請を発表

スロパチステーション自粛

これまでの経緯 ご存知の方も多いと思いますが、なぎささんはスロパチステーションの人気女性演者で、昨年辺りから本格的に自分の冠番組を持ってYouTubeに動画をアップしていた人物です。 自分が目指す将来の姿はパチスロライターの水瀬美香さんと公言し、沈み行くパチスロ業界の一筋の光明であった演者です。 その所信表明からわずか半年足らずでなぎささんは忽然と姿を消しました。 スロパチのなぎささんアカウントのTwitterには というような投稿をし、予定していた来店を全てキャンセルしたのです。 自分がこの事実を知ったのはしばらく経ってからで、YouTubeに動画が出ないけどどうしたのかな?と、気になって調べた時に知りました。 なぎささんのファンはかなり多いものと推測され、目標としていた水瀬美香さんの動画よりもpv数が多く、その人気っぷりがうかがえます。 しかも、デビューから短期間で数十万の視聴数を稼いだのですから、いくら人気チャンネルのスロパチステーションとは言え、かなりの逸材であったことは間違いないでしょう。 そんな順風満帆な演者ライフを送っていたなぎささんだけに、この突然の休業は何か特別な事情があるのだと勘繰らざるを得ませんでした。 正直なところ、2018年始から悪い噂を目にすることもあり、その信憑性如何は知りませんが、どちらにせよ、そのことが原因で今回の事態に陥ったものと思われます。 ですが、公にされている体調不良はかなり不自然です。 そして、6月に入るまで、全くなぎささんには触れられず、情報が無いまま時が流れたのでした。 突然の引退表明 そして、2018年6月2日、スロパチステーションではないなぎささんのTwitterアカウントにて、スロパチステーションを辞めたことが告げられたのでした。 こんな感じです。 期待していただけに残念ではありますが、本人から報告があったことに少しばかし安堵を得ました。 無事だったのね、と。 ただ、筋としてはスロパチステーション側からもっと正確で迅速な対応をしていただきたかったというのが本音です。 自分が知らないだけかもしれませんが スロパチステーションはYouTubeのパチスロ動画の登り龍で、メディアでの露出や演出には目を見張るところがあり、一般人である私からすると、及びもよらない存在ではありますが、少しガキっぽいかなと、雑かなと、思ってしまった次第です。 他にもなぎささんは このようなコメントを残しており、運営側と揉めたのではないという旨を伝えています。 ならば、尚更、スロパチステーションが上手く伝えるべきかなと、思うのです。 まあ、内情を知らない一個人が詮索したところで、何がわかる訳でもないのですが、なぎささんだけ発言してしまうと、表向きはそのようにしているけど、本当は違うと感じてしまいますからね。 何はともあれ、我らがなぎささんはスロパチステーションを辞めてしまいました。 これからのなぎささんに期待すること 個人的には今回の件でめげずにメディアに露出してほしいと思います。 スロパチステーションは1回辞めてしまったので、出戻りは難しいと思いますし、けっこうな所帯になっていると思うので、制限もあるでしょう。 人間が増えれば増える程、特定の人を特別扱いするのが難しくなりますからね。 ですので、なぎささんには是非ともフリーのユーチューバーとしてデビューしていただき 編集等はTwitterで募集して 、自分の心の安定が保てる環境で活躍していただきたいと思います。 見栄えもするし、生粋のパチスロ好きときていますから、このままフェードアウトだけは勿体なさ過ぎると思うのです。 これからのなぎささんのご活躍とご健勝を祈りまして、オレはこれからカイジ4を養分打ちしてきます。

次の