売上台帳 写真。 持続化給付金用の売上台帳!手書き不要!エクセルシートに数字を上書きするだけ!

【持続化給付金】売上台帳のテンプレート・ひな形・様式(Excel版・Word版)を無料公開します!【ダウンロード自由】

売上台帳 写真

5月1日から受付開始、写真のような申請専用HP及び入力サイトが出来ますので、是非お申込み頂きご活用下さい 2週間程度での給付を目指しています。 ただ、業種や規模によってはこの売上台帳がないところも多いでしょう。 現時点では正確なことは分かっていませんが、経済産業省が公表しているPDFなどを見てみると、通帳の写しでも代用できる可能性があるように思われます。 ここについては正確な情報ではないので、詳しいことが分かり次第、随時更新させていただきます。 (前述) ただ、売上台帳を普段から記入していない事業者も多くいると思われます。 その場合はどうしたら良いのでしょうか? 5月1日10:00時点では、この売上台帳の代替資料などは記載されていないため、現状、給付金申請のためには 必須の資料となっています。 必須とされているこの売上台帳が手元にないからといって、諦めてしまう事業者も多いと思われますが、経済産業省の案内を見る限りでは給付金申請のためだけに突貫で作っても問題なさそうに思えます。 PDFにはこのように記載されており、収入が減少した 『対象月』の売上台帳の提出が求められています。 事業規模によっては大変な作業になる可能性もありますが、1月分のみであれば給付金申請のためだけに売上台帳を作成するのもアリのような気がします。 (というか、そういう人の方が多いかも?) 売上台帳の雛形については、以下のようなMicrosoftの公式サイトがエクセルのテンプレートを無料配布しています。 これらを利用して、突貫で作るのもアリでしょう。 5月7日にはすでに2万件以上の給付が行われたということで、SNS上にも続々と最新情報が投稿されています。 Twitterなどでは、実際にすでに給付が行われたという方の投稿で、売上台帳に関する記述も多く見つかりました。 持続化給付金、入金されました。 個人事業主としては満額ゲットになりました。 ちなみに1日の午前中に申請して、受付番号は1400番台でした。 売上台帳はExcelで作った簡単なものでしたが、無事に受給できてホッとしています。 質問は一点 「売上が0円の時は売上台帳どうすればいいですか?」 回答 「0円と記載してください」 「お店や会社等が休業している証明書とか必要ですか?」 回答 「必要ありません」 とのことです — 男は黙ってマンデリン👌 MandhelingJAPAN これらの投稿によれば、持続化給付金で求められている売上台帳というのはとても簡素的なものでOKということが分かるでしょう。 なかには台帳と呼べるようなものではなく、エクセルで4月分を『0円』と記載しただけで通ったという方もいます。 持続化給付金の適用対象か?計算方法を解説 「持続化給付金」の、申請が5月1日から開始予定です! ご確認ください! — やまさき まさやす masayasu211bob 今回の持続化給付金については、その適用対象が幅広くなっており、条件も緩めです。 適用対象になるための第1条件である『新型コロナウイルスによる売上の減少』判断するための計算方法は以下の通り。 法人の場合、上限は200万円(ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限)ですが、大きく減少している小規模事業者には大変ありがたい給付金になることでしょう。

次の

持続化給付金の売上台帳って何?計算方法を解説

売上台帳 写真

経理ソフトで売り上げ台帳を作成した場合は、そのデータをPDF・JPEG・PNG・写メのいずれかに変換して提出すれば良いです。 まだ売上台帳を作成した事ない方は、エクセルか手書きで作成すると良いと考えられます。 下記を参考にお役に立ちましたら幸いです。 エクセルでの売上台帳の作成 エクセルで作成する売上台帳は、 業種によって記入する項目も変わってきます。 特に自分自身が現場へ行って働き売上を得る場合と、店舗を構えて物品を売ったり、飲食店の様にお客さんが来てメニューを注文して売上をあげる場合とがあります。 業種によって書き方も変わるので、現場稼働の場合と物品を売る場合の売上台帳の書き方を分けてみました。 イベント等や自分自身が現場へ行って売上を得る場合のエクセル売上台帳の書き方は? 下記の売上台帳は、イベント事業や現場稼働向けの例です。 追記:下記のフォーマットで持続化給付金が無事入金されました。 イベント事業などは、例えば3月に働いた分は、その日にお金を貰えるのでは無く、翌月末か翌々月末に入金されるケースが多いです。 左から、請求書番号・取引先名・稼働日・案件名(案件内容)・稼働場所・売上金額(税込)・入金日を入力しています。 請求書番号は付けていない方もいると思うので、入力必須ではありません。 追記:対象月の売上額の合計も記載する事も大事です。 しっかり書いてあれば書いてあるほど、品評性も高くなるのではないかと思います。 販売向けのエクセルでの売上台帳の書き方は 下の画像は、2019年3月の売上台帳の【販売向け】の例です。 左から、番号・取引があった日付・取引先名・商品名・単価・受注数量・受注金額(税込)を入力しています。 追記:対象月の売上額の合計も記載する事も大事です。 物品を売る職業の場合は、何月何日に何がいくつ売れたのか?というのが明記されていることが大事だと考えられます。 飲食や美容室の場合の売上台帳は 飲食や美容室の場合の売上台帳は下記の様になります。 持続化給付金の提出用はあくまで売上のみの記録が必要なので、食材等の仕入れの経費は記載不要になります。 上記は知り合いの飲食店の売上台帳です。 1日の売上額が記載されていれば十分だと思いますが、客単価と客数を加えた方が、見る側もより売上状況も詳細にわかると考えられます。 追記:対象月の売上額の合計も記載する事も大事です。 備考欄は、どういった原因で売上が多かったか、少なかったかなど記載する項目を作った方がオススメと考えられます。 エクセルでの提出は不可 PDFかスクリーンショット JPEG・PNG に変換して提出 上記のエクセルで売上台帳を作成した場合、 エクセルでのデータ提出は不可となってます。 PDFに変換してデータを提出が一番良いと思います。 しかし、PDFの変換方法がわからないという場合も多いと思います。 PCの性能によっても、できない場合もあります。 その場合はエクセルの売上台帳データをスクリーンショットしてJPEG・PNGに変換して、データを提出ですね。 スクリーンショットも、やり方がわからなかったりPCの性能上などで難しい場合は、写メでもOKとの事なので、エクセルデータを印刷して、印刷したのをスマホで撮影して、撮影データを提出すればOKです! 最悪、印刷も難しい環境の場合、 PCのエクセル画面をスマホで撮影して、データが鮮明に写っていれば問題ないと考えられます。 ちなみに自分自身は、全て写メでデータを提出して、無事に申請を完了させました。 業種によって売上台帳の形式は様々 上記は2種類ほどの例でしたが、この形式だけが全てでは無く、職種によって1日の売上額だけ記載する場合もあれば、様々だと考えられます。 物品を売っている職業の場合は、何の商品がいくつ売れたという帳簿を付けますが、現場とかの場合は何月何日にどの会社から何の仕事をもらって、ギャラがいくらだったかというのが明記してあれば良いと考えられます。 要するに正解は1つじゃないという事ですね。 税込表示か税抜き表示か 今までの売上台帳の記載例は税込表示での記載例ですが、普段から帳簿を『税抜き表示+消費税』で記載している場合は、売上台帳に消費税額の項目を加えれば大丈夫です。 どちらの表示形式でも問題はないと考えられます。 給与所得の場合は消費税は非課税対象 2020年6月29日から給与所得のフリーランスの方も持続化給付金の申請が対象になりました。 給与所得には消費税はかからないので、税込とか税抜きと言う表示は記載しなくて大丈夫と考えられます。 対象つきの売上は0円の時はどう売上台帳にどう記載するか? 私も仕事全てキャンセルになって2020年対象月が0円だったのですが、売上台帳を白紙で提出するわけにはいかないので、0円と記載して持続化給付金申請の売上台帳データとして提出しました。 私の場合ですが、対象月の売上が0円だった場合に、単に0円とだけ記載すると、余白だらけで白紙の部分が多くなってしまう為、上記のように何日の仕事が中止になって、売上が0円になったかという旨を記載するとより見栄えが良いかと考えられます。 売り上げ台帳とは、現金出納帳とは違う 税理士さんに聞きましたが、持続化給付金で提出する売上台帳は現金出納帳とは違うとの事です。 現金出納帳は売上だけでなく、仕入れや経費なども記録しています。 売上台帳は、純粋に 売上額のみを記録した帳簿ですね。 持続化給付金の申請では、 利益 売上ー経費 では無く、 売上額のみが対象基準です。 今回の持続化給付金の対象は、経費等は基準では無く、利益があろうが無かろうが単純に売上額が前年度に比べて下がったかというのが対象基準との事です。 手書きでの売上台帳の作成 手書きで売り上げ台帳をこれから作る方向けに、フォーマットを作りました。 よろしければぜひご活用ください。 下記の様に手書きで用紙に線を引いて、作成しても問題ないです。 【追記】事業仲間で手書きで線を引いて売上台帳を作成した方も入金報告頂いております。 そのままこちらの雛形を活用していただいても大丈夫です! こちらは横向きのものです。 上記の縦書き、横書き共に記入する項目は増えたり減ったりします。 例えば請求書を発行してない場合は、特に請求書番号の蘭は不要になりますし、上記の横書きに数量の項目を足して記載するケースもあります。 今回の持続化給付金申請での売上台帳は、1月分だけで良いので、手書きの場合は白紙の用紙に線を引いて作成すれば十分です。 追記:対象月の売上額の合計も記載する事も大事です。 一応、手書き用の売上帳簿も販売はしております。 これを機に売上帳簿を付けようという方には良いかもしれないですね。 通帳が売上台帳代わりにならないのか?と思われる方もいるのですが、通帳では申請出来ません。 通帳を見れば取引先からいつ・いくら振り込まれたかの確認は出来ますが、通帳では正確な月の売上はわからないのが理由です。 通帳だと例えば4月30日に入金記録があったとして、この4月30日の入金は2月に働いた分なのか3月に働いたのかが、わからないという事です。 売上などの帳簿はやはりオンライン会計ソフトが便利 今回の持続化給付金申請の売上台帳の作成をきっかけに、初めて帳簿を作ったという方も多いのではないでしょうか。 今後も個人事業主対象の給付金関係では、売上実績等の証明書類に帳簿の提出が求められる可能性が高い状況です。 私は弥生会計のオンライン版を利用しております。 オンライン上で帳簿の入力が出来、売上額や経費の細かい仕分けの計算も自動的に行ってくれます。 スマートフォンからでも入力できるのが便利です。 必要な書類も自動的に作成してくれるのでオススメですね。 \青色は初年度0円!白色はずっと0円!/ 紹介した売上台帳のフォーマットで無事入金も確認 【更新情報】いくつか売上台帳の雛形と書き方を紹介しましたが、イベント業界、飲食店や美容関係の個人事業主 フリーランス 仲間も本記事の売上台帳の書き方で無事に持続化給付金が入金されました。 5000番台です。 売上台帳は手書きでもOKという事で、柔軟に対応してくれるようです。 必要事項をしっかりと記入しておけば、余計な事をつつかれないのではないかと思います。 これから売上をまとめる方のお役に立てれば幸いです。 最後に 今回の給付金関連で、日頃から帳簿をつける事の重要さを改めて認識させられました。 帳簿自体は、確定申告の際は提出の義務が無く、あくまで保存という位置付けになります。 今までは税務調査の査察が来る際の売上等の証拠の為に帳簿が必要なケースがありましたが、今後の給付金関連対策として、日頃から会計ソフト等できちんと売上や経費等の帳簿をつけておく事が重要ですね。

次の

持続化給付金~会計王にて申請準備・提出書類を用意

売上台帳 写真

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者のための 持続化給付金の申請が始まりました。 わたしは小さな会社で事務をしております。 1社は2019年に設立したばかりで、 2019年12月で比較しようにも、そこが売上0円なので、売上50%減とは認められず、 残念ながらいまのところ対象にはならないようです。 もう1社は、もう4月の時点で50%以上減となっており、満額200万円になる計算。 会社は感染症の影響を受けてとても苦しい状況にあるので、早速申請です。 上記には 特例があります。 例えば2019年に創業した方などにもちゃんと特例があるので、すぐに諦めずに持続化給付金のホームページをじっくりみましょう。 〇印が今回必要となる箇所です。 税理士さんなどに記帳もお願いしている会社でしたら、こういった表を用意してくれますよ。 他の会計ソフトも同様のものがあるはずです。 8」 50%以上の減少なので要件クリアです。 4月を対象月として先ずは 給付額を計算してみることにします。 それを 前実績の売上高の 当期合計14,891,743円から引くと 14,019,007円。 (前実績の売上高とは決算書の損益計算書の売上高計です) ですが、 給付金は最高で2,000,000円なので、この表の当社は 200万円の給付額がもらえることになります。 対象となる月は2020年の1月~12月ですが、 12月を待たずして満額200万円なので、 4月を対象月として申請することに決定します。 既に申請されていても追加給付のための再度申請は不要だそうです。 前年度の事業収入の「事業期間」についてですが、 対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入で計算します。 例1:2020年の3月が決算(2019年4月~2020年3月)の会社で、 対象月が2020年5月であれば、 比べる前年同月とは2019年5月なので、 属する事業期間は直前の決算2019年4月~2020年3月の年間事業収入で計算です。 例2:2020年の3月が決算(2019年4月~2020年3月)の会社で、 対象月が2020年3月であれば、 比べる前年同月とは2019年3月なので、 属する事業期間は2018年4月~2019年3月の年間事業収入で計算です。 少しややこしいところですね。 おっと資料を準備する前に以下も確認です。 申請にあたって同意事項がありました。 これに該当しなければOK。 他にも風俗営業、政治団体、宗教上の組織などに該当しないことを申請する際に宣誓同意するようになっていました。 同意しないと先には進めませんが、一般の中小企業なら引っかかるところはなさそうですかね。 さて、申請に必要な添付資料を準備します。 当社は、なかなかのアナログな会社です(笑)ちなみに電子申告(e-tax をしておりません。 ご了承ください。 1、売上台帳を用意する 対象になる月の売上台帳が必要です。 例えば、当社でいえば2020年4月の売上の台帳です。 手書きのものでも エクセルで作成したものでも 会計ソフトで出力してもOKです。 新たにエクセルで作成するのであれば、ネット上に無料でダウンロードできるものがあるので、そちらをご利用ください。 当社は会計王にて出力します。 さきほどの売上計はその2つの収入の合計なので、この2つの売上元帳が必要となります。 会計王の持続化給付金サポートページでは、売上が2種類以上あるときは、それぞれの元帳をPDFにしていたのですが、 申請ページの売上元帳を添付する箇所で、ファイルを2つは添付できませんでした。 なので、 2つの売上を1つのファイルにして添付します。 このファイルを売上台帳として申請に使用します。 免税事業者など 税込みで会計処理しているところは税込みの金額が売上となると思われます。 決算書や概況書と一致していれば良いということでしょうね。 2、確定申告書別表1 確定申告書の右脇に別表1と書いてあります。 税務署の受領印が押してあるもの。 これを スマホで写真をとり(jpg)会社のメアドへ送信、保存。 当社は会社のパソコンから申請しますので、写真を会社のメアドへ送信しました。 ちなみに、当社と同じくらいアナログな方がおりましたら、yahooやグーグルでフリーメールを作っておいても良いかと思います。 持続化給付金を申請する際にもメアドの登録が必要になります。 フリーメールで大丈夫です。 電子申告をしているかたは、受領印(収受印)がないそうですね。 その際は確定申告書別表1の他にメールで送られてくる「受信通知」を一緒に提出するそうですよ。 もしくは、確定申告書別表1の上部に電子申告日時・受付番号が印字されていれば、それでも良いようです。 …アナログな当社では試せないですが。 参考までに。 3、法人事業概況書説明書の両面(1ページ、2ページ) 確定申告書と一緒に税理士さんや会計士さんが作成してくださっているかと思います。 こちらも スマホで写真をとり(jpg)会社のメアドへ送信、保存。 4.通帳 給付金を振り込んでもらう事業者名義(法人なら会社名義)の口座です。 当社は特例にはあたらないので、添付する書類は以上でした。 よし、とりあえず添付書類の準備は完了です。 つぎに申請に進みたいと思います。

次の