結婚 式 お 色直し ドレス。 ドレス何着??お色直しの回数とメリット、デメリットや裏技節約術!!

結婚式 お色直しの順番について

結婚 式 お 色直し ドレス

お色直しの本来の意味は? 「お色直し」とは、新郎新婦が披露宴の途中で席をはずし、衣裳を変えること。 ふたりの衣裳替えによって雰囲気もガラッと変わり、ゲストもふたりがどんな衣裳で再入場するのか楽しみにしています。 主流はウェディングドレスからカラードレスへの衣裳チェンジですが、最近は和装へのお色直しも増えているようですね。 そんなお色直しですが、何のためにするのかご存知ですか? 本来お色直しは、新婦が白一色で仕立てられた白無垢(しろむく)から、色打掛(いろうちかけ)に着替えることを指していました。 白無垢から色打掛に衣裳替えするのには、「相手の家に染まる」という意味が込められていたようです。 お色直しは「花嫁がいろんな衣裳を着るもの」というイメージがありましたが、実はそんな意味が込められていたのですね。 お色直しで何を着るかについて詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてください。 お色直しには深い歴史があった お色直しの起源については諸説ありますが、一説によるとお色直しの始まりは「室町時代」と言われています。 当時は結婚したら白無垢を三日間着続け、四日目になったら色打掛を着るのが習慣でした。 そうやって、ようやく相手の家に染まったということで嫁入りが認められたのです。 その慣習が簡略化されて、結婚披露宴の途中で衣裳を変えるようになったのが、現代のお色直しとされています。 もう一つ説があります。 戦前までは結婚お披露目会は新郎の家で行われるのが一般的でした。 そのお披露目会で、新婦は白無垢から持参した花嫁道具の中の衣裳へ着替えて、招待客に披露するのが習わしだったよう。 その習慣の名残がお色直しという説もあります。 本来の意味を知った上でお色直しに臨めば、思い入れも強くなりそうですね。 お色直しをするのは日本だけ?! ここでちょっと豆知識を。 お色直しは日本独特の文化で、欧米などではお色直しをすることはあまりないそうです。 そう言われれば、外国の花嫁はあまりカラードレスを着ているイメージはありませんね。 欧米などではウェディングドレスをレンタルする人は少なく、新しいドレスを購入するか手作りします。 そのため衣裳替えはせず、一生に一度の思い出として一日中着ていることが多いそうですよ。 ナシ派も多い?!最近のお色直し事情 お色直しの本来の意味や由来がわかったところで、最近のお色直し事情について見ていきましょう! バブル景気だった1980年代後半では3回以上のお色直しがあったほどですが、現在のお色直しは1回が主流。 いわゆる「派手婚」から、ゲストをもてなす「おもてなし婚」へと変化し、ゲストと過ごす時間を重視する傾向にあるようです。 お色直しが3回以上ともなれば、新婦が席にいる時間より、衣裳替えのために席を外す「中座」の時間のほうが長かったりしますからね。 最近では、お色直しを1回もしないカップルも増えているんだとか。 その理由としては、カラードレスにかける費用がもったいないというもの以外に、「ゲストと目一杯過ごしたい」という思いがあるよう。 ただ、今でも親世代もしくは地域によっては、「お色直しはするもの」という風潮が根強くあったりします。 「お色直しはしないと両親に伝えたら猛反対された」という人もいるよう。 お色直しをするかしないかについては、両家で話し合ったほうがいいかもしれませんね。 お色直しはしなくても席外しの時間は必要? 衣裳チェンジはしなくても良いけど、「中座の時間は取ったほうが良い」という意見も。 と言うのも、結婚式当日は何かと緊張の連続。 披露宴そのものの時間は約2時間半ですが、疲れも溜まってくる頃。 ふっと一息つく瞬間がほしくなるかもしれません。 そんなとき、中座というきっかけがなければ、なかなか席を立ちにくいですよね。 また、新婦はトイレの心配もあります。 新郎はスーツなのでサッとトイレに行けますが、新婦はロングドレスを着ているので、そう簡単に行くことができません。 トイレに行く機会としても、お色直しの時間が用意されているようです。 「ゲストと少しでも一緒に過ごしたい」と考えているなら、中座の時間を短くしてみるのはいかがでしょう。 衣裳はそのままで、ヘアアレンジやアクセサリー、ブーケを変えるくらいなら中座の時間も短くなります。 また、袖や裾が取り外せる2wayのドレスを選べば、短時間でイメージチェンジを狙うこともできますよ。 また、新郎新婦がメイン席に座っている間は、ゲストも席を立ちにくいもの。 中座はゲストの中休みにもなります。 ここで先輩花嫁の声を一つ。 披露宴中はずっとゲストと一緒にいたくて、お色直しはしないと決めていましたが、トイレに行きたくなったら・・・と思ったので、1回だけ中座の時間を設けることに。 後日、中座中の会場の様子をDVDで見たところ、久しぶりに会った友人同士で会話が弾んでいたり、親が各テーブルにビールをついで回っていたり、リラックスして楽しそうでした。 むしろお色直しの時間を設けて良かったかもしれません 席を外すことをあまりデメリットと考えず、中座の時間を設けてみてもいいのかもしれませんね。 もちろん厳密な決まりはないので、これらはあくまで一つの参考にして、ふたりが納得するお色直しスタイルを選んでくださいね。 まとめ お色直しの意味と最近のお色直し事情について、いかがでしたでしょうか? 「あなたの家に染まる」という意味を込めて白無垢から色打掛に着替えることが、本来のお色直しだったんですね。 時代を反映して、お色直し文化もどんどん変化していきます。 最近では、ゲストと過ごす時間を優先させたいという理由から、お色直しを一回もしないカップルも多いよう。 ただ、衣裳はそのままで、ヘアアレンジやアクセサリー、ブーケを変えるくらいなら中座の時間を短くすることはできます。 新郎新婦だけでなくゲストのトイレ休憩の時間にもなるので、中座の時間は設けたほうがいいかもしれませんね。 ふたりが納得するお色直しスタイルを選んでください。

次の

結婚式のお色直しって何回するもの?2回は多い? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚 式 お 色直し ドレス

結婚式ドレス費用が高すぎる?? 私は来年4月に結婚式を挙げる予定なのですが、今打合せに行っている式場の衣装代が高すぎる気がしてます。 お色直しは一回の予定なのですが、この会場はウエディングドレスが買取だそうで、嫁さんが選んだドレスは40万円しました。 私の場合は割引サービスが適用されて15万円引きとなり結果的には25万円となりました。 また、お色直し用のカラードレスは、選んだものは35万円でした。 しかもこちらはレンタルです。 式場のスタッフがすすめてきたのはだいたいこれくらいの料金でした。 自分で調べて相場でも20万円以内と知っていたので正直「高すぎるなあ」とは思ったのですが、確かに嫁さんに一番似合っていたのはそのドレスだったので、一生に一度のことと思ってOKを出しました。 しかしあとになって考えれば考えるほど、レンタルに35万円はぼったくり過ぎのような気がしてきましたす。 まだキャンセルは無料でできるのですが、正直一度一番気に入ったものが見つかった後に変更にするのでは嫁さんが可哀相なのでどうするか悩んでいます。 結局決めるのは自分たちなのですが、参考に皆様の意見をお聞かせ下さい。 ウェディングドレスって高いですよね。 私はウェディングドレスもカラードレスも両方ともレンタルでしたが、最終的に何着か候補に残ったものは30万円から40万円の間でした。 貸衣装屋さんは4軒あり、たくさんあるドレスの中から探しました。 最終的にウェディングもカラードレスも35万円のものを選びました。 私の式場ではその時期に指定衣装屋さんからレンタルをするとカラードレスは半額にしてくれるということでトータルで52万5千円でした。 私も正直高すぎるなと思い、お色直しはやめてウェディングドレスだけにしようかと考えたりしましたが、一生に一度のことと主人が背中を押してくれ、2着にしました。 本当に気にいったドレスだったので5年たった今でも良かったなと思います。 セミオーダーで買い取りで、確か40万くらいしたと思います。 (そこから割引が少しありました。 ) 見積りは一番安いので作るところがほとんどですよね。 私達は見積りをもらう時に、よく出るのドレスの金額で見積りを作ってもらいましたよ。 (WDで20万、CDで15万くらいだったと思います。 ) でも、「一番金額が変わるのはドレスですよ」と予め言われていたので覚悟はしていましたが… 笑 CDは2着目半額になったので、割とお安く借りれたと思います。 花嫁のドレスは結婚式で一番こだわりたいところだと思いますよ~。 (私はそうでした。 ) 安い方がお財布に優しいですが、値段で妥協して探すのは寂しく感じます。 (ウチも旦那にギューっと目をつぶってもらいました。 ) 余談ですが…我が家のクローゼットにはドレスが眠っていますよ。 ドレスもベールも旦那の妹か誰かが結婚する時にでも使ってもらえたらいぃなぁ…と思っています。 そうじゃなければ、娘が生まれたら将来結婚する時に着てもらおうかしら…とも考えています。 (子供もいないのでまだまだ先の話ですが。 ご自身でお調べになったとありますが、そこの会場での価格帯でしょうか。 ウエディングドレスが買取で25万で安く抑えられたのでカラードレスが高く感じるのでしょうね。 他の方も書いていますが、見積もり段階で8万円台で上げている会場自体が非現実的で今後、話を進めていくにつれてドレス以外でも金額が跳ね上がる可能性がありますね。 女性にとって結婚式で着るドレスは特別なもので「高いから他のドレスで・・・」なんて言われたら・・・結婚式を白紙にしようか」くらいに聞こえてしまうのではないでしょうか。 これ、決して大げさではないと思いますよ。 一度決めたものを自分の意思ではなく、人に言われて手放すのは大きな覚悟がいります。 そんな私も衣装に関しては大金使いました。 2着のドレスと小物含めると90万ほど。 夫は写真を見て「やっぱりこのドレスが一番似合ってる。 決めてよかったね」と言ってくれます。 一生に一度のこと。 写真に思い出と一緒に永遠に残ります。 WDは持ち込み不可で、30万のドレスがプラン割引で12万になり、CDは持ち込みで30万です。 小物代・持ち込み料に新郎衣装代を合わせても総額50万以内です。 それでもCDは当初予算オーバーで、彼と話し合いを重ねましたよ。 結局、小物代・持ち込み料がサービスになって、予算ピッタリにおさまりましたが…。 私としては、差額は自分で払うから!と言って押し切るつもりでした。 それほど気に入ったドレスを着たい気持ちが強かったです。 ドレス代35万が高すぎるかどうかは人それぞれだと思います。 実際、20万以内で借りられる店もあれば、40万以上の店もあります。 みなさん予算に応じて店やドレスを選んでいますよ。 ただ、20万以内というのは安めのドレスショップの相場だと思います。 一般的に持ち込み不可の式場の場合、30万前後は普通のラインではないでしょうか。 35万でもぼったくりではないと思います。 今さらですが、試着の前に予算を話し合ってなかったのですか? 見積もりから上がることは必至なのですから、項目ごとに予算を設定した方がいいと思いますよ。 事前にドレスにかけられる予算をはっきりさせてから試着すれば、彼女さんも納得したと思うんです。 それでも着たかったら、差額を負担する手もあります。 ただ、予算を決めてなかったり、予算がお店の主力ラインとかけ離れてたりすると残念な結果になるのかなと… 今からドレス変更となると彼女さんはがっかりされるんじゃないかなぁ。 新婦にとってドレスは重要ですから、モチベーションダウンにつながるかもしれません。 ちょっと高いけど、勉強代と思った方がいいのかなと思います。 大体20万円以上出せばそれなりのドレスになる、30万円以上になれば、グレードが高いと思われる、といった感じでしょう。 私も来年4月に挙式予定で、既に衣装は決めていますが、色打掛とウェディングドレスのレンタルで、70万円くらいかかっています。 (さらに小物やブーケにお金がかかります。 ) それよりもウェディングドレス買取のほうが不思議です。 買い取っても使い道ないですし。。。 (まぁ値段的にはレンタルより安いから気にならないのかもしれませんが。 ) それと、カラードレスの方が色もデザインも豊富で、正直ごまかしがきくと思いますので、20万円でも探せば十分素敵なドレスがあるかなとは思います。 持込できるのかは分かりませんが、できるのであれば他で探すこともありだと思います。 レンタルで35万は高い方ではありますが、ぼったくりっていう程ではないと思います・・・・ 私は2着ともレンタルでしたが60万ちょっとしました。 他にもベールとかの小物一式で5万です。 今更の変更は奥様がかわいそうだと思います・・・ 気に入ったものを変更っていうのは。 そんなことを今更言い出すぐらいなら、契約するときによく相談するなり、あなたがよく考えてからにすれば良かったと思います。 どこでも最初の見積もりのドレスって最低ラインの値段を載せていると思います。 あなたがおっしゃるようにその最低ラインのドレスってあまりないし、選びたくないようなものばかりだと思います。 そこから実際に選ぶドレスの値段を見ちゃうとぼったくりって感じるのかもしれませんが、仕方ないと思います。

次の

結婚式でお色直しがしたいけど、費用はいくらかかるの?

結婚 式 お 色直し ドレス

お色直しの本来の意味は? 「お色直し」とは、新郎新婦が披露宴の途中で席をはずし、衣裳を変えること。 ふたりの衣裳替えによって雰囲気もガラッと変わり、ゲストもふたりがどんな衣裳で再入場するのか楽しみにしています。 主流はウェディングドレスからカラードレスへの衣裳チェンジですが、最近は和装へのお色直しも増えているようですね。 そんなお色直しですが、何のためにするのかご存知ですか? 本来お色直しは、新婦が白一色で仕立てられた白無垢(しろむく)から、色打掛(いろうちかけ)に着替えることを指していました。 白無垢から色打掛に衣裳替えするのには、「相手の家に染まる」という意味が込められていたようです。 お色直しは「花嫁がいろんな衣裳を着るもの」というイメージがありましたが、実はそんな意味が込められていたのですね。 お色直しで何を着るかについて詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてください。 お色直しには深い歴史があった お色直しの起源については諸説ありますが、一説によるとお色直しの始まりは「室町時代」と言われています。 当時は結婚したら白無垢を三日間着続け、四日目になったら色打掛を着るのが習慣でした。 そうやって、ようやく相手の家に染まったということで嫁入りが認められたのです。 その慣習が簡略化されて、結婚披露宴の途中で衣裳を変えるようになったのが、現代のお色直しとされています。 もう一つ説があります。 戦前までは結婚お披露目会は新郎の家で行われるのが一般的でした。 そのお披露目会で、新婦は白無垢から持参した花嫁道具の中の衣裳へ着替えて、招待客に披露するのが習わしだったよう。 その習慣の名残がお色直しという説もあります。 本来の意味を知った上でお色直しに臨めば、思い入れも強くなりそうですね。 お色直しをするのは日本だけ?! ここでちょっと豆知識を。 お色直しは日本独特の文化で、欧米などではお色直しをすることはあまりないそうです。 そう言われれば、外国の花嫁はあまりカラードレスを着ているイメージはありませんね。 欧米などではウェディングドレスをレンタルする人は少なく、新しいドレスを購入するか手作りします。 そのため衣裳替えはせず、一生に一度の思い出として一日中着ていることが多いそうですよ。 ナシ派も多い?!最近のお色直し事情 お色直しの本来の意味や由来がわかったところで、最近のお色直し事情について見ていきましょう! バブル景気だった1980年代後半では3回以上のお色直しがあったほどですが、現在のお色直しは1回が主流。 いわゆる「派手婚」から、ゲストをもてなす「おもてなし婚」へと変化し、ゲストと過ごす時間を重視する傾向にあるようです。 お色直しが3回以上ともなれば、新婦が席にいる時間より、衣裳替えのために席を外す「中座」の時間のほうが長かったりしますからね。 最近では、お色直しを1回もしないカップルも増えているんだとか。 その理由としては、カラードレスにかける費用がもったいないというもの以外に、「ゲストと目一杯過ごしたい」という思いがあるよう。 ただ、今でも親世代もしくは地域によっては、「お色直しはするもの」という風潮が根強くあったりします。 「お色直しはしないと両親に伝えたら猛反対された」という人もいるよう。 お色直しをするかしないかについては、両家で話し合ったほうがいいかもしれませんね。 お色直しはしなくても席外しの時間は必要? 衣裳チェンジはしなくても良いけど、「中座の時間は取ったほうが良い」という意見も。 と言うのも、結婚式当日は何かと緊張の連続。 披露宴そのものの時間は約2時間半ですが、疲れも溜まってくる頃。 ふっと一息つく瞬間がほしくなるかもしれません。 そんなとき、中座というきっかけがなければ、なかなか席を立ちにくいですよね。 また、新婦はトイレの心配もあります。 新郎はスーツなのでサッとトイレに行けますが、新婦はロングドレスを着ているので、そう簡単に行くことができません。 トイレに行く機会としても、お色直しの時間が用意されているようです。 「ゲストと少しでも一緒に過ごしたい」と考えているなら、中座の時間を短くしてみるのはいかがでしょう。 衣裳はそのままで、ヘアアレンジやアクセサリー、ブーケを変えるくらいなら中座の時間も短くなります。 また、袖や裾が取り外せる2wayのドレスを選べば、短時間でイメージチェンジを狙うこともできますよ。 また、新郎新婦がメイン席に座っている間は、ゲストも席を立ちにくいもの。 中座はゲストの中休みにもなります。 ここで先輩花嫁の声を一つ。 披露宴中はずっとゲストと一緒にいたくて、お色直しはしないと決めていましたが、トイレに行きたくなったら・・・と思ったので、1回だけ中座の時間を設けることに。 後日、中座中の会場の様子をDVDで見たところ、久しぶりに会った友人同士で会話が弾んでいたり、親が各テーブルにビールをついで回っていたり、リラックスして楽しそうでした。 むしろお色直しの時間を設けて良かったかもしれません 席を外すことをあまりデメリットと考えず、中座の時間を設けてみてもいいのかもしれませんね。 もちろん厳密な決まりはないので、これらはあくまで一つの参考にして、ふたりが納得するお色直しスタイルを選んでくださいね。 まとめ お色直しの意味と最近のお色直し事情について、いかがでしたでしょうか? 「あなたの家に染まる」という意味を込めて白無垢から色打掛に着替えることが、本来のお色直しだったんですね。 時代を反映して、お色直し文化もどんどん変化していきます。 最近では、ゲストと過ごす時間を優先させたいという理由から、お色直しを一回もしないカップルも多いよう。 ただ、衣裳はそのままで、ヘアアレンジやアクセサリー、ブーケを変えるくらいなら中座の時間を短くすることはできます。 新郎新婦だけでなくゲストのトイレ休憩の時間にもなるので、中座の時間は設けたほうがいいかもしれませんね。 ふたりが納得するお色直しスタイルを選んでください。

次の