ポケモン 全て。 ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

【ポケモンGO】トレーナーバトルの全て!対戦(PvP)のやり方について

ポケモン 全て

ポケモン対戦考察まとめWiki 本サイトはポケモンの第八世代のバトルを考察するWikiです。 当Wikiはある程度自由奔放なWikiを目指しており、自由な編集を推奨しています。 原則的に新規ページ立ち上げ、編集など自由にしてもらって構いません。 また、シングルにかぎらずダブルバトルの考察も可能とします。 なお、本サイトは話し合いの結果、最新世代のみの考察に限定しており、ネタ型は作成禁止です。 対戦考察にふさわしくないような ネタ考察や マイナー考察および 対戦の考察をするほどでもない考察についてはに投稿をお願いします。 レッツゴーピカチュウ・レッツゴーイーブイの情報はこのWikiにまとめず、にお願いします。 ご利用は計画的に。 鵜呑みにすんなよ!自分で考えて勝ってこそのポケモン対戦だぞ! このWikiのコンテンツは永遠に未完成です。 皆さんの参加をお待ちしています。 重要なおしらせ ここには重要なおしらせを書くので、読んでおきましょう。 この対戦Wikiの目標は「対戦で勝つ」ことと「全てのポケモンの考察を載せる」ことです。 各ポケモンのページを参照する人は「実際に対戦で使っている人」と「実際に対戦で使おうとしている人」がメインです。 当Wikiで作成された型を削除する際、ネタポケWikiへ降格しないでください。 これはネタポケWiki管理人に降格NGを出されたことによります。 今後、実用性は低く削除相当ではあるが一考の余地はある型(つまり今までネタポケWikiに降格して削除してたような型)については、以下の様な取り扱いでお願いします。 () なんらかの要因や議論の末、やはり有用だということになったら正式ページに戻してください。 その型が使えるか使えないかはwikiを見る各個人が判断することです。 勝手に削除はしないようにお願いします。 型の実用性に疑問を感じたときはまず該当ページで議論を提起してください。 「問題が提起されている」という事実だけでも閲覧者にとっては有益な情報となります。 議論の中で新しいアイデアや修正案が生まれるかもしれません。 議論が長くなりそうな場合は運営版に誘導してください。 議論を提起してから十分な意見が集まらないままに統合・削除を実行しないでください。 十分な議論を経て統合・削除することが決まった場合、統合・削除された旨とその理由を必ずページに残すようにお願いします。 ダブル用の型について。 ダブルの型を作成する際は型名の頭に【(ルール名)】とつけてください 例:【ダブル】サポート型など• わかりにくい略称の多用は控えて下さい。 また読み手を不快にさせない言葉遣いは最低限のマナーです。 解禁されていない隠れ特性(夢特性)についての記載は禁止。 議論内でのダメージ計算式には常に理想個体値を用いて計算すること。 厳選難易度については議論中に一切言及しないようにして下さい。 パーティ鑑定、技採用、調整を尋ねるといった、個人的な質問は禁止。 Wikiは質問の場ではありません。 型の作成 煩雑な内容の型の分割は除く や削除、統合をする時は予めの提案や事前承諾が必須です。 誤字・脱字や記述されている内容の間違いを見つけた場合、指摘をするのではなく適宜修正してください。 現在の問題点を明確にするために、議論は定期的にまとめましょう。 他の編集人の編集方法やwiki全体の編集方針に対して意見があるときは、運営スレッドに移動して議論してください。 おねがい• わかりやすい文章で考察をしましょう• 解禁されていないポケモンは考察しないようにしましょう• 公式ルールに沿って考察しましょう• 未確認情報は記載しないようにしましょう.

次の

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ポケモン 全て

概要 データ上に存在はするが、ゲーム内では出会うことが出来ないポケモンの総称。 やと異なり 公式の用語である。 ポケモンバトルにおいてはレーティングや公式大会などに参加することができない。 ただしこれはも同じなので、禁止級を含めて 「特別なポケモン」と呼ばれる。 もともとは開発者のイタズラで仕込まれたものであった(参照)が、現在は完全に定番となっていることもあり、ポケモンという存在を長期にわたって盛り上げていくために欠かせない存在。 そのほかのポケモンはゲーム内のどこかで必ず登場する(登場しなくても図鑑には「見つけたポケモン」として登録される)のに対して、 幻のポケモンは ゲーム内でその存在を僅かに仄めかす程度。 当然通常のプレイでは出現せず、図鑑に登録出来ないトレーナーも多い。 登録しなくても図鑑は完成扱いになるという共通点を持つ。 ゲーム内で該当ポケモンを連れて行くと特殊なイベントが発生するという物が多かったものの、 第7世代の幻のポケモンではそう言った大掛かりなイベントは全く用意されていない。 マギアナに関しても話が少しだけ出てくるぐらいである。 ゲーム以外では物語のキーとなることも多々あり、映画ではそのほとんどが主役となって活躍した。 本来幻のポケモンは伝説のポケモン とは別のカテゴリーであるが、等、 その作品のキーポイントとなるポケモンに深く関わる場合や 専用の伝承・神話がある場合も多い。 このため、当サイトでは 「」の括りの一部として幻のポケモンを設けることとする。 余談だが、他の伝説ポケモンと比べると、ミュウやセレビィ、ジラーチ、ビクティニ等、マスコットキャラを思わせる 可愛らしい風貌をした種族が多いのも特徴である(もちろん、アルセウスのように神秘的な雰囲気のモンスターや、デオキシスやダークライのような物々しい風貌をした者もいるが)。 入手方法および対戦では 映画関係やイベントでの配布が殆どである。 まず、出現させるためのキーとなるアイテム等が配布され、それを特定の場所まで持っていって使用するといった形である。 ただし初代のについてはイベントではなくケーブルを繋いで直接配布されていた。 第3世代までは通信ケーブルによってこれらの配布が行われていた(モバイル限定のを除く)こともあり、特に抽選などを行わず無差別に配布するとなった場合 それはそれは長い大行列が発生していた。 第4世代以降、 ニンテンドーWi-Fiコネクションでのポケモン配布ルートが構築され、ポケモン自体が直接期間限定で配信されるようになり、少なくとも大行列は発生しなくなった。 また、が「コロコロコミック」の読者プレゼントとして最初に配布された際、 当選確率が約0. 025%(20名の枠におよそ8万通の応募)という事態になったこともある。 2007年からは、主にそのポケモンが活躍するポケモン映画において、上映する映画館でポケモンそのものを配布するケースが増えている。 近年では映画での配信からしばらくたってからネットやポケモンセンターなどで配信されることがある。 のように定期的に配布されている例もあれば、のように長期にわたり配布されていなかった例もあるなど、ポケモンによって配信頻度にやや差がある。 中には 事例も存在する。 それ以外の出現方法も一応存在するが……言うまでも無くとなる。 海外でも絶大な人気を誇るが故に、発売から1週間も経たずに全てのデータが解析される事も多く、改造ツールも気軽に入手できるため、幻のポケモンを改造で出現させ、それをGTS等で放流するといった行為もたやすく出来てしまうのが現状である。 『ポケモンXY』以降、公式で配信された幻のポケモンは全て(プレシャスボールや特別なリボンの有無にかかわらず)GTSやミラクル交換に出すことはできなくなっているので、GTSに預けられていると(の個体)以外の幻のポケモンは全て改造だと思ったほうがいい。 ミラクル交換で万が一流れてきてしまったら即逃がすことをおすすめする。 確かに公式が情報を出し惜しみする傍ら、未発表のポケモンを入手して悦に浸りたくなる気分は分かる。 だが、不正なデータ改造等はゲームのデータそのものを破壊しかねない影響を及ぼす可能性もある。 ましてや改造データで通信するなんてことは立派な犯罪でもありマナー違反である。 それを決して忘れないでほしい。 このような事情からか、能力値が一般ポケモンで言うと同等であるにも関わらず ランダムマッチなどの一般対戦ルールでは使用できない。 全ての伝説のポケモンが使用可能になった「GSルール」でも使用できなかったが、第5世代ではダブルバトルとシングルバトルで1回ずつ、 以外 専用技の仕様で が使用可能なインターネット大会が開催された、六世代では、フリー対戦や一部のスペシャルルールで使うことができるようになった。 『』では、基本的に を利用して入手するパターン(ミュウ、セレビィ、ジラーチ)と、通常のと同様、 としてジムに襲来してきた個体を倒してゲットするパターン(デオキシス、ダークライ)の2つのパターンがある 前者は、戦闘力があまり高くない、どちらかといえばコレクション要素の強いポケモンが、後者は比較的戦闘力の優れたポケモンが選ばれる傾向にある。 恐らく、ユーザー間同士で戦力格差が生じないようにという製作側の配慮なのだろう。 なお、本作にもが、 幻のポケモンの使用には特に制限は設けられておらず、指定されたCP値以内であれば、誰でも自由に使用することができる。 本作では原作と比べて伝説・幻のポケモンと一般ポケモンの性能差があまりないため、そこまで厳しい制限を設ける必要はないということなのだろう。 関連タグ ……一部ので 目撃例の少なさから 幻のポケモンと呼ばれる事がある。 関連記事 親記事.

次の

【ポケモンGO】トレーナーバトルの全て!対戦(PvP)のやり方について

ポケモン 全て

どうも、しんま13です。 ポケモンソードシールドのランクマッチにおいて白い悪魔と呼ばれる「トゲキッス 」。 トゲキッスは常に環境トップに君臨しており、その理由は優秀な種族値に加えて、タイプ一致でダイジェットを放つことができ、なおかつ特性もぶっこわれ性能のためです。 本記事ではそんなトゲキッスの環境に存在する型を全て紹介します。 情報元は、上位勢の構築記事と、筆者が対戦で当たった型を参考にしています。 多分ほとんどの型が網羅できているのではないかと思います。 これからトゲキッスを使いたい人、トゲキッスを対策したい人はぜひとも参考にしてください。 トゲキッスの基本データ(種族値や特性など) まずはトゲキッスの基本的なデータをみていきましょう。 使わない種族値を除けばほぼ600属並の種族値を誇り、素早さもそこそこ高い上にダイジェットで自身の素早さを上げることができるので一度加速すると止めることが困難になる最強のポケモンです。 火力もある上に耐久も並以上あるので、努力値を一切耐久に振らなくてもどんな相手の攻撃も1発は耐える性能を持っています。 しかも特性「てんのめぐみ」と「きょううん」がどちらも強力。 てんのめぐみは追加効果の発生率が2倍になるため、エアスラッシュが60%の確率でひるむ最強技になり、おそらくランクマッチをやってる人はこのエアスラひるみに苦汁を飲まされてきた人は大勢いるでしょう。 一昔前は、電磁波で麻痺させた後にひたすらエアスラでひるませる、通称「まひるみ」戦法が横行したこともありました。 かくいう筆者もつい最近このまひるみトゲキッスに完封されました。 もう一つの特性「きょううん」もチート特性です。 ダイマックスエースとして使うなら特性はきょううんにした方がいいかもしれません。 このように、種族値、特性、技、ダイマックス性能の高さ、どれを取っても最強レベルのポケモンなのです。 それではトゲキッスの型を紹介していきましょう。 そしてトゲキッスの技構成も基本はこの4つがテンプレになります。 基本はダイマックス前提運用で、ダイジェットを積み相手を破壊していくという型。 ダイマックスが切れた後もエアスラひるみで運勝ちを狙いにいけます。 ダイマックスしても強いし、ダイマックスしなくても強いです。 また、持ち物をラムのみではなく弱点保険を持たせる保険加入型も一定数存在します。 珠を持たせることで予想外の火力を出すことができ、一度加速すると止まらなくなります。 凄まじく強いのですが、筆者が使ってて思った欠点としてはフルアタック構成故に、ダイウォールが使えないのが少しばかり痛かったです。 したがって自由枠でもある) スタンダード型と技構成、性格共に一緒ですが、特性をきょううんにしてピントレンズを持たせることにより、50%の確率で急所を狙えるというぶっこわれ性能を持った型です。 筆者が相手してて一番嫌な型なのでかなり強いと思います。 急所は相手の壁や能力ランク上昇を無視できるのが非常に強いポイントですね。 ダイジェット一回で相手のドラパルト抜き調整で、残りは耐久に振るという努力値構成。 耐久に振る理由は、相手の攻撃を1発耐えて悪巧みをするためです。 Cに30しか努力値を振っていないため実数値は144なので、悪巧みを積まないと火力不足感は否めません。 なのでオーロンゲなので壁展開をするなどして、悪巧みを積む猶予を持たせないとダイマックス時の撃ち合いで負けてしまうことが多々あります。 そのため、筆者は悪巧みをしなくても火力を出せるようにラムのみではなくするどいくちばしを持たせて、ダイジェットの火力を上げるようにしています。 いろいろなキッスを試しましたが無難に一番強かったと思います。 【トゲキッスの型5】スカーフorメガネキッス スタンダード型と努力値構成、特性、全て一緒で、持ち物がスカーフかメガネになっただけです。 悪巧みの枠がトリックになっています。 スカーフを持たせることでどんなポケモンに対しても上からエアスラッシュでひるませることができ、耐久ポケや詰みポケに対してはトリックで機能停止に追い込むことができます。 スカーフキッスはダイマックスはあまり切らず、大体初手で投げてきてエアスラッシュを連打してくる人が多いです。 シーズン4あたりから個体数を増やした印象です。 以下は構築記事。 参考記事: シーズン4でも最終295位を達成した方が使っていましたね。 参考記事: 役回りとしては、 ・身代わりで相手のダイマックス枯らし ・自分より遅い相手を電磁波身代わりエアスラでハメる の2つ。 努力値調整意図は、構築記事によれば、 ・食べ残しHP回復最高効率 ・特化ドラパルトの命の珠ダイスチル確定耐え ・A振ってないカビゴンののしかかりを身代わりが耐えることがある ・最速バンギラス・ラプラス抜き とのことです。 冒頭でもちらっと書きましたがつい最近筆者もこのトゲキッスにハメられて負けました。 絶対的に有利な立ち回りができたのに、エアスラと麻痺で一回もギルガルドが動かず敗北。 一回でも動いていればラスターカノンで倒せたのに・・・。 あまりにもむかつきすぎてSwitchを破壊するとこでした。 絶対流行って欲しくない型ですね。 参考記事: 基本的にトゲキッス はカビゴン、ドリュウズ、ミミッキュなどの物理アタッカーを苦手とし、ドラゴンタイプに対して無類の強さを誇るというポケモンです。 そこでアッキのみを持たせてBに努力値を振ることで、役割対象をずらすのがこのアッキのみ型トゲキッス。 ダイバーンで天候を晴れにすることで朝の陽ざし回復量が増えるのもグッド。 HBにここまで厚くするとドリュウズのアイアンヘッドを確定耐えし、A無振りカビゴンのヘビーボンバーはアッキのみ込みで2発耐えます。 Sは4振りロトム抜き、無振り80属抜き調整。 (素早さ種族値が87のポケモンまで抜ける調整) かなりユニークな型故に読まれることはまずなく、実際結果も出ている型なので、変わったトゲキッスを使いたい方にはおすすめです。 トゲキッスは初心者が使っても強い 最強技ダイジェットを放つトゲキッス トゲキッスはよくチンパンポケモンと言われたりしますが、その理由は初心者が使っても強いからでしょう。 一度悪巧みを積んでしまえばダイジェットで全抜きをすることが可能で、ダイマックスを切らずともエアスラひるみ運ゲを仕掛けることができるので、本当何も考えなくても勝ててしまう性能を誇っています。 なので、ランクマッチで勝ちたいのであれば、トゲキッスは一度使ってみてください。 そうすればトゲキッスの強さ、そしてトゲキッスの弱点も知ることができるので対策する側にも回れます。 【トゲキッス対策】どうやってあの白い悪魔を止めるのか トゲキッスは最強のポケモンの一体ではありますが、そんなトゲキッスを止める方法は、 ・タイプ相性で押し切る ・トリックルーム展開 ・チョッキ持ちのポケモンで殴り合う の3つです。 タイプ相性だとドリュウズやドサイドンはトゲキッスに対して圧倒的に有利です。 ドリュウズはそもそもトゲキッスより早いですし、タスキを持たせれば2回の行動保証で確実にトゲキッスを仕留めることができます。 ドサイドンの場合は、そもそもトゲキッス側からの有効打が基本ないので押し切れます。 (ただ相手が命の珠を持っている場合くさむすびを警戒しなくてはいけない) そのほかだとヒートロトムもトゲキッス対策におすすめ。 理由は、トゲキッス側がヒートロトムに通せる技がなく、こっちの電気技が2倍で通るため。 もう一つはトリックルーム展開。 ダイジェットを積まれたトゲキッスを止めるのは至難の技ですが、そこで素早さ関係を逆転させるトリックルームが活きてきます。 代表的なトリル要員はミミッキュ。 化けの皮で相手の攻撃を1発耐えトリルでダイジェットを無効化させ裏のエースにつなげるという立ち回り。 最近自分が考えた対キッス用「耐熱ドータクン」は、耐熱で相手のダイバーンを1発耐えトリルを展開し、てっていこうせんで退場し裏のエースにつなげるという戦法。 (ドータクンに弱点保険を持たせて己自身がアタッカーになるという戦法も強いです) 三つ目はチョッキ持ちのポケモンで殴り合うという対策方法。 おすすめのチョッキ持ちポケモンはカビゴン。 カビゴンは元々D種族値が110あるので、HとD無振りでもチョッキを持たせることで、悪巧みを一回積んだトゲキッスですら受け切ることが可能になります。 以上の3つがトゲキッス対策方法になります。 トゲキッス対策にお悩みの方は参考にしてください。 マイナーポケモンを活躍させたいならまずはメジャーから 筆者は当初マイナーポケモンで勝ちたいと考えマイナーポケモンばかりを使っていました。 しかし、当然勝てない。 マイナーポケモンの活かし方もメジャーポケモンの対策もわかっていなかったからです。 「メジャーポケモンなんて使いたくない!」 そう考える人は多いかと思います。 しかし、マイナーポケモンを活躍させたいならまずはメジャーポケモンを使ってみるべきです。 その理由は、メジャーポケモンを使うことでメジャーポケモンの弱点や対策がわかり、そこで得た知見をマイナーポケモンに活かせるからです。 金銀で登場した四天王の1人「カリン」は言いました。 強いポケモン、弱いポケモン、そんなの人の勝手。 本当に強いトレーナーなら 好きなポケモンで勝てるように頑張るべき この名言をどう解釈するかは人次第ですが、自分はメジャーポケモンを知ることこそが好きなポケモンで勝てるようになるコツだと解釈しています。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】環境に存在するトゲキッスの型を全て紹介する(多分)... でした。 【育成論】 youkenwoiouka.

次の