ご回答賜りますよう。 スーパーセキュリティZEROでスキャンできない

「ご回答」の正しい敬語の使い方【NG例あり】

ご回答賜りますよう

回答するときのビジネスメールを書き方で、気をつけることは「相手に正確に情報を伝えること」です。 たとえば、会社の行き方に関する問い合わせをいただいたときには、書き方としてメールの文章だけで相手が会社にたどり着けるように、書かなければなりません。 回答の書き方として、相手の不明な点を解決するのが大切です。 回答のビジネスメールは相手に分かりやすい書き方を よって、「相手が何を知りたがっているのか」をきちんと把握し、「それを解決するにはどのようなメールの書き方がよいのか」を考えなければなりません。 メールの書き方では正確なだけではだめで、相手にわかりやすく説明することも大切です。 回答時のビジネスメールにおける書き方は、「相手の立場になって考える」というビジネスメールの基本が最も試されるメールなのです。 」です。 「会議日程変更について回答します。 」というように本題に入る最初に使うことができます。 」などのフレーズがあります。 」です。 たとえば、納期変更の理由の問い合わせがきたときには、「工場到着が遅れたため、納期を変更させていただいたという次第です。 」というように書きます。 回答するビジネスメールの文例 最後に、回答のビジネスメールの文例を紹介します。 在庫不足に対する回答のビジネスメールです。 文例は、「平素はお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 来週中には入荷予定ですので、納品日が確定次第、ご連絡差し上げます。 お待たせして、ご迷惑をおかけしますが、何卒、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。 」です。 理由をつけたすなど丁寧な回答を心掛ける この文例に、在庫不足の理由をつけ足してもよいです。 たとえば、「生産現場では24時間フル稼働で対応しておりますが、生産が間に合っていない状況です。 」というように在庫不足の理由まで書いておくと、相手の理解を得られやすいです。 ビジネスメールで回答する時は相手に分かりやすく丁寧な書き方をすることが大切 以上が、回答するときのビジネスメールの書き方についてです。 回答するときは、まずは相手が何を知りたいのかを考えましょう。 回答のビジネスメールでは、相手の疑問を解決するように、メールの書き方を工夫することが大切です。

次の

「ご返答」の意味とビジネスでの使い方!類語「返信・返事・応答・回答」との違い

ご回答賜りますよう

「賜る」の乱用は要注意 「賜る」は「もらう」の謙譲語、「与える」の尊敬語です。 品物だけでなく厚意などに対しても使われます。 「ご愛顧を賜る」や「ご指導」・「ご鞭撻を賜る」など感謝や敬意を示す場合に使われることが多くなっています。 「賜る」はビジネスレターなどでは、会社の取引先などに使用する表現です。 日常的な会話の中では、「賜る」を使う機会はほとんどありません。 親しい上司への手紙などでも「賜る」を使うのは、堅苦しすぎると感じるはずです。 結婚披露宴のスピーチなどでは、よく使われ言葉です。 厳粛な場所では意識して使うようにしましょう。 ここで、注意したいのは「賜る」の乱用です。 「賜る」は、自分を下げた謙譲語ですから、かなり大きなことへの感謝の気持を表しています。 上司などから受けた厚意でも、度々あるようなことで「賜る」を使うのは、かえって軽率な使い方になってしまいます。 尊敬語と謙譲語をきちんと理解して使うことが大切です。 「賜る」と「承る」は似て非なるもの 謙譲語の表現で「承る」があります。 「賜る」が品物や厚意に対する謙譲語であるのに対して、「承る」は厚意や助言などに対して使うもので、物品などには使用しません。 「結構な物を承りまして」とはいいません。 似たような言葉でも、使い方を間違えると恥かしいので、きちんと違いを理解しましょう。 「賜る」は「受け取る」の謙譲語で、「承る」は「聞く」の謙譲語として覚得ましょう。 上司やお客様の意見は「承る」です。 「賜る」を使っても間違いではありませんが、最上位の敬意を込めた言葉でもあるので、頻繁に使わない方が無難です。 まずは、「賜る」と「承る」は、似て非なるものであることを理解して下さい。 「賜る」を類義語ではどう表現するか? 「賜る」を使わないで、「賜る」に近い意味合いの表現には以下のようなものがあります。

次の

「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

ご回答賜りますよう

この記事のまとめ• クレーム対応の基本 クレーム対応ではいくつかの基本を押さえることで、問題を最小限に抑えて対処することが可能です。 この段落では、押さえておきたいクレーム対応の基本を紹介していきます。 担当者レベルで対応する まずは担当者で対応を終わらせることを意識するのが重要です。 できるだけ話を大きくせず、企業としての損害を最小限に抑えるためです。 クレーム対応の場合、相手も怒りがヒートアップすることで、責任の追及を始め、案件の内容以上の謝罪などを求めてくることも多々あります。 担当者レベルでクレーム対応を終わらせることができるかが、問題を最小限に抑えるためのカギといえるでしょう。 過去の履歴を調べる クレームが発生したら過去のクレームを調べることも重要です。 発生した理由はもちろん、その対処方法、経緯などをしっかり把握しておくことで、現在のクレーム対応に活かすことができます。 相手がもし以前にもクレームを送っている場合、過去での対応を把握していないと送る内容によっては顧客対応が悪い企業だと思われて信頼問題に発展しかねません。 担当者が数人いるようであれば情報を共有しておくことも必須です。 メールの返信は24時間以内にする なるべく早い対応を心がけることも大切です。 スマートフォンの普及によってメールの返信も、出先であってもすぐにできるものと顧客には思われがちです。 できる限り早い対応をおこない、遅くとも24時間以内には返信しましょう。 すぐに対応できない場合は、メールを確認した旨と改めて連絡することを伝えると無用なトラブルを避けることができるでしょう。 文面には細心の注意を払う 相手によっては冷たい印象を与えてしまうこともあるので、言い回しや言葉の使い方には気をつけましょう。 電話などと違い文字の場合はどうしても抑揚をつけることが難しく、言い回しによってはさらに新しい火種を生み出しかねません。 また、メールは物的証拠として確実に残るものです。 万が一クレームが発展して、裁判を起こされたときにその内容いかんでは不利になるケースもあります。 送信前にダブルチェックする ダブルチェックによって誤字脱字などを防ぎます。 特に気をつけたいのは、相手の名前や所属企業名など、個人情報の表記を誤ることです。 もちろん、ダブルチェックは言い回しにおかしな部分がないかをチェックすることにもつながります。 余計に怒りを誘発してしまうリスクを避けるためにも、第三者にダブルチェックをお願いしましょう。 クレームへの返信メールの書き方 ここからはクレームへの返信メールを書く方法を具体的に解説していきます。 件名・宛名の書き方 まず、件名は必ず本文の内容がわかるように書きましょう。 たとえば、「金額表記の誤りに関するお詫び」など、ひと目でそれとわかる書き方にします。 宛名に関しては、本文に入る前に必ず記載します。 個人であれば様をつけ、企業や団体であれば会社・団体名から始まって部署名や役職名を記載し、最後に担当者名に敬称をつけるという順番が一般的です。 もちろん、ここでの誤字脱字はあってはならないことなので十分に気をつけてください。 挨拶文の書き方 挨拶文もたとえ取引先の企業などであっても、いつも以上に丁寧な表現にする必要があります。 通常と同じような「お世話になっております」などの表現は不適切です。 たとえば「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」というような、礼儀正しい文章を作成することを心がけましょう。 また、ここで自分の名前を名乗ることもありますが、その場合は肩書きを正式名称で記載することがマナーです。 間違いのないよう正しく書きましょう。 謝罪の言葉 謝罪の文面を記載していく中で大切なのは、クレームに対しての謝罪を記すということです。 全面的に謝罪してしまうと、何に対しての謝罪なのか、本当に謝罪の気持ちがあるのかなど相手に不信感を与えてしまうこともあります。 とはいえ、迷惑をかけたということに対する謝罪の意はしっかりと伝えましょう。 たとえば「この度は弊社商品に破損が見つかりご迷惑をお掛け致しましたこと、心よりお詫び申し上げます」などとクレーム内容を的確に記し、それに対する謝罪の言葉を記載することで謝意を正しく伝えます。 クレームの原因 たとえば前述のような、商品に破損が見つかったことがクレームに発展した場合、破損の原因は何か、イレギュラーなものなのかどうかなどを記していきます。 しっかりと内部調査をおこなったことも記載し、その結果何が原因だったかを記載することで、その場しのぎの謝罪ではなく原因追究に努めたという謝罪の気持ちをより伝えていきます。 改善策の提案 原因が判明した結果、自社はどのような改善方法をとるのかもあわせて記載します。 たとえば、商品破損の例でいえば「ご都合よろしい日時にスタッフがお伺いし、新しい商品と交換させて頂きます」というような書き方で、早急な対応をとる旨を伝えましょう。 同じミスが起こらないような対応策を伝えることで相手からの信頼回復に努めます。 結びの言葉 結びには、改めて今回のクレームに対する謝罪の言葉に加えて、時間や意見をくれたことに対する感謝の気持ちも伝えるようにしましょう。 「何卒お許しください」などと結んだあとに「今回はお忙しい中お時間をいただき、ならびに、貴重なご意見をくださり、誠にありがとうございます」などとして感謝の意を伝えます。 最後まで丁寧さは忘れずにしっかりと対応しましょう。 こちらに落ち度がない場合の書き方と例文 こちらに落ち度がなくてもクレームが入ることがあります。 ここからは、そのようなケースでのメールの書き方や例文を紹介していきます。 「対応できない」旨を伝える 対応できない旨を伝えるには、伝える順番に留意して書くことが大切です。 顧客に不快な思いをさせてしまったことへの謝罪から、相手の言い分をしっかり聞いたうえで、最後に対応できないこともしっかり伝えましょう。 最初の謝罪は、対応できないことへの謝罪ではありません。 あくまでき然とした態度をとりつつ、相手に落ち着きを取り戻してもらえるような流れで、対応できないことを曖昧にせず伝えることを心がけましょう。 クッション言葉を使う たとえば「ご迷惑をおかけしますが」という言葉や「大変恐縮ですが」など、次に続く言葉の印象をやわらかくする言葉があります。 この言葉を、クッション言葉と呼びます。 相手に断りを入れる際に効果を発揮するほか、お願いごとをする場合などにも有効です。 クッション言葉を使うことでより深くこちらの気持ちが伝わり、好印象になります。 メールでの文面の例文 実際にメール文を作成するときはクッション言葉を用いながら、対応できない旨を伝えていきましょう。 以下に例文を紹介します。 このたびは弊社製品の不備によりご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 本件につきましては、どの工程で破損が発生したかを弊社品質管理部にて調査中です。 大変恐縮ではございますが、原因解明につきましては今しばらくお時間を頂ければ幸いです。 また、商品に関しては本日中に新しい商品と交換対応をさせて頂きます。 今後このようなご不便となる事がないよう、原因が判明次第、社内での情報共有を徹底し再発防止に努めてまいります。 この度は、誠に申し訳ございませんでした。 取り急ぎのご連絡とさせて頂きますが、何卒宜しくお願い致します。 実際にメールを作成する際にはこの基本の流れは崩さないようにしましょう。 また、言い訳などを記載することは厳禁です。 顧客からの貴重な意見に真摯に向き合って、謝罪の言葉を述べましょう。 個人向けメールの例文 続いて、個人向けにメールを送信する場合の例文を紹介します。 この度は、大変申し訳ございませんでした。 今後とも、ご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。 個人の場合であっても、企業向けのものと変わりはありません。 基本の流れに沿って意見をしっかりと受け止め、不快な思いをさせてしまったことに対し、しっかりと謝罪しましょう。 まとめ クレーム対応のメールには素早い対応と丁寧な言い回しが必要不可欠です。 また、メールを社内で共有し一元管理することができれば、ミスを削減し顧客からのクレームも減らすことができるでしょう。 であれば、対応状況を共有しつつ、素早いクレーム対応とメール管理が可能です。 メールディーラーは2019年現在で、10年連続シェアNo. 1のメールシステムです。 メール共有ステータス管理や重複返信防止機能で二重返信や返信のもれも防ぎます。 さらに、フォルダとステータスの二軸管理が可能で、未対応メールをすぐに把握することが可能です。 クレームの対応に悩んでいるのであれば、まずはメールディーラーの無料トライアルを試してみてはいかがでしょうか。

次の