歯科 口コミ。 全国の歯医者の真実の口コミと評判

全国の歯医者の真実の口コミと評判

歯科 口コミ

先日まで通院していました。 最初は親知らずの所が痛かったので、抜歯をしてもらい、全体的に歯石があるからと除去してもらいました。 また、約8本の虫歯があると言われましたが、手際も良かったので、この男性医師なら大丈夫だと思いました。 問題は、歯石を取ってもらった女性スタッフです。 歯石除去後、歯磨きの仕方を教えてもらい、後日虫歯治療の為見てもらったら、奥歯の磨き残しがありました。 それについて指摘されるのは仕方がなかったのですが、その後男性医師に 今日はどうしますか? と言われたので、もう1度磨き方を教えて欲しいと頼んだら、女性スタッフに鼻で笑われました。 無意識だと思いたいですし、心の中で思うのは結構ですが、実際に態度として出されたら、イライラしながら治療は受けたくないと思い、後日予約をキャンセルしました。 帰り際に受付の女性スタッフにも鼻で笑われました。 これらの事に耐えられるなら、女性スタッフも腕は確かだと思いますので、受診してもいいと思います。 男性医師は中立の立場で説明してくれますので、特にイライラする事はありませんでした。 ただ、私は二度とむらかみ歯科には行きません。 治療を受ける前によく歯科医と話し合うことをお勧めします。 実話であり中傷ではありません。 歯周病の治療で根の治療は問題なく進みましたが、気がつけば後半ゴリゴリと奥歯を削られ、建築現場の土台のような歯にされてしまいました。 永久歯は二度と生えてこないのに。 患者の歯の状態より利益優先で予約をどんどん入れてしまうため、次の治療日まで日が開き、結果歯が伸びて噛み合わせに影響が出ると言われて、上下の周囲の歯をゴリゴリ削られました。 たまりかねて途中で処置をストップさせましたが、かなり削ったために歯の強度が落ち、高い被せ歯をしていますが、硬いものを噛むときは痛みで響くし、周囲の削られた他の歯もエナメル質が薄くなって知覚過敏を起こして痛む時があります。 他にもいろいろありましたが、正直悪夢でしたし、今も痛みが続いています。 20代の頃、家族が通っていて私も歯を綺麗にしたい思いで行きました。 すると上も下も全て虫歯があるかの様に言われ治療開始となりましたが、こんなに虫歯があるなんておかしいなと思い、次回はここを削りますと言われた部分を別のお医者さんに診ていただいたら、これは虫歯では無いですよ!と言われ茶しぶです!と削らずに済みました。 でもそれまでにはかなりの歯を削っており、2年程通って後悔しています。 近所の方も同じ様に削られていて、私もおかしいと思っていたの!と言われていました。 二度といきません。 他にも私が席に寝かされて待っている間に看護師さん達が他の方の患者さんの歯について「血が止まらない、、削りすぎやわ」と言われていたのも待っている間に耳に入り怖くなりました。 親知らずが痛みだしたので、二年ほど前に某口コミサイトをみて一番上でいい評価が多かったので、緊急でなんとか入れてもらい通いだしました。 どこでもそうですが初診の時に全体をチェックすると思います、私はブリッジが二箇所入っているのですが、いずれブリッジがダメになった時の事を院長に聞くと、うちは極力歯を抜かない方針です、他所なら二本インプラント入れるところをうちなら一本で大丈夫です。 みたいな話をまんまと信用してしまいました。 まず皆さんおっしゃっているとおり、受け付けのおばさんは最悪です、まったく融通がきかないうえにやたら偉そうにもの言います。 精算する人がつかえてるにもかかわらず客と世間話とか当たり前のようです。 この人が院長のカミさん?古株の職員?てところで、ここはダメだと気付かなければいけなかったです。 治療なんですが、うちは歯を抜かない方針?ブリッジのかかってる歯の根っこが腐っているのにダメになるまで使いましょう。 それから考えましょうと。 その時に先生、初めにうちならインプラント二本のところを一本で大丈夫なようにすると聞きましたが?と聞いてもしれっととぼけた感じでインプラントなら大学病院でとかとう話になってました。 こんな歯を放置してくれたおかげで周りの歯もいたんで危ないところでした。 他にも一箇所歯周病が進みウミが出ているところがありましたが、そんな話はコイデさんでは全く聞かされてませんでしたので驚きです。 文章力がなくなかなかうまく書けず、書き込んで皆さんに知っておいて欲しい事もまだあるんですが、慣れない事で疲れたのでこのへんで(笑 全て事実です。 ちょっとした事、例えば歯のクリーニングとかならどこでもそれほど大差ないと思います。 歯茎だったり神経だったり込み入った治療はセカンドオピニオン、いやサードオピニオンまで必要かと思います。 後日、私を名誉毀損だとか訴えられても真実を投稿する口コミサイトに真実を投稿したまでなので、投稿を載せるか載せないかはサイト運営者の判断にお任せします。 こちらの先生は口コミ評価を気にされる方なんでしょうね。 かくいう自分も口コミの評判とハイテクな機材につられて行ったが、口コミにあった先生の人物像とは別物で、場所間違えたかな?と思った。 正直どうでも良い健康うんちくを淡々と一方的に話しているうちに次の患者が来たらしく、「では、今日はこれで終了」 治療も何もしていないのに。 そうした事もあるが治療が一向に進まないので、結局不信感が募り後日予約キャンセルの電話をいれたら気を悪くしたのかあからさまに不機嫌そうに一方的に淡々と喋り、電話を切られた。 口コミがほぼ満点というのも逆に不自然に感じるが、それが真実として、他の方には親身な先生なのだろうか。 その場合、人によって態度が変わる方ということなのだろう。 数多にある歯科、わざわざ嫌な思いをしにいくのはナンセンスであるし、とりあえず人にはおすすめしない 自費治療で通いましたが、治療、対応ともに違和感を感じることが多かったので転院しました。 いろいろおかしなことはありましたが、一度診療が遅く終わり、帰りにエレベーターがもう止まっているので非常階段からお帰りくださいと言われたのですが、その時院長がやや怖い顔で階段口まできて、私が階段につながるドアを出てありがとうございましたと頭を下げ顔を上げるかあげないかのタイミングの顔のすぐ前で、鉄のドアをバーンと大きな音で閉め勢いよくガチャリと鍵をかけられました。 呆気にとられしばらくドアの前に立ち尽くしてしまいました。 こんなこと赤の他人のましてや顧客になぜできるのでしょうか?また根の治療をした歯の痛みが長らく取れなかったのですがここでは最終的に歯には問題はなく気持ちの問題と言われました。 結局、他院で見てもらい、神経が一本処置し忘れの歯があったこと、また別の根の治療をした歯も神経の通っていた管壁に穴があいて肉質が穴から管内にはみ出しており詰められている内容物にも血が滲んでいる状態だったことがわかりました。 ここで被せたセラミックももちろん外して再治療となりました。 個人的な感想としては、ここは医療機関というよりはどちらかというと高級感を売りにした美容サロンのような位置づけで、本当に医学的な治療が必要な問題を抱えていらっしゃる方は他の歯医者さんを検討されることを強く強くお勧めします。 他院での長く治療しても中々治らず、歯を抜くという流れになってしまい、他の歯医者さんに行けば抜かなくてすむかもと思い、ホームページや口コミで評判の良かったので行ってみました。 院長が私の歯は治療あとだらけで、これを全て治すには100万以上かかると不機嫌そうに言い出し、それは無理だと言うとそれ以降の治療に現れなくなりました。 そして結局その歯は抜くことになり、抜く時だけ現れてあとは他の人に任せてさっさと去っていきました。 ものすごく態度も悪かったです。 他の人も書いているとおり、患者によって態度を変えているのかわかりませんが、とにかく上から目線で今までいくつか歯医者に通いましたが、こんな経験はじめてでした。

次の

矯正歯科|ランキング型の口コミ・評判サイト【awards.dramadesk.org】

歯科 口コミ

現役歯科助手、歯科助手経験者にアンケートを実施。 歯科助手の仕事の口コミ・評判を集めました。 歯科助手のやりがいを教えてください T. 治療過程で良くなった、楽になったとの声を聞けるのはもちろんですが、何気ない会話を楽しんでくれて、会いにくるのを楽しみにしてたと言われたときはとても嬉しいです。 また、私はずっと座りっぱなしだったり、同じことの繰り返しより、パタパタ動いていたり、色々な業務を兼任出来る仕事のほうが楽しく出来るので、そういったタイプの人にはぴったりだと思います。 ミスはもちろん許されませんが、いつでもある程度の緊張感がある点も気が引き締まる感じがして好きです。 型取りの薬を練るような専門的な作業が日々上手くなっていくのも嬉しい瞬間でした。 先生や先輩の歯科助手さんから少しずつ信頼を得て、仕事を丸々任されるようになるのが一番のやりがいです。 先生によって治療方針が違い、進め方や使う道具もさまざまなので、それも考えながら準備をしないといけません。 最初は覚えないといけないことがたくさんで、頭がパンクしそうでしたが、分からないことを教えてもらいながら少しずつ勉強し、覚えていきました。 流れが分かってくると仕事が楽しくなってきました。 バキュームをした時に「痛くなかったよ~」や「またあなたがいい」と言ってもらえた時は、本当に嬉しいです。 治療には回数がかかるので、患者さんとも顔見知りになり、世間話をするのも楽しいです。 その治療に必要な道具を、会話の時に準備します。 いかに指示される前に効率よく準備するか、自分なりに楽しんでやっていました。 歯科助手として先生の隣で話を聞くだけでも、歯に対する知識が増えたことはとても良かったです。 歯科助手を辞めた今でも、その知識は役に立っています。 歯科医院では患者さんとコミュニケーションをとることも多かったので、サービス業が好きな自分にとって、楽しい仕事でした。 定期的に来る患者さんと会話をするのも楽しかったです。 小さな子どもが患者さんのときは、いかに恐怖心をなくしてあげるか、助手として雰囲気作りをしたりして、子どもが頑張って治療したあとの笑顔が可愛かったです。 私が働いているのは小児歯科なので子どもが多いのですが、やはりお子さんは歯医者を嫌がります。 まだ触れてもいないのに泣いて口を開けてくれないことは日常茶飯事です。 そこまで嫌がっていたお子さんが治療のやり方を工夫することによって治療させてくれるようになり、治療が完璧に終わったときには笑顔でありがとうと帰っていく、その姿を見たとき頑張って良かったなと思います。 他にも、治療が終わるときにやりがいを感じます。 歯の治療は順番におこなっていくことで少しずつ治っていきます。 その段階を踏んでいく、確実に良くなっていくのがわかる、それを経て治ったときにすごくやりがいを感じます。 今までは、ただ歯磨きをしておけば大丈夫と思っていましたが、実際に働いてみて歯磨きの仕方、自分でも行えるメンテナンスなど、勉強することが多くおろそかに出来ないと思いました。 また、一度仕事内容を覚えて慣れていけば、子育てなどで一時的に仕事から離れていても、再び仕事に就きやすいと思います。 治療の段取りを覚え、先を見て「次はこの器具を使うんだ」と流れを覚えていけば歯科医師の手を煩わせずにスムーズに治療が進んでいき、気持ち良く終わらせることが出来ます。 このように、常に考えながら仕事をすることも大事です。 治療が終わり、患者さんに感謝の言葉を述べられると何とも言えない達成感があります。 歯科助手になるために努力したこと資格が必要な場合、合格するために努力したこと T. 特に共通の話題を持てるように、一般的なニュースや天気の話、季節のイベントなど。 あとは自分の友達に話すのと同じ感覚では上手く伝わらないこともあるので、わかりやすい言葉遣いや、聞き取りやすいスピードで話すなどを意識するようになりました。 私自身は治療等の専門分野を任されることはないため、コミュニケーション技術を磨くことに焦点をあて、医院の雰囲気作りに貢献出来るよう奮闘しています。 あとは衛生管理も大切なので、普段から自分自身に清潔感があるよう身だしなみに気をつけています。 最初の頃は先輩にずっとついてまわり、ノートを取るだけの毎日でした。 記録はしてても頭に入っておらず、行動に繋がらないので、自分に腹が立って何度も辞めたいと思いました。 しかし、せっかく働き始めたのだから、少しでもできるようになりたいと思い、働きながら歯科助手の資格を取るために学校に通いました。 勉強をしていくうちにだんだんと点が線になるように、何となく分かることが増えていきました。 歯科医院で勉強会もあったので、参加して理解を深めていきました。 聞きやすい環境だったので、分からないことは何でも質問して教えてもらいました。 しかし、歯科助手になったあとに色々覚えなければいけませんでした。 歯科医院にいると、器具の名前や薬の名前など、覚えることはたくさんあります。 試用期間終了にあたってテストをすることになったので、器具や薬を写真にとって、自宅でそれを見ながら名前を覚えました。 また、先生の話で分からないことがあったときには、歯科衛生士さんに聞いたりして、不明点はなくすようにしていました。 私は高校生の時に、歯科助手になりたいと思い仕事を探していたので、高卒可の求人を見つけなければなりませんでした。 資格を取るために学校に通ったり、勉強することも大切だと思いますが、もっとも自分のため、患者さんのためになるのは経験だと思い、まずは働こうと思いました。 ただ、探しても探しても見つからなくて諦めようとしていました。 一年以上探し、やっと今の病院を見つけることが出来ました。 今の病院は、地域の就職情報誌でたまたま見つけたのですが、2年経ったいま思い返してもやっぱり探すのは大変だったなと思います。 歯科助手の求人は多いですが、高卒可の求人はなかなかないです。 「この器具は何に使うのか?」とか、治療一つひとつやり方が違うので何故こういうことをしているのか先生について学んでいき、知識を増やしました。 また、患者さんに色々質問されることが多く、答えられなくて不安がられるという失敗をしてしまったので、何を聞かれても答えられるように毎日が勉強でした。 結構大変だったのが歯型を取る為の練り物です。 最初は簡単だろうと思っていましたが、かなりコツがいる作業で、緩かった為に喉の方に入りそうになったり迷惑をかけてしまったことがありました。 診療終了後に練習を重ね、その後は上手くいくようになりました。 助手だからといって甘く見てはいけません。 何事も練習と経験を重ね、努力を続けていくのが大事です。 歯科助手の将来性についてどう思いますか? T. ただ、この業界でずっと活躍したいのなら、歯科衛生士の資格を取ったほうが良いと思います。 給与面でかなりの差がありますし、ある程度自分だけで出来る仕事や判断することが増えるので、もっとやりがいが増えると思います。 実際、患者さんからの見られ方も衛生士と助手ではかなり違います。 特に働いている世代の方だと、同じホームケアのアドバイスでも衛生士からだと、助手である私からの時より熱心に話を聞いているのを目にしたりもします。 もちろん資格や地位を見る方ばかりではありませんが、そういったことを目の当たりにすると少し悲しくなるのは事実です。 歯科助手が受付を兼ねる医院もあると思いますが、先生の補助や片付けだけでなく、接客の仕事、先生と患者さんを繋ぐ役割が大きくなってくると思います。 先生に言いにくいことを歯科助手に言ってくる方も多いです。 その時にきちんと対応できるようにしないといけないと思います。 メンテナンスなどで長期で通う患者さんや、家族で通って下さる方が増えているので、末長くお付き合いできるのは魅力だと思います。 首都圏では、歯科助手の求人はたくさんあります。 しかし、田舎では歯科助手の求人はほとんどありません。 その点、歯科衛生士は国家資格でもあり、給与面でもいいし、田舎で職探しをするならなおのこと、歯科衛生士の方がいいと思います。 ただ、歯科衛生士は学校に行かなければいけなく、学費も時間もかかります。 歯科助手は、やりがいはとてもある仕事だと思いますが、給与面はあまり期待できないと思います。 首都圏で歯科助手をする分にはいいと思います。 器具や薬の名前など、覚えることが多いので、初めは大変かもしれませんが、慣れれば楽しめる仕事だと思います。 先生との相性もあるので、いい先生に巡りあえたらとてもいいです。 それぞれの病院によってやり方は多少違うとは思いますが、持っている知識自体の違いはないので、もし、引越しなどで今まで働いていた病院を辞めなければいけなくなったとしても、次の職場を見つけやすいと思います。 悪い点は、汚い仕事もあるところです。 小児歯科だからかもしれませんが、治療中に吐いてしまうお子さんも少なくありません。 それを片付けるのも歯科助手の役目です。 そして、ときに口臭が強い患者さんやびっくりするぐらい口腔内が汚い患者さんもおられます。 そういう患者さんを見た時は正直気分は良くありません。 あと、働くうえでは先生との相性も大切です。 自分と合わない先生のもとで働くのはやっぱり大変です。 意外と覚えることが多く慣れるまで大変ですが、治療されて綺麗になった歯を見るのは気分爽快です。 治療自体はどこの歯科でも同じだと思うので、違う歯科医院に移ったとしても即戦力で働けると思います。 資格が必要ないので専門知識がなくても入りやすい職業ですし、努力次第でスキルアップも出来ます。 訪問歯科を行っている歯科医院もあるので需要は多いです。 但し、基本的に立ちっぱなしになるので腰や膝を痛めてしまうことがあります。 歯科衛生士と比べると出来る範囲が少ないので、人によっては物足りないと感じるかもしれません。 女性が多い職種なので、人間関係や職場の雰囲気が合えば年齢も関係なく続けられる仕事です。

次の

矯正歯科|ランキング型の口コミ・評判サイト【awards.dramadesk.org】

歯科 口コミ

歯医者さんネットコラム「ハコラム」• 認知症は「なったら終わりではなく、なってからが勝負です。 印象的なフレーズからはじまったのは、「食べる力は生きる力」をテーマに、一般向けに開催された認知症や寝たきりに関する講演です。 日本顎咬合学会主催の本講演では認知症や寝たきりの介護を通じて、「噛み合わせ」「口腔ケア」の大切さを伝えてくれています。 このページではそんな講演の一部をレポートします。 要介護になってもまた自分で食事をしたり、どこかへ行ったりしたい。 そんな患者さんや家族の気持ちに寄り添う「自立支援歯科学」についての講演が一般向けに開催されました。 患者さんが自分でなんでもできるようになるためのリハビリの方法や咀嚼機能の大切さを分かりやすく伝えてくれる本講演。 このページではそんな講演の一部をレポートしています。 【歯を大切にして、スポーツを楽しむために】スポーツと歯の関係性について、日本顎咬合学会学術大会・総会での講演内容をご紹介!ラグビーワールドカップやオリンピックを控えて、スポーツや運動をしようと思う方もいると思います。 6月4日〜10日の一週間は「歯と口の健康週間」です。 連載第6回目となる今回はセルフケアとプロフェッショナルケアの違いをご紹介します。 歯に関する基礎知識やケアの方法など予防の意識が高まるような情報、ハッとするような内容を紹介していきますので日々の生活に役立てください。 6月4日〜10日の一週間は「歯と口の健康週間」です。 連載第5回目となる今回は歯磨きのしかた、歯磨きグッズをご紹介します。 歯に関する基礎知識やケアの方法など予防の意識が高まるような情報、ハッとするような内容を紹介していきますので日々の生活に役立てください。 6月4日〜10日の一週間は「歯と口の健康週間」です。 連載第4回目となる今回は口臭の原因をご紹介します。 歯に関する基礎知識やケアの方法など予防の意識が高まるような情報、ハッとするような内容を紹介していきますので日々の生活に役立てください。 6月4日〜10日の一週間は「歯と口の健康週間」です。 連載第3回目となる今回は虫歯の原因と治療法をご紹介します。 歯に関する基礎知識やケアの方法など予防の意識が高まるような情報、ハッとするような内容を紹介していきますので日々の生活に役立てください。 6月4日〜10日の一週間は「歯と口の健康週間」です。 連載第2回目は「歯」に関する基礎知識を紹介します。 歯に関する基礎知識やケアの方法など予防の意識が高まるような情報、ハッとするような内容を紹介していきますので日々の生活に役立てください。 6月4日〜10日の一週間は「歯と口の健康週間」です。 歯に関する基礎知識やケアの方法など予防の意識が高まるような情報、ハッとするような内容を紹介していきますので日々の生活に役立てください。 第1回は歯と口の健康週間とは?についてご紹介します。 「虫歯治療」で想像するイメージはどんなもの?麻酔の際のチクっとした後のじゅわ〜っと感じ、「ウィ〜〜ン」「キーーン」といった機械音と歯が削れる音など「怖い・痛い」といったイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?今回は、虫歯治療のイマを調査し「麻酔」と「治療方法」の2つをご紹介いたします。 21世紀の再生医療を支える「歯髄細胞バンク」についてご紹介します。 抜いた親知らずや、抜けた乳歯を再生医療に役立てましょう。 今日は歯みがき、ちゃんとできたかな?歯みがきができたらカレンダーに色をぬって、楽しくピカピカの歯になりましょう!• 歯やお口に関する内容を症状別、病名別に説明しています。 正しい知識を身につけて健康な歯を大切にしましょう。 歯やお口に関する相談に歯医者が答える相談サイト「Ask Dentist(アスクデンティスト)」あなたの歯のお悩みに現役の歯医者がお答えします。 日常生活に役立つヘルスケア情報サイト「for health care(フォーヘルスケア)」ちょっと人には聞きづらい困ったこと、知っていると役立つHowToコンテンツなどの情報を配信しています。 歯医者さんネットについて• 医療従事者の方へ• Copyright C 2002- みんなの歯医者さんネット All Rights Reserved.

次の