ハンセン病 家族 訴訟。 ハンセン病元患者家族訴訟 原告「理不尽な家族断絶」(1/3ページ)

ハンセン病訴訟、国控訴せず 家族差別に賠償 確定へ|【西日本新聞ニュース】

ハンセン病 家族 訴訟

らい予防法違憲国家賠償請求訴訟の略称。 ハンセン病患者を隔離することを認めた「らい予防法 1996年に廃止 」が憲法に反するとして、98年に提訴された国家賠償訴訟。 2001年5月に熊本地方裁判所で原告勝訴の判決が下され、政府の患者隔離政策や国会議員の立法不作為が糺 ただ された。 このほか、東京・岡山を含め多数の訴訟が提起されている。 また,これらの患者本人による訴訟の他に,ハンセン病の患者家族が受けてきた差別偏見などによる被害について,国に謝罪と損害弁償を求めた「」がある。 この訴訟は19年の熊本地裁判決で原告勝訴が確定している。 これらを合わせて「ハンセン病訴訟」と呼ぶこともある。 ハンセン病はらい菌によって引き起こされる感染症だが、感染力が著しく低く、殊に大人同士での伝染はほとんど見られない。 また、潜伏期間が長く、適切な治療がなされずに病状が進行すると、皮膚や神経組織などを侵し相貌にも著しい病変を引き起こす。 こうしたことから古い時代には、前世の悪業の報いによる業病であるなどとされた。 近代になっても、ノルウェーの医師ハンセンが1873年にらい菌を発見するまでは、遺伝的な疾病であるとも信じられ、患者は様々な偏見や差別に苛 さいな まれた。 寺院や宗教者らによる罹患 りかん 者救済の施設は古代から存在していたが、近代になると強引な隔離が行われるようになり、日本では1931年の「癩 らい 予防法」により、終身隔離・患者撲滅政策が強行された。 新憲法下にあって治療法が確立されつつあった53年になっても、患者らの反対を尻目に強制隔離政策を永続・固定化する「らい予防法」が制定され、96年まで継続した。 このような経緯や、社会的偏見、生活基盤の欠缺 けんけつ などにより、すでに完治した千人以上もが全国13カ所の国立ハンセン病療養所に、現在も暮らしている。 こうした中で、人間としての尊厳の回復を目的として、鹿児島・熊本の療養所入所者13人が98年に国家賠償請求訴訟を起こした。 これをきっかけに、国の謝罪、賠償や対策、真相究明を求める動きが広がり、数次にわたる各地の訴訟を合わせ、原告団779人を数える大規模なものとなった。 2001年5月の判決は、このうち1次の13人を含む4次までの127人分。 地裁判決に対して国側は控訴を断念、01年6月には衆参両院でそれぞれ謝罪決議が採択された。 また、同月にはハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律が施行され、生存者には入所時期により800万円から1400万円までの4段階で補償金が支払われる。 なお、国家による不法行為は行政府、立法府だけでなく司法府も例外ではなかった。 政府・国会に遅れること15年、最高裁判所は16年4月にようやくにして謝罪を表明した。 司法手続きでは、裁判すら受けられなかった戦前のみならず、戦後も患者は裁判所の法廷に立つことができなかった。 最高裁が同時に発表した調査報告書によれば、100件近い裁判でハンセン病を理由に「特別法廷」が開かれていた。 熊本の療養所内では、「無菌地帯」などと称する患者が立ち入りできない2階に裁判官が並び、被告は1階の「有菌地帯」で審理を受けたという。 同調査に関する有識者委員会では裁判公開の原則に反し、法の下の平等を定める憲法に違 たが うものではないかとの意見もあったという。 最高裁は「運用上の誤り」を認め謝罪したが、違憲ではないとする。 裁判の正当性などに関する一定の問題をはらんではいるが、患者会や識者らからはこの期に及んで潔くないなどの批判の声が上がった。 金谷俊秀 ライター/2019年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について.

次の

ハンセン病に関する情報ページ |厚生労働省

ハンセン病 家族 訴訟

対象外とされた家族の訴え 本日、ハンセン病隔離政策で差別を受けたとする元患者の家族が損害賠償と謝罪を求めた集団訴訟の判決が熊本地裁で言い渡されました。 かつて「らい病」と称され恐れられてきたハンセン病はらい菌による伝染病で1931年成立の「癩(らい)予防法」成立で強制隔離政策が採られて全国に設けられた国立療養所に入所させられるようになりました。 戦後も一部を作り直した「らい予防法」が成立(1953年)。 隔離政策が続きます。 他方、48年成立の優生保護法(現在の母体保護法)によって入所者の避妊ないしは人工妊娠中絶を認める「断種」がなされてきたのです。 96年にようやく「らい予防法」を廃止。 98年提訴された患者・元患者を原告とする「らい予防法」違憲国家賠償請求裁判で熊本地裁が2001年「違憲」と断じて賠償を命じる判決を下しました。 政府(行政府)は「患者・元患者が高齢であり早期の解決が必要」との理由で控訴ぜず確定。 国会(立法府)も補償する法律を可決成立させるなど謝罪と救済の措置を講じたものの家族が対象外で本日判決の訴訟が起こされたのです。 光田はなぜ強制隔離や断種を主導したのか 強制隔離や断種といった非人道的な営みがなぜかくも長く国家の手でなされてきたか。 さまざまな理由があるなか、今回は光田健輔(1876~1964)という医師の存在からアプローチしてみます。 光田は「救らいの父」とまで呼ばれたハンセン病の専門家で、一生をかけて取り組んだ学究です。 原因不明の奇病で死の病とされ、ゆえに研究者さえ怖がって近づかなかった疾患を「らい菌による伝染病」と規定します。 最先端の学説を取り入れ、細かい検討を加えた結果、ハンセン病は強い伝染病で強制隔離すべしという立場を明確化。 1909年、現在の国立療養所多磨全生園に赴任し、30年には国立療養所長島愛生園長に就任しました。 47年、ハンセン病の特効薬「プロミン」が国内でも導入されるようになり55年代ごろまでには薬の「国内外での評価が確定的なものにな」った(熊本地裁判決文)。 にもかかわらず光田は隔離政策を主張し続け「らい予防法」制定にも積極的に関与しました。 すでに絶対的存在となっていた光田と彼を支持する光田派医師の結束は固く「不治の病ではない」からと強制隔離や断種に反対した小笠原登医師らの反論を戦前に退け、持論に固執したのです。 小笠原説はハンセン病はらい菌そのものの毒作用で発病するのではなく、それに感受性をもつ人が発病し、「治った」という状態も、身体から菌がいっさいなくなったという状態を意味するわけではないというもの。 現代の感覚だと至極真っ当で感染症の多くが同じようだとわかるのですが、当時は伝染病(ないしは疫病)といえばペストやコレラなど死病を連想させ、小笠原説をもってしてもハンセン病の恐ろしさを払拭できなかったようです。 全国国立らい療養所患者協議会(全患協)らによる反対運動も黙殺されました。 光田派の理念は患者は社会で偏見などに苦しむよりも隔離施設という「楽園」で過ごした方が幸せで、そのなかで入所者同士が使命感に満ちた(光田のような)医師らと暮らして婚姻も許すというものです。 ただし子をなすのは元々が病人である患者の母体に危機が及び、子にも感染する可能性があるので断種するという発想でした。 本質にハンセン病患者を最終的に抹殺するという意図があったのは明白で優生思想そのものながら当時は思想そのものが一定の合理性を認められており、故に優生保護法も制定されています。 患者団体の「反乱」は「楽園」秩序を乱すけしからぬ行為というのが光田派の発想で社会もまた許したのです。 あまりに長かった不作為の期間 とはいえ光田は64年に死去しています。 「らい予防法」が廃止される96年まで何故放置されていたのでしょうか。 厚生省(現在の厚生労働省)は64年発表の「らいの現状に対する考え方」でらい菌の伝染力はきわめて微弱と認めました。 すでに特効薬も存在しているから、この頃に何らかの動きがあってよさそうなものでした。 熊本地裁判決でも「隔離規定の違憲性は、遅くとも1960年には、明白になっていた」と指弾している通りに。 しかし政府の動きは療養所の待遇改善という微温的なものに止まり「きわめて弱い伝染力」と「治る」の両見解は国民の恐怖感や偏見を和らげた半面で無関心を呼び起こしたようです。 「滅多にかからず、治る病気」ならば自分には関係がないと。 しかも患者・元患者は生活圏から外れた施設に収容されていて回りにいないため存在すら忘れていきました。 元厚生官僚で国立ハンセン病療養所課長などを歴任した大谷藤郎元国際医療福祉大学総長(1924~2010)が在官中に恩師であった小笠原医師の主張を実現させられなかった悔恨から「らい予防法」廃止運動や国家賠償訴訟で積極的な役割を果たすなどの努力が報われてようやく非人道的行為を少なくとも法的には改善しました。 地裁判決は「国会議員の立法上の不作為」を問題としています。 議員を選んでいるのは有権者であり、今日の判決でも真に裁かれているのは国民1人1人なのです。 筆者もまたその1人。 医学を収めたわけでも何でもない物書きが偉そうに何を解説しているのかというためらいはございます。 しかし「専門家に任せておけばいい」という姿勢こそ悲劇を助長した無関心を招いた原因だという点に鑑みてあえて字にした次第です。 我々は何をしなかったのか 光田イズムとは何であったのでしょうか。 「ハンセン病資料館」の紹介に「らいに明け、らいに暮れた光田健輔の足跡は是とするも非とするも、日本のらいの歴史の中で一つの時代を画した生涯であり、その時代的背景を見ずして語ることはできない」と指摘していました。 今でも同資料館は「あらましとお願い」のなかで「『光田が悪い』『国も悪い』『ハンセン病患者は気の毒だった』というように、ご自身は第三者の立場であるかのように考えてはいませんか」と問いかけます。 その上で固有名詞や当時の記載など、そう表記せざるを得ないところに限って用いたのをご理解いただければ幸いです。

次の

ハンセン病家族 知られざる被害と終わらない差別

ハンセン病 家族 訴訟

スポンサーリンク ハンセン病訴訟をわかりやすく説明 判決結果内容も ハンセン病家族訴訟の争点 今回の裁判は、ハンセン病患者本人ではなく、身内や親族にハンセン病患者がいた為、不当な差別を受けた家族が起こした集団訴訟です。 実際、ハンセン病の感染力は、非常に弱く、殆ど感染する心配が無いのに、就職で不利になったり、町中に住めないなどの差別が横行しました。 また、根拠も無く遺伝による発病が疑われた為、縁談が断わられるという事も多かったようです。 これは、単に親族にハンセン病患者がいるというだけで、行われました。 こうした国の間違った防疫対策により、不当に社会から阻害されたハンセン病患者家族に対して、責任を争ったのが、今回の裁判です。 判決 元患者家族561人が、国に1人当たり550万円の損害賠償と謝罪を求めた集団訴訟の判決で、 熊本地裁は28日、国の責任を認め、原告541人に対し、1人当たり33万~143万円(総額3億7675万円)を支払うよう命じた。 元患者の家族による集団訴訟の判決は初めて。 遠藤浩太郎裁判長(佐藤道恵裁判長代読)は 「隔離政策により、家族が国民から差別を受ける一種の社会構造を形成し、差別被害を発生させた。 家族間の交流を阻み、家族関係の形成も阻害させた。 原告らは人格形成に必要な最低限度の社会生活を喪失した」と指摘した。 スポンサーリンク ハンセン病とは? ハンセン病とは、ある一定の年齢以上の方にとっては、「らい病」と言った方が、理解しやすいと思います。 病気自体は、キリスト教の聖書にも記述がある程、古くから知られている病気です。 1873年にノルウェーの医師、アルマウェル・ハンセン氏が「らい菌」という病原菌を発見するまで、正体不明の病気として、様々な呼び方がされていました。 日本でも、「らい病」からハンセン病へと改名されたのですが、それには呼称の統一という事以前に、「らい病」という言葉から思い起こされる、差別と偏見の歴史を断ち切る意味合いが合ったと言われています。 なので、特に歴史的文脈を誇張するようなケース以外では、「らい病」という言葉は、使われなくなりました。 症状は主に、末梢神経障害と皮膚症状になります。 潜伏期間が長く、症状の進行も遅いので、かなり病気が進行してから気がつく事になります。 ハンセン病を特徴づけるのは、鼻や耳などの欠損や、毛髪の抜け落ちなど、外見を著しく傷つける症状です。 器官の機能を低下させるのは、もちろんですが、容姿的な変形が恐怖心を引き起こす程に激しい為、昔から罹患者は、恐怖の対象になっていました。 スポンサーリンク まとめ 聞いた話ですが、その方が小学生だった頃、昭和50年代だったとのことですが、神奈川県にある北里大学病院の付近を歩いていた時、目深にフードを被った女性の顔を舗道の反対側から、偶然見てしまった事があったそうです。 その方は子どもだった事もあり、衝撃で立ちすくんでしまったので、恐らく相手も気がついたとのことですが、症状が進行した状態のハンセン病患者の外見というのは、それくらいインパクトがあるそうです。 非常に表現がダイレクトになりますが、文字通り顔が崩れているように見えたとのことです。 それから、既に40年近く経過しているはずですが、鮮明に覚えているとのことですから、理性では抑えきれない衝撃が判ります。 もちろん、患者さんにとって何の責任も無い事ですが、ハンセン病が正体不明の難病だった頃に強制隔離という政策を生んだ背景も一面では理解できてしまう方がおられるのも事実です。 本気で調べれば、正しい情報が手に入る現代こそ、偏見に惑わされない態度が大事であると思います。 カテゴリー• 112• 241• 313• 120• 308• 100• 811• 248• 241• 117.

次の