ゆうちょダイレクト ログイン。 ゆうちょダイレクトについて。

照会・再発行・初期化の手続き(ログインできなくなった時など)|ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクト ログイン

素早く見るための目次• IDマネージャーを使って一気にログイン操作 IDマネージャーとは マスターパスワードひとつで、大量のIDパスワードを暗号化して保存できるフリーソフト。 長く使っていてこれ無しではネット利用は考えられないほど。 対応OSはWindows。 Wineを使えばLinuxでも動作します。 一括貼付け機能で複数のIDやパスワードを自動で入力 コマンドを並べてマクロ的に処理できます。 ゆうちょダイレクトのように操作が多いサイトで一括貼付けは便利。 ゆうちょダイレクトでのIDマネージャーの設定 ブラウザはChromeですので、IDマネージャー設定をクリップボード経由にします。 DelayTimeは400m秒に設定。 コマンドで3回連続Delay Timeを並べているのはゆうちょサイトが重い時に画面切り替わりに時間がかかることが有るため。 余裕を持たせています。 サイトのデザインが変わると、一括貼付けがうまく機能しなくなることがあります。 その時は手動で動かして調整部分を見つけてコマンドを見直します 「Paste Type」を先程命名した「ゆうちょ」にしておくこと。 ここに登録されたものが一括貼り付けコマンドとして実行されます 一括貼り付け実行アイコンをクリック 一括貼り付け機能で、コマンドが実行されて自動ログインをします。 下の画像はGIFアニメです。 コマンドの動きを赤矢印で示しています。 コマンドと見比べるとわかりやすくなっています。 スポンサーリンク IDマネージャーのデータバックアップ 大量のID、パスワードを安全に保管できて便利なんですが、万一データが失われると大変なことになります。 定期的にデータバックアップをとっておきます。 暗号化されたデータが出力されます。 データは分散して保管。 Gmail、Yahooジャパンのメール、Outlookメールに自分のアカウントを作って、出力されたファイルをそれぞれのアカウントに送っておきます。 3社が全滅ということは考えにくいのでこれだけやっておけば万全でしょう。 更に、USBメモリやスマホ本体内にも保存しておけばネットが使えないときでも安心です。

次の

ゆうちょダイレクトについて。

ゆうちょダイレクト ログイン

ゆうちょダイレクトとは? ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホからいつでも利用できるオンラインサービスです。 郵便局の窓口やATMが閉まっている時間帯でも、パソコンやスマホから手軽にゆうちょ銀行の口座にアクセス可能です。 ゆうちょダイレクトでできること ゆうちょダイレクトでは様々なサービスを取り扱っています。 ・残高照会 ・ゆうちょ銀行あての振替 ・他の金融機関あての振込 ・ペイジーでの支払い ・担保定額貯金・定期貯金の預入れ ・投資信託口座などの開設申し込み ・投資信託の取引・照会 など これらのことがすべてパソコンやスマホからできます。 実際に使ってみて分かったゆうちょダイレクトの便利な点 ここでは筆者が実際に使ってみて「便利だな」と思った点をご紹介します。 すぐに残高確認ができる 実際に使ってみると、自宅や出先などどこからでも残高照会ができるのがとても便利です。 また引き落とし前になって「残高足りたかな…?」と不安になった時もスマホから簡単にチェックできるので重宝しています。 ゆうちょ認証アプリで簡単ログイン スマホからログインする場合「ゆうちょ認証アプリ」を利用すると便利です。 ゆうちょ認証アプリは、ログインや送金時に本人認証機能として使える専用のアプリです。 このアプリをダウンロードし、「生体認証ログイン」に一度登録すれば、Fece IDやTouch IDで簡単にログインが可能です。 月5回まで振替が無料 通常のゆうちょ銀行間の送金(電信振替)の場合、ATMで146円の手数料がかかります。 しかしゆうちょダイレクトなら月5回まで無料(6回以降は100円)です。 5回以上振込むことはめったにないので、無料のまま使えています。 ATMに行かなくてもいい! これまで振込のたびにATMに行っていましたが、それがパソコンやスマホでできるようになりました。 通帳に記帳しにいかなくても、いつどこへ振り込んだのかが分かりやすく、お金の管理がしやすくなりました。 ゆうちょダイレクトの申し込み方法 ゆうちょダイレクトは、ゆうちょ銀行に口座のある人ならだれでも申し込めます。 Web・テレホンサービスWeb、書面で申し込みが可能です。 Web申し込みの場合、手元に「通帳」と「キャッシュカード」があればすぐに残高照会ができるようになります。 「郵便局になかなか行く時間が取れない」「手数料を安くしたい」をお考えの方は、ぜひゆうちょダイレクトの利用を検討してみてはいかがでしょうか。 公式サイト:.

次の

ゆうちょダイレクトについて。

ゆうちょダイレクト ログイン

上記以外の手続き 以下の状況に該当する場合等、上記以外の手続きをされる場合は、以下のボタンからお手続きください。 なお、ログインできない理由がよく分からない場合等は、をご検討ください。 登録済みのメールアドレスが使用できず、各種取扱いができない• Webかんたん利用申し込みを行った後、紛失や期限切れ、または一定回数誤入力したことにより制限解除用パスワードが無効となった(ゆうちょダイレクト画面に再発行ボタンが表示されない)• 登録済みの携帯電話が使用できず、新たに使用する携帯電話でログインできない (ワンタイムパスワードを確認できる場合は、パソコン・スマートフォンから解除可能)• 紛失等により利用停止していたトークンが見つかったため、再度利用したい• 「利用停止してログアウト」した後、メールが受信できず停止解除(ログイン)できない 再申し込みをする場合の注意点• 再申し込み前の入出金明細が確認できなくなる場合があります。 登録していた送金先情報(及び無料送金回数(月5回まで))は引き継がれます。 送金予約が取り消されます。 ゆうちょダイレクト+(プラス)をご利用の場合、同取り扱いが廃止されます。 通帳を送付いたしますので、再申し込み後もゆうちょダイレクト+(プラス)をご利用になる場合は、改めてゆうちょダイレクト+(プラス)への切替手続を行ってください。 ゆうちょダイレクト国際送金の差出人登録および受取人登録が初期化されるため、申し込み済みのゆうちょダイレクト国際送金の内容の照会や変更等ができなくなります。 ゆうちょPayおよびゆうちょ通帳アプリをご利用の場合、口座の再登録が必要です。 なお、ゆうちょ通帳アプリについては、ゆうちょダイレクトの再申し込みの手続が完了するまでの明細は取得できません。

次の