示す 意味。 【夢占い】幽霊の夢が示す意味26選 女の幽霊・遊ぶ・ポルターガイストなど状況別に診断

恋愛成就!? 「顎のニキビ」が示す意味【ニキビ占い】|「マイナビウーマン」

示す 意味

「示す」という言葉の意味は「特定の物事を相手にはっきりと伝えること」や「特定の物事を相手に教えるために、その内容を相手に指し示すこと」を言います。 つまり「わかりにくいことを実物や事例をもって相手に指し示すこと」を意味します。 この「特定の物事を相手に指し示すこと・伝えること」を意味する言葉の敬語が、この「示す」の敬語表現と同じように扱われることになります。 一般的な「示す」の敬語としては、「お示しになる」、「ご紹介する」、「明らかにされる」、「お教えになる」、「お伝えする」、「ご提示される」、「ご支持を受ける」などの言葉で代用され、それぞれの文脈や内容の背景によって表現されます。 「示す」の謙譲語 謙譲語というのは、「相手と自分の立場や関係を問わず、話者が自発的にその立場や姿勢を低めて敬意を示す敬語表現」を意味します。 「示す」の謙譲語表現も、この謙譲語の基本的な意味合いをもって表現されます。 そして謙譲語で敬語表現される場合は、「示す」というより「示される」という言い方が一般的にされます。 ・お示しになられます。 ・ご提示されました。 ・お教え下さい。 ・ご支持を受けました。 ・明らかになされました。 ・顕著に表現されました。 ・著しくご提示されました。 ・詳細に教授されました。 ・明らかにお伝え下さいました。 これらの言葉・表現が並びますが、どの表現の中にも「特定の内容・事柄を相手に指し示す」という意味合いが含まれ、そのために「その特定の内容・事柄を示す実物や事例を提示すること」が伴われます。 「示す」の尊敬語 尊敬語というのは、特にビジネス上では最もよく使われる敬語表現で、「目上の人・上司に対して敬意を示す敬語表現」を意味します。 この場合も謙譲語と用法が似ていて、自分の立場や姿勢を低めて相手を立てる言い方が一般的に認められます。 ・お示しいただければ幸いです。 ・ご提示いただきます。 ・ぜひとも、お教え下さい。 ・ご教授いただければ幸いです。 ・ご掲示いただくことができれば幸いです。 ・ご指南下さい。 ・お教えいただければ幸いです。 ・明らかにしていただければと存じます。 ・ぜひとも、ご連絡いただければ幸いです。 尊敬語で「示す・示して下さい」という旨を伝える場合は、「教えて下さい」や「ご連絡下さい」というい方が一般的にされ、特にビジネス上で「ご連絡下さい」と言う場合は「正確かつ詳細に教えて下さい」という意味合いがすでに含まれます。 「示す」の敬語での使い方 日本語を覚える際でも外国を学ぶ際と同じく、1つ1つの言葉を実際に「使って覚える」という覚え方が効果的です。 この「示す」という言葉を覚えるときも、ぜひこの「実践的な覚え方」で学習してみて下さい。 ・先日いただきましたA企画の起案書を、ぜひご提示いただければ幸いです。 ・この件につきまして、ご提示して下さい。 ・報告書のこの部分につきまして、ぜひ詳細なご説明をお送り下さい。 ・今後の計画プランにつきまして、詳細な方向性をお示し下さい。 ・この案件につきまして、ご教授いただければ幸いです。 ・後日におきまして、先日のセミナー報告をご提出いただきたいです。 ・こちらのサービス提供へのご意見を、ぜひお伝え下さい。 「示す」という言葉はおのずと「方向性」を言う場合があり、計画の方向性や事業プランのアイデアの方向性など、その人の考えを聞く場合も含まれます。 敬語の種類 日本語の敬語には「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の3種類があります。 それぞれの敬語の性質生かす形で、いろいろな用例において各敬語が使い分けられます。 尊敬語は「目上の人・上司に対して話者が一方的に敬意を示す敬語表現」で、ビジネス上では最も多く使われる敬語です。 謙譲語は「相手と自分の立場や関係を問わず、話者が自発的にその姿勢や立場を低めて敬意を示す敬語表現」で、ビジネス上でも日常生活においても、一般的に遣われます。 丁寧語は「です・ます口調」で表現される言葉にはじまり、「不特定多数に丁寧な言葉遣いで公示される当たり障りのない敬語表現」で、尊敬語にも謙譲語にも認められるポピュラーな敬語になります。 「示す」の敬語の使い方 ビジネスメールでは特に文語表現となるため、文法上の表記ミスや誤字脱字には注意して書かなければなりません。 その上で「示す」という言葉の正確な敬語表現を場面にしたがって使い分け、とにかく相手に非礼がないよう振る舞わなければなりません。 ・正確な休暇理由につきまして、ご連絡いただければ幸いです。 ・過失に至るまでの詳細な経緯をお教えいただきたいです。 このようにさまざまな場面において「示す」の敬語表現は変容します。 それぞれの場面においても、相手の立場を見定めた上での敬語表現が必要です。 「目上の人に対する敬語」になるため、尊敬語での「示す」の表現をしなければなりません。 この場合は「ご提示下さい」や「お示し下さい」という言い方は非礼に当たりますので、「ご教授下さい」や「ご連絡いただければ幸いです」と、あらかじめ相手の立場を上位に見た謙譲語表現に近くなります。 ・ご助言を拝借させていただければ幸いです。 ・報告書の作成につきまして、ご教授いただければ幸いです。 ・この度の先方会社へのよきご協力の方法につきまして、どうぞご指南下さい。 このように「教えて下さい」という形にしておき、あらかじめ自分の姿勢や立場を低めて表現するのが一般的です。 「示す」を敬語表現するときの例文 いかがでしたか。 今回は「示す」の敬語表現・示すの使い方と例文・別の敬語表現例 と題して、「示す」という言葉の正確な意味合いと敬語表現、その用例について、さまざまな分野・情報からご紹介しました。 「示す」という言葉はそのまま「示す」という表記で使われる場合もありますが、「ご連絡下さい」や「ご提示下さい」、または「お教え下さい」や「ご教授下さい」などの、全く違った語形で表現される場合があります。 このように「示す」という言葉はいろいろな表現例を持っていますので、実際に「示す」という言葉が入った文章や会話表現を使っていくことによって、さらに「示す」の正確な意味合いや敬語表現についての理解が深まることでしょう。

次の

「難色を示す」とは?意味や使い方をご紹介

示す 意味

「意向」の意味と使う場面 「意向」の意味とは 「意向」とは「考え」や「どうしたいのか」という「考えや気持ちの向かう方向」という意味です。 「気持ち」や「考え」、「考え方」、「〜するつもり」という幅広い意味を示します。 「意向」を使う場面 ビジネスにおいて「意向」を使う場面は、営業活動など社外での活動を上司に報告する場合や、社内での決定事項を取引先に報告する場合など、第三者の考えを別の第三者に伝える場合に使います。 また自分の考えや自分の属する企業や団体の考えを別の第三者に伝える場合にも使います。 ビジネスシーンにおいては、「御」を付けて「ご意向」という敬語として表現するのが一般的です。 自分の考えや、自分の属する企業や団体などの意思を表す場合はそのまま「意向」という形で使う事もあります。 「意向」の使い方 「ご意向」として使う 敬うべき第三者の考えを、別の第三者に伝える場合は、「ご意向」という敬語で表現して使います。 「先方は中止のご意向を示されました」という表現の場合は、「先方」は取引先で敬うべき第三者となり、その方の考えを上司などに報告しているシーンでの使い方です。 「こちらは先生のご意向ですか?」という表現では、「先生」という敬うべき相手に考えを尋ねているシーンです。 この場合も「ご意向」という敬語表現で使います。 自分の考えとして使う 自分の考えまたは自分の属する企業、団体の考えを第三者に伝える場合は、「御」を付けると自分に対しての敬語となるので「意向」のままで使います。 「弊社ではこのまま工事続行する意向でございます」であれば、こちら側の考えを第三者に伝えるので、「御」を付けずに用います。 「私の意向としましては、A社とB社の契約は時期をずらすつもりでございます」では、こちらも自分の考えなので、「御」を付けずに使っています。 他人の考えとして使う 第三者の考えを別の第三者に伝える場合、考えを持っている第三者が自分の属する企業や自分側の人間で、伝えるべき第三者が敬うべき相手だった場合は、自分側を謙って「意向」のまま使います。 「弊社の意向としましては、御社の決定有無で判断する所存でございます」という表現になります。 広い意味での「考え」や「希望」を伝えることができる 「考えや気持ちの向かう方向」として伝える 「考えや気持ちの向かう方向」を意味する「意向」という言葉は、ビジネスシーンにおいては「考え」を丁寧に表現した言葉として使われているので、「考えや気持ちの向かう方向」を厳密に示すというわけではありません。 「意向」はどちらかというと慣用句的に使われる言葉なので、広い意味の「考え」や「希望」としても使うことができます。 「意思」や「意志」を伝えることもできる 「意思」と「意志」はどちらも同じような意味ですが、厳密に言うと「意思」は「気持ちの向かう方向」であり、「意志」は「考えの向かう方向」であると言えます。 どちらも考えであることには変わりはないので、「意向」を使って表現することができます。 「意向」の類語 自分の考えを示す類語 「意向」は考えを示す広い意味で使う事が出来るので、類語としては範囲が広いのが特徴です。 こちらの 考えとしましては、A案を使って頂きたいと存じます• 弊社は是非A社様のプランを生かす つもりでプロジェクトを組んでおります• 私はそのまま続ける 意志を伝えた 他人の考えを示す類語 他人の考えとしても広い意味で使う事ができます。 先方は中止の お考えのようです• 先生の ご意見を伺いたく存じます• 御社の ご意思は、こちらの案で進めたいという事でございますか?• B君の 決定も是非考慮していただけませんか? 「意向」の例文 自分の考えを示す例文 自分や自分側の考えを伝える場合は、「意向」をそのまま使います。 こちらの意向としましては、A案を使って頂きたいと存じます• 弊社は是非A社様のプランを生かす意向でプロジェクトを組んでおります• 私はそのまま続ける意向を伝えた 他人の考えを示す例文 他人の考えとして伝える場合は、他人がどのような立場なのかによっては使い分けが必要です。 「御」を付けた敬語として「ご意向」と表現するか、「意向」のまま表現するかを区別して使います。 先方は中止のご意向のようです• 先生のご意向を伺いたく存じます• 御社のご意向は、こちらの案で進めたいという事でございますか?• B君の意向も是非考慮していただけませんか? まとめ 「意向」の意味と使い方をみてまいりました。 「考え方の方向」や「気持ちの方向」、「気持ち」や「〜するつもり」など意思を示す幅広い意味で使う事ができます。 ビジネスシーンにおいては慣用句的に使われている汎用性の高い言葉である事がわかりました。 「意向」は会議や報告書、上司や目上の方との会話など、あらゆるシーンで気持ちを伝える事のできる便利な言葉です。 ビジネスマンとしては、もちろん使う場面のとても多い言葉と言えます。 その上で、「御」を付けた使い方や、「御」を付けない使い方など、あらゆるシーンで使い分けをして「意向」を使いこなしてまいりましょう。

次の

「意向」の意味とビジネスでの正しい使い方

示す 意味

エンジェル ナンバー『5』が表す意味とは? 5は、一桁の数字の真ん中に位置することから 全体を見渡す、いわば 全ての中心となる数。 さらに、万物の絶え間ない変化を意味することから、 進歩や変化の象徴でもあります。 エンジェルナンバー5は、 あなたの周りで今、 大きな変化が起きようとしていることを意味しています。 また、あなたがすでに、 大きな変化を遂げたことを意味する場合もあるようです。 エンジェル ナンバー『5』が表すメッセージ 天使は、 これから身の回りで起きる(すでに起きている)大きな変化が、あなたにとってきっとプラスに働くことを伝えています。 この宇宙にある万物は絶え間なく変化しつつ、 進歩向上を目指すもの。 それはあなたの人生も例外ではありません。 私たちは、目の前で起きたことを、 つい否定したり肯定したりします。 ただ、人生の大きな流れの中から見た時、 起きること全てはあなたの進歩向上に通じているのです。 あなたのそばにいる天使は、 いつもその手助けをしてくれています。 5の数字の他の意味は? 数秘術においても、 5は 変化を意味します。 また、 行動力や 柔軟性という意味もあります。 5の数字が持つエネルギーは、 力強い人生の流れそのものと言えるでしょう。 大事なことは、常日頃から、 『ありたい自分』をハッキリと心に思い描くことです。 それは、変化の中にあって、 あなたの目指すべき方向を示す道標(みちしるべ)になってくれます。

次の