浮気妻 再構築。 妻の浮気から再構築=元の夫婦に戻るでない!離婚せず後悔しない方法

浮気した夫と再構築!不倫を許し元の夫婦関係を取り戻す方法

浮気妻 再構築

実際に成功!嫁の浮気のあと再構築ができたパターン 浮気した嫁と再構築を選んだものの、「本当に再構築できるのか」と不安を抱えている人は多いと思いますが、実際に再構築に成功した夫婦は存在します。 まずは、嫁の浮気のあとに再構築に成功したパターンを確認してみましょう。 誓約書とは、再構築してもらう代わりに 二度と浮気をしないこと・約束が守れなかった場合の対応などが細かく記された、 法的な効力を持つ書面です。 この書面に記された内容は必ず遂行する義務が生じるため、覚悟を持った人でない限り作成しようとしません。 「誓約書を作成してまで離婚を回避したい」という覚悟があったからこそ、再構築に成功したのでしょう。 ほとんどの人は、浮気をされたことで嫁を信じることができなくなってしまいます。 それでも再構築を選んだということは、「嫁を許して新たな夫婦関係を築こう」という覚悟ができたのだと考えられます。 許したからには 何があろうと浮気を責めない気持ちでいるからこそ、再構築が成功したのでしょう。 妻の不倫を夫が許して再構築が成功する場合が多い 不倫を許せると再構築に成功する可能性は高い! 浮気した嫁との再構築を選んだのであれば、「絶対に再構築を成功させたい」と思いますが、本心では「本当に再構築できるのかな」と不安を抱えていることでしょう。 再構築を選んでも信用できずに離婚してしまった夫婦がいるため、再構築を選んだからと言って絶対に成功するとは限りません。 しかし、再構築に成功した夫婦に共通して言えることは、 妻の浮気を夫が許しているということです。 不安や迷いがあるまま再構築を選んだところで、夫婦の溝が埋まることはなく、結果的に離婚してしまいます。 本気で再構築させたいのであれば、 二度と浮気を責め立てない覚悟ができるまでは、浮気した嫁との再構築は選ばないほうがいいでしょう。 再構築を成功させた夫婦に共通する2つの特徴 浮気した嫁との再構築を成功させたい人は、再構築を成功させた夫婦に共通する特徴を確認しましょう。 「寂しかったから」「セックスレスだったから」といった理由で浮気をしてしまったかもしれませんが、浮気は重大な離婚事由であり、場合によっては高額な慰謝料を請求することが可能な不貞行為です。 両親の前で浮気を晒されたり、高額な慰謝料を請求されたり、両親が土下座をして謝っている姿を見ることで、 自分がどれだけ大変なことをしてしまったのかということに気づいたのでしょう。 自分の犯した過ちを深く反省したからこそ、再構築できるようです。 浮気と言う最悪な裏切り行為をされたにも関わらず、嫁の反省を受け入れて、「もう一度だけ嫁を信じよう」「もう一度だけ夫婦としてやってみよう」と覚悟を決めたのでしょう。 裏切った人を信じようとするほど、精神的に参ってしまうことはありません。 しかし、その覚悟を持って嫁との再構築を選んだからこそ、再構築に成功したと考えられます。 関係悪化!再構築できない夫婦の特徴 浮気した嫁と再構築できた夫婦がいれば、反対に関係が悪化して再構築に失敗した夫婦がいます。 次は、再構築に失敗した夫婦の特徴を確認しておきましょう。 その場しのぎの反省した姿に騙されてしまいうことに、「ここまで反省していれば大丈夫だろう」「もう浮気をすることはないだろう」と思い込んでしまったようです。 ほとぼりが冷めた頃に浮気相手と連絡を取りはじめたり、新しい浮気相手と関係を持ってしまうなど、浮気がもたらす悲惨な結末を理解していないと考えられます。 再構築を選んだものの、嫁を信じることができなかったのでしょう。 事あるごとに「浮気をしたくせに」「浮気をしなければ疑うことはなかったんだ」と全ての問題を浮気した嫁に責任を押し付けてしまえば、 二人の関係が前に進むことはありません。 責め続けられることに耐えきれなくなった嫁から、離婚を切り出す場合があります。

次の

妻の浮気からの再構築│成功体験談、必要な覚悟、シタ嫁を許す方法、夫婦円満になる秘訣

浮気妻 再構築

たった一人で悩んでいませんか? 浮気する人の心理や行動などを熟知した専門カウンセラーが であなたのお話をうかがいます。 しつこい電話勧誘はいたしません。 何か解決策が見つかるかもしれませんので、お気軽にご相談ください。 相談するメリットや相談例などをまとめた もご一読ください。  不倫発覚後の再構築について今一度考えていただきたいことがあります。 再構築とは不倫により崩れてしまった夫婦関係を元通りにすることではありません。 一度起こってしまった不倫という事実を消し去ることなんてできないのです。 再構築の本当の意味は、 不倫発覚後に夫婦が新たなスタートを切ることをいいます。 不倫をされた側はとても大きなショックを抱えながら一から努力しなければならないのですから、相当の負担がかかることでしょう。 ここでは夫婦の再構築をする前に考えていただきたいことをお伝えしながら、実際に再構築をするためにやるべきことをお伝えしたいと思います。 今は大変お辛い状況かと思いますが、くれぐれも無理はせずに、あなたのできる範囲でゆっくり再構築への道のりを歩んでいってくださいね。 再構築をする前に考えて欲しいこと 不倫発覚後に再構築をすることを決めた方、または再構築を検討中のあなたに今一度考えていただきたいことがあります。 簡単に傷は癒えない いくら再構築をするからといって、不倫の事実は消えませんし、傷が癒えるまでどのくらいの時間が必要になるかもわかりません。 再構築を急いだり、焦る必要はどこにもないということをわかっていただきたいのです。 もちろん夫婦関係を修復して早く幸せな生活を送りたいと考えることもあるでしょう。 しかし、あなたが感じた苦しみや悲しみを無理に封印して、再構築をすることに焦りを感じても結果的にあなた自身が苦しい思いをするだけです。 過去を気にせずに前進しようとする気持ちは良いことですが、自分が思っている以上に心身共にナイーブであることを理解したうえで、再構築に臨んでいただきたいと思います。 長い長い道のりになることを覚悟する あなた自身がどれだけ努力をしても、一度壊れた関係をまた一から築き上げることはとても大変なことです。 どれだけの時間がかかるかもわかりませんので、結果を早く求めるのではなく、それなりの時間が必要になることを覚悟することになるでしょう。 相手にすべての感情をぶつけたあとにやるべきこと 相手に対して、たくさん怒りったり泣いたり、感情を露にして相手に怒りや悲しみをぶつけた後は、 「あなたのことは許せないけど再構築するように頑張るから私のすべての感情を受け止めて欲しい」と正直に伝えてみてください。 どれだけ相手が反省し、謝ってきたとしても 許したくなければ無理して許す必要はありません。 許すこと=再構築と考える方がいらっしゃいますが、別物と考えていいのです。 許さなくても再構築はできますので、相手を許せないのであればはっきり許すことはできないと伝えましょう。 しかし、再構築をすると決めたのであれば、あなた自身も再構築に向けて協力する必要がありますので、再構築できるようにパートナーと一緒に歩んでいくという気持ちを相手に打ち明けてみてください。 不倫後の再構築のためにできる6つのこと 不倫後の再構築をするためにできる6つのことをご紹介します。 不倫の話はしない どれだけ許せなくても、過去起きた不倫の話を会話に出すのはやめましょう。 また、不倫するかもしれないと心の中で不安に思うことは仕方のないことですが、そのことを相手に伝えることは望ましくありません。 相手も再構築に向けて努力しているのであれば過去の話を掘り返してもマイナスにしかならないと思っておいてください。 話したいことは我慢せずに相手に伝えるようにする 言いたいことをなんでもかんでも相手に伝えるのではなく、本当に必要と思うことであれば我慢をせずに相手に伝えるようにしましょう。 相手の話も聞いてあげる 自分のことだけでなく、時には相手の様子を伺い、話を聞くようにしてください。 お互いの気持ちを通じ合わせるためにも、自分の気持ちをしっかり伝え、相手の言うことも受け入れる態勢をとりましょう。 お互いの予定を把握するようにする 夫婦のどちらかが何をしていても気にならないという場合でも最低限の予定は把握するようにしてください。 帰りが遅くなるときは必ず連絡させるべきですし、週末の予定などできる範囲でいいので、把握するように心がけましょう。 スキンシップを大切にする 不倫をする理由は様々ですが、その中で夫婦間のスキンシップが皆無であることから不倫に発展してしまったケースは非常に多いです。 付き合いが長くなるほど、スキンシップを拒む方がいると思いますが、夫婦である以上何年経ってもスキンシップは大切にすべきですし、どちらか一方が求めてきたスキンシップを拒むというのは大変酷なことであります。 夫婦の絆を深めるためにも、スキンシップを積極的にとるようにしましょう。 忙しくても2人の時間を作る 夫婦2人の時間を作ることはとても大切です。 子どもがいてそれどころではない!という方もいるでしょう。 2人で出かけることができない場合は、子どもが寝たあとに2人で話したり、お酒を飲んだり、DVDを見る時間など作るようにしてください。 怪しい行動はとらない・とらせない 相手を不安にさせる行動をご自身もとらないようにしましょう。 もちろん相手にも同じことを伝えるべきです。 【関連記事】 不倫の誓約書を書かせるのも1つの方法 二度と不倫をしないと約束させる 不倫の誓約書とは、不倫にまつわる約束事を残す書面のことをいいます。 一般的には不倫が発覚したときに誓約書の作成することで二度と不倫をさせないことに加え「もしまた不倫をしたらこんなことになりますよ」と 相手にこちらの本気度をわからせることができます。 誓約書の作成や注意点については以下の記事に記述してありますので、興味がある方は一読することをおすすめします。 【関連記事】 自分でどうにもできないときは無理せず専門家に相談しよう 不倫を経て再構築をすることは想像以上に心身共に大きな負担がかかります。 どれだけ頑張ろうとしても、どうにもならない時が来るかもしれません。 そんな時は無理をせず、夫婦問題を専門に行うカウンセラーに相談しましょう。 これまで様々な夫婦を見てきた専門家の目線であらゆる助言をもらえるはずです。 まとめ 不倫という辛すぎる出来事を経験したあとに、夫婦で一からやり直すことは本当に大変なことです。 なかには、様々な理由から離婚したくても再構築の道を選ぶしかなかった方もいらっしゃるでしょう。 子どもがいる場合はとくに、夫婦の都合だけで今後の人生を決められないのかもしれません。 しかし、どのような理由があったとしても、あなたは幸せに暮らす権利があり、1人の人間として自由に生きていけることを忘れないでください。

次の

【実例】浮気された妻が再構築を成功させたコツって?

浮気妻 再構築

夫が 浮気をしていても離婚を考えられない!! と思う妻は少なくありません。 私が問い合わせでいただく方たちは 経済的なこと、世間的なことで離婚しない! という理由ではなく、 「夫がやっぱり好きだから」という方が ものすごく多いです。 夫婦ですもの。 そう簡単に別れてたまるか!! と思う妻は多いのです^^ しかし、離婚しないなら夫婦 再構築を!! と思っている妻ほど 再構築とは程遠い行動や言動を起こしてしまっている方が 非常に多いです。 たったひとつの行動・言動で 再構築を失敗で終わらせないように、 今回は再構築を成功させた方たちの 【浮気した夫との再構築を 成功させるコツ】をまとめました。 「俺のことが信用できないならもういい!! 再構築なんて無理だ! 離婚しよう!!!」 と言われて、夫は実家に帰っていったんです…。 浮気した夫のことが信用できない!これって当たり前じゃないの? Aさんのように、 夫に浮気をされて浮気を繰り返していないのか。 夫の携帯をチェックし続ける妻が多いですが、 再構築をするならこれはNG!! 確かに夫が先に「浮気」という形で妻を裏切ったのですが、 再構築すると決めたのであれば 夫の嫌がる携帯チェックはすべきではありませんね…。 でもこのAさん。 正しい情報から嘘の情報まで本当にさまざまで 何が正しくて何が間違っているのか、 判断するのが難しいです。 判断する時間もすごくかかりますし、 調べるだけで膨大な時間がかかります。 百聞は一見にしかず。

次の