ヴィッセル 神戸 年俸。 ポドルスキの年俸推移や成績は?神戸への移籍金はいくら?

ダビドシルバ移籍金はいくら?ヴィッセル神戸に来るなら年俸は?

ヴィッセル 神戸 年俸

ダビド・ホスエ・ヒメネス・シルバ 生年月日:1986年1月8日 年齢:33歳 出身地:アルギネグイン 身長:170cm 体重:67kg 所属クラブ:マンチェスターシティFC ポジション:MF ダビド・シルバの経歴 ダビド・シルバの経歴を簡単にご紹介しておきます。 15歳の時にバレンシアCFの下部組織に入団し、 プロデビューは18歳の時でバレンシアからレンタルでエイバルへ移籍していたとき。 2004-2005年シーズンをエイバルでプレーした後、 バレンシアに戻り2010年までプレーする。 そして2010年にイングランドプレミアリーグの名門 マンチェスターシティFCに移籍を果たす。 現在もマンチェスターシティFCでプレーしていて公式戦合計249試合に出場し、 48ゴールを記録。 またダビド・シルバ選手はスペイン代表としても長年プレーし、 2018年までで125試合に出場し35ゴールを記録。 ダビドシルバ移籍金はいくら? ダビド・シルバ選手はマンチェスターシティFCとの契約が2020年まで残っています。 もし今期中にヴィッセル神戸に移籍するとなると多額の費用がかかるんではないでしょうか? 現在もマンチェスターシティの監督、 ペップ・グラウディオラからの信頼も厚く、 今シーズン35試合中31試合に出場しています。 いわばレギュラーでプレーしている選手を引き抜くわけですから、 いくらかかるんでしょうか? ちなみに、2010年にバレンシアからマンチェスターシティへ移籍したときは、 移籍金2500万ポンド 約33億円 だったんですが、 ここまでは高額にはならないでしょう。 でもダビド・シルバ選手がヴィッセル神戸に移籍するとなると、 どんなプレーを見せてくれるか楽しみです。 ヴィッセル神戸に来るなら年俸は? アンドレアス・イニエスタ選手の年俸は33億円とも言われていますし、 一流の選手には高額の年俸を支払わなければなりませんよね。 ヴィッセル神戸に移籍したら年俸は一体いくらになるんでしょうか? ダビド・シルバ選手はマンチェスターシティの中でも年俸は高額な方で、 週給16万ポンド 2360万円 でこれを南方に換算すると、 12億3000万円!!! 少なくともこれくらいは年俸を払わないと移籍なんて実現しないわけですから、 15億円ぐらいヴィッセル神戸は支払うんでしょうね??? 三木谷さん、 もっとほかにお金かけるところあるでしょうに??? 若い選手の育成を目指した方がいいんじゃないですかね?? と私は思ってしまいます。 さいごに もしJリーグでダビド・シルバ選手が見られるようになれば、 ほんとうにうれしい限りです。 一流の選手ですし、 身長が170cmと小柄なので日本人の選手にはボディバランスとか、 プレースタイルは参考になると思います。 まあ実現するかはわかりませんが、 期待して吉報を待ちましょう!! 以上、KEIGOでした。 最後までお読みいただきありがとうございました。 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の

ポドルスキの年俸推移や成績は?神戸への移籍金はいくら?

ヴィッセル 神戸 年俸

ファンの興味をかき立てる、恒例のスポーツ長者番付が今年も発表された。 アメリカの経済誌『フォーブス』が1990年から公表してきた、米ドル建ての年収額でランク付けされた100人の顔ぶれや順位、そして最も注目される金額やその内訳から見えてくる日本のスポーツ界との違いを、ランクインした10の競技の中からサッカーをフィルターにかける形で探ってみた。 (ノンフィクションライター 藤江直人) NBAとNFLが稼げるスポーツ 米経済誌『フォーブス』が毎年発表する恒例のスポーツ選手長者番付で、調査が始まって30回目で大きな変動が起こった。 昨年6月1日からの1年間で稼いだ年収が1億630万ドル(約116億4800万円)に到達。 サッカー界の両巨頭、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ(FCバルセロナ)を僅差で抑えて、昨年の5位からジャンプアップした。 35人を数えるNBA(米プロバスケットボールリーグ)、31人のNFL(米プロアメリカンフットボールリーグ)が抜きん出ている。 これに続くのがサッカーの14人だ。 個人競技であるテニスは6人、ゴルフとボクシングは4人、自動車競技の3人が続く。 残りは総合格闘技、クリケット、そしてMLB(メジャーリーグベースボール)が1人ずつとなっている。 出身国別で見てみると、米国がNBAとNFLを中心に68人と例年通り圧倒的に多く、英国5人、スペイン4人、フランス3人、ブラジル、ドイツ、そして日本がそれぞれ2人と続く。 他に、ロナウドのポルトガルやメッシのアルゼンチンなど、1人がランクインしている国が14だ。 1つが所属クラブから支払われる年俸やボーナス、試合に出場したことで得られる賞金やファイトマネーなど、それぞれの競技活動によって得られる収入。 もう1つがスポンサー契約を結んだ企業から得られる広告料収入となる。 例えば1位のフェデラーは、前者が630万ドル(約6億9000万円)で、後者は1億ドル(約109億5800万円)だった。 ユニクロを展開するファーストリテイリングを筆頭にロレックス、メルセデス・ベンツなど13社がスポンサーに名前を連ね、他の追随を許さない広告料収入を計上している。 ただ、今回の100人を競技活動収入順で並び替えると、フェデラーは一気に順位を落とし、93位に沈む。 そして、3位だったメッシが7200万ドル(約78億9000万円)で競技活動収入1位、4位だったブラジル代表ネイマール(パリ・サンジェルマン)が7050万ドル(約77億2500万円)で2位、2位だったロナウドが6000万ドル(約65億7500万円)で3位と、一転してサッカー勢が上位を独占する。 世界トップのサッカー選手は、本業での稼ぎが大きいということだ。 他の上位10傑はNFLが4人、ボクシングが2人、自動車競技が1人となる。 長者番付でレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)ら3人が10傑に入ったNBAは、競技活動収入が3040万ドル(約33億3100万円)で18位のステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)が最高だった。 NBAのスター選手になれば、スポンサー契約を結んだメーカーから個人名を冠したシューズが販売されることが多い。 契約料や売り上げの一部が広告料収入となり、年収も大きく増える構図がある。 それを考えれば、及第点の活躍を演じているルーキーの八村塁(ワシントン・ウィザーズ)の今後が楽しみになる。 フェデラー以外のテニス勢やゴルフでも、広告料収入が競技収入を大きく上回っている選手がいる。 女子選手で歴代最高となる3740万ドル(約40億9800万円)の年収を稼ぎ、29位に入った大坂なおみは、競技活動収入となる賞金は340万ドル(約3億7260万円)で、これは競技活動収入の順位では95番目になる。 対照的に3400万ドル(約37億2600万円)の広告料収入は、100人の中で堂々の8位となる。 日清食品HD、マスターカード、ヨネックス、シチズン、日産自動車、資生堂、全日空など15社を数えるスポンサー企業の期待は好感度の高さだけでなく、来夏の東京五輪での活躍へも向けられている。 ちなみに、女性アスリートは大坂の他には3600万ドル(約39億4500万円)で33位に入ったテニス界の女王、38歳のセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)しかいない。 長者番付にランクインした、もう1人の日本人もテニス選手だ。 3210万ドル(約35億1750万円)で40位に名前を連ねている錦織圭も、競技活動収入は110万ドル(約1億2000万円)で99番目となる。 楽天総動員でイニエスタの年俸を捻出 競技活動収入の上位のアスリートの中で、日本で活躍している外国籍選手もいる。 J1のヴィッセル神戸でプレーして3シーズン目を迎える、スペイン代表とバルセロナで一時代を築いたレジェンド、アンドレス・イニエスタの年収は長者番付で46位の2960万ドル(約32億4350万円)。 だが競技活動収入は2660万ドル(約29億1500万円)で、28位に浮上する。 ロシアワールドカップ後の2018年7月からヴィッセル神戸に加入したイニエスタは、シーズンを通してプレーした昨年は年俸が満額で支払われた。 長者番付とほぼ同じタイミングでJリーグから開示された、各クラブの2019年度決算がイニエスタの巨額年俸を物語っている。 ヴィッセル神戸の年俸などの合計となるチーム人件費は、イニエスタの年俸の半額を支払った2018年度は44億7700万円。 しかし、19年度はJリーグ史上で群を抜く金額となる69億2300万円へと増加した。 必然的に支出の合計となる営業費用も76億4100万円から、110億500万円へ大幅にはね上がっている。 収入の合計となる営業収益が、営業費用を上回らなければ赤字となる。 営業収益の二本柱となるスポンサー収入を62億800万円から74億800万円へ、入場料収入を8億4000万円から12億6000万円へと伸ばした結果、営業収益も96億6600万円から114億4000万円へと増えている。 入場料収入はイニエスタ効果を追い風にして、昨シーズンから全体的に単価を上げたことが奏功している。 もう1つのスポンサー収入はEコマースや金融、デジタルコンテンツ、旅行、通信など総勢で70を超えるサービスを展開している、楽天グループ各社が資金を拠出することで底上げされた。 例えば2018シーズンにJリーグから解禁された、スポンサー企業広告を掲載できるユニフォームの箇所に鎖骨部分がある。 ヴィッセルではイニエスタの加入とともに、左の鎖骨に楽天メディカルジャパン株式会社の、右には楽天株式会社が運営する楽天totoのロゴをそれぞれ掲出している。 代表取締役会長と社長、そして最高執行役員を兼ねる三木谷浩史氏の号令の下で楽天グループの総力を結集。 イニエスタの年俸を捻出し、その上で2億4300万円の当期純利益をも生み出す営業収益を達成した。 昨年度の時点でJリーグの歴史上で最高額だった営業収益は、ついに100億円の壁をも超えた。 Jリーグトップ3チーム分の年俸でメッシ1人分に匹敵 もっとも、日本サッカー界では破格に映るヴィッセルの営業収益を、たった1人で稼いでいるスーパースターたちが、世界の舞台ではまばゆい輝きを放っている。 例えば長者番付で2位にランクされているクリスティアーノ・ロナウドの年収を見てみよう。 前述したようにユベントスから支払われる年俸は6000万ドル(約65億7500万円)。 これだけでも日本の選手とは桁違いだ。 これに4500万ドル(約49億3000万円)の広告料収入を加えた1億500万ドル(約115億500万円)がロナウドの年収だ。 驚くべきなのは、この額はヴィッセル神戸が楽天グループの総力を挙げてかき集めた昨年度の営業収益(114億4000万円)とほぼ一致していることだ。 では、メッシはどうだろう。 メッシは競技活動収入で7200万ドル(約78億9000万円)を稼ぎ、年俸でナンバーワンになった。 これはヴィッセル神戸の年俸総額69億2300万円を、軽く凌駕してしまっている。 ちなみに、昨シーズンのJ1リーグの上位3強、横浜F・マリノス(26億8400万円)、FC東京(27億3600万円)、鹿島アントラーズ(29億3600万円)の年俸総額を足し合わせた83億5600万円で、ようやく上回ることができるレベルだ。 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が1956年に創設した、世界の年間最優秀選手に贈られるバロンドールは08年以降で、ロナウドとメッシが独占する状況が続いている。 クロアチア代表のルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)が受賞した18年を除いて、35歳のロナウドが5度、まもなく33歳になるメッシが歴代最多となる6度と栄誉に浴してきた。 長者番付でもしかり。 16年版以降はトップ3に必ず2人の名前が記され、ロナウドが16年版と17年版で、メッシが19年版で1位に輝いている。 年俸の一部を返上する公式戦の長期中断を招いた新型コロナウイルス禍がなければ、20年版でもどちらかがフェデラーを上回っていたはずだ。 両巨頭の突出ぶりを物語るように、ロナウドは20年版でサッカー選手として初めてとなる生涯年収10億ドル(約1095億8000万円)超えを達成。 他の競技でもタイガー・ウッズ(ゴルフ)とフロイド・メイウェザー・ジュニア(ボクシング)しか達成していない、現役でプレーしている間に大台を超える偉業を、来年の同時期に発表される21年版でメッシも達成する見通しになっている。 その意味でも来年の長者番付は、別の視点からも楽しみが増える。 全体で3番目に若い22歳の大坂や、2番目に若いサッカー界のホープで、3380万ドル(約37億円)の収入で36位に入った21歳のフランス代表キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)を中心に、プロアスリートとして誰もがうらやむような成功を手にしつつある次世代の足音も、確実に聞こえてきているのだ。

次の

ヴィッセル神戸山口蛍の年俸は?年俸推移と移籍先。海外の反応は?

ヴィッセル 神戸 年俸

Jリーグから2019年のクラブごとの決算データが出た。 人件費とチームの成績との関係が興味深いので、くわしく見てみよう。 チーム人件費というのがJリーグの説明に出てくる用語だが、より分かりやすくする意味で年俸総額という用語を用いて書いていくことにしよう。 Jリーグでは、すでによく知られていることだが、ヴィッセル神戸がずば抜けた年俸総額になっている。 アンドレス・イニエスタと契約したことをきっかけに、チームとしての年俸総額では、2番目以下のチームとは違う相場で契約していると言える。 神戸は69億2300万円で、2番目の名古屋グランパスは39億7300万円だから、29億5000万円という開きがある。 3番目の浦和レッズが32億2800万円で、2番目の名古屋との開きは7億4500万円だから、神戸がいかにとび抜けているかは明らかだ。 30億円以上というのは神戸、名古屋、浦和の3チームだけだ。 だが'19年のJリーグにおける成績を見ると、神戸が8位、名古屋が13位、浦和が14位だった。 お金をかけたチームが、リーグ戦では成績を挙げられなかったわけだ。 30億円以上のチームがいずれもAFCチャンピオンズリーグのプレーオフに出場できる3位以内になっていないという事実から、Jリーグにおいて、プレーヤーとの契約にお金をかけることが、優勝を狙えるチームを作ることに、簡単にはつながらないのだと分かる。

次の