欲しい 敬語。 聞いてくださいの敬語表現は?謙譲語/尊敬語/お気軽にお尋ねください

「受け取る」「もらう」の正しい敬語表現【謙譲語・尊敬語】

欲しい 敬語

「してください」の意味と使い方 「してください」は他人に行動を促す命令文 「こちらに荷物を置いてください」など、「してください」という表現を使用することがあることと思いますが、「してください」は 他人に行動を促す命令文として使用される言い回しです。 人によっては「命令されている」と捉えてしまう人もいますので注意が必要な言葉です。 「〜しないでください」という言葉も同様に「しないで」という命令文となり威圧的な印象を与えかねない言い回しです。 「してください」の敬語の種類は丁寧語 「してください」は、他人に行動を促す丁寧語です。 丁寧語とは、「です・ます・ください」というように聞き手に対して丁寧に述べるために使用する表現のことです。 つまり、「してください」は 「して」という言葉に「ください」という丁寧語をつけた言葉で「相手に何かをしてほしい」とお願いをする場面で使用されます。 「してください」は敬語だが失礼になる場合も 「してください」は、丁寧語であるため、「お掃除」や「お買い物」というような言葉を丁寧に表現している言葉になります。 つまり、相手に敬意を示す表現方法である尊敬語や謙譲語とは違い、 相手に敬意を示しているわけではないため 相手の行動を促す言葉として失礼になる場合があります。 「してくださいね」も上から目線 「〜してくださいね」のように、語尾につく「ね」は念を押す意味合いが込められていて 上から目線で物を言われているという印象をうけてしまう可能性があります。 例えば、 ・注意してくださいね ・よく確認しておいてくださいね ・よく考えてくださいね というように、目下の人や子どもに対して優しく諭すような場面でよく使用されます。 「頑張ってくださいね」なども上から目線となるので、目上の人に対してやかしこまった場面で使用することは避けたほうがいい表現となりますので注意しましょう。 「してくださいます」「してくださいました」は目上の行為を指す 「してくださいます」「してくださいました」は、「くれる」の尊敬語の「くださる」に、丁寧語の「ます」「ました」をつけた言葉です。 尊敬語は、目上の人の行為に対して使用することができる表現で、自分の行為にたいして使用することはできません。 頭に接頭語をつけて ・ご連絡してくださいました ・ご利用してくださいました というような言い回しで使用することがほとんどです。 基本的には、 本動詞は漢字、補助動詞がひらがなというのがルールですので覚えて置きましょう。 例えば、「お金をください」「チケットをください」というように物をもらう場合は本動詞となるため「下さい」は漢字で表記されます。 一方、「座ってください」「歩いてください」というように、相手に何かをしてほしいというお願いをする場合は補助動詞となるため、ひらがなで「ください」と表記します。 同じようなパターンは他にもいくつかあり、典型例は「いただく/頂く」「いたす/致す」などがあげられます。 「してください」の敬語の言い換え 「なさってください」だと尊敬語(尊敬語の動詞+「ください」) 「してください」は、「する」の尊敬語である「なさる」を使用して 「なさってください」という尊敬語になります。 ・わからないことがあれば、いつでも連絡なさってください ・いつでも好きな時に退出なさってください といったように、 相手の行動に対して敬意を示した表現をすることができ、「してください」という言い方をするよりも丁寧に伝えることができます。 ちなみに 「ご」は中国から入ってきた漢語とよばれる音読みされる言葉、 「お」は漢字の訓読みや、ひらがなで表記されている和語につけます。 例えば、「ご検討ください」「ご注意ください」「ご説明ください」などは、漢語であるため接頭語には「ご」が使用されます。 例文 「お忘れ物のないよう退席の際はご確認ください」 「大きな音がなりますので小さなお子様はご注意ください」 「ご家族の方とゆっくりご検討ください」 「してくださいませ」だと柔らかい印象に 「くださいませ」は、 ・「ください」=補助動詞「くださる」の連用形「くださり」がイ音便に変化した形 ・「ませ」=丁寧の助動詞「ます」の命令形 で成り立っています。 「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」「 丁寧な気持ちを込めて挨拶する意」を表していて、柔らかい印象にすることができます。 「してくださいますか」だとより柔らかい印象に 「してください」と相手に何かをしてほしいとお願いをする場面では、「 〜してくださいますか」というように表現することができます。 「してくださいますか」は、「 〜してもらいたいのですが可能ですか」というような疑問形でなげかけるニュアンスになるため柔らかい印象になり、「命令されている」と感じてしまうこともありません。 つまり、 ・ご確認してください ・ご検討してください ・ご入力してください などという言い回しは誤用で、この場合の正しい敬語の用法は「 ご〜ください」が正しい表現方法になります。 「〜されてください」は不自然な日本語 ・どうぞ今日はごゆっくりされてください ・お大事にされてください といったように「してください」を「されてください」という表現にするのは不自然な日本語なので注意しましょう。 「されて」は、「する」の尊敬語ですが、「ください」と一緒に使用するのであれば、「〜なさってください」が正しく使えている文法となります。 その他の依頼の敬語表現 「〜をお願いいたします」「〜をお願い申し上げます」 相手に何かすることをお願いする表現として、「 〜をお願いいたします」「 〜をお願い申し上げます」という表現があります。 「〜をお願いいたします」と「〜をお願い申し上げます」は「 お願いを言わせていただきます」という意味の丁寧な言い回しです。 「お願い申し上げます」が 「言う」の謙譲語である「申す」を使用している言葉 「お願いいたします」が 「する」の謙譲語を使用している言葉 という微妙なニュアンスの違いがありますが、どちらを使用しても間違いにはなりません。 例文 「こちらの展示物にはお手をふれませんよう重ねてお願い申し上げます」 「今後、このようなことがないように、重ねてお願い申し上げます」 「こちら新商品に関する資料でございます。 例文 「日時が決定次第連絡していただけますでしょうか」 「ぜひこの機会に弊社のイベントに参加していただけないでしょうか」 「こちらの商品を取り置きしていただくことは可能でしょうか」.

次の

聞いてくださいの敬語表現は?謙譲語/尊敬語/お気軽にお尋ねください

欲しい 敬語

ビジネスシーンでは、相手に何かを欲求する、何かが欲しい時に、どのような敬語を使うのが正しいのでしょうか。 欲求を意味する言葉の使い方は、非常に奥が深いとされています。 ターゲットとなる「欲しい」と思えるものが、自分なのか他者なのかにより、その使い方は違ってきます。 そもそも、敬語の中でも主人公が誰なのかを知っておくのが大切でしょう。 謙譲語は自分の動作に対して、相手にへりくだる時に使われ、尊敬語は相手に対して使われています。 「欲しい」のビジネスシーンでの使いわけは主に2つ ビジネスシーンでは、「欲しい」「もらう」「受け取る」などのやり取りが頻繁に発生しています。 その中でも、動作の対象が上司や顧客である場合や、部下や同僚など階級別に使い分けておくことが、社会人としてのマナーと言えるでしょう。 ここでは、敬語の中でも、自分自身が欲しいものがある時に使う謙譲語と、相手が欲しいものに対する尊敬語の2つに分けて検証してみましょう。 自分が欲しいもの:「頂戴する」 まずは、自分自身を対象にした敬語である、謙譲語をご紹介します。 自分が欲しいものを指して、へりくだって言う時は「頂戴する」、「頂く」と表現します。 例えば、クライアント先へ訪問したときに、お茶を出してくださった際には「頂戴いたします」というのが正しい表現と言えるでしょう。 へりくだることで、欲しいと言う直接的な表現を、柔和させて伝えられます。 相手が欲しいもの:「お受け取りになる」 相手が欲しいものを、「お受け取りになる」など、相手が主人公となる表現を指しています。 単語の頭に「お」を付けておくと成り立つ点から、さらに丁寧な表現になると「お納めになる」等、目上の人に対して使うことも多いとされているのです。 敬語の中でも、尊敬語は比較的迷いやすいものとされていますが、「お」を付けると通じることで判断してみるのをお勧めします。 あくまでも依頼(お願い)なので、大変申し訳ありませんが、と前置きを付けておくことにより、さらに丁寧さが伝わると言えるでしょう。 「欲しい」を敬語にする際は丁寧さが伝わるようにすべき 上述のとおり、ビジネスシーンでの「欲しい」に関する敬語をご案内しましたが、自分を良く見せようとするあまり、変な敬語になってしまう時もあるでしょうか。 そんな時は、間違ってもいいので、尊敬心や敬意がきちんと相手に伝わればヨシとすることを、自分自身の中で折り合いをつけておくことをお勧めします。 後で、変な日本語でなった事に気が付いたら、「失礼いたしました」の一言で、その場がとても明るくなることは間違いないと言えるでしょう。 「欲しい」対象が自分か相手かで「頂戴する」「お受け取りになる」など敬語が違ってくる ビジネスシーンでは周りの人間関係を良好に保っていくために、正しい敬語を使うことをお勧めします。 特に、何かを欲する時には、欲しいと思う対象が自分か相手なのかで、尊敬語や謙譲語に分けて使うことが出来ます。 目上の人やお客様には、特に気を付けて使いたいところですが、正しい日本語が使えなくても、敬意を払うべく立ち居振る舞いを、兼ね備えておくことが大切です。

次の

敬語でこれを言いたいときは?「送ってください」の場合

欲しい 敬語

「ご所望」の意味と使い方 「ご所望」の読み方と意味 「ご所望」は 「ごしょもう」と読みます。 「所望」の意味は 「あるものが欲しい、またはこうしてほしいと望むこと」です。 「所望」は文字通り「望む(のぞむ)」「所(ところ)」で、「自分は望んでいる」という意味の名詞になります。 「所望」は名詞のため、敬語表現ではありません。 敬語表現にするには「所望」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご所望」とします。 「ご所望」は、 敬意を払う上司や取引先の相手といった、目上の相手が何かを欲したり望むときに使う言葉です。 自分が何かを欲したり、希望したりすることを改まって表現する際に、「~を所望する」などと使います。 「所望される」「所望いたす」といった場合は敬語表現になります。 「ご所望」の使い方 「ご所望」の使い方としては、 ・ご所望される ・ご所望いたす ・ご所望の〜 ・ご所望なさる といったようになります。 「ご所望される」は二重敬語になりますが、ビジネスシーンではよく使われる表現なので使っても問題ありません。 また「ご所望」を使った言葉の中で 「ご所望の品」といったフレーズは、よく使用されます。 これは「(相手が)希望している品・欲している品」という意味になります。 また同じ意味で「ご所望品」といった言葉もあります。 これは「ご所望品がありましたら、いつでもお申し付け下さい」といった形で、文章に使われます。 「ご所望の品」を使うときの注意点としては、まだ何も具体的なものを注文されていない状態で使うと誤りになります。 相手の希望をしっかり理解し、具体的な品物まで明らかになった状態で使うフレーズです。 「ご要望」の意味と使い方 「ご要望」の読み方と意味 「ご要望」は 「ごようぼう」と読みます。 「要望」の意味は 「物事の実現を強く望むこと」です。 尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご要望」とします。 「要望」は「要(かなめ)」と「望(のぞむ)」で成り立っています。 「要」は、「要点」や「概要」といった言葉があるように、「大事な部分ではあるが概念的なもの」を指す表現です。 「要望」にも同じニュアンスが含まれます。 つまり「ご要望」は、 敬意を払う上司や取引先の相手といった、目上の相手が何かを欲したり望むときに使う言葉です。 「ご要望」とは 「相手の漠然とした望み」を指していて、「目上の人が強くそうなって欲しいと思っている」という意味合いになります。 「ご要望」の使い方 「ご要望」の使い方としては、 ・ご要望にお応えする ・ご要望に沿える ・ご要望をお伺いします ・ご要望を承ります といったようになります。 「ご要望」は具体的な対象がなく、抽象的な望みに対して使います。 「ご要望」を使う場面は大きく分けて2通りあります。 1つは「相手が要望していたのにも関わらず、こちらが対応できなかった場合に謝罪するとき」で、もう1つは「これから良い関係を築いていくのに当たって、要望があったら伝えてくださいという旨を伝えるとき」です。 「ご所望」と「ご要望」の違い 「ご所望」と「ご要望」ですが、意味がとても似ていて違いがないように感じた方も多いのではないでしょうか?? 「ご所望」も「ご要望」も 「望むもの・望むこと」と意味は同じです。 2つの違いはニュアンスが少々異なるという点です。 「ご所望」は「希望するものの対象や目的が具体的で、明らかなこと」に対して使用します。 一方「ご要望」は「希望するものの対象や目的が抽象的で、曖昧なこと」に対して使用します。 確かに、「ご所望」は「ご所望の品を〜」といったように、対象が限定的ですが、「ご要望」は「ご要望がありましたら〜」といったように対象が広範囲に及んでいます。 簡単に言ってしまうと、「ご所望」は目に見えるものを希望するときに使い、「ご要望」は目に見えないもの・漠然としたものを希望するときに使うことになります。 したがって、2つの違いは言葉の指す対象であると覚えておきましょう。 ビジネスシーンでは比較的「ご要望」の方が使用頻度が高いですが、「ご所望」の使い方も把握しておけば、会話でもメールでも使い分けることができます。 「ご所望」と「ご要望」の例文 「ご所望」と「ご要望」の例文について紹介します。 ・今日の午後に予約の空きが出ましたので、ご所望の方がいましたらご連絡ください。 ・お客様ご所望の品のご用意ができました。 ・こちらの方でご所望の品をお探しいたします。 ・ご所望の方がいらっしゃいましたら、近くの係員までお声がけください。 ・ご所望の品はこちらで間違いないでしょうか? ・どちらの商品をご所望でございますか? ・こちらの品をご所望なさるお客様はいらっしゃるでしょうか? ・お客様はどちらのデザインをご所望されますか? <「ご要望」の例文> ・御社のご要望にお応えすることができず、誠に申し訳ありません。 ・お客様のご要望やご意見をお知らせいただければ幸いです。 ・今回のご要望にはお応えすることができませんでしたが、何卒ご了承ください。 ・ご質問ご要望がございましたら、ご連絡ください。 ・忌憚のないご意見ご要望を賜りますよう、お待ち申し上げます。 ・ご要望がございましたら、何でもお申し付けください。 「ご所望」と「ご要望」の類語 「ご所望」と「ご要望」の類語について紹介します。 ご意見 「意見」は 「ある物事や判断に対しての私的な考え・見解・主張」という意味になります。 尊敬を表す接頭語「ご」がつくので、目上の相手の意見となります。 「ご意見賜る」といった形で使う場合は、「物をもらう・恩恵を受ける」という意味になります。 「ご意見」は「ご要望」と非常に似ている言葉です。 違いとしては「相手に行動を促す」ニュアンスになっているかという点です。 例えば、「この部屋はとても汚いので、掃除した方が良いと思います」といった場合は、自分の考えを相手に伝えているだけなので、あくまでも「ご意見」となります。 逆に「この部屋はとても汚いので、掃除してください」といった場合、これは掃除してということを指図しているので、「ご要望」になります。 使い分けるには、 「ご要望」は相手に行動を促す、「ご意見」は相手に考えを伝えているだけと覚えておきましょう。 <「ご意見」の例文> ・高層マンションの建設について住民からご意見を集める ・今回頂いたご意見ご感想は、今後の活動の参考にさせていただきます。 ご用命 「用名」の意味は、 「用事(仕事)をいいつけること・商品などを注文すること」です。 つまり 「用事を申し付けてください・用事があったら自分に命じてください」といった意味合いになります。 「ご用命」は注文を受けるとき・用事を命じられるときに使う言葉で、「必要があればいつでも力になります」といった意志を伝えることができます。 「ご用命」の「ご」は尊敬を表す接頭語なので目上の相手に使うことが一般的で、目下の相手や同等には使わない表現です。 「ご用命」は相手に敬意を払いつつも、自分の誠意を示すという役割を持っています。 「注文してください」や「用事を言ってください」と言うと直接的すぎますが、「ご用命ください」と言うことで丁寧な印象を与えることができます。 また「ご用命を賜り〜」「ご用命お待ち申し上げております」とすると、より丁寧な表現になるので、相手や状況によって使い分けるのが良いでしょう。 「ご用命」は少々堅苦しい印象を持ちやすいですが、ビジネスメールや文書では非常に使いやすい言葉になります。 <「ご用命」の例文> ・受付は24時間対応していますので、何なりとご用命ください。 ・ご用命の商品は、すぐにお届けいたします。 ご意向 「意向」の意味は、 「どうするつもりなのかという考え・思惑」のことです。 敬を表す接頭語「ご」がつくので、目上の相手の意向となります。 「ご意向」は、 ある事柄についての目上の相手の考えや思惑、これからどのようにするかという考えの方向性を指す言葉になります。 「ご意向」の使い方としては、 ・ご意向をお伺い申し上げます ・ご意向を承ります ・ご意向を賜ります といったようになります。 <「ご意向」の例文> ・ご意向にそぐわない結果となってしまい誠に申し訳ございません。 ・そちらのご意向に沿うよう努力いたします。 ご希望 「希望」の意味は、 「あることの実現をのぞみ願うこと・その願い」です。 「ご希望」は「ご要望」とほぼ同じ意味で使う言葉になります。 <「ご希望」の例文> ・こちらのサービスをご希望でしたら、ご連絡ください。 ・ご希望に沿うことができず申し訳ございません。

次の