ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿。 グレイ(ロード・エルメロイⅡ世の事件簿)とは (グレイタンとは) [単語記事]

『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿

TVアニメ 第13話の印象的な会話を英訳したデザインを胸元に刺繍で施しました。 襟首にはシーンをプリントしたタグをあしらっています。 すっきりとしたシルエットで、カジュアルにお使いいただけます。 長く使えるベーシックな定番シャツとして、ワードローブに加えていただきたいアイテムです。 日常使いからイベントなどの特別な日の1枚まで、様々なシーンでご活用ください。 グレイの持つ魔術礼装「アッド」をモチーフにデザインしました。 真鍮メッキを使用し、ヴィンテージのようなシックな色合いのアイテムです。 ドレスアップやカジュアル、ビジネスシーンなど、様々な場面でご活用ください。 つま先に丸みを持たせて生地を切り返した、シンプルなレースアップスタイルのプレーントゥシューズです。 飽きが少なく長きに渡って履いていただける一足となっています。 フォーマルからカジュアルまで、様々なシーンでご活用ください。 ネクタイピン&カフスボタンセットはいいかも 「オックスフォードシャツ」「レースアップシューズ」も普段使いを考えられたかのようなデザイン。 タグとか普通は見られないような内側に作中のシーンをプリントしてあるのは面白いですね。

次の

ロード・エルメロイII世の事件簿最終巻の感想に自分でツッコミを入れていく

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿

いやぁ、面白いね。 こういう型月世界の幅を広げてくれる作品は大歓迎。 グレイの正体以外は概ね満足。 グレイに関しては……うん、軽々しくそういうの出すのは如何なものかと。 正体については、今作に置いて見所の一つになります。 かなりネタバレを含むのでご了承ください。 エルメロイII世の内弟子で15歳ほどの少女になります。 実際には年齢は不詳です。 「拙(せつ)」という一人称を用い、エルメロイII世のことは「師匠」と呼んでいます。 辺境の閉鎖的で独特な村の出身で、学がないことを自覚しており、長い話を覚えること、人が多い環境、近代文明が苦手であり、時計塔においては学びの場であるため悲観的になる事が多々あります。 実はそんなグレイの正体はアーサー王が埋葬されているとする霊園(ウェールズにあるブラックモア墓地)の墓守の一族である事が後にわかります。 Fateシリーズにおいて、アーサー王とは、今回のロードエルメロイ2世の事件簿以外の作品に登場するメインヒロインであり、強力なサーヴァント。 トータルバランスにおいては、最も強力なサーヴァントとされています。 Fateゼロでは衛宮切嗣。 Fate本編では衛宮史朗をマスターとします。 また、別ヒロインのマスターである、遠坂凛もセイバーを召喚することを望んでいました。 それほどのメインキャラの墓守の一族がグレイです。 しかし、霊体に対する感応性が異常に強い素質を持ち合わせているが、幽霊の類が大の苦手であるギャップがあります。 グレイの一族は、聖槍の使い手としてアーサー王を再現するために代々にわたって調整・研究を重ねられ、人体改造されてきた。 アーサー王の再来を渇望する一族が作り上げたアーサー王の肉体そのものがグレイになります。 この設定はどこかFateシリーズのイリアを思い出させる内容となっており、設定的に重ねているのではないかと考察します。 イリアと同様で、アインツベルンのようにどんどん作り出され(改造され)失敗すれば、どんどん次へと改造しており、その成功例がグレイになります。 エルメロイII世が第五次聖杯戦争に備えて霊園を訪れた際に出会い、弟子となります。 内弟子として接していくうち、エルメロイ2世の優しさや人間性に触れる事で、深い信頼を寄せるようになります。 グレイ自身が成長していくと、どんどんアーサー王へと容姿が変化していきます。 よって、第四次聖杯戦争(衛宮切嗣・ロードエルメロイ2世が戦った聖杯戦争・FateZEROのこと)の関わりを知ってから、彼の願いが叶うことを強く想うようになり、彼のために戦っていくことに誇りを持つようになる経緯があります。 よって、グレイの正体は、• アーサー王の墓守の一族• アーサー王の遠縁の子孫(墓守に一族が作り出した)• ロードエルメロイ2世の内弟子であり、サーヴァントに近い存在。 Fateシリーズにおいて、イリアスフィール・アインツベルンのような設定 という事になります。 しかし、アーサー王のメインとなる宝具は「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」です。 ですが、実際にはまだ宝具があり、その名を 「最果てにて輝ける槍(ロンゴミニアド)」と呼びます。 グレイの持つ武器の真の姿であり、アーサー王がモードレッドを討ち取る際に使用した聖槍で、エクスカリバーに次ぐもうひとつの宝具。 死神の鎌(グリム・リーパー)による魔力の蓄積が一定値を超えると封印が解除され、「槍」の形状に変化する。 螺旋状に捻れる紅蓮の光を放ち、大規模な破壊を引き起こす。 この状態でもまだ『十三拘束』という制限が施されており、真の力を発揮するには• 「生きるための戦いである(ケイ)」• 「己よりも巨大な者との戦いである(ベディヴィエール)」• 「人道に背かぬ戦いである(ガヘリス)」• 「真実のための戦いである(アグラヴェイン)」• 「精霊との戦いではない(ランスロット)」 などの条件を満たさなければ真の力を発揮できない仕様となっています。 条件を満たさなければ、本来の『力』の一部しか行使できない。 それでも神霊級の魔術に匹敵するほどの威力でを誇ります。 剥離城で使用した際は天蓋から城壁までも貫き、山の斜面を打ち崩した。 場合によってはエクスカリバー以上の宝具とも言える破壊力を秘めています。 また「十三拘束」の開放は封印礼装であるアッドに凄まじい負荷をかけ、最終的にはその破壊へとつながってしまうリスクがある。 かなりもろ刃の劔であり、使い所は限られます。 宝具の種別としてはもっとも強力な「対城宝具」になります。 「Garden of Avalon」では、現実世界に存在する槍は、世界に直接突き刺さり世界の表側と裏側をつなぎ止めている「本体」の影にすぎず、本体の封印が解けると世界全てが神代に逆戻りしてしまうという、とんでもない代物になっています。 間違いなくグレイの宝具はFate史上でも最強クラスの宝具になります。 恐らく、アーチャー(英霊衛宮)のアンリミテッド・ブレイドワークスやライダー(イスカンダル)アイオニオンヘタイロイでさえも、破壊してしまうレベルの宝具になります。 または、ギルガメッシュの天地乖離す開闢の星(エヌマ・エリシュ)と同等か、それ以上ではないでしょうか。 グレイの顔の秘密について ロードエルメロイII世の事件簿今見れるんだな。 てかグレイ、顔を見せるなって言われて喜ぶとか、最初ヤベー奴だと思った。 — さととも Satotomo2701 まさかほんと開始して14ページ迄にここまで来るとは思わなかった。 zeroの本編読んでるとまた色々考える事も多いしグレイの顔の事とかも彼なりの優しさだったのかと思うと何かもうお前ほんとに背負い過ぎだ莫迦野郎ってなる。 かなり怪しいですよね。 優しいウェイバーらしからぬ発言です。 実はこれにはちゃんとした理由がありました。 正体からも考察できます。 物語開始の10年ほど前からグレイは顔や全身が変化し始めていることに恐怖を感じていました。 自分が自分以外の人間になっていくこと• 当時の周辺人物たちがそのことを喜んだこと• 自分に対して崇敬の念をあらわに接するようになってきたこと 以上の事で、顔自体は嫌いではないとしながらも、顔を隠し、自分の顔を確認することと鏡を嫌うようになります。 一族が望んだアーサー王が再来した所以である事が原因です。 よって顔を隠している理由としては、彼女自身がアーサー王の遠縁の子孫であり、作り出された存在であることから、容貌が第四次聖杯戦争におけるセイバー・アルトリアと酷似しているためです。 またそうした経歴から、聖杯戦争でアーサー王(アルトリア)と遭遇したことのある師であるロードエルメロイ2世が自分の今の顔を嫌っていることにグレイは喜んでいます。 あの言葉にはそんな意味が隠されていました。 ロードエルメロイ2世の優しさだったのです。 また、今作の原作最終巻ではついに第五次聖杯戦争(初代Fateシリーズ)開始の時間が近づくと、セイバー(アーサー王)の再びの召喚が衛宮史朗によって行われました。 それに伴って銀の髪がアーサー王と同じ一部だけではあるものの金髪に変質します。 身体の内面が組み変わって竜の因子らしきものが起動し始めるなどさらにアーサー王に近づいていく場面が登場します。 よって、グレイの顔の秘密は、アーサー王とそっくりであると共に、隠しているのは本人の希望であり、ロードエルメロイ2世の優しさが含まれていることでした。 まとめ 今回はグレイの正体と宝具・顔の秘密について紹介していきました。 完全に怪しいキャラクターであるのはわかっていましたが、正体はとんでもなく重要なキャラクターであり、Fateシリーズを繋げる存在になります。

次の

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」の名言まとめました

ロード エルメロイ 二 世 の 事件 簿

魔術師同士が殺し合うという本当の意味」 「その恐怖と苦痛と、余すところなく教えてやるよ!」 ウェイバー 「僕の罪は認める。 だから、命だけは勘弁して欲しい」 「やるべきことがあるからだ。 かの王の名にかけて」 ウェイバー 「そうだ。 聖杯戦争が終わっても、バカバカしいぐらいに人生は続く」 「続くんだから、あがかなきゃいけない」 ウェイバー 2話 七つの星と永遠の檻 「情けないことを言うな」 「教えただろ。 だが、止められるものでもない」 「魔術師にとって子は所有物だ。 最後の最後まで無様にあがいてみせろ、と言うんだろ」 「やるさ。 楽しいことって」 化野菱理 「私は、見ていただけだ。 そうじゃないのか?」 ライネス 「見ることは人間の歴史で最初の魔術だ。 情報を取り入れることは、魔術の根本と言ってもいい。 別に私も忘れられても構わないと思っている訳じゃない」 「ただ、それでも会いたい相手はいる。 確かめたいことはある。 どうして、誰も彼もが一生懸命にすがってるのかしら」 「まるで、残像だわ」 オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア 「これは事件なんかじゃない。

次の