男の子の名前。 男の子の人気の名前(よみ・漢字)ランキング 2020年度 [最新版]|名前を響きや読みから探す赤ちゃん名前辞典|完全無料の子供の名前決め・名付け支援サイト「 赤ちゃん命名ガイド」

男の子の名前70選!人気漢字や名づけのアイデアもご紹介

男の子の名前

生まれた赤ちゃんへのパパとママからの最初のプレゼントといえば「名前」ですよね。 一生モノの男の子の名付けで迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 一人目はもちろん、二人目、三人目となると「今度はどんな名前にしよう・・・」と悩みますよね。 また、画数で悩まれる方もいると思います。 今回はランキングにも入るような流行りのお名前と合わせて、男の子の名付けの定番から周りのお子さんと被りたくない!というパパとママのために珍しい名前、おしゃれな名前まで一挙ご紹介いたします! 近年人気の一文字の名前や、古風な名前、英語からイメージした名前など、盛りだくさん!パパとママ、二人の思いがこもった素敵なお名前が見つかりますように。 男の子の名前は一文字?二文字?それ以上? 男の子の名付けを考える場合、スッキリとした一文字にするか、定番の二文字にするか、三文字もかっこいいな、と悩みませんか? 男の子は苗字+名前が一生変わらない場合も多いので、苗字の文字数にあった名前はもちろん、画数もチェックしましょう。 名前をフルネームで書いてみて、見た目(字面)もしっかり確認するのも忘れずに! 画数が多すぎてもうるさく見え、少なすぎても寂しくなるので、全体のバランスはとても重要です。 落ち着いた印象の「悠」に、「真」という字もまっすぐに生きてほしいというイメージで男の子の名前にぴったりです。 2位 悠斗 1位の「悠」に人気の止め字の「斗」を使ったお名前。 星座もイメージできる「斗」はスケールが大きい印象を与えます。 3位 翔 櫻井翔さんのお名前でも馴染みのある「翔」は一文字に加えて止め字の使用も増えてきています。 4位 湊 船、人やものが集まるという意味の「湊」は、近年男の子の名前によく使われています。 大きな海や広い港をイメージできて、男の子の名付けの定番になりつつあります。 5位 樹 止め字の定番から、一文字での使用が増えてきた漢字です。 「いつき」や、スケートの町田樹さんのように「たつき」と読んでもおしゃれな印象を与えますね。 画数も大吉です。 6位 陸 広い大地を思わせる漢字で男の子にぴったりの漢字です。 「りく」以外に名前に使いづらいところもあります。 7位 駿 優秀、という意味もある「駿」。 颯爽とした印象があり、優れた才能を期待し男の子に付けたい名前です。 8位 新 「新しい」という意味の「新」はまさにこれから始まる人生にぴったりの名前。 どんどん新しいことにチャレンジしてほしいという願いも込められます。 9位 蓮 7月の誕生花の「蓮」は女の子に人気がありましたが、近年男の子の名前に増えてきた漢字です。 夏のさわやかな印象や清らかなイメージの漢字です。 10位 颯汰 さわやかで凛とした雰囲気が人気の漢字。 「汰」も福士蒼汰さんが人気になってから 人名によく使われるようになった漢字です。 引用元 珍しい名前をつけたい!【男の子編】 1. 古風・和風な名前を参考にする いろいろなことが多様化している今の時代だからこそ、古風や和風な名前は 洗練された印象を与えますよね。 漢字の使い方で古風ながら新鮮な名前にもできます。 ・仁(じん) いつくしむ、という意味がある「仁」。 「ひとし」とも読めます。 ・匠(たくみ) その道のプロ!といった印象。 職人のような雰囲気です。 ・周(あまね) 周りを見渡す、という意味でもスケールの大きさや時代の移り変わりを感じさせます。 ・伊織(いおり) 「織」は画数が多いわりにスッキリして見えおしゃれな字です。 ・由弦(ゆづる) 和の雰囲気を感じるおしゃれな字面です。 羽生結弦選手の「結」という字は定番になりつつあるので、「由」もおすすめ。 ・礼侍(れいじ) お侍さんのようなイメージの名前。 礼儀正しく、勇ましいイメージです。 ・優之心(ゆうのしん) 優しい男の子に育ってほしいと、まっすぐな思いを込めたお名前。 ・凛之助(りんのすけ) 名の通り凛とした印象で古風ながらもさわやかな印象を与えます。 植物や自然から連想する スケールの大きさはもちろん、どこか優しさを感じる自然から連想した名前は今の時代の男の子の名付けにぴったり。 ・幹(みき) しっかりとした土台を作れるようなイメージ。 ・柊(しゅう) 冬生まれの男の子におすすめの漢字です。 10月~11月に白い花をつけますが、クリスマスのイメージもありますね。 ・桜介(おうすけ) 満開の桜の様子が目に浮かぶようなお名前。 桜の季節は一瞬なので、その時に生まれたお子さんにぜひこのお名前を! ・桔梗(ききょう) 一見女の子の名前のイメージですが、花言葉が「誠実」というだけあって男の子にもぴったりの名前です。 ・光樹(みつき) 優しい光と、どっしりと立った樹で、優しさもあり、しっかりしたイメージ。 名付けランキングにも入っている「樹」という字は合わせやすくおすすめです。 ・咲多郎(さくたろう) 才能がたくさん開花しますようにと願いがこめられたお名前です。 ・耕史郎(こうしろう) 耕す、という字はこれから時代を切り開いていく男の子にぴったり! ・陽之介(はるのすけ) 優しさがあふれ出しているような暖かいイメージのお名前。 春の雰囲気も感じさせます。 英語や外国語から連想する 今の時代に英語は必須!今後海外の方との交流も増え、英語教育も本格的に始まります。 外国語にちなんだお名前をご紹介。 ・紘(ひろ) hero(英雄) 男の子はヒーローになってほしいですよね。 海外でも伝わりやすいお名前。 ・朗(ろう) row(漕ぐ) 「漕ぐ」という意味の「ろう」。 自分の人生の舵を取るという願いも込められそうです。 ・來斗(らいと)light(光)、理斗(りひと)Licht ドイツ語で、光) ふたつとも光で、人気の止め字を使ったお名前。 光り輝く人生であってほしいですね。 ・在真(あるま)alma スペイン語で、魂 漢字とスペイン語の意味がリンクしているような印象。 情熱を感じるようなお名前です。 ・亜斗夢(あとむ)atom(原子) ここからすべてが始まるような名前。 鉄腕アトムのイメージですね。 ・麻之亜(まのあ)manoa(ハワイ語で、広大) 広大な、という意味は男の子の名付けにぴったり。 ハワイが大好きなパパママにおすすめです。 音楽やアートなど、芸術的な名前 これからの時代は表現力があってこそ!アートで素敵なお名前はいかがですか? ・絃(げん) 様々な楽器に使われている絃は音楽が好きなご家庭にぴったりの漢字です。 ・章(しょう) 物語が始まる予感の「章」。 読書好きなパパママにおすすめ。 ・伎(たくみ) 歌舞伎でおなじみの「伎」は、芸に長けるという意味でも才能が開花しそうなイメージです。 ・奏(かなで) 音を奏でるという意味で、楽器をさせたい!という思いを込めて。 ・創(そう) 創る、という意味なのでいろいろなものを産み出してほしい、芸術的なお名前です。 ・詩音(しおん) 作詞作曲もできるかも!?優しい雰囲気でなおかつクリエイティブな漢字です。 ・律紀(りつき) 規則正しいイメージ且つ、皆を引っ張っていくような印象。 ・鼓太郎(こたろう) 太鼓の響きを感じさせるお名前。 力強さがあり男の子の名付けにピッタリ。 かっこいい名前をつけたい!【男の子編】 おすすめのかっこいい名前は!? やっぱり字面や読み方が「かっこいい」のが男の子は一番ですよね。 珍しい、そしてかっこいいお名前を文字数別に集めてみました。 ・蒼(あおい) ブルーのさわやかな印象の字。 ・煌(こう) 煌めく(きらめく)という字は男の子ならでは!輝かしい人生になりますように ・椋(りょう) 成長が早い椋(ムク)の木をイメージした字です。 すくすく成長してほしいですね。 ・傑(すぐる) ひときわ優れた人、という意味の「傑」その名の通り世に名をはせてほしいですね。 ・架瑠(かける) 人や世界の架け橋になって欲しいとの思いが込められるお名前。 ・采斗(あやと) 「彩」の左側の「采」はつかみ取るという意味で夢や目標をがっちりつかみたい男の子にぴったりの漢字。 ・京星(きょうせい) たくさんの星、という意味でスケールの大きさを感じる字です。 ・凱亜(がいあ) たくましいイメージですが、「にこやか」という意味ももつおしゃれな漢字です。 強さと柔らかさがあり、現代の男の子におすすめの漢字。 ・陽向汰(ひなた) 明るいところに向かっていくような雰囲気で人生がより良くなっていくようなイメージです。 ・日々軌(ひびき) 毎日を一歩一歩着実に進んでいくような漢字。 ・叶祷斗(かいと) 神に幸せを祈るという意味の「祷」。 人名に使えるようになってからまだ10年ほどなので、新鮮なお名前です。 名前の由来は「真実の剣を持って、人の右に出る」という意味で「真・剣・人・右」の漢字を出して繋げたという事です。 珍しい名前ですよね。 男の子の名付けをするときも、パパとママの思いを話し合ってそれにあった漢字を出し、繋げてみるのも一つの案かもしれません。 ・北村 匠海(たくみ) 音楽活動はもちろん俳優としても大ブレイク中の北村匠海さん。 普通、一文字で「匠(たくみ)」と読ませるところを「海」という漢字をつけることによって、さらに壮大なイメージになっています。 一文字にしようか、二文字にしようか、と悩むお名前もあると思いますが、 両親の願いを込めて当て字にするのもおすすめです。 ・本郷 奏多(かなた) 様々なドラマや映画に出演している本郷奏多さん。 おしゃれな名前ですが、お兄さんが「はるか」さんで、ご両親が「はるかかなた」の意味で付けられたそう。 兄弟で連想できる名前も素敵ですよね。 歴史上の人物や武将の名前を参考に考えてみる 昔の武将の名前は今でも使えそうでかっこいい名前が多いですよね。 ご年配の方まで馴染みがあるので、読み間違えなども少なくおすすめの名前です。 是非男の子の名付けの参考にしてみて下さい。 ・伊達政宗(まさむね) 政治、正すという意味がある「政」は長年男の子に人気の漢字です。 真面目な印象を与えるお名前ですね。 ・坂本龍馬(りょうま) たくましさや男らしさを感じる名前です。 坂本龍馬のように時代をつくっていけるような人になって欲しいと願いを込めます。 ・織田信長(のぶなが) 言わずと知れた戦国時代の武将、織田信長。 「信」という字は「まこと」という意味があります。 皆から信用されるような人になって欲しいですよね。 ・宮本武蔵(むさし) 「いさましい」という意味もある「武」という字は男の子の定番です。 文武両道、勇ましい男の子になりそうです。 諸説ありますが、姓名判断でのスーパー大吉の画数11画、15画、24画の珍しい名前と画数別の運気をご紹介します! 11画の名付けをしたとき子供の運気は? おだやかな性格で、コツコツ努力できる人。 周りの人から愛され、富貴繁栄が約束されている数。 自営業にも向いていて、晩年まで幸せが続くと言われています。 【名前例】 ・進(しん)・渚(なぎさ)・啓(ひろむ)・和己(かずき) ・仁作(じんさく)・大昇(たいしょう)・冴月(さつき) 15画の名付けをしたとき子供の運気は? 出世運、財運共にあり、成功を収める人が多い。 地位も名誉も手に入り、人間関係が良好で世界で活躍できる人になりそう。 【名前例】 ・慧(あきら)・徹(てつ)・佳伸(よしのぶ)・剛史(ごうし)・來亜(らいあ) ・桔平(きっぺい)・蛍斗(けいと) 24画の名付けをしたとき子供の運気は? 24は末広がりの8の3の倍数で最高にいい画数です。 健康運もよく、知性があり勤勉で、才能豊か。 お金に困らないと言われています。 周りから信頼される人になるでしょう。 【名前例】 ・鶯(おう)・慶洋(よしひろ)・勇輝(ゆうき)・颯馬(そうま)・佳偉斗(かいと) 男の子を名付ける際はしっかり考えよう! いかがでしたでしょうか?近年人気の一文字の名前はもちろん、読みは定番でも漢字が珍しいものまで80選をご紹介させていただきました。 人気な名前を選ぶのもよし、武将や芸能人の名前から連想して特別な名前を考えるのもよし、全てはパパとママの方向性次第です。 今回の記事を参考に、パパとママの想いがこもった素敵なお名前を見つけてみてくださいね。

次の

男の子の最強にかっこいい名前280選!みんなの憧れの的に!

男の子の名前

男の子名前人気ランキングを発表します。 文字別では1位が「翔」、2位が「湊」、3位が「悠真」とランクイン! 名前の読み方別では1位が「はると」、2位が「ゆうと」、3位が「そうた」となりました。 昨年に引き続き3音の名前が主流、最後の音が「と」「ま」などで終わる音も人気です。 <男の子の名前ランキング 目次>• なお企業などでも発表されている名前ランキングですが、今回は私が最近5年間に命名相談で出された候補のお名前をもとに集計したものです(~2019年10月)。 なお、たとえ人気順位が高くても、間違った読み方の名前、男女を間違える名前は、まねをする人が出ないよう削除してあります。 読み方は圧倒的に「ひろと」が多いですが、他のふりがなもあるようです。 なお、大の字を「ひろ」と読むのは正しいですが、翔の字に「とぶ」の読み方をのせているのはごく一部の辞典だけです。 『悠介』『悠平』『悠互』『悠太』などの名も多いですが、とくに最近は「ゆうま」の呼び名が人気があります。 太、悠、大の字の人気は、厳しく管理された生活や、いじめなどの多い時代において、のびのびとした大きさ、広さをあらわす字が無意識に好まれているということではないでしょうか。 この名はまれに「ゆま」というふりがなで女の子につけられることもありますが、基本的には男の子の名です。 名前に使えるようになってからは、『翔』『翔平』『翔吾』『翔太』『翔也』『翔真』『翔馬』などの名前が大流行し、平成半ばごろからは『大翔(ひろと)』『海翔(かいと)』『陽翔(はると)』などのように、下側に使って「と」と読ませる名も増えました。 長い人気を保っていますが、とくに最近は大谷翔平の影響も拍車をかけているかもしれません。 女の子の名前もそうですが、これは現代人が日常生活で自然と接することが少なくなり、いかに自然を求めているかということを表していますが、さらに環境問題に対する心配も影響しているものと思われます。 詳しくは「」もご覧ください。 平成のときはもともと平の字は男の子に多く使われていた字で、急激な増加という現象はありませんでした。 令和の年号の影響も表れていません。 令の字はこれまでもほとんど名前に使われなかった字です。 和の字はもとから名前に使われてきましたが、令和になってとくに増えたということもありません。 新元号の名づけについては「」もご覧ください。 もはや見ても驚く人も無く、むしろ陳腐な感じすら出てきたためでしょう。 今後は急速に減っていくことも予想されます。 男の子では戦国武将のような歴史的なロマンを感じさせる名前も増えつつあります。 日本の良さを守りたいという意識のあらわれかもしれません。 詳しくは「」でをご覧ください。 なお注目すべきは、五郎丸歩(あゆむ)の影響で、同じ名前が急上昇していることです。 それまでは歩は圧倒的に「あゆみ」と読む女の子の名でしたが、今は「あゆむ」という男の子の名が多くなっています。 文字数別名前について詳しくは「」や「」もご覧ください。 男の子の名前ランキング呼び名1位「そうた」2位「はると」3位「ゆうた」 順位 男の子のよび名 21 りくと 22 えいと 23 そうま 24 そう 25 ゆうた 26 あきと 27 りょう 28 かい 29 けいすけ 30 りょうま 名前の人気ランキングの傾向は、使われる漢字と読み方で集計結果が違ってきますので、必ず両面から見る必要があります。 名前の読み方別ランキング集計の人気順位は、年によって多少の変動はありますが、入ってくる呼び名そのものは大きく変わることはありません。 名前の読みには、付ける人のよび名の好みが表現されますが、さらにその時代にもっとも求められていたもの、言いかえれば不足していて手に入れにくいものもよく表現されます。 最近の傾向として、最後の音が「と」「き」「た」「ま」などで終わる名前が好まれることが分かります。 昔と違ってやはり3音の名前が主流ではありますが、最近は「こうせい」「ゆうせい」など4音で音読みの呼び名も少しずつ増えてはいます。 【関連記事】•

次の

【男の子の名前・二文字編】珍しい・かっこいい漢字厳選一覧!

男の子の名前

男の子名前人気ランキングを発表します。 文字別では1位が「翔」、2位が「湊」、3位が「悠真」とランクイン! 名前の読み方別では1位が「はると」、2位が「ゆうと」、3位が「そうた」となりました。 昨年に引き続き3音の名前が主流、最後の音が「と」「ま」などで終わる音も人気です。 <男の子の名前ランキング 目次>• なお企業などでも発表されている名前ランキングですが、今回は私が最近5年間に命名相談で出された候補のお名前をもとに集計したものです(~2019年10月)。 なお、たとえ人気順位が高くても、間違った読み方の名前、男女を間違える名前は、まねをする人が出ないよう削除してあります。 読み方は圧倒的に「ひろと」が多いですが、他のふりがなもあるようです。 なお、大の字を「ひろ」と読むのは正しいですが、翔の字に「とぶ」の読み方をのせているのはごく一部の辞典だけです。 『悠介』『悠平』『悠互』『悠太』などの名も多いですが、とくに最近は「ゆうま」の呼び名が人気があります。 太、悠、大の字の人気は、厳しく管理された生活や、いじめなどの多い時代において、のびのびとした大きさ、広さをあらわす字が無意識に好まれているということではないでしょうか。 この名はまれに「ゆま」というふりがなで女の子につけられることもありますが、基本的には男の子の名です。 名前に使えるようになってからは、『翔』『翔平』『翔吾』『翔太』『翔也』『翔真』『翔馬』などの名前が大流行し、平成半ばごろからは『大翔(ひろと)』『海翔(かいと)』『陽翔(はると)』などのように、下側に使って「と」と読ませる名も増えました。 長い人気を保っていますが、とくに最近は大谷翔平の影響も拍車をかけているかもしれません。 女の子の名前もそうですが、これは現代人が日常生活で自然と接することが少なくなり、いかに自然を求めているかということを表していますが、さらに環境問題に対する心配も影響しているものと思われます。 詳しくは「」もご覧ください。 平成のときはもともと平の字は男の子に多く使われていた字で、急激な増加という現象はありませんでした。 令和の年号の影響も表れていません。 令の字はこれまでもほとんど名前に使われなかった字です。 和の字はもとから名前に使われてきましたが、令和になってとくに増えたということもありません。 新元号の名づけについては「」もご覧ください。 もはや見ても驚く人も無く、むしろ陳腐な感じすら出てきたためでしょう。 今後は急速に減っていくことも予想されます。 男の子では戦国武将のような歴史的なロマンを感じさせる名前も増えつつあります。 日本の良さを守りたいという意識のあらわれかもしれません。 詳しくは「」でをご覧ください。 なお注目すべきは、五郎丸歩(あゆむ)の影響で、同じ名前が急上昇していることです。 それまでは歩は圧倒的に「あゆみ」と読む女の子の名でしたが、今は「あゆむ」という男の子の名が多くなっています。 文字数別名前について詳しくは「」や「」もご覧ください。 男の子の名前ランキング呼び名1位「そうた」2位「はると」3位「ゆうた」 順位 男の子のよび名 21 りくと 22 えいと 23 そうま 24 そう 25 ゆうた 26 あきと 27 りょう 28 かい 29 けいすけ 30 りょうま 名前の人気ランキングの傾向は、使われる漢字と読み方で集計結果が違ってきますので、必ず両面から見る必要があります。 名前の読み方別ランキング集計の人気順位は、年によって多少の変動はありますが、入ってくる呼び名そのものは大きく変わることはありません。 名前の読みには、付ける人のよび名の好みが表現されますが、さらにその時代にもっとも求められていたもの、言いかえれば不足していて手に入れにくいものもよく表現されます。 最近の傾向として、最後の音が「と」「き」「た」「ま」などで終わる名前が好まれることが分かります。 昔と違ってやはり3音の名前が主流ではありますが、最近は「こうせい」「ゆうせい」など4音で音読みの呼び名も少しずつ増えてはいます。 【関連記事】•

次の