承知 しま した 英語 メール。 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

承知いたしました、って英語でなんて言うの?

承知 しま した 英語 メール

「確認しました」という形でももちろん使用できますが、この言葉では丁寧な表現にできません。 後述する例文内にあるような、「確認させていただきました」などを目上の人に確認メールを出す場合は使用するようにしましょう。 相手への敬意がきちんと伝わります。 確認メールを送信する主な目的は、多くの場合シンプルで「メールを確認しました」という旨を伝えることです。 これを目的にしたメールなので、丁寧な文章を心掛けすぎて言葉が多すぎたり、複雑すぎると逆に相手の時間や手間を奪うことになります。 丁寧ながらもすっきりとした文章を心掛けましょう。 」です。 これは、一番シンプルでありながら、敬語表現を使い相手への敬意を表した良い表現です。 この例文を使用した後、例えば「内容には問題ありませんので、いただいたプラン通り同案件を進めていければと考えます。 」など内容を確認した上で自分が取りたい行動について言及するのも良いでしょう。 」です。 「拝読する」とは「読む」という言葉を敬語にした丁寧な言葉です。 1つ目の例文と同様、その後で「内容に関しては特に問題ないようですので、このまま契約を進めていければと思います。 」など自分の見解や意見を述べましょう。 」です。 「拝受する」とは「受け取る」という言葉の丁寧な表現です。 この表現は、「いたしました」という「する」の敬語表現も重なっているので非常に丁寧な響きとなる表現です。 目上の人や自分が懇意にしている大切な取引先の人に使用するとより効果的です。 」です。 この表現は、ただ「メール」を確認したのではなく、あくまでもその「内容」をしっかり確認したという事実を相手に伝えられます。 「メールを確認する」と言っても、それをメールボックスの中にあるのを見る、内容をざっと読む、詳細を確認するなど色んな「確認する」形態があります。 この中でも自分が確認した内容をしっかり伝えたい場合は当例文を使用しましょう。 」です。 この表現は、メールの内容を確認したというよりは、それを確実に受け取ったという事実を強調して相手に伝える際に役立つものです。 この例文の後に、例えば「内容の方も拝見いたしましたが、問題ないようですのでこのまま上司に報告しまた折り返しご連絡させていただきます。 」などの形で続けましょう。 」です。 これは、メールの添付ファイル内容に何か問題があった場合に使える表現です。 相手の時間と労力に負担をかけないためにも、後に「該当の箇所は資料内~ページの~行目の~です。 」としっかり問題箇所を指摘して返信するように心掛けましょう。 」です。 これは、確認したメール内容内に何か不備を見つけた場合に使用できます。 例文1つ目の例と同様、具体的に不備内容箇所を指摘した後、「大変お手数ですが、修正をいただき再度ご連絡いただけると幸いです。 」などの言葉を続けましょう。 」です。 これは、メールにざっと目をとした結果、数字が誤っていたことを見つけた際に使用できます。 この場合も先述した例と同様、該当箇所をきちんと指摘しましょう。 その後、丁寧に折り返し連絡が欲しい旨を伝えておくとスムーズでしょう。 」です。 これは、相手が手違いで他の案件に関する内容メールを送ってきた際にそれを知らせる際に使用できます。 ビジネスでは特にお互い数多くの人を相手に仕事をする関係で、間違った内容のメールを相手に送ってしまうこともあります。 その場合はこの例文のように丁寧にお知らせしましょう。 」です。 これは、相手が該当メールにファイルを添付し忘れた際にそれを知らせるものです。 4つ目の例と同様、メールへのファイル添付を忘れるということも良く起こります。 添付ファイルを確認しないと話を先に進められない場合はしっかり相手に送ってもらえるように依頼しましょう。 」です。 直訳すると「私はあなたのメールを読みました。 」となり、転じて「メールを確認しました。 」となります。 」です。 これは、直訳すると「私はあなたのメールを受け取りました。 」となり、転じて「確認しました」という意味になります。 これは、直訳すると「私はあなたのメールを見てみました。 」となり、転じて「確認しました」という内容を伝えられます。 」です。 これは、直訳から「私はあなたのメールを確認しました。 」という意味となり、そのままの意味で使用できます。 」です。 これは、「私はあなたのメールの内容を確認しました。 」という意味となり、そのままの意味で使用できます。 相手側の状況によってはすぐに内容を確認してもらえない、あるいは相手の直接的な反応がすぐに得られない場合もあるメールは緊急なやりとりに向きません。 その場合は電話で伝えるようにしましょう。 これは自分が非常に忙しく、相手に「確認しました」という内容のメールを返信する間もないケースです。 メールをするより電話の方が効率が良いという場合は電話を選びましょう。 相手の会社を訪問した際や同じ会議やイベントに出席する機会などに直接「メールは届きましたか?」と確認してみましょう。 相手に「こちらから先日お送りしたメールは届きましたでしょうか?」とお伺いのメールを出しましょう。 丁寧な文面にしておくのがポイントです。 直接、電話を使って「昨日お送りしたメールは届きましたでしょうか?」などの形で聞いてみましょう。 場合によっては一番効率の良い方法です。 「確認しました」のメールへ返信する必要はある? 相手に余計な手間と時間をかけそうな場合は特に返信の必要はない 基本的に、相手が非常に忙しい人などの場合は、相手に余計な手間と時間をかけそうな場合は特に返信の必要はありません。 返信するのが丁寧、と思うかもしれませんがそれは相手の状況とタイミングにもよります。 逐一自分で判断しましょう。 緊急性などがあれば「確認させていただきました」と敬語で返信しよう 仮に相手から「緊急なのでこのメールにすぐ確認のメールしてください。 」などと伝えられた場合は、「お送り頂いた確認完了メールについてこちらでも確認させていただきました。 」などの形で返信しましょう。 敬語で返信できるとベストです。 「確認しました」のビジネスメールの書き方を覚えて仕事に活用しよう! 当記事では、「確認しました」のビジネスメールの書き方や注意点などを具体的な例文も交えて詳しくお伝えしてきました。 ぜひこの書き方を覚えて仕事にも積極的に活用してみてください。 下記関連記事内では、「ご確認ください」のビジネスメール例文をご紹介しています。 興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

次の

「分かりました」「了解しました」を英語で正しく言い分けるフレーズ

承知 しま した 英語 メール

パーツ別うまい書き方の心得 件名の書き方 メールの 件名は、受信者が最初に目にする情報です。 件名から本文の内容や重要度がまず判断されます。 正しく効果的に内容が伝わるように工夫しましょう。 件名がお粗末だと、本文確認は後回しにされてしまいます。 最悪の場合スパムメールと間違われて(本文を確認せずに)破棄なんて事態も起こりかねません。 長すぎず短すぎず、十分な具体性を盛り込む メールの件名は、受信者の使用する端末の環境にもよりますが、一度に表示される文字数に制限があります。 基本的には60字程度が限界とされています。 60字を超えた部分に重要な情報を盛り込んでも、件名一覧の表示では見られません。 件名の情報は「重要な情報ほど先頭(左側)に置く」ように意識しましょう。 英語はもともと主語・動詞といった文章上の重要な語をできるだけ先頭に配置する構造の言語です。 大事なことは最初に述べる、補足的な情報は後から付け足す、という心構えが大切です。 簡素すぎる件名も考え物です。 案件や差出人が不明瞭になりやすく、怪しいメールと区別できなくなるためです。 何の件だろうという疑念は心理的抵抗を生みます。 宛名の書き方 宛名はメール本文の先頭に配置される、従って最初に読まれる要素です。 形式上必須といえます。 相手側(担当者)がすでに判明している場合は、男性の担当者には「Dear Mr. (名字)」、女性の場合は「Dear Ms. (名字)」のように書いておけば基本的に問題ありません。 担当者の名前も性別も分からない場合には「Dear Sir or Madam」のように表記できます。 博士や代議士といった特定の肩書きを持つ人へ宛てたメールの場合、宛名に添える敬称は原則的に肩書きを踏襲する必要があります。 医師の方なら Dr. 、博士なら Professor を Mr. やMs. の代わりに配置しましょう。 「ご担当者様」と表現するには 先方の担当者名が不明の場合、適切な担当者の元へ転送して欲しいという期待を込めて、部署名のみ指定したり、あえて部署名も担当者名も指定しない宛名にしたりする書き方もあります。 行き先を指定しない場合にも宛名表記は形式上必要です。 そういった場合には To whom it may concerns, (関係者各位)のような書き方が使えます。 すでに担当者がついている状況で、その担当の方を宛先にしないという書き方は、むろん失礼な書き方なのでやってはいけません。 自己紹介は特殊な事情がある場合のみ行う 日本語のビジネスメールでは、本文は基本的に「(会社名)の(自分の名前) と申します。 」のように名乗る所から始めますが、英語のビジネスメールでは、名乗らずに用件から入る書き方が普通です。 自分の名前や会社名は、メールの文末に署名として書き添えて済ませます。 自分が何者であるかをあらかじめ説明した方がよい状況はあります。 たとえば、取引のない相手に飛び込み営業的に連絡する場合や、担当者の代理として連絡する場合など。 あえて自己紹介する際には、なぜ自分の名前を伝えているのかという点も察せるように事情を伝えましょう。 返事を期待している旨を言い添える書き方 回答・返信が必要なら、それと伝わるように一言添えましょう。 I would appreciate your reply. 返信いただければ幸いです。 本文の書き終え方 メール本文で用件を述べ終えたら、お礼の一言を述べて、スッと切り上げましょう。 余談や四方山話は不要です。 ただし最後に一言お礼は述べておきましょう。 今後の関係がよりよいものになりますように、という希望的なメッセージも有効です。 Thank you for your understan ding. ご理解いただきありがとうございます 「よろしくお願いします。 」は他の表現で言い換える 日本語のビジネスメールでは随所に「よろしくお願いします」の後が挿入される向きがありますが、この「よろしく」はかなり日本語の独特の語彙であり、ぴったり対応する英語表現がありません。 また、ビジネスメールで無駄に連呼するあり方も好まれません。 ここぞというポイントに絞って、I appreciate you. (感謝申し上げます)のような感謝の一言を述べると、日本語の「よろしくお願いします」に通じるニュアンスが伝わるでしょう。 末尾の結びの一言として「よろしくお願いします」と述べる場合、英語には定型フレーズがありますので、結びの言葉に代替させて表現しましょう。 結びの言葉の書き方 英語のメールの「結び」は特定の定型フレーズが用いられます。 日本語にも一応「敬具」「草々」のような言い方があり、これは半ば廃れつつありますが、英語では電子メールでもビジネスメールでも様式としてしっかり残っています。 結びに用いられる表現は何種類かあります。 Sincerely, や Best regards, などが代表的でしょう。 必ず直後にカンマを打ち、改行して自分(差出人)の名前を書く、という形式が取られます。 署名欄の書き方 メールの最下部には差出人の情報をまとめて記載します。 氏名、担当部署、企業名および所在地、連絡先、といった名刺代わりの情報をまとめて記載する方式が一般的です。 署名欄は個性的な内容にする必要はなく、むしろテンプレートに沿った形式が好まれます。 事務的に用いられる部分なので、扱いやすい方がよいのです。 一般的には、名前、部署名、会社名 と所属範囲を徐々に広げるように書きます。 記載項目の種類や前後順は多少前後しても支障ありません。 部署名• 会社名• 会社所在地• Eメールアドレス• 電話番号・FAX番号• WebサイトURL これだけ知っていれば結構サマになる定型表現10選 話題を示す表現「regarding ~」(~に関して) メールの話題をはっきりさせることができる表現です。 「regarding the issue of ~」(~の件に関して)、「regarding the problem」(その問題に関して)のように使います。 文頭で「I am writing to you regarding ~」(~の件についてご連絡申し上げます。 )のように書くこともできます。 確認を求めるための表現「We would like to confirm that ~」(~であることを確認したいのですが) 相手に確認を求める際に使えるフレーズです。 「We would like to ~」(~したいのですが)という表現は、要件を述べるための言い回しとして様々に応用することができます。 丁寧なお願いの表現「We politely request that you ~」(~して下さいますようお願い申し上げます) 相手にお願いをする際に使えるフォーマルな言い回しです。 「Could you ~? 」という言い方でも丁寧にお願いができます。 さらにくだけた表現には「Can you ~? 」があります。 謝罪のための表現「We apologize for ~」(~について謝罪いたします) 謝罪に使えるフォーマルな表現です。 「We apologize for the inconvenience. 」(ご不便をおかけいたしましたことを謝罪いたします。 )のように使います。 「We are sorry for ~」「Sorry for ~」のように書くと、くだけた印象になります。 メールで定番の表現「If you have any questions, please contact us at any time. 」(ご不明点等ありましたら、いつでもご連絡ください。 ) ビジネスメールだけでなく、様々な場面使われるお決まりの言い方です。 必ずしも書かなくてもよいフレーズですが、応用しやすく、「Please call me at XX-XXXX-XXXX. 」(私にお電話ください。 番号はXX-XXXX-XXXXです)のように電話番号を示すこともできます。 文末に使える表現「We are looking forward to ~ing」(~することを楽しみにしています) 手紙の定型文としても使われるフレーズです。 「We are looking forward to seeing you. 」(お会いできるのを楽しみにしています。 )のように、本文の最後に一言添えたい時に便利です。 結びの言葉「Best regards,」(敬具) 締めの言葉として使われる表現です。 慣れている相手に対しては単に「Regards,」とも書きます。 さらにフォーマルな締めくくりとしては、アメリカ式では「Sincerely yours,」、イギリス式では「Yours sincerely,」と書きます。 相手の名前が分からず、書き出しで「Dear Sir or Madam」のような表現を使った場合、締めの言葉は「Yours faithfully,」を使うことが一般的です。 英語のビジネスメールでは、手紙よりもくだけた英語表現が使われることが一般的です。 そのため、初回のメールではフォーマルな表現、知り合いとのメールではくだけた表現、といった使い分けができるとベストです。 お決まりのフレーズを使いながらビジネスメールをやりとりするうちに、定型表現は身につけることができるでしょう。

次の

「分かりました」「了解しました」を英語で正しく言い分けるフレーズ

承知 しま した 英語 メール

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 2• 研究社 新和英中辞典 4• Weblio Email例文集 21• 場面別・シーン別英語表現辞典 10• Eゲイト英和辞典 1• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 8• Tanaka Corpus 5• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 2• 官公庁発表資料• 金融庁 172• 書籍・作品• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 1• Wells『タイムマシン』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 2.

次の