アグレッシブ 対義語。 「アグレッシブ」の意味と使い方は?類語とアクティブとの違い

アグレッシブの反対語

アグレッシブ 対義語

負けん気が強い• 意外に論じ合うことを好む• 挑戦的なのでチャレンジ精神旺盛、行動力旺盛• 積極的なので失敗を怖がらず、失敗を喜ぶこともある• 逆境に強く、むしろ立ち向かうことを良しとする つまり「アグレッシブな性格の人」とは、動的でもあり良くも悪くも「 押しつけがましくアクが強い性格の人」ともいえるのです。 人によっては高圧的な印象を与えることもあるもあります。 そのため「あなたの性格はアグレッシブだね!」などと言ってしまうと、人によっては中傷と捉えかねないので「アグレッシブな性格」を伝えるときは注意しましょう。 3.「アグレッシブ」と「アクティブ」の違い 「アグレッシブ」と「アクティブ」ですが、非常によく比較される言葉です。 なぜ比較されるのかを含め、次に「アグレッシブ」と「アクティブ」の違いを紹介します。 3-1.アクティブとは:「自分から進んで働きかける」 「アクティブ」とは 「自分から進んで働きかける」の意味する形容詞であり、カタカナ言葉です。

次の

アグレッシブの反対語(1/2)

アグレッシブ 対義語

負けん気が強い• 意外に論じ合うことを好む• 挑戦的なのでチャレンジ精神旺盛、行動力旺盛• 積極的なので失敗を怖がらず、失敗を喜ぶこともある• 逆境に強く、むしろ立ち向かうことを良しとする つまり「アグレッシブな性格の人」とは、動的でもあり良くも悪くも「 押しつけがましくアクが強い性格の人」ともいえるのです。 人によっては高圧的な印象を与えることもあるもあります。 そのため「あなたの性格はアグレッシブだね!」などと言ってしまうと、人によっては中傷と捉えかねないので「アグレッシブな性格」を伝えるときは注意しましょう。 3.「アグレッシブ」と「アクティブ」の違い 「アグレッシブ」と「アクティブ」ですが、非常によく比較される言葉です。 なぜ比較されるのかを含め、次に「アグレッシブ」と「アクティブ」の違いを紹介します。 3-1.アクティブとは:「自分から進んで働きかける」 「アクティブ」とは 「自分から進んで働きかける」の意味する形容詞であり、カタカナ言葉です。

次の

「アグレッシブ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

アグレッシブ 対義語

つまらないどころか、非常に興味深い質問です。 hosinoさんがよく会話で耳にするというのは、日本語の会話の中でですか。 それとも英語の aggressiveという言葉ですか。 それによって答も異なります。 また、この言葉を人の性格に使うのか、ビジネスのプランなどに使うのかによっても、若干異なります。 Aggressive という英語は、元来、「侵略的」「攻撃的」、「強引な」という意味です。 ところがアメリカ人が会話でこの言葉を使うときは総じて良い意味で使われます。 積極的、主体的、行動的、押しの強い、という感じです。 したがって、この意味の反対語といえば、消極的、受動的、引っ込み思案、弱気な、といった、否定的な言葉になります。 英語で反対語をひくと(Merriam-Webster Collegiate Thesaurus)、 passive, unassertive; meek, submissive, yielding などがあります。 受け身、自己主張しない、おとなしい、従順な、言いなりの、といった意味になります。 イギリス人、ニュージーランド人や、ヨーロッパ系の人達は、必ずしも上記のようないいニュアンスで aggressive という言葉を使いません。 言葉は文化ですね。 そう言っていただるなんて・・・・。 恐縮です。 嬉しいです。 日本語の会話の中で、何故かこの「アグレッシブ」が引っかかって、「アグレッシブ」はよく聞くけど、じゃあ、この反対意味の単語は、そう言えば、会話の中にあんまりというか、ほとんど出てこないよな・・・という、ごくごく、些細な疑問が頭から離れなくなり、こちらにおすがりした次第でして。 mirokuさんのお答えも、本当にわかりやすく、大変参考になりました。 ありがとうございました。 言葉は文化ですね。 面白い・・・。 奥が深いです・・・。 本当にありがとうございました。 マナー違反でしたら移動してください。 synonym 同義語・類義語 antonym 対義語・反意語・対語 同義語と類義語は厳密には違うのですが、英語では区別しないようです。 また国語学の世界では対義語というのが普通で、反意語という言葉は英語の本で初めて知りました。 (参考URL) 他にも、 堀井令以知編「語源大辞典」東京堂出版 武光誠「日常語の由来語辞典」東京堂出版 山口佳紀編「暮らしのことば 語源辞典」講談社 北嶋広敏「語源の辞典」日本実業出版社 等、いろいろな本が出ていますね。 単に初出例が知りたいだけなら、「日本国語大辞典」(小学館)だけでもある程度の用は足ります。 「ルンペン」を引けば、徳田秋声や林芙美子あたりが使ったのが最初か、ということくらいはわかります。

次の