布 マスク ウイルス。 効果低くともつけないよりまし?専門家が語る布マスクの効果

飛沫感染、マスクの予防効果は?:朝日新聞デジタル

布 マスク ウイルス

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19、以下、新型コロナ感染症)が猛威をふるっている。 一方、政府が布(ガーゼ)マスクを世帯当たり2枚、配布すると発表し、国際的にも話題になった。 そんな折、英国の科学雑誌『nature』に、マスクについての新研究論文が掲載された。 マスクに関する議論 最初に断っておくが、この記事で紹介する論文は、サージカルマスク(医療外科用マスク)についての研究で布マスクについてではない。 一般で使用される不織布マスク(ふしょくふ)は、医療用のサージカルマスクとほぼ同じ効果があるとされる。 不織布とはフェルトのように繊維を絡み合わせてシート状にしたもので、不織布マスクはこの不織布を何枚か重ね合わせ、あるいは一枚を立体的に成形して作られている。 ただ、布マスクにも感染者が他人に感染させない咳エチケット用としての効果はあるようだ。 マスクに期待される効果は、外界の花粉や他人の咳やくしゃみなどで飛び散った飛沫に含まれる細菌やウイルスを防ぐことだ。 不織布マスクの場合、よく野球場とボールの比較で言われるように、不織布の繊維の隙間はウイルス(約0. 1マイクロメートル)より大きく、ほとんどの不織布マスクのフィルターはウイルスを捉えきれないとされる。 ただ、不織布の繊維を通過する間に、ブラウン運動をするウイルスが捕捉され、一定の効果はあるようだ。 しかし、マスク自体のフィルター効果が発揮されるためには、マスクと顔の間から流入する空気を極力、抑えなければならない。 マスクと顔の間を密着させる必要があるが現実的には難しいだろう。 WHO(世界保健機関)が、新型コロナ感染症に関してマスクの使用を推奨しないとアナウンスしたり、逆に米国のCDC(疾病管理予防センター)が感染拡大防止の観点から、マスクについては議論が続いている。 ところで、なぜ日本のマスク不足が続いているのだろう。 新型コロナ感染症が出現する前、その大部分は中国で生産されていた。 日本市場向けのマスクは安く大量に中国で作られていたが、世界中で需要が急増した結果、これまでマスクをしなかった人もマスクを求めるようになる。 その結果、日本にマスクが入ってこない状態が続いているが、国内企業は今、新たに工場を立ち上げたりラインを組んだりしてマスク製造に設備投資をしても、新型コロナ感染症の終息後には安い中国製品が入ってきて、とても太刀打ちできないことがわかっている。 政府がいくら生産しろと叫んでも腰が重いのは当然だろう。 台湾資本のシャープがマスク生産に乗り出したのが象徴的だが、国内企業にはすでにそれだけの余力はない。 このコロナウイルスは、季節性コロナウイルスで一般的な風邪の原因ウイルスだ。 これは香港大学やハーバード大学公衆衛生学部などの研究グループによるもので、呼吸器ウイルス感染症が疑われる246人の参加者を、マスクを付けない122人とサージカルマスクをつける124人にランダムに振り分け、参加者の呼気を収集して分析した。 すると、111人がコロナウイルス(17人)、インフルエンザウイルス(43人)、ライノウイルス(一般的な風邪の原因ウイルスの一種、54人)のいずれかに感染していることが確認されたという。 この111人をマスクの有無で比較したところ、マスクをつけた群は飛沫とエアロゾル中のコロナウイルスを減少させ、飛沫中のインフルエンザウイルスを減少させた一方、ライノウイルスにはマスクの効果がないことがわかった。 この研究で収集したコロナウイルスは、新型コロナウイルスではないが似たようなウイルスの大きさと考えられる。 研究グループは、まだマスクが新型コロナ感染症の感染拡大予防に効果があるとはっきりと言えないものの、飛沫感染やエアロゾル感染には一定の役割を果たすのではないかという。 この研究結果は、無自覚の感染者による感染拡大を防ぐという意味でのマスクの効果を再確認したもので、我々が持っている認識や最近になってCDCなどで推奨される理由とも合致する。 だから、マスクが健常者をウイルス感染から守るわけではない。 新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染で感染が広がっていくと考えられている。 飛沫感染は、感染者がくしゃみや咳をした際、つばなどと一緒にウイルスが放出され、そのウイルスを他人が吸い込むことで感染する。 また、接触感染は、感染者が接触した物を介してウイルスが感染していく。 ウイルスは環境中でも生存し、大きな飛沫は落下するが、ウイルスを含んだ微粒子状のエアロゾルは空気中に長くとどまり、高濃度の場合や換気が不十分な空間では長距離でもウイルスを拡散させる可能性がある。 入念で頻繁な手洗いやうがいはもちろん、社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)広く取り、室内では換気をすることが重要だ。 サージカルマスクは、家庭用の不織布マスクとほぼ同等の機能を持つ。 今回の研究結果により、不織布マスクの着用が感染拡大を防ぐための重要な対策になることが改めてわかったということになる。 ただ、布マスクに同じ効果があるかはわからない。 , "A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workes. " BMJ Open, Vol. Facemasks for the prevention of infection in healthcare and community settings. " BMJ, Vol. Leung, et al. , "Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks. " nature medicine, doi.

次の

飛沫感染、マスクの予防効果は?:朝日新聞デジタル

布 マスク ウイルス

宅配はもちろん、全国のセブンイレブンで受け取れるのも使い勝手が良いです。 気軽に使える!ピッタマスク PITTA MASK 通販はもちろん、ドラッグストアなどでも入手できるいわゆる市販の洗えるマスクです。 ピッタマスクは3D立体型のポリウレタン製のマスクです。 市販マスクはご存知のようにスーパーやドラッグストアなどの実店舗では入手困難ですが、 Amazonではタイミング次第で入手できることもあります。 ダメもとでチェックしてみるのがおすすめです。 洗濯機洗いOK!中川政七商店「やわらか立体ガーゼマスク」 創業300年、生活雑貨工芸品を製造・販売している中川政七商店のマスクです。 とにかく【品質】にこだわった究極のマスクです。 中川政七商店「やわらか立体ガーゼマスク」のポイントは次の3つ。 医療用と同等に精製されたガーゼと脱脂綿で作られたパシーマ生地を使用• 靴下の編み機で編んだ装着感にこだわった耳かけ• 通気性・吸水性に優れながら鼻からあごまでをしっかりと覆う立体マスク このマスクは生活工芸品レベルに使い心地が優れているので、 普段から愛用している人もけっこういます。 1枚1,320円(小さめサイズ1,100円)とマスクにしては少し高いですが、 それだけの価値があるマスクです。

次の

【比較】洗えるガーゼマスクと使い捨てマスク。ウィルスには効果なし?

布 マスク ウイルス

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19、以下、新型コロナ感染症)が猛威をふるっている。 一方、政府が布(ガーゼ)マスクを世帯当たり2枚、配布すると発表し、国際的にも話題になった。 そんな折、英国の科学雑誌『nature』に、マスクについての新研究論文が掲載された。 マスクに関する議論 最初に断っておくが、この記事で紹介する論文は、サージカルマスク(医療外科用マスク)についての研究で布マスクについてではない。 一般で使用される不織布マスク(ふしょくふ)は、医療用のサージカルマスクとほぼ同じ効果があるとされる。 不織布とはフェルトのように繊維を絡み合わせてシート状にしたもので、不織布マスクはこの不織布を何枚か重ね合わせ、あるいは一枚を立体的に成形して作られている。 ただ、布マスクにも感染者が他人に感染させない咳エチケット用としての効果はあるようだ。 マスクに期待される効果は、外界の花粉や他人の咳やくしゃみなどで飛び散った飛沫に含まれる細菌やウイルスを防ぐことだ。 不織布マスクの場合、よく野球場とボールの比較で言われるように、不織布の繊維の隙間はウイルス(約0. 1マイクロメートル)より大きく、ほとんどの不織布マスクのフィルターはウイルスを捉えきれないとされる。 ただ、不織布の繊維を通過する間に、ブラウン運動をするウイルスが捕捉され、一定の効果はあるようだ。 しかし、マスク自体のフィルター効果が発揮されるためには、マスクと顔の間から流入する空気を極力、抑えなければならない。 マスクと顔の間を密着させる必要があるが現実的には難しいだろう。 WHO(世界保健機関)が、新型コロナ感染症に関してマスクの使用を推奨しないとアナウンスしたり、逆に米国のCDC(疾病管理予防センター)が感染拡大防止の観点から、マスクについては議論が続いている。 ところで、なぜ日本のマスク不足が続いているのだろう。 新型コロナ感染症が出現する前、その大部分は中国で生産されていた。 日本市場向けのマスクは安く大量に中国で作られていたが、世界中で需要が急増した結果、これまでマスクをしなかった人もマスクを求めるようになる。 その結果、日本にマスクが入ってこない状態が続いているが、国内企業は今、新たに工場を立ち上げたりラインを組んだりしてマスク製造に設備投資をしても、新型コロナ感染症の終息後には安い中国製品が入ってきて、とても太刀打ちできないことがわかっている。 政府がいくら生産しろと叫んでも腰が重いのは当然だろう。 台湾資本のシャープがマスク生産に乗り出したのが象徴的だが、国内企業にはすでにそれだけの余力はない。 このコロナウイルスは、季節性コロナウイルスで一般的な風邪の原因ウイルスだ。 これは香港大学やハーバード大学公衆衛生学部などの研究グループによるもので、呼吸器ウイルス感染症が疑われる246人の参加者を、マスクを付けない122人とサージカルマスクをつける124人にランダムに振り分け、参加者の呼気を収集して分析した。 すると、111人がコロナウイルス(17人)、インフルエンザウイルス(43人)、ライノウイルス(一般的な風邪の原因ウイルスの一種、54人)のいずれかに感染していることが確認されたという。 この111人をマスクの有無で比較したところ、マスクをつけた群は飛沫とエアロゾル中のコロナウイルスを減少させ、飛沫中のインフルエンザウイルスを減少させた一方、ライノウイルスにはマスクの効果がないことがわかった。 この研究で収集したコロナウイルスは、新型コロナウイルスではないが似たようなウイルスの大きさと考えられる。 研究グループは、まだマスクが新型コロナ感染症の感染拡大予防に効果があるとはっきりと言えないものの、飛沫感染やエアロゾル感染には一定の役割を果たすのではないかという。 この研究結果は、無自覚の感染者による感染拡大を防ぐという意味でのマスクの効果を再確認したもので、我々が持っている認識や最近になってCDCなどで推奨される理由とも合致する。 だから、マスクが健常者をウイルス感染から守るわけではない。 新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染で感染が広がっていくと考えられている。 飛沫感染は、感染者がくしゃみや咳をした際、つばなどと一緒にウイルスが放出され、そのウイルスを他人が吸い込むことで感染する。 また、接触感染は、感染者が接触した物を介してウイルスが感染していく。 ウイルスは環境中でも生存し、大きな飛沫は落下するが、ウイルスを含んだ微粒子状のエアロゾルは空気中に長くとどまり、高濃度の場合や換気が不十分な空間では長距離でもウイルスを拡散させる可能性がある。 入念で頻繁な手洗いやうがいはもちろん、社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)広く取り、室内では換気をすることが重要だ。 サージカルマスクは、家庭用の不織布マスクとほぼ同等の機能を持つ。 今回の研究結果により、不織布マスクの着用が感染拡大を防ぐための重要な対策になることが改めてわかったということになる。 ただ、布マスクに同じ効果があるかはわからない。 , "A cluster randomised trial of cloth masks compared with medical masks in healthcare workes. " BMJ Open, Vol. Facemasks for the prevention of infection in healthcare and community settings. " BMJ, Vol. Leung, et al. , "Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks. " nature medicine, doi.

次の