スプラ トゥーン 2 ステージ 情報。 スプラ トゥーン 2 ステージ攻略

【スプラトゥーン2】エリア5のヤカン(入り口)の場所とステージの攻略方法|ゲームエイト

スプラ トゥーン 2 ステージ 情報

自分のランクやウデマエ、今後のステージ情報などをチェックできる。 また、過去50回分のバトル結果や、いっしょに遊んだプレイヤーのブキやギア情報も確認可能。 その情報に合わせて、驚きのニュースが公開された。 YouTubeで公開されている楽曲は、イカ世界で人気になるのもうなずけるほどカッコいい。 とはいえ、イイダはどう見てもタコに見えるのだが、映像ではホタルちゃんもノリノリになっている。 ……どういうことなのか。 なお、フェスのアップデートは2年間の予定。 [関連リンク] ・】 ふたりのアッパーチューン「フルスロットル・テンタクル」をお届けしよう。 18歳とは思えないイイダの完成されたボーカルに、先輩のヒメが合いの手を入れバトルを盛り上げるぞ。 この曲は前夜祭でも聴けるので、今から戦闘態勢を整えておこう。 なお、対戦はソロはソロどうし、チームはチームどうしの対戦となる。 前作までのフェスは友人とプレイができなかったが、今回は友人といっしょに楽しむこともできるようだ。 [関連リンク] ・】.

次の

【スプラトゥーン2】全ルール総合最強武器(ブキ)ランキング

スプラ トゥーン 2 ステージ 情報

バランス調整される武器. 52ガロン系 足元塗りの発生する確率が上昇した. 52ガロン系は足下塗りの発生確率が増えました。 これによって、. 52ガロンの足下を取られる回数が減ることで擬似確武器に対して多少強く出ることができるようになると考えられます。 しかし、メインのブレが大きい点は変わっていないため、使用者は 多少増える程度でしょう。 スプラローラー系 横振りの塗りが大きくなった スプラローラー系は、横振りの塗りが強くなりました。 ローラーの塗りが多少強くなっても元々の塗りで足下が取られることは多くなく、塗りを広げる武器でもないため大きな変更ではないと考えられます。 しかし、ヴァリアブルローラーはそもそもメインの縦と横の振りが噛み合っていないため、この調整では まだ使用者は増えないと思われます。 ヒッセン系 メインを連続で振れる間隔が短縮された ヒッセン系は、メインを連続で振れる時間が短縮されました。 これにより、メインの対面が強くなることが考えられ使用者は 多少増えると思われます。 単純にキル力が上がったことに加えて、クーゲルシュライバーの弱体化もきたため 使用者が増えると思われます。 スプラマニューバー系 メインの塗りが大きくなった スプラマニューバー系は、メインの塗りが少し大きくなりました。 これにより有利な塗り状況で戦うことができる場面が大きくなったり、エリアではエリアの塗り合いに貢献しやすくなったりするため 使用者は増えると思われます。 ケルビン525系 メインのインク消費量が減った ケルビン525系は、メインのインク消費量が減りました。 元々強力な武器でしたがシールドを貼ってから対面する都合上、インク消費量の激しさが原因で使用者を選ぶ性能でした。 今回の調整でインク消費が減ったため、 かなり使用者が増えることが予想されます。 元々強化が入ることに疑問を持つほどに強力な武器だったため、相変わらず強いと思われます。 スプラスコープ系 フルチャージの塗りの幅が狭くなった スプラスコープ系は、フルチャージの塗りの幅がわずかに小さくなりました。 しかし、チャージャーの強さは高いキル力のため、そこまで大きな変更ではないと思われます。 リッター4Kは射程を活かして戦うため、チャージキープはかなり難しく元々使っていた人は少し嬉しい程度の強化と思われます。 4Kスコープ系 フルチャージの塗りの幅が狭くなった 4Kスコープ系は、フルチャージの塗りの幅が少し小さくなりました。 しかし、リッター4Kも塗りがメインの武器ではなくキルがメインの武器なのでそこまで大きな変更ではないと思われます。 遠距離モードで敵の遠距離武器を倒すことが難しくなりましたが、短射程モードでは相変わらずのキル速度を持つため敵短射程武器に近づかれたときの対応力は後衛武器としてはまだまだ高いと考えられます。 しかし、かなり痛い変更のため 使用者はかなり減少すると考えられます。 傘が復活するまでの時間の延長がかなり厳しい調整で、パージに乗り続けて敵のヘイトを稼ぐことが難しくなったためパージ一回の間に敵を自分でキルすることができるプレイヤーでないと扱いが難しい武器となりました。 使用者は減ると予想されます。 バランス調整されるサブウェポン ポイズンミスト イカスフィアに対しても入るようになった ポイズンミストは、敵イカスフィアに対しても入るようになりました。 敵イカスフィアに近づかれたときに速度を遅くすることで、逃げることも狙いやすくなり良い変更と言えそうです。 爆発にかかる時間が増えましたが、元々そこまで強くない武器は強化されたため 良い調整と言えそうです。 バブルランチャー 1発目と2発目の大きさが小さくなった バブルランチャーは、自然消滅までの時間が約2秒間延長されたことと1発目と2発目の大きさが小さくなりました。 これにより、突然の即割りで多くの敵を巻き込んで倒すことが倒すことが難しくなったことやエリアの塗り返しが少し弱くなることから、どのくらい大きさが変わっているかはアプデが実装されてからでないとわかりませんが、良い調整と言えそうです。 この時点で告知されたバージョンと同じであれば、問題ありません。 基本的に自動でダウンロードが開始される 基本的には、ゲーム起動時、自動でアップデート情報が受信され、自動的にダウンロードが始まります。 条件としては、 インターネットに接続している状態であることが条件です。 自動的にダウンロードが始まらない場合は、ネット接続状況が悪いと言うことも考えられるので、一度、 ソフトの設定画面から手動で更新をしてみましょう。 「手動で更新」の設定方法• ソフトの更新「インターネットで更新」を選択 以上の手順で、いち早く、且つ手動でアップデートが行われます。 空き容量が足りない場合は、手動でデータの整理をし、容量を開ける必要があるので、プレイしているソフトが多い環境にある方は、予め(定期的に)データを整理して起きましょう。 過去のアップデート履歴 4月3日に新登場する武器 スパッタリークリア スパッタリークリアが登場します。 サブ「トーピード」、スペシャル「スーパーチャクチ」のようです。 スパッタリーは今まで敵に近づかないと何もできないことが多かったですが、トーピードの登場によって敵かた離れていても最低限の仕事はできるようになりそうです。 トーピードを投げて索敵をし、一人浮いている敵を近づいてキルしに行く立ち回りが強いのではないでしょうか。 キャンピングシェルターカーモ キャンピングシェルターカーモが登場します。 サブ「トラップ」、スペシャル「ウルトラハンコ」のようです。 キャンピングシェルターにウルトラハンコがつきました!キャンピングシェルターはもともとヘイトを大量に集めながらも生存する独特なタイプの武器でしたが、そこにウルトラハンコがつくことによって、集まった敵を一網打尽にすることができる武器になりそうです。 かなり練度の求められる武器ですが、練度の高い方が使うと化ける武器になりそうです。 サブ「キューバンボム」、スペシャル「ジェットパック」のようです。 「キューバンボム」「ジェットパック」の組み合わせはヤグラで強そうですが、もともとあまり使われていない武器なので使用率がかなり増えるということは考えにくい武器です。 パーマネントパブロ パーマネントパブロが登場します。 サブ「スプリンクラー」、スペシャル「インクアーマー」のようです。 パブロはアサリで特に活躍していた武器ですが、パーマネント・パブロにはインクアーマーが実装されました。 スペシャルにインクアーマーがついたことで、スペシャル必要ポイントにもよりますが、エリアなどでも活躍できる武器になるかもしれません。 バケットスロッシャーソーダ バケットスロッシャーソーダが登場します。 サブ「スプラッシュボム」、スペシャル「クイックボムピッチャー」のようです。 今回の新武器の大本命武器と言えるくらいには強力な武器となりそうです。 スプラッシュボムの爆風ダメージが30でメインの最大ダメージが70なので合計が100ダメージとなります。 そのため、敵がスプラッシュボムに当たったことを確認すると同時に一気に距離を詰めてメインの最大ダメージを当てるというスプラッシュボムコンボができる武器となりそうです。 スペシャルのクイックボムピッチャーとも非常に相性がよく、クイックボムの爆風 大 のダメージが35なのでメインと合わせて105ダメージでます。 そのため、スペシャル発動中はクイックボム投げ放題のクイックボムコンボがし放題となり、大量キルが狙えます。 バレルスピナーリミックス バレルスピナーリミックスが登場します。 サブ「ポイントセンサー」、スペシャル「ナイスダマ」のようです。 ポイントセンサーとナイスダマの組み合わせはエリアで強力そうです。 しかし、無印のハイパープレッサーよりも優秀かは難しいところですね。 14式竹筒銃・丙 14式竹筒銃・丙が登場します。 サブ「タンサンボム」、スペシャル「バブルランチャー」のようです。 擬似1確と対物性能アップの両立をするためにはギアをすべて割かなくいと実現できないため、スペシャル性能アップを積むことができずバブルランチャーを大きくすることができません。 そのため、バブルランチャーにも力を入れたメイン性能なしの竹とタンサンボムで足場を削りメインで擬似1確とする竹の二種類が生まれそうですね。 ロングブラスターネクロ ロングブラスターネクロが登場します。 サブ「クイックボム」、スペシャル「マルチミサイル」のようです。 ロングブラスターの爆風ダメージは距離によって変動し、かなり近いところで爆風を当てれば70ダメージが発生しますがかなり難しいです。 最低ダメージでは50ダメージまで落ち込んでしまうため、もともとロングブラスターを使っている方なら使えるかもしれませんがクイックボムとの相性はそこまで良いとは言えなそうです。 N-ZAP83 N-ZAP83が登場します。 サブ「スプリンクラー」、スペシャル「アメフラシ」のようです。 ナワバリバトルでは細かいところまで塗りをすることができるため使用者も増えるかもしれませんが、基本的には同じサブスペを持つパラシェルターの劣化武器となってしまうような気がしますね。 プロモデラーPG プロモデラーPGが登場します。 サブ「クイックボム」、スペシャル「ナイスダマ」のようです。 ナイスダマを何度も使うナイスダマのスペシャリストとなりそうです。 しかし、メインのキル性能はほぼ皆無でクイックボムによる味方のカバーしかできないことを考えるとあまり強力な武器には見えないですね。 ボールドマーカー7 ボールドマーカー7が登場します。 サブ「スプラッシュボム」、スペシャル「ウルトラハンコ」のようです。 ボールドマーカーにスプラッシュボムがつきました。 固形ボムがついたことは嬉しいですが、敵に近く手段は減ってしまいました。 ウルトラハンコとの相性は悪くなさそうですが、ヘイトを稼ぐのは厳しい武器なので環境的にはきつそうです。 H3リールガンチェリー H3リールガンチェリーが登場します。 サブ「スプラッシュシールド」、スペシャル「バブルランチャー」のようです。 H3リールガンDはメイン性能アップによる擬似2確が一般的な運用でしたが、メイン性能を3. 4積むとバブルを割るのに3トリガー必要になるため対物性能とスペシャル性能アップを積んだ型となることも考えられそうです。 対物ならバブルを2トリガーで割ることができますが擬似2確でなくなった分メインのキル性能は落ちます。 第16回フェスのミステリーゾーンチラ見せ! タコ系amiiboが本日発売! 性能調整内容が公開! バージョン4. 2の内容が公開! 新サブウェポン「トーピード」! バッテラストリートが改修工事! ハンマー型の新スペシャルウェポン! 第16回フェスはコラボ!「ポッキーチョコレートvsポッキー極細」 ハロウィンフェスのミステリーゾーンが公開! タコアミーボから貰えるギアの見た目が公開! 世界合同!ハロウィン仕様のフェス開催! いつものステージ衣装とは違う衣装のテンタクルズや、仮装のような楽しみ方ができる特別なギアの配信、そしてなんと、開催時間が48時間という異例の長さで開催予定! Ver. 0配信&新ウェポン追加! バージョン4. 0の内容はこちら! ベッチュー第2弾の武器はこちら! 新サブ・スペシャルウェポンはこちら! バージョン4. 第14回フェス開催決定! 今回行われるフェスは、2018年9月23日( 日)〜9月24日( 月)の間に開催されます。 いつもとは違う曜日での開催です。 ニンダイ「スプラ2(Ver. 0)」まとめ ニンテンドーダイレクトで放送されたスプラトゥーン2の情報のみをまとめています。 また、2018年9月14日実装されたバージョン4. 0の変更内容も別途紹介しています。 オンライン有料化は2018年9月19日(水)から! 任天堂公式ツイッターより、オンライン有料化の詳細な日時の案内がありました。 こちらに関しても、下記で案内している、2018年9月14日放送のニンテンドーダイレクトで紹介するとのことです。 ニンテンドーダイレクト9月14日(金)午前7時に放送予定! 9月上旬に 追加予定だったコンテンツに関する情報や、9月後半から実施予定のオンライン有料化に関する情報が公開される可能性があります。 公式の告知があり次第更新予定です。 ニンテンドーダイレクト放送予定! ガンガゼ野外音楽堂・改修工事予定 次回のコンテンツ追加は9月上旬 第13回フェスのミステリーゾーンを紹介! ゲーム内フェス開催告知!投票受付開始!• 「タコガール」「タコボーイ」「タコ」のamiiboの発売日が決定! ミステリーゾーンチラ見せ! バージョンアップデート実施決定! 「イカvsタコ」開催決定! 7月のガチマッチ抽選ステージを公開! 新武器・新ステージ追加決定! Ver. 0配信! 新ステージもチラ見せ! 新武器2種の名前と性能が判明! オクトエキスパンション発売日が決定! アップデート継続決定! 決勝戦のミステリーゾーンチラ見せ! 第11回(決勝戦)フェス「ハローキティvsマイメロディ」 新ステージ「スメーシーワールド」 新武器4つ追加決定! 第12回フェスのミステリーゾーンは? 8(エイト)ボールを運ぼう! 第11回フェスのミステリーゾーンは? オクトエキスパンションでもガチホコ!? 不具合修正のアプデが配信! Ver. 0が配信決定! 新武器と新ステージが一気に追加! 第10回フェスのミステリーゾーン公開! ロングブラスターカスタムが追加! ヒッセン・ヒューが追加! クラッシュブラスターネオが追加! 第10回フェスのお題が決定! 新武器「パラシェルターソレーラ」追加決定! 新ステージ「ショッツル鉱山」追加決定! 新武器「スプラスピナーコラボ」 続投武器「H3リールガンD」 突然のフェス告知! ウデマエXについての詳細が判明! ボールドマーカーネオが登場! オクト・エキスパンション ver3. 0の配信が決定! Ver2. 0が配信決定! 2月28日より、Ver2. 0の配信が決定しました。 現在既に配信されており、本体からアップデートすることで新しい武器性能で楽しむことができます。 この後のVer2. 1では、軽微なバグが合わせて修正されました。 ノヴァブラスターネオが追加! スクリュースロッシャーネオが追加! ソイチューバーカスタムが追加! Ver2. 2アップデータ実施! Ver2. 2のアップデート実施で、 アロワナモールで発生した不具合が修正されました。 次回の更新は2月下旬にある模様です。 2では、不具合修正以外のアップデートは行われません。 96ガロンデコ」が登場! 公式Twitterより、「. 96ガロンデコ」が登場するとの知らせが!高火力武器で有名なガロン系の武器なので、要注目です。 ver. 0が配信決定! 公式ツイッターより、バージョン2. 0の配信を実施するというツイートがありました。 今回のアップデート内容は各種性能変更がメインとなっています。 10種以上の武器が対象となっているので、しっかり確認しておきましょう。 スパッタリー・ヒュー追加決定! 新しいマニューバー系武器「スパッタリー・ヒュー」が追加されることとなりました。 無印のメイン性能をそのままに、サブ・スペシャルは全く別の組み合わせで登場です! ミステリーゾーンチラ見せ! 第6回フェスのミステリーゾーンのギミックは「透明床」... ?ヒーローモードでなれておくと良いかも? 完全新ステージ「デボン海洋博物館」追加決定! 完全新ステージ「デボン海洋博物館」の事前情報をまとめています。 前に追加される新ステージなので、予め、しっかり確認しておきましょう。 続登武器「L3リールガンD」追加! スプラトゥーン2に、前作からの続投武器「L3リールガンD」が追加決定!サブ次第では無印よりも使いやすいかも!? 続登武器「ホクサイ・ヒュー」追加! スプラトゥーン2に、前作からの続登武器「ホクサイ・ヒュー」が追加されました。 完全新武器「スパイガジェット」追加決定! スプラトゥーン2からの完全新武器「スパイガジェット」が追加されます!年内最後のアップデートでもあるので、注目です! 不具合対応!更新データ配信! 今回のアップデートは、不具合にたいする修正のみとなっています。 ガチアサリに関する不具合修正もあるので、しっかり確認しておきましょう。 ボトルガイザー追加! 公式ツイッターより、完全新武器「ボトルガイザー」の追加予告がありました! 新武器「バケットスロッシャーデコ」 前作からの続登武器「バケットスロッシャーデコ」が新武器として追加! 新ステージ「ハコフグ倉庫」 2017年12月15日に、新ステージ「ハコフグ倉庫」が追加されることとなりました! バージョン2. 0のアプデ前後は? バージョン2. 0のアップデートで、調整が入った武器の性能比較まとめです。 該当武器をよく使っている方は、しっかりチェックしておきましょう。 更新データVer. 0を配信 更新データVer. 0を配信決定!2017年12月13日(水)に実施予定! 新武器「N-ZAP89」が登場! 公式ツイッターより、前作からの続登武器「N-ZAP89」登場との発表がありました。 0が配信! 本日、ver. 0のアップデートが入りました。 ギア、ブキ、その他機能の向上を目的とした内容になっています。 しっかり確認しておきましょう。 新武器情報続々! 新武器の情報が盛りだくさん!アプデ紹介映像で登場した武器の名前や性能が判明! 新武器「ハイドラント」 2017年11月25日の午前11時より、前作からの続登武器「ハイドラント」が追加! サーモンランに新ステージ登場! サーモンランに4つ目のステージ「トキシラズいぶし工房」が追加されます! ランクの上限が解放! ランクの上限が大幅に解放されることになりました! バトル後のカスタマイズが可能に…! 前作から待ち望んでいた「カスタマイズしてつづける」機能が追加…! スーパーなアップデートが実装予定! 公式ツイッターより、2017年11月21日の23時に、今後のアップデートに関する映像が公開されるとのことです。 前回は、エンガワ河川敷、モズク農園、そして、キャンピングシェルターの予告でした。 今回も、新ステージ、新武器の予告に期待が高まります。 新武器「ヴァリアブルローラーフォイル」 2017年11月18日の午前11時より、新武器「ヴァリアブルローラーフォイル」が登場! エンペラーギア君臨! 『月刊コロコロコミック』の公式ツイッターより、連載中のスプラトゥーンのマンガ内で登場したオリジナルのギア「エンペラーギア」が、ゲーム内ギアとして登場することになりました! 新武器「パブロ・ヒュー」追加! 2017年11月11日の午前11時より、新武器「パブロ・ヒュー」が追加されることとなりました。 第4回フェスのミステリーゾーンチラ見せ公開! 2017年11月11日に開催される第4回フェスのミステリーゾーンチラ見せが公開されました! 第4回目フェスが開催! 第4回目フェスのお題は、「からあげにレモンかける? レモンかける vs レモンかけない」に決定しました! 新武器「ジェットスイーパーカスタム」 前作からの続登武器「ジェットスイーパーカスタム」が2でも追加決定! フェスに関するシステム変更 2017年11月1日に、フェスに関するシステムの変更が行われました。 1が急遽配信! 注目は、無敵シェルター(チックショット)の修正です。 修正内容は少ないですが、しっかり確認しておきましょう。 Nintendo Switchで動画撮影機能が登場! NintendoSwitchに動画撮影機能が追加されました!スプラトゥーン2も対応しています、ぜひ試してみましょう! 新武器 4Kスコープカスタム&リッター4kカスタム 2017年10月14日の午前11時より、リッター4kカスタムと4kスコープカスタムが追加されます! バージョン1. 0の配信が決定! 10月11日 水 午前10時に、更新データVer. 0の配信が決定しました。 メイン、サブ、スペシャル、ギアパワーの性能変更がメインになっています。 要チェックです。 第3回目のフェス限定ミステリーゾーン公開! 公式ツイッターより、第3回目フェスのミステリーゾーンについての情報がツイートされました! 新武器「4式竹筒銃・甲」が追加! 新武器「14式竹筒銃・甲」の追加が決定!2017年10月7日の午前11時に追加されると予告されました。 新ステージ「エンガワ河川敷」が追加! 新ステージ「エンガワ河川敷」の追加は、2017年10月6日の 午後11時になります。 時間のお間違えがないよう、ご注意下さい。 新武器「キャンピングシェルター」 2017年9月30日の午前11時より、待望の新武器「キャンピングシェルター」が追加! 新武器「ラピッドブラスターエリート」 2017年9月23日の午前11時より、「ラピッドブラースターエリート」が追加! 新武器「バレルスピナーデコ」 2017年9月16日の午前11時に、3つめのスピナー武器「バレルスピナーデコ」が追加! 新ステージ「モズク農園」が追加! 2017年9月16日の午前11時より、前作からの続登ステージ「モズク農園」が追加!前作とは少し改良が施されているので、要チェックです! 新武器「もみじシューター」 本日のアップデートから間もなく、前作からの続登武器「もみじシューター」追加のお知らせがありました。 ver. 0のアップデート内容が公開! アップデートが予定されているのは2017年9月8日(金)ですが、公式ツイッターより、アップデート内容が公開された旨のツイートが確認できました。 詳細は以下の記事でまとめています。 今回のアップデートでは、 一部のメイン・サブ・スペシャルの性能変更が主な内容になっています。 新ステージ「マンタマリア号」と新ブキ「スクリュースロッシャー」登場 2017年8月26日の午前11時より、新ステージと新ブキが追加されます。 詳細情報は下記リンクにて掲載しています。 バージョン1. 0へアップデート [2017. 23] 2017年8月23日の午前11時より、Ver. 0のバージョンアップデートが実施されます。 サーモンラン新ステージ「」追加• 12] 新武器のパラシェルターが2017年の8月12日の11時より追加されます! ボールドマーカー追加 [2017. 04] 新武器のボールドマーカーが2017年の8月4日の11時より追加されます! デュアルスイーパー追加 [2017. 以前よりもウデマエが上がりやすくなり、より初心者と上級者の住み分けが早くなるようになっています。 まとめ アップデートVer. 0が配信されます。 クーゲルシュライバーやキャンピングシェルターに対して大きな変更が入りました。 しかし、デュアルスイーパーカスタムに調整が入らなかったため、相変わらず強い武器になりそうですね。

次の

スプラトゥーン ステージの変更時間は何時?

スプラ トゥーン 2 ステージ 情報

スポンサードリンク なぜデュアルスイーパーはうざいのか? デュアルスイーパーがうざい、強い場面は大きく3つある。 まずはその特徴を紹介する。 1.射程が長く、弾の軌道的に足元を取られやすい。 デュアルスイーパーはスプラシューター系よりも 射程が長い。 そしてスライドしていないときはマニューバー系の弾道になるが、この弾道が 足元を奪いながら攻撃してくるような弾道になっている。 そのため、攻撃されてから場所を変えようとしても足元を塗られてしまい、動けなくてそのままやられてしまう…ということがよくある。 スライド幅が大きく攻撃をよけやすい スライド幅が大きく、またスライド後に方向スティックを倒すことによって 「ヌル~ッ」と動くこともできる。 このため相手の攻撃をかわしやすいほか、相手に囲まれても連続スライドで戦線を離脱することもたやすい。 チャージャーやローラーの縦ぶりもタイミングを合わせてよけることができるのがデュアルスイーパーの強みだ。 ポイントセンサー&マルチミサイルで索敵能力が極めて強い。 サブウェポンはポイントセンサー。 直接攻撃するサブウェポンではないものの、マーキングされればデュアルスイーパーだけでなく、 ほかの相手にも位置がばれてしまう。 特に短射程~中距離シューターはかなり前線で戦いにくいはずだ。 さらにスペシャルのマルチミサイル。 これも索敵能力に優れている。 おおよその位置がばれてしまうので、例えば 裏どりしていても位置ばれして、ポイントセンサーを当てられて狙い失敗…なんてこともよくある。 さらにさらに、塗れる武器でもあるので、 スペシャルもガンガンためてくる。 ちなみに私はガチマッチ1バトルで5分間戦うと7回はマルチミサイルを撃っている。 場合によっては10回近く撃つことも。 (もちろんスペシャル増加量アップをいれている) この索敵能力によって対デュアルスイーパーというだけでなく、 チーム力の底上げになるのが厄介だ。 デュアルスイーパーが弱い部分 次にデュアルスイーパーが弱い部分を紹介しよう。 言い換えると、人気が出ない部分ともいえる。 1.攻撃力はあまりない デュアルスイーパーは1発当たりの攻撃力が28とあまりないことに加え、 照準に対してやや弾が乱れて飛ぶため、キル速度はあまり高くない。 射程の近いプライムシューターと同じ距離で撃ち合えば、ほぼ必ず撃ち負けるのがデュアルスイーパーだ。 加えてサブウェポンもポイントセンサーなので、攻撃補助の方法もない。 ただし、スライドした後は照準に対して弾がまっすぐ飛ぶようになるので、注意が必要だ。 2.高低差がある場所や斜めになっているような場所は(比較的)弱い デュアルスイーパーは平地での戦いではスライドもあって機動力にたけているが、 高低差があったりオブジェがあるような場所で小回りを利かせながら戦うのはやや苦手としている。 また、メイン武器の弾道的に斜めになっているような場所(フジツボスポーツクラブの中央のような)でもやや戦いづらい面がある。 ただし、これはほかの武器に比べて、比較的そうであるだけで、完全に弱いというわけではない。 というかあまり苦手な場所には近づいてこないのがデュアルスイーパーだ。 3.立ち回り的に味方に依存しやすい 自分でゴリゴリ前線も上げるし、打開もするぜ!という武器ではなく、ポイントセンサーやマルチミサイルを使いながら前線を維持して、 味方と一緒に攻めあがるような立ち回りになりやすい。 そのため、 同組の武器構成や立ち回りによって活躍できるかできないかが左右されやすい武器といえる。 私の場合は、デュアルスイーパーのほかに、前線2枚、中距離~長距離系1枚の組み合わせが一番やりやすい。 逆にRブラスターエリートやチャージャー、つまり自分が最前線に出ないといけないような味方の構成だとちょっときつい。 スポンサードリンク デュアルスイーパーが強いと感じる人に伝える倒し方 これらの点を踏まえたうえでデュアルスイーパーの倒し方をお伝えしていこう。 まずデュアルスイーパーには大きく二つのタイプが存在する。 前に出るタイプ(前衛型)か 後ろで戦うタイプ(後衛型)か。 前衛型の場合は デュアルスイーパーと直線状の位置関係にならないように注意。 どんなに素早く動いても直線状だと距離を取られてデュアルスイーパーの間合いに持ち込まれてしまう。 前衛型であれば、ステージ中央にも近いので、オブジェや高低差のある場所も多い。 逆にそういった場所で戦えるように相手のデュアルスイーパーを誘導しよう。 デュアルスイーパーは攻撃手段がメイン武器のみであるため、一度射程内に収めてしまえば倒しやすい。 ただし、 攻撃を当てた瞬間スライドで逃げてしまう。 なので、「攻撃をしながら近づく」のではなく、 「仕留められる距離まで近づいて攻撃する」が正解だ。 ポイントセンサーをぶつけられるかもしれないが、例えぶつけられても デュアルスイーパーはオブジェや壁を利用しながら近づいてくる相手は嫌がる。 (逆にポイントセンサーをぶつけてるのに平地でまっすぐ向かってくる相手はカモである) 詰めている最中にポイントセンサーをぶつけられても、射程内に入れると思えばそのまま接近して仕留め切ろう。 また、デュアルスイーパーは ボム系のサブウェポンが結構効く。 とりあえずデュアルスイーパーに向けてボムを投げておけば下がることがほとんどなので、そうして一時的に排除させたり位置を誘導しよう。 後衛型は自陣側に下がって攻撃してくるか、ステージで押さえたいポイント(エンガワ河川敷の右奥や左奥)に居座るようなタイプだ。 後衛型は 近づいてくる相手にはポイントセンサーをぶつけて牽制しつつ、塗りを広げてマルチミサイルを撃ち索敵と味方のサポートを中心に行う動きをしてくる。 ポイントセンサーを投げてくるので非常にウザイが、だからといって 突っ込んでいくと思う相手の壺である。 後衛型のデュアルスイーパーには、長距離シューターを倒す時のように 後ろに回り込むようにして倒すのが鉄則だ。 そして、あまりにもポイントセンサーをしつこく投げ込んできて回り込めないようなデュアルスイーパーはどう対処するか? もし 1vs1の状況であれば「放置」でいい。 無理に近づかず、ほかの相手を攻撃しよう。 逆に2vs1の状況を作れたら、2方向からデュアルスイーパーに迫ろう。 たとえ ポイントセンサーを両方にぶつけられても2vs1なら優位に戦える。 なんたって相手はメイン武器しか攻撃手段がないのだから。 左も右もカバーしなければならない、というような状況に追い込めればポイントセンサーは関係ない。 デュアルスイーパーのスライドはスライド距離も大きくとても厄介。 だが、ほとんどのデュアルスイーパー使いは 同じ方向に二連続スライドするクセがある。 例えば、一度目に左方向にスライドしたら連続して左方向へスライドする。 後ろにスライドしたら連続して後ろへスライドする。 しかも スライドとスライドの間隔はかなり短い。 また、スライドの間隔も状況によって使い分けてくる。 撃ち合いや間合いを詰めるときに頭に入れておこう。 デュアルスイーパーの倒し方のまとめ つかみどころがないのが厄介なデュアルスイーパー。 だが、攻撃力そのものはあまりないので、 むやみに近づいたり、デュアルスイーパーの得意とする直線状の位置関係にならないことが重要だ。 高低のある場所やオブジェで斜線を切ることを意識しよう。 前衛型は中央に近づいてくるため、その分こちらの 有利な位置関係にも持ち込みやすい。 うまく姿を隠しながら近づくときは一気に間を詰めて攻撃しよう。 仕留める距離に近づくことが重要だ。 後衛型は 前線の維持を目的として動いてくる。 ポイントセンサーの索敵を重視してくるので、もし 位置ばれしたら無理に近づかずに別の場所へ目を向けよう。 ほかの相手を倒して人数優位を作ることができれば、たとえポイントセンサーを当てられても仕留めることができる。 今回は私のデュアルスイーパー使いの経験から倒し方のヒントをお伝えした。 もし当記事をご覧のデュアルスイーパー使いの方で 「どうぞ倒してみろ!」というドMな方がいれば、コメント欄に「倒し方でこんなのもあるよ!」というのを教えていただけると嬉しい。 キラリと光る赤い悪魔を倒す一助になれば幸いだ。 アヌジクさん コメントありがとうございます! スルメです。 確かにケルビンって対デュアルあんまり相性よくないですよね。 射程で負けてるし、サブもトラップだし。 射程に入ったと思ってもスライドで逃げられるし。 基本対面で睨まれたら勝てないのでそういった場面では勝負しないでサッサと逃げてしまうこと。 壁裏などを利用して一気に距離を詰めること。 一旦距離詰めしたらスライドで下がらずに前に詰めること(デュアルは下がることが多いので) ですかね~。 やはり射程の長い相手なので横から攻撃するのと味方と連携して攻撃対象を絞らせないようにして積めるのが基本ですかね。 +トラップがあるので、相手に詰めてこられそうな場所に設置してから撃ち合いに行くと戦いやすいかなと思います。 あんまり無理して倒しに行くよりもほかの相手を倒しに行ったり、スペシャル打開を狙ってもいいかもですね。 ありがとうございます! やっぱり苦手な相手は相手にしないのが1番ですよね。 逆にデュアルも射程が長い故に苦手なポイントがあるからそこを利用する、又は味方の位置などをみて囮になったりケルビンの火力を押し付けるとゆう立ち回りが必要になってくるんですね。 実にめんどくさいw一見完璧なブキに見えても実は弱点があって、バトルで活躍できない人は他のシューターと同じような立ち回りをして自ら苦手なポジションに立ってしまうから活躍出来ないって話ですよね。 確かに自分で使ってる時ステージによってはあまり活躍出来ない事があった理由がわかりました。 でもこれってケルビンにも通ずるところがあると思うんですよ。 使い勝手に違いがあれど武器性能は似通っているから。 スライドしやすい、しにくいだけでなく、ステージによって強いポイント、弱いポイントもある。 なるほど、勉強になります。 天敵からも学ぶ事が多いですね。 もっとデュアルスイーパーを、とゆうよりマニューバーを研究する必要がありそうですね。 あ、あとステージ毎のポイントも。 本題とは逸れてしまうんですが、勝手ながらTwitterフォローさせて頂きました。 ご迷惑ならブロックして頂いても構いません。 一応報告だけさせて頂きました。

次の