そして 生きる。 有村架純主演のドラマ「そして生きる」の動画1話~最終回を無料視聴!

そして、生きる ドラマあらすじとキャスト相関図!原作はある?

そして 生きる

ここからは「そして、生きる」最終回のネタバレです! ハンちゃんの叫び 子供が生まれたことをハンちゃんにラインで報告する瞳子。 それを見て、喜びながらも喜びきれない表情のハンちゃん。 瞳子のこと考えてるの?あの時知っていればって思ってるの?私に失礼じゃない?私の存在を否定してる! と、ずっと沈んだ様子の清隆に対し思いをぶつけてしまう。 久保は清隆に話して何をしたかったのか、瞳子はどうして妊娠を告げずに勝手なことをしたのか。 瞳子に謝りたいと思ってるだろうけどやめた方が良い、意味がない。 みんな理解できないけど、瞳子は前に進んでる、清隆みたいにうじうじしてない!私を選んで!と叫ぶ。 ちゃんとハンちゃんを選んだよ、と後ろから抱きしめる清隆。 娘が生まれたその日、久保が詐欺で逮捕されてしまう 瞳子は、和孝が眠る部屋を訪れ、元気な女の子が生まれたことを報告する。 久保が病院の外へ出ると、警察が待っていた。 同行を求められた久保は、警官を振り切って走り、今捕まるのは嫌だ!と、逃げだす。 飲み屋街に逃げ込んだ久保は、瞳子が昔モデルを務めた犯罪抑止のポスターを見つけ、脱力してしまったところを警察に捕まった。 別れてほしいと言う久保の言葉を断固拒否する瞳子 翌朝、ニュースで久保の会社社長や従業員が詐欺で捕まったことを知る。 退院した瞳子は警察署に赴き、久保と面会し、気付いてあげられなかったことを詫びる。 娘は和孝から一文字をもらって和(かず)という名前にしたことを話すと、久保は別れてください、と瞳子に言った。 俺のことは忘れてこんなところに来ないでください、と面会を終え逃げようとする久保。 瞳子はその背中に、ふざけんな!別れてなんてあげないから、絶対に、と力強く伝えた。 数年後、良い別れをし自分らしく生きている清隆とハンちゃん 2019年8月。 清隆は実家で暮らしていたが、東京と東北を行き来して家に長くは帰らない生活をしていた。 「食べる東北物語」の記者という、自分らしい仕事を見つけていたのだ。 一方、ハンちゃんはまた世界をまわる旅に出ていた。 数年前、ハンちゃんは清隆と経営していた雑貨店は成功していたものの、また旅に戻りたい気持ちが抑えられなくなっていた。 清隆と一緒にいたいが、このまま一緒にいたら清隆のことを嫌いになってしまう・・・だから別れる、と告げたのだった。 清隆とハンちゃんは、お互いを愛しながらも、お互いのため良い別れをしていたのだ。 スポンサーリンク 瞳子と清隆の再会 瞳子は娘と住み込みでたくさんの仲間と暮らしながら働いている。 娘と常に一緒にいながら仕事ができる、幸せな生活を送っていた。 ある日、手伝いをしている農家が取材を受けることになっていたため、記者を迎えに娘と2人待ち合わせ場所へ。 その記者とは清隆のことであり、2人は再会したのだった。 その農家の取材をイキイキと行う清隆。 その夜、その農家宅へ泊まった2人は、今までの話をする。 今までのことをたくさん語り合う2人 和が生まれたその日に、父親が亡くなり、久保が逮捕されたこと。 久保が結婚した頃から焦って無理をして詐欺に走っていったようで、自分のせいだと。 出所したらここで目いっぱい働かせてやるんだ、と。 久保から全部聞いたと思うけど、全部自分で選んだことだから。 色々あって、あんな天使のような子供と出会えたのだから何一つ後悔していない、と。 そのあとも2人はたくさんのことを話したのだった。 出会って良かったと伝えあう2人…「そして、生きる」 次の日も、瞳子は清隆にすみたを案内し紹介して回り、帰りのバス停まで送っていくことに。 おもむろに、大好きだよ、と清隆に伝える瞳子。 あの頃は寂しそうな顔だったけど、今は違う、今の方が好き、と。 俺も大好きだよ。 出会って良かったね、気仙沼で。 生きていてくれて良かった。 これからもしっかり生きていこうね、と握手を交わす2人。 そして瞳子は清隆の乗ったバスを涙で見送り、和が、お母ちゃん、と呼ぶ方へ、笑顔で歩いていくのだった。 そして、生きる 最終回はいっぱい考えさせられたなあ。 普段見るドラマはだいたい王道のハッピーエンドだけど、わたしはこのドラマはまた違ったハッピーエンドがあると思ったな。 仕事の大事な時期に妊娠してしまうことや、その後の二人の選択には理解が及ばなかったけど、そんな気持ちを分かってますよと言わんばかりのハンちゃんのセリフにやられた〜って思った。 東北の美しい風景を切り取った映像、そこに生きている演者たち。 ただ生きることがこんなに難しくて美しい、何回見ても素敵で自分らしく生きたいと思わせてくれる。 今この時期に見れてよかった〜 ワンカットが長いドラマや映画ってハズレがないイメージ🤔 — CHIEKO WivZ97DjoOT3Okm そして、生きる の最終回。 とかね。 WOWOWのドラマって やっぱり好きだな。 またいいドラマ作ってください。 、生きる — ウェリナママ kogu593 毎回、地上波とは一味違うと好評の声が多く聞かれるwowowオリジナルドラマ。 今回の「そして、生きる」 も、俳優陣やスタッフ・脚本・演出など、大好評のうちに幕を下ろしました! 未公開シーンを含めて全6話の総集編の映画化が決定していますが、劇場版もとても期待できそうです! そして、生きる最終回ネタバレまとめ ドラマそして生きる最終回のネタバレ感想を書いていきました! たくさんの辛い経験をした清隆と瞳子でしたが、最終回ではそれぞれが幸せを掴むハッピーエンドとなりました! 清隆は東北を紹介する記者という自分の生きる道を、瞳子は愛する娘との生活を。 ハンちゃんも愛にも場所にも縛られることのない自由を満喫し、久保は罪を償えば愛する瞳子と娘が待っていてくれる・・・。 久保だけは少し気の毒ですが、概ねハッピーエンドの、心がじんわり温かくなる作品でした。 総集編として映画化・小説化が決まっている「そして、生きる」の全6話、必見です!! \『そして、生きる』1話~最終回の動画を見逃し配信中!/.

次の

ドラマ【そして、生きる】のキャストとあらすじ!有村架純×坂口健太郎×岡田惠和脚本!

そして 生きる

主人公の生田瞳子(有村架純)は3歳の時に両親を亡くし、理髪店を経営する伯父に引き取られる。 天真爛漫だった生田瞳子は地下アイドルとして活動するようになり、将来は女優を目指すことに。 19歳の頃に東京でオーディションを受けようとするがその時に東日本大震災が起きた。 その時の秋に生田瞳子 有村架純 は一緒にカフェで働いている韓国人のハン 知英 と一緒に気仙沼のボランティアに参加。 その時に、清水清隆 阪口健太郎 と出会う。 どこか似たような境遇を感じる生田瞳子は、一緒にボランティアをしていくうちに、清水清隆に惹かれていく。 ドラマ「そして、生きる」で主人公の生田瞳子を演じるのは有村架純さんです。 違法サイトは画質、音質も悪いですし、PCやスマホがウイルスに感染する可能性もあります。 また、youtubeでもたまにドラマが配信されていることがありますが、画面も小さいですし、音も割れているのでおすすめできません。 わざわざお金がかからないからという理由で違法サイトで見ることはありませんよ。

次の

有村架純×坂口健太郎「そして、生きる」 ドラマを再編集した劇場版、9月公開決定

そして 生きる

『劇場版 そして、生きる』が9月27日から東京・イオンシネマ板橋、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。 同作は、8月からWOWOWプライムで放送されている『連続ドラマW そして、生きる』の映画版。 気仙沼でボランティア活動に参加する瞳子と、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清隆が、気仙沼での日々を共に過ごすなかでやがて互いに特別な感情を抱いていくというあらすじだ。 瞳子役を有村架純、清隆役を坂口健太郎、2人と共にボランティアに参加する韓国人ハン・ユリ役を知英が演じている。 脚本は岡田惠和、監督は月川翔が務めている。 映画版はドラマ全6話を凝縮し、再編集した内容になっているという。 ドラマでは放送されなかった未公開シーンも盛り込む。 配給はWOWOWが担当。 WOWOWが全国公開規模の単独配給を手掛けるのは初めてとのこと。 有村架純のコメント 劇場版として上映されることについて この素晴らしいチームだからこそ完成した作品が、また奇跡を生んでくれた、という気持ちです。 撮影中は、劇場版として改めて作っていただけるとは思いませんでしたが、キャストスタッフ一同、野望を抱いておりました。 ですので、こんなに早くこのような形でより沢山の方々にご覧になって頂ける機会を設けて頂いた今、とてもとても幸せですし、劇場版を作ることは簡単なことではないので、本当に関係者の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。 劇場版になるにあたっての期待、劇場版ならではの見どころについて ドラマから映画に形を変えても、映像美、息遣いや温度、匂いや音は鮮度を保ったままですので、皆様には是非大きなスクリーンでご覧になって頂きたいです。 一度ご覧になって下さった方も、二度楽しんでいただけるのかな、と思っております。 私自身もとても楽しみです。 坂口健太郎のコメント この作品がドラマを超え、映画として沢山の方々に観てもらえること、とても嬉しく思います。 生きていくことの喜び、悲しみ、そして痛みを、清隆という人物を通して演じさせていただきました。 美しい映像と力強く生きている登場人物の今を見ていただき、そして全6話あるドラマも是非ご覧下さい。 岡田惠和のコメント 劇場版として上映されることについて 劇場版がつくられると聞いて、とても光栄なことだと感激しております。 ドラマとして放送される以外にも、素敵な発表の場が出来て、心から嬉しいです。 「そして、生きる」はなんて幸せな作品なのでしょう。 一人でも多くの方の心に届けたい、自信を持って世に送り出した作品です。 スクリーンに映る瞳子や清隆に会えるのが楽しみです。 劇場版になるにあたっての期待、劇場版ならではの見どころについて すべてが美しい作品だと思います。 人も町も。 映像もお芝居も。 美しいです。 映っているすべてのものを楽しんでいただけると思います。 俳優たちの指の先まで気持ちのこもった全身のお芝居を、スクリーンで細部まで味わっていただけるはず。 そして映像だけでなく、大きな音で聞く村松氏の音楽も、見どころの一つであると思います。 素敵な映像体験になるはずだと自信を持っております。 月川翔監督のコメント 劇場版として上映されることについて 撮影している最中から「すごいものが撮れてるんじゃないか」という手応えがありました。 俳優たちの僅かな表情の変化や呼吸の一つ一つ。 そんな繊細な表現の数々を劇場空間で感じ取っていただきたいという思いが募り、「映画館で上映したい」という野望が芽生えていきました。 公開規模は大きくありませんが、多くの方々に届くことを願っています。 劇場版になるにあたっての期待、劇場版ならではの見どころについて 本作はテレビドラマ版の単なるダイジェストではなく、濃縮された1本の新作という感覚があります。 ここから何も足さず何も引きたくない、と思えるところまで研ぎすませた形です。 登場人物たちの人生が濃縮された1本の新作映画としてお楽しみください。

次の