ライト ボウガン カスタマイズ。 【モンハンワールド】徹甲榴弾速射ライトボウガンテンプレ装備、おすすめスキル【アイスボーン】

エンプレスシェル冥灯おすすめ装備&カスタム!電撃弾で超ダメージ!大流行のナナライトボウガンが効率的!【モンハンワールド攻略】

ライト ボウガン カスタマイズ

水属性弾速射として運用する場合、徹甲榴弾をメインに運用する場合で異なりますので、ご注意ください。 理由は後述。 反動抑制 or リロード補助• 反動抑制パーツ• 反動抑制パーツ• 反動抑制パーツ• リロード補助パーツ 装填数【属性】をつける理由が「水冷弾の装填数を増やしてDPSを高めるため」というのは皆さんご存知だと思いますが、なぜ反動抑制?と思うかもしれません。 理由は後述します。 装飾品が足りていない場合や、火力よりもスキルの幅を増やしたいという方は、攻撃力強化の代わりにスロット強化を入れるのも、個人的にはアリだと思っています。 徹甲ライトとして運用する場合 必須!という覚醒能力はありませんが、あると装備の幅が広まってかなり強力な装備を組めるため、あくまでもオススメということで紹介させていただきます。 熔山龍の真髄 or 迅竜の真髄• 反動抑制パーツ• 反動抑制パーツ• 回避装填パーツ• 徹甲榴弾の威力を伸ばす『砲術』の上限レベルを5まで引き上げることのできるシリーズスキル『熔山龍の真髄』• 装填数の少ない徹甲榴弾を少しでも多く撃つために有効なシリーズスキル『迅竜の真髄』 自身のスキル構成によりますが、この2つは徹甲ライト装備で使われる頻度が高いと思います。 両用にすると、どうしても特化した前述した2パターンより少し火力は落ちてしまいますが、ガチ勢以外の方はこちらでも良いと思います。 この場合、水冷弾運用の場合と違い、 反動抑制の厳選は必須となりますのでご注意ください。 水冷弾速射運用の覚醒能力で、『リロード補助』よりも『反動抑制』を推奨したのはこのためです。 反動抑制(リロード補助では妥協不可)• 熔山龍の真髄 or 迅竜の真髄• そのため、作成後はそれぞれの装備と組み合わせてパーツの取り付けを行い、装備登録をしておきましょう。 水冷弾速射を反動【小】で撃つことができる! ここまで覚醒水ライトが騒がれている1番の理由は、 水冷弾速射を反動【小】で撃つことができるからです。 これまでの属性弾を速射できるライトボウガンは、反動抑制パーツを4つ付けても反動【中】でしか撃つことができませんでした。 反動【中】でも歩きながら撃つことが出来るため決して弱いというわけではなかった(むしろそれが普通だった)わけですが、 ムフェトジーヴァ実装で追加されたライトボウガンの中で、唯一、覚醒水ライトだけが属性弾を反動【小】で撃てるのです。 普段ライトボウガンを使わない方からしてみれば「それだけ?」と思うかもしれませんが、この差が実に大きい。 反動【中】と【小】では、弾を撃ってから次の行動までの差は0. YouTube登録者約2万の『はおー』さんが、 というブログ記事を書かれていました。 3』のスキルを装備に組み込むことで、水冷弾を7発装填できます。 2の速射が撃てるライトボウガンの実装で、今作では徹甲ライトがかなり使われるようになりました。 覚醒水ライトは水冷弾だけでなく徹甲榴弾Lv. 2の速射も可能な上、徹甲榴弾Lv. 3を歩きながら撃つことが可能です。 徹甲榴弾の仕様上、モンスターのどの部位に当たってもダメージが同じなので、弱点部位を狙って攻撃する必要がありません。 スタンを狙うときは頭付近を狙う必要がありますが、それでも何も考えずにただ撃っていればそこそこのタイムで狩れるので、ストレスフリーです(笑) 麻痺弾・睡眠弾が撃てるため、マルチでのサポートも可能! 覚醒水ライトは、麻痺弾・睡眠弾Lv. 2を3発装填できます。 3を使用中) 覚醒ライトボウガンの中では、水と龍のみが麻痺・睡眠弾の両方を撃つことができるため、その点も他の覚醒ライトと比べて優れているところですね。 何しろマルチプレイでの状態異常はかなり強力で、麻痺中のタコ殴りダメージは恐ろしいものです(笑) 火力も出せる上、サポートもできる。 覚醒水ライト強しです…! スポンサーリンク 覚醒水ライトのカスタム・強さの理由まとめ 今回は、ぶっ壊れと話題の覚醒水ライトボウガンのカスタムと強さの理由解説をしました。 最強!ぶっ壊れ!と騒がれている大きな理由の1つは、 属性弾速射を反動【小】で撃てるからです。 カスタムに関しては、水冷弾速射として使うのか、徹甲ライトとして使うのか、使用用途によって覚醒能力のカスタムが変わってくるため、注意が必要です。 2本、運用目的別に強化するのが理想ですが、ハードルが高い方には1本で兼用できるカスタムもありますのでそちらも参考にしてみてください。 ちなみに、ムフェトジーヴァ周回の最適解は覚醒水ライトを使用した装備が有力です。 まずは1本手に入れて水冷弾速射装備を作り、周回効率を上げていくのが良いかもしれません! 7発装填かつ反動【小】で水冷弾を速射でき、さらに麻痺・睡眠もとれる覚醒水ライト。

次の

【MHWアイスボーン】ライトボウガン・回避装填がかっこいい。それだけの理由で回避装填つけてます(動画付き)『しろのモンハンワールドブログ』

ライト ボウガン カスタマイズ

0 モンハンワールド MHW)のライトボウガンはver1. 05のアップデートで「斬裂弾」のヒット数が下がり与ダメージが減り、それにともなうモンスターの怯みも減ったうえ、『ザンレツの実』の所持数上限も60から30に減りました。 「斬裂弾」が弱体化されて効率は悪くなりましたが、部位破壊を狙いやすかったり、クリティカル距離を意識しなくて良いので、さほどプレイヤースキルがなくても使いやすいというメリットはあります。 そんなライトボウガンに役立つスキル、おすすめの防具セットをまとめていきます。 MHWのライトボウガンにオススメのスキル モンハンワールドでのライトボウガンにオススメのスキルは、「渾身」「弱点特効」「超会心」「特殊射撃強化」「通常弾強化」「貫通弾強化」等。 渾身 スタミナ満タン時に会心率を上げるスキルで、歩きながら射撃できてだいたいスタミナが満タンのライトボウガンと相性が良いスキル 弱点特効 モンスターの弱点部位を狙い続けないと火力を発揮できないので会心率を上げて火力を出す時はほぼ必須のスキル。 弱点部位に当たらないと効果を発揮できないデメリットはありますが、弱点を狙う練習をしましょう。 超会心 会心発生時の威力を上げるスキル。 プレイスタイルによって使い分ける。 特殊射撃強化 起爆竜弾の威力を上げるスキル。 【上位中盤キリン用】斬裂用おすすめ防具セット 斬裂弾は弱体化されましたが、キリンの雷に悩まされる方、ハンターランク49の歴戦キリンが倒せないという方にオススメの斬裂ライトボウガンおすすめ防具セットです。 武器の素の会心率が20%で、攻撃Lv7で会心率5%、弱点特効で弱点部位に対して会心率50%、モンスター怒り時に挑戦者の効果で会心率9%、スタミナ満タン時に渾身の効果で会心率30%という会心特化型の防具セット。 弱点部位への攻撃で100%を超える会心率、弱点部位を外してしまっても、64%の確率で会心が出ることになります。 オーグ3点のシリーズスキル「滅尽龍の飢餓」の効果で、回復の手間いらずで攻撃に集中できるのもオススメのポイントです。 キリン戦用に、保険の為の耐雷珠を3つ使っていますが、キリン以外に使うのであれば、体力珠【1】で体力増強したり、特射珠【1】で特殊射撃強化を付けるなどアレンジできます。 またオーグシリーズ防具は剣士でも非常に流用しやすい防具なので、作っておいて無駄になることはないと思います。 【発動スキル】• 攻撃Lv6• 渾身Lv3• 弱点特効Lv3• 挑戦者Lv3• 見切りLv1• 雷耐性Lv3• x2 防御 耐性 初期 上位 カスタム 火 水 雷 氷 龍 310 354 422 7 5 -14 5 -15 【上位終盤】通常弾速射用おすすめ防具セット ライトボウガン:業【カルマ】は、Lv2通常弾を速射できる武器です。 武器の素の会心率が30%で、弱点特効で50%、モンスター怒り時は挑戦者の6%で、弱点部位を狙えば86%で会心が出る防具セットになっています。 斬裂弾を撃つよりもかなり近づく必要があるので、耳栓Lv5と体力増強Lv3で保険がかかっている装備です。 発売当初より通常弾の威力は上がっていますが、クリティカル距離を維持し弱点を狙い続ける必要があるので、斬裂オンラインほどのお手軽感はないです。 【発動スキル】• 耳栓Lv5• 体力増強Lv3• 属性解放/装填拡張Lv2• 弱点特効Lv3• 挑戦者Lv2• 攻撃Lv2• x1 防御 耐性 初期 上位 カスタム 火 水 雷 氷 龍 290 352 420 12 1 -13 -6 -8 【上位中盤】睡眠爆破用(作成難易度が低い)おすすめ防具セット ライトボウガン:シュラムバレットは、Lv1睡眠弾を5発とLv2睡眠弾を4発発射できるボウガンです。 モンハンワールドでは、睡眠時の初撃ダメージが2倍になりましたが、ソロプレイ時のモンスターの体力であれば、ライトボウガンの起爆竜弾と現地調合分の大タル爆弾Gを使えば歴戦古龍のネルギガンテでも10~15分以内に討伐できます。 テオ・テスカトル、クシャルダオラ、ヴァルハザクは睡眠耐性が高いので効率が悪いです。 下記は装飾品未使用のお手軽装備で、ゾラ・マグダラオスを討伐していれば作成可能です。 【発動スキル】• 耳栓Lv4• ボマーLv3• 属性解放/装填拡張Lv1• 精霊の加護Lv2• 氷耐性Lv2• x1 防御 耐性 初期 上位 カスタム 火 水 雷 氷 龍 232 334 398 5 -6 -6 3 -6 【発動スキル】• 耳栓Lv5• ボマーLv3• 体力増強Lv3• 属性解放/装填拡張Lv2• x1 防御 耐性 初期 上位 カスタム 火 水 雷 氷 龍 266 342 408 17 -2 -12 -5 -14.

次の

エンプレスシェル冥灯おすすめ装備&カスタム!電撃弾で超ダメージ!大流行のナナライトボウガンが効率的!【モンハンワールド攻略】

ライト ボウガン カスタマイズ

こんにちは。 マイペースにアイスボーンを楽しんでいるあぽとらでござい ます。 プレイする時間は、夜に子どもを寝かしつけてからなので、慢性的 な睡眠不足です。 さて、そんなペースでやっていますので、なかなか色んな装備を揃 えたりするのにも時間がかかるんですよね。 本当はそれぞれのモンスターに合わせて各武器種の専用装備を作り たいんですが。 今回は、最近野良マルチでも良く見るようになった、徹甲榴弾をメ インに撃つライトボウガン、いわゆる徹甲ライト装備を紹介したいと思います。 以下の記事リンクからご覧ください。 徹甲榴弾とライトボウガンについて まず、徹甲榴弾は通常弾や属性弾と違い、着弾した場所に一定時間 張り付いた後、爆発して固定ダメージを与える弾です。 モンスターの頭部に当てた場合、気絶値を溜めることができ、主に スタンを狙って使用される場合がほとんどです。 非常に強力な弾ですが、反動やリロードの隙が大きく、MHWでは 一部のヘビィボウガンで使用される程度のものでした。 また、モンスターの頭部をうまく狙えない場合、固定ダメージとは いえ、やや火力不足に陥りがち。 しかし、アイスボーンからはライトボウガンの回避ステップに合わ せてリロードを行うことができる 「回避装填」が実装されました。 これにより、 リロードの隙をカバーできるようになっています。 また、徹甲榴弾の威力を上げる砲術スキルも、シリーズスキルを発 動させれば、砲術レベル5まで上げることが可能。 さらに、 徹甲榴弾レベル2の速射に対応したライトボウガンも登場 し、本格的に徹甲ライトが日の目を見るようになりました。 高い攻撃力に徹甲榴弾レベル2が単発自動装填、徹甲榴弾レベル3 が2発装填可能。 この武器の強みは、 麻痺弾レベル2と睡眠弾レベル2の両方を撃つ ことができる点。 デメリットとしては、徹甲榴弾レベル3の反動が大で運用すること になるので、撃った後の硬直がやや長く、 足が止まってしまう点。 ややフットワークが鈍りますが、慣れれば さほど気にならないレベルでしょう。 最終強化に は傷ついたイ ャンガルルガの素材を要求されるため、作成時期はこちらの方が遅くなります。 盛者必衰より攻撃力は劣るものの、徹甲榴弾レベル3を反動中で撃つこと が可能。 歩きながら撃てるので フットワークがかなり軽め。 また徹甲榴弾レベル2の速射にも対応 しています。 デメリットとしては、徹甲榴弾レベル3の装填数がデフォルトで1 なので、スキル 装填拡張レベル3が必須になってくるという点。 また、麻痺弾、睡眠弾も撃てません。 ソロではこちらのライトボウガンが良いかもしれませんね。 徹甲ライト用装備例• 護石:業物の護石• あとは、生存スキルを確保しつつ、 できるだけ攻撃力が上がるような組み合わせにしてみました。 徹甲榴弾の威力は武器の攻撃力に依存するためです。 装飾品が無い場合は、装填拡張のついた防具に変更するか、 装填拡張をつけずにラスボスライト「盛者必衰」を使用するかですね。 ラスボスライトはデフォルトで徹甲榴弾レベル3の装填数が2あるので、装填拡張は必須ではありません。 その他砲術レベル5、フルチャージレベル3、攻撃あたりはなるべく入れておきたいですね。 回避装填を連続で行うとスタミナ消費が激しいため、体術もレベル1~2くらいはあった方がいいと思います。 あとはスタンを狙いやすくするためにKO術を入れたり。 この辺はお好みでどうぞ。 まとめ 最後に徹甲ライトのメリット・デメリットをまとめて終わりにしたいと思います。 徹甲ライトのメリット(強み)• スタンによる拘束力が強い• 足が速く、立ち回りが強い• 麻痺や睡眠によるサポートも可能• 生存率が高い 徹甲ライトのデメリット(弱み)• ソロだとやや火力不足• 防御力が弱く、ガード不可のため、不意な一撃に弱い• 弾切れになるとキャンプに戻る必要がある 総じてマルチプレイでは拘束力が強く、生存率が高いことから非常に活躍しやすい装備です。 今まで剣士ばっかりやってきたハンターさんにも、一度試してみてほしいですね。 以上、あぽとらでした!.

次の