ロレックス ヨット マスター ロレジウム。 時紡ぎ ロレックス・ヨットマスター・ダークロジウム 116622 No.2

新品 ロレックス ROLEX ヨットマスター

ロレックス ヨット マスター ロレジウム

thewatchcompany. thewatchcompany. 一見シンプルなようで、実は他のスポロレとは一線を画す輝きを放つのが【116622】の最大の魅力といえるでしょう。 thewatchcompany. 光の加減で様々な表情を見せてくれるので、見ていて飽きないと専らの評判。 thewatchcompany. 文字盤カラーはダークロジウムとブルーで、どちらも人気。 共に甲乙付け難いほど魅力的ですが、人気でいえばややダークロジウムに分があるようです。 com』のデータを参考にしています。 thewatchcompany. thewatchcompany. 文字盤カラーはチョコレートとブラックがあり、特にチョコレートに関しては、その美しさと珍しさから非常に人気を博しています。 thewatchcompany. しかし、この【116621】が人気なのは、ひとえにエバーローズゴールドの上品な輝きにあるようです。 thewatchcompany. このさり気ない配色にこそ、ロレックスならではのセンスの良さを感じます。 com』のデータを参考にしています。 thewatchcompany. そのような人は、やはり周りに与える印象を気にされるのだと思います。 この【116655】も、ケースには贅沢に金無垢を使用しています。 それでも、決してギラギラした風に見えないのは、ブラックのセラミックベゼルとラバーベルトの組み合わせの妙とでも言うべきでしょうか? オーナーの間では、「高級感にスポーティーさとカジュアルさが同居した絶妙のバランス」と高い評価を得ているようです。 thewatchcompany. com』のデータを参考にしています。 最後に いかがでしょうか? どれも高級感とロレックスならではのセンス溢れる素晴らしい時計ばかりだったと思います。 また、どれを選んでも「一生モノ」や「資産」と呼べる逸品ばかりだったはずです。 ちなみに、今回は腕時計店『The Watch Company(TWC)』様とのタイアップ記事として書かせていただきました。 記事中の画像も『』様のサイトからお借りしています。 TWCは、東京中野の中野サンモール商店街に実店舗を持ち、オンラインショップも展開する時計屋さんです。 取扱品は、カジュアルなGショックから雲上時計のパテック・フィリップまで、実に多種多様な腕時計を幅広い価格帯で品揃えされています。 話題の新商品がどこよりも早く入荷することもあるようなので、ぜひこの機会に、またはお近くにお出かけの際はお店を覗いてみてはいかがでしょうか? お店の詳細はこちら 今回紹介した商品はこちら.

次の

ロレックス ヨットマスター / ロレックス専門店クォーク

ロレックス ヨット マスター ロレジウム

自家用クルーザーやヨットでリゾートを楽しむセレブリティをターゲットに開発された「ヨットマスター」。 高級ラインという位置づけのため、立体的にエンボス加工された独特のデザインが採用され、素材バリエーションもステンレスモデルがラインナップされていない。 また、船上での使用を目的としているため、防水性能は100mになっている。 ヨットマスターシリーズは、スポーツモデルで唯一メンズ・ボーイズ・レディースの3サイズ展開となっているため、ペアウォッチとしても人気が高く、中でもステンレスとプラチナのコンビモデル「」が断トツの人気を誇っている。 2014年、レディースモデルの廃盤に伴い、メンズ・ボーイズの2サイズ展開となった。 型番一覧 現行モデル Ref. 126622 Ref. 116621 Ref. 116655 Ref. 226659 Ref. 268622 Ref. 268621 Ref. 268655 生産終了モデル ヨットマスターの歴史 1992年 の新たなコンセプトとして、ビーチリゾートを楽しむ富裕層向けに「ヨットマスター」を発表。 18KYGモデルのみのラインナップだったが、スポーツモデルでは初めてペアでの着用を想定し、メンズ・ボーイズ・レディースの3サイズを揃えた。 1997年 ボーイズ・レディースサイズにステンレスと18KYGを組み合わせたコンビモデルが登場する。 1999年 ステンレスとプラチナのコンビモデル「」が登場し、一躍ヨットマスターシリーズの人気モデルとなる。 2012年 がモデルチェンジを果たす。 大幅なデザイン変更はなかったが、細部のブラッシュアップが行なわれた。 文字盤には、プラチナダイヤルに加え、ブルーダイヤルが新たに追加された。 2014年 レディースモデルの製造が終了し、メンズ・ボーイズの2サイズ展開となる。 2019年 シリーズ初採用となる42mmサイズ&18Kホワイトゴールドケースモデルが登場する。 ヨットマスターの系譜 製造期間:1992年~2013年 搭載ムーブメント: ゴージャス・と呼ばれるように、ゴールドモデルのみの展開という当時のスポーツモデルでは異例のラインナップだった。 ダイヤルカラーは、シャンパン・ホワイト・グレー・ブルーの4色展開。 製造期間:1992年~1999年 搭載ムーブメント:Cal. 2135 スポーツモデルでは初となるボーイズサイズ(ケース径35mm)。 ムーブメントは、レディースモデルにも採用されるCal. 2135を搭載している。 製造期間:1992年~1999年 搭載ムーブメント:Cal. 2135 スポーツモデルでは唯一となるケース径29mmのレディースサイズ。 ダイヤルカラーは、メンズ・ボーイズと共通の4色が展開される。 製造期間:1997年~1999年 搭載ムーブメント:Cal. ダイヤルカラーは、ゴールドモデルと同様の4色がラインナップされる。 1999年にモデルチェンジが行なわれたため、生産期間は3年と短命に終わった。 製造期間:1997年~1999年 搭載ムーブメント:Cal. 当時、メンズモデルはなくコンビモデルはボーイズとレディースの2サイズが展開された。 製造期間:1999年~2012年 搭載ムーブメント: ステンレスとプラチナを組み合わせた新たなバリエーションとして追加された。 ベゼルディスクとダイヤルにプラチナが使用される。 製造期間:1999年~現在 搭載ムーブメント:Cal. ムーブメントは、Cal. 2135のツインブリッジタイプCal. 2235が搭載される。 ダイヤルは、プラチナの1色。 製造期間:1999年~2014年 搭載ムーブメント:Cal. 安定性の向上が図られたツインブリッジ仕様のCal. 2235が搭載される。 製造期間:1999年~現在 搭載ムーブメント:Cal. 先代とのデザイン的な変更はないが、搭載ムーブメントがCal. 2235に変更され、安定性が向上した。 製造期間:1999年~2014年 搭載ムーブメント:Cal. 先代のデザインを引継ぎ、ムーブメントの変更により性能面を向上させた。 製造期間:1999年~2013年 搭載ムーブメント:Cal. 2235 ボーイズサイズ(35mm)の18KYGモデル。 コンビモデル同様に搭載ムーブメントの変更が行われた。 製造期間:1999年~2013年 搭載ムーブメント:Cal. 2235 レディースサイズ(29mm)の18KYGモデル。 前機種のデザインとダイヤルバリエーションを継承し、安定性の高いムーブメントCal. 2235に変更された。 ダイヤルカラーは、ゴールドモデル同様、シャンパン・ホワイト・グレー・ブルーの4色が展開される。 製造期間:2012年~2019年 搭載ムーブメント: の内部機構の改良やのリニューアルが図られた。 搭載ムーブメントの変更はないが、耐磁性に優れるパラクロム・ヒゲゼンマイが採用されている。 また、夜光塗料もに変更され、主に性能や実用面の向上が図られた。 プラチナだけだったダイヤルカラーに、サンレイ仕上げのブルーダイヤルが追加された。 Ref. 116621 製造期間:2016年~2019年 搭載ムーブメント: シリーズ初のステンレススチールとエバーローズゴールドのコンビ仕様のヨットマスター40 Ref. 116621。 ベゼルには、数字と目盛りがレイズド仕上げされた18Kピンクゴールド製インサートを備える。 デビュー当初は、チョコレートダイヤルのみだったが、2017年にブラックダイヤルが追加され、2色展開となった。 Ref. 116655 製造期間:2015年~2019年 搭載ムーブメント: エバーローズゴールドケースにラバーストラップを組み合わせたヨットマスターの新シリーズ。 同モデルとしては初のピンクゴールドモデルでベゼルには数字と目盛りがレイズド仕上げされたセラミック製インサートがセットされる。 Ref. 126622 製造期間:2019年~現在 搭載ムーブメント:Cal. 3235 新ムーブメントCal. 3235を搭載したヨットマスター40。 外観上の変更はほとんどないが、ロレックス自社開発&製造の新世代ムーブメントによって精度、耐衝撃性と耐磁性、パワーリザーブなどの性能面で大きな進歩を遂げている。 また、文字盤の6時位置に印字される、SWISSとMADEの間にロレックスロゴの王冠マークデザインが追加された。 Ref. 226659 製造期間:2019年~現在 搭載ムーブメント:Cal. 3235 ヨットマスター初の42mmサイズ&18Kホワイトゴールドケースの新シリーズ。 ベゼルには数字と目盛りがレイズド仕上げされたセラミック製 マットブラックセラクロムインサートがセットされる。 オイスターフレックスブレスレットは耐久性に優れ、フィット感が高く 、バックルにはグライドロックエクステンションシステムが採用されており、気軽にサイズ調整を行える。

次の

ロレックス ヨットマスター / ロレックス専門店クォーク

ロレックス ヨット マスター ロレジウム

thewatchcompany. thewatchcompany. 一見シンプルなようで、実は他のスポロレとは一線を画す輝きを放つのが【116622】の最大の魅力といえるでしょう。 thewatchcompany. 光の加減で様々な表情を見せてくれるので、見ていて飽きないと専らの評判。 thewatchcompany. 文字盤カラーはダークロジウムとブルーで、どちらも人気。 共に甲乙付け難いほど魅力的ですが、人気でいえばややダークロジウムに分があるようです。 com』のデータを参考にしています。 thewatchcompany. thewatchcompany. 文字盤カラーはチョコレートとブラックがあり、特にチョコレートに関しては、その美しさと珍しさから非常に人気を博しています。 thewatchcompany. しかし、この【116621】が人気なのは、ひとえにエバーローズゴールドの上品な輝きにあるようです。 thewatchcompany. このさり気ない配色にこそ、ロレックスならではのセンスの良さを感じます。 com』のデータを参考にしています。 thewatchcompany. そのような人は、やはり周りに与える印象を気にされるのだと思います。 この【116655】も、ケースには贅沢に金無垢を使用しています。 それでも、決してギラギラした風に見えないのは、ブラックのセラミックベゼルとラバーベルトの組み合わせの妙とでも言うべきでしょうか? オーナーの間では、「高級感にスポーティーさとカジュアルさが同居した絶妙のバランス」と高い評価を得ているようです。 thewatchcompany. com』のデータを参考にしています。 最後に いかがでしょうか? どれも高級感とロレックスならではのセンス溢れる素晴らしい時計ばかりだったと思います。 また、どれを選んでも「一生モノ」や「資産」と呼べる逸品ばかりだったはずです。 ちなみに、今回は腕時計店『The Watch Company(TWC)』様とのタイアップ記事として書かせていただきました。 記事中の画像も『』様のサイトからお借りしています。 TWCは、東京中野の中野サンモール商店街に実店舗を持ち、オンラインショップも展開する時計屋さんです。 取扱品は、カジュアルなGショックから雲上時計のパテック・フィリップまで、実に多種多様な腕時計を幅広い価格帯で品揃えされています。 話題の新商品がどこよりも早く入荷することもあるようなので、ぜひこの機会に、またはお近くにお出かけの際はお店を覗いてみてはいかがでしょうか? お店の詳細はこちら 今回紹介した商品はこちら.

次の