高山 清司 出所。 【ヤクザ】「赤っ恥」 神戸山口組敗色濃厚・・・六代目山口組組員への襲撃、相手が傷つかない刃が引っ込む仕込みナイフ使用

高山清司若頭が出所、名古屋へ!神戸の山口組総本部、自宅にはいつ戻る?

高山 清司 出所

高山清司氏の出身地だという愛知県津島市の映像() 前回のコラム()の評判がよかったようなので、また六代目山口組の高山清司若頭の話題を書きたいと思います。 高山若頭は、山口組のすべて組員にとって、本当に特別な存在だったんだそうです。 その一例を上げれば、建築業の男性を恐喝した容疑で高山若頭が逮捕された時(2010年11月)、本家から 「高山若頭の事件については、一切話題にするな。 末端の人間にまで徹底させるように」という通達が出されたらしいんです。 そんな通達は、これまでに一度として出されたことがなかったそうです。 そう、 司忍組長が逮捕された時も。 それから、こんな話も聞きました。 弘道会が二代目体制から、竹内照明三代目体制へと変わった時の話です。 高山若頭は、自ら率いた弘道会を竹内三代目に譲り、ヤクザ業界を引退することなく、自らは組員のいない組織、"三代目弘田"の代表を名乗るようになったのですが、このことが本家山口組だけでなく、弘道会の内部でも大きな波紋を呼んだというのです。 山口組は、ひとつの直系組織に一人の直参組長というのが暗黙の了解だったところに、司組長に続いて(司組長は五代目山口組若頭時代に"二代目弘田"を名乗っていました)高山若頭まで同じやり方だったので、「もうなんでもありになってきてるやないか」と嘆く関係者が少なくなかった、と聞きました。 さらに弘道会三代目を継承した竹内会長がまだ若かったこともあり、ある弘道会の大幹部が「孫みたいなヤツについていけるかい」と口にしたのが高山若頭の耳に入ってしまったらしく、「嫌やったら辞めい!」と引退させられてしまったのだとか。 真偽は不明ですが、噂の大幹部がその頃、引退しているのは事実なので、もしかしたら話に尾ひれがついてしまったのかもしれませんね。 要するに、話を聞いた人間が思わず、真実かもと思ってしまうくらい、当時の高山若頭には迫力があったという証拠なのだと思います。 文=工藤明男 【工藤 明男 くどう あきお プロフィール】 東京都生まれ。 杉並区出身の関東連合元リーダー。 IT・芸能の分野で活躍。 経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。 警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。 表舞台に顔を出したことはない。

次の

高山清司若頭が出所、名古屋へ!神戸の山口組総本部、自宅にはいつ戻る?

高山 清司 出所

山口組が神戸山口組【井上邦雄組長】、絆会(元 任侠山口組)【織田絆誠会長】と分裂し強権支配で圧倒的な統率力で弘道会、六代目山口組の強さを見せつけた山口組ナンバー2の高山清司(清志)若頭の事についてまとめてみました。 出典 東京新聞 高山若頭のプロフィール 本名 高山清志(渡世名 高山清司) 渡世名の「司」は六代目山口組司忍組長の名前「司」を使ったといわれてます。 生年月日 1947年(昭和22年)9月5日生 出身地 愛知県津島市 高山清司が生まれ育った愛知県津島市の街並み 渡世入りは20歳 高校生時代は野球好きであったが喧嘩で高校を中退しその後、渡世入りをする。 その後、博打場に出入りする事になる。 渡世入りから 1967年(昭和42年)20歳 弘道会前身の弘田組(弘田武志組長)傘下、佐々木組(佐々木康裕組長)組員になる。 1969年 昭和44年)22歳 5月に弘田組傘下の組事務所が大日本平和会山中組小牧支部の集団に襲われ2人が死亡する事件が起きると、同年7月、弘田組若頭・司 忍(司興業組長。 後の六代目山口組組長)の指揮で行われた大日本平和会春日井支部長殺害の報復戦に加わり、懲役4年の刑を受けた。 この功績により出獄後、佐々木組若頭に就任。 1975年(昭和50年)28歳 初代弘道会々長、六代目山口組 司忍組長と出逢う 同 年 弘田組は若頭に現在の司忍組長を据え「司興業」を結成 佐々木組々長も弘田組長から親子盃を受け「佐々木組」を結成、若頭に高山清司氏を据える。 1976年(昭和51年)29歳 佐々木組は組織名を菱心会と改称した。 高山氏は直参となり理事長に就任。 その後高山氏は高山組を結成し弘田組直参に昇格する。 出典 毎日新聞 わずか20年足らずで弘道会を4000人の巨大組織にした切れ者 1984年(昭和59年)37歳 山口組、一和会の分裂騒動で弘田組長は引退、当時若頭であった司忍組長が二代目弘田組を継承し、若頭補佐に高山氏が就任するも元親分であった元佐々木組佐々木康裕組長は弘道会で相談役に就く(後の五代目山口組若中となる)。 同年 1980年には同組若頭補佐に就任した。 弘田組を改称し弘道会と改め(会長・司 忍)では若頭補佐兼渉外委員長を務める。 1989年(平成元年) 弘道会若頭に就任 名古屋地元組織の運命共同会・中京五社会と抗争が始まる 1991年(平成3年)44歳 名古屋の地元組織中京五社会所属の八代目稲葉地一家の本部長・中村英昭(後の九代目稲葉地一家総裁)と兄弟盃を交わす事で長く続いた抗争を終結させる。 名古屋地元組織の運命共同会・中京五社会と抗争し壊滅させ多くの組織を傘下に収める 2005年3月(平成17年)58歳 弘道会司忍会長は二代目に高山清司氏に跡目を譲り司忍組長は二代目弘道会総裁、司忍組長は弘田組組長に兼任。 同年 1月髙山組を若頭・竹内照明に継がせて二代目髙山組総裁に就任。 3月弘道会二代目を継承し4月に山口組直参に昇格。 同年 6月には山口組若頭補佐に就任し、7月に山口組中部ブロック長を兼任。 8月には六代目山口組組長に就任した事で六代目山口組若頭に就任する。

次の

高山清司の自宅は三重県桑名市|出所から数か月後に銃弾が撃ち込まれた|芸能人の噂メディア

高山 清司 出所

過去の事をたくさん記事にしているこのサイトですが、未来の事も少し書いてみたいと思います。 未来の事で一番気になる事と言えば、やはり山口組の七代目組長に誰が就くのかという事ではないでしょうか。 司忍組長が君臨する六代目山口組の最後はどうなるのか興味深いところです。 亡くなるまで終身組長であり続けるのか、引退という形で七代目を指名するのか分りませんが、司組長も70歳を超えていますので、やはり生きているうちに指名しておく方が、一番すんなり行くのではないかと思います。 急死した場合、親分の遺志はどうあったのか、遺言状はあるのかなど跡目を巡って一波乱起こります。 高山清司七代目への可能性 順当な跡目として若頭の高山清司がいますが、2014年から現在も服役中で健康問題も抱えており、出所予定は2019年で出所時には70歳を越えます。 年齢的な取り決めはありませんが、現実的問題として出所後の襲名は難しいと考えます。 出所してすぐに代替りするとしても、77歳になっている司組長から72歳の高山清司への継承は、その後を考えると何年持つのでしょうか。 今、明日にでも司組長が引退をしたら、この場合は獄中襲名があるかもしれません。 五代目体制時に自ら若頭に就き、高山に弘道会を譲った時のように、何か前例のない事をやる可能性を感じます。 ただ高山自身が自分は司忍の若頭なんだという意識が強ければ、七代目への意欲は薄いでしょう。 高山が若頭としてやってきた事を見ると、親分のことを考えて自ら嫌われ役を買って出ているようにも見えます。 七代目体制では、別のポストに就くかもしれません。 山口組に総裁というポストが誕生するかもしれません。 高山に意欲なしと考えていますが、司組長の強い意向が働けば高山自身は断る事は出来ないでしょう。 それでも一つ言える事は、高山は引退はしないという事です。 死ぬまでヤクザを通すと思います。 その理由は、かなり恨みを買っている事を自分でも分っているはずです。 司組長服役中の大量処分や、他の直参への執行部の対応など、かなり反感を買っていると思います。 直参に限らず山口組全体を見ても、現執行部へ反感を持つ者は多いのが事実です。 たとえ逆恨みであったとしても、恨みを持つ本人にしてはそれが事実だと思います。 万が一高山が堅気になっても、行動に移す者はいないと思いますが、いないとは言い切れません。 自分は満期まで行った場合、高山七代目はないと思います。 それと高山引退もないと考えています。 それよりも無事満期まで務める事が出来るのか、どうかが気になります。 山本健一や桑田兼吉のように刑務所で病状を悪化させるケースは非常に多いのです。 高山若頭の年齢を考えると持病を持っての服役は、非常に危険だと思うのです。 誰に可能性があるのか 統括委員長で極心連合会々長の橋本弘文が、高山若頭不在の執行部を仕切っているようです。 このことから高山に次いで、山口組のナンバー3などと言われているようです。 高山若頭と同年齢ですが、橋本統括委員長は見た目にも健康そうで年齢よりも若く見えます。 この人物も七代目候補と見られていますが、自分は無いと考えています。 理由は新たに作られた統括委員長に就いたからです。 その前から筆頭若頭補佐と言われ、やはりナンバー3でしたが高山の収監に合わせて作られた統括委員長に就いた事で、目が無くなった感じがしてしまうのです。 普通に考えて高山の権限や役割を代行するなら、若頭代行がしっくり来るのですが、あえて若頭代行という役付けにしなかった所に引っかかってしまいます。 外された感があります。 つまり司、高山ラインの先に別人が居る気がしてしまうのです。 もちろん橋本弘文の可能性はゼロではないと思います。 ただ橋本の場合、向こうから座布団が回って来る事は無いと思うのです。 これに引き換え座布団が回って来そうなのが、三代目弘道会々長の竹内照明です。 司、高山ラインの先が竹内です。 実質弘道会は強引とも言える手段で、高山と竹内の二人の直参を誕生させました。 過去の概念では、直系組織の代替りは引退か死去しかありませんが、弘道会だけは高山が本家の若頭に就いたまま組織を代替りさせています。 この裏技的分身の術で、竹内を前倒しで直参に引き上げています。 それに引き換え極心連合会は、内部昇格の形で極粋会を直参に上げ、極心連合会本体は数を減らしました。 橋本弘文が七代目を取るためには、かなり強い意志で臨まなければならないのに対して、分があるのが竹内という事になるんですが、本家でもすでに幹部に昇格させていて、ここまで持ってくるのに十分強引な印象もあります。 人物の比較で言えば、やはり橋本の方が格は上になります。 それでも跡目を決める権限は誰にあるのかを考えると、座布団に近いのは竹内でしょう。 つまり七代目に「就けたい人物」が三代目弘道会々長の竹内照明ではないかと思うのです。 それと万が一いったん高山に七代目が回ると、八代目は確実に竹内になると思います。 代を取るという事を考えると、いったん高山に取ってもらいたいと言うところでしょう。 もう一人ダークホースになるのが、四代目山健組々長・井上邦雄です。 勝手な見解を言わせてもらうと、選挙で投票すればこの人物に決まるのではないかと思うのです。 司組長も井上の功績を十分に認めていると思いますし、ジギリを評価しても七代目への資格ありと思います。 弘道会と比較して六代目体制で山健組は弱体化したように言われますが、井上邦雄に対する人物評価は高いです。 ただ三代目山健組時代の関係性から、橋本弘文が七代目に意欲を見せれば、井上は引くのではないかと思われます。 舎弟頭の二代目宅見組々長・入江禎は、司組長より僅か2歳下という事もあり、現実的に考えても上に挙げた人物らより更に可能性は低いと思います。 おそらく最高顧問などに就くはずです。 それから七代目へと代替わりする時には、引退する直系組長がかなり出ると思います。 現時点でも引退したくてもさせてもらえない直参がかなりいると聞きます。 執行部が引退を認めないという噂です。 六代目体制が終わると言う事は、盃も水になりますから本来は自由意志で決められるはずです。 代替りの時ですら進退を自分の意志で決めさせてもらえないようでは、どうかと思いますね。 山口組内の主権争いの果てに七代目襲名があるのか、相応しい人物としての七代目襲名があるのか。 いずれにしても山口組本家の代替りというのは、日本のアウトロー社会に大きな影響を与え、その情勢が大きく動く時でもあります。 補佐の中では末席ではありますが、これで六代目山口組を弘道会で固め切ったという印象があります。 もちろんこれらは六代目体制に限らず七代目八代目の山口組を見据えた体制であり、山口組の組織固めというよりも山口組における弘道会の覇権固めという感じがします。

次の