目の下 の たるみ 取り 名医。 目の下のたるみ治療はココ!名医のいるクリニック5選

湘南美容外科で、目の下の切らないたるみ取りをした方の感想を聞かせ...

目の下 の たるみ 取り 名医

ヒアルロン酸注入・ ボトックス注入 表情ジワやほうれい線を 注入治療で改善する ヒアルロン酸・ボトックスを注入して、シワを改善する治療です。 ともにシワの改善効果がありますが、シワの状態によって使い分けます。 ヒアルロン酸は、人間の身体の中にもある潤い成分です。 ほうれい線等のシワの深い皮下部分に注入すると、ヒアルロン酸成分が皮膚を持ち上げてシワを改善して肌にハリと弾力が蘇ります。 ボトックスは、ボツリヌス・トキシンを投与して、筋肉の働きを妨げて、眉間や目じり等の表情ジワを改善する治療です。 向いている人 ヒアルロン酸は皮膚たるみによる目元のたるみ、ボトックスは深いしわの入った目元の皮膚たるみが気になる方。 メリット 比較的短時間で施術が終わり、皮膚や細胞にダメージが少ない施術です。 早い人で数日後には改善効果が実感できます。 デメリット 術後に内出血や腫れなどが生じることがあります。 施術者によっては、注入した部分に凹凸ができることがあります。 効果(即効性) 2~3日後 施術時間 30分程度 痛み あり(麻酔を使用) ダウンタイム 2~3日程度 持続時間 3か月~半年 料金相場 3万円~6万円 脱脂術 (経結膜的脱脂法) 押し出された脂肪を 取り除いて目元すっきり 脱脂術(経結膜的脱脂法)は、目の下にできた脂肪(眼窩脂肪)を取り除いて、目の下のたるみやクマを改善する、目の下のたるみ治療です。 目の下のたるみの原因は脂肪です。 加齢によって眼球を支える靭帯が弱くなると眼球が垂れ下がり、眼球の周りにある眼窩脂肪が圧迫されると、目の下に押し出された脂肪がたまってクマやたるみになります。 そこで下まぶたの裏側を切開して、余分な脂肪を取り出してたるみを改善します。 向いている人 目の下にクマが、黒く見える黒クマ、赤く見える赤クマがある方、目袋が大きくたるんで見える方。 メリット 皮膚を切らないので傷跡が残らない。 短時間で治療が終わる。 局所麻酔で済むので体に負担がかからない。 デメリット 術後に痛みや腫れ、内出血等がある。 膨らんでいる脂肪を取ると、小じわができる場合がある。 下まぶたの裏側に局所麻酔をかけて、レーザーで小さく切開して脂肪を取り出します。 定着しやすいように加工を加えた後、目の下に注入すると段差がなくなって自然な目元になります。 脱脂術単独だけでも脂肪の除去はできますが、脂肪注入を組み合わせることで、凹凸がなくなりより美しい目元に仕上げることができます。 向いている人 目の下のクマ・たるみが気になる人、目の下のたるみで目袋(脂肪)が垂れ下がってきた人、脂肪で圧迫されて皮膚が赤く透けてみえる人。 メリット 高周波レーザーを使用するので痛みや傷が少ない。 ダウンタイムや腫れもほとんどない。 クマとたるみを同時に解消できる。 短時間で治療が終わる。 デメリット 注入した脂肪が定着するまでに1年かかり、まれに定着しないことがある。 効果(即効性) 施術直後に改善効果がわかる 施術時間 1~2時間 痛み 麻酔をするので痛みがない ダウンタイム 痛みや腫れ、内出血が3日~1週間続く 持続時間 10年程度持続する 料金相場 32万4, 000円 サーマクール (サーマクールアイ) サーマクールで 切らずに目元ぱっちり ラジオ波(RF)を照射して二段階でお肌を引き締めるたるみ治療です。 ラジオ波は皮膚深部まで熱エネルギーが届く特性があります。 この時、衰えているコラーゲンの破壊と脂肪層の収縮が起きて細胞が引き締まり、たるみが改善します。 またコラーゲンには、破壊されると活性化する特徴があります。 新しい細胞に入れ替わって肌にハリと弾力が生まれます。 施術では、麻酔クリームを塗って目印をつけてテスト照射をし、本照射をします。 照射と冷却、バイブレーションの組み合わせで痛みや刺激が緩和。 ストレスフリーの治療を実現します。 向いている人 顔や首のたるみ、上まぶたのたるみ、眉毛の垂れ下がり、フェイスラインのたるみが気になり、手術を避けたい方。 メリット メスを使わないので傷跡が残りません。 即効性があり、施術後すぐに引き締まり効果が実感できます。 デメリット 敏感肌の人は肌が赤らんだり、ほてったりすることがあるが、冷却材等で冷やすと、数時間で治まります。 効果(即効性) 施術直後から確認できる 施術時間 約30~60分 痛み ほとんどない ダウンタイム ほとんどない 持続時間 半年から1年程度 料金相場 10万円~30万円 ハムラ法 脂肪を移動させて 目の下のくぼみを解消 ハムラ法とは、目の下のふくらみのある部分の脂肪を、くぼみができている部分に移動させて目の下のたるみを改善する治療です。 メスを入れる部位によって、切開ハムラ法・裏ハムラ法の2つの術式があります。 切開ハムラ法:下まぶたのまつ毛の生え際に沿ってメスを入れる方法で、30歳代~60歳代のふくらみの大きい方に適しています。 裏ハムラ法:下まぶたの裏側からメスを入れる術式で、20歳代~50歳代のふくらみが小さく皮膚が少なめの方に適しています。 向いている人 まぶたの下のたるみや涙袋のふくらみがある、20歳代~50歳代の目の下のたるみが比較的小さく、皮膚が少なめな方。 メリット 目の下のくぼみと脂肪のふくらみを同時に改善できる。 短時間で施術が終わり、効果が長続きする。 傷跡が残らない。 デメリット 手術が必要になる。 涙袋の形が不自然になる場合がある。 下まぶたがあっかんべーをしたようになる場合がある。 効果(即効性) 術後すぐに改善効果がわかる 施術時間 40分前後 痛み 麻酔をするので痛みがない ダウンタイム 5~10日 持続時間 半永久的 料金相場 31万5, 000円~38万6, 700円(裏ハムラ法) 脱脂術+ 脂肪注入 低リスクで高効果! 若々しい目元を取り戻す治療 目の下のたるみの症状は様々あり、治療法も異なります。 皮膚のたるみには、ヒアルロン酸注入やサーマクールアイがおすすめです。 なお、目の下のたるみの中でもっとも多いのが目の裏の脂肪(眼窩脂肪)が押し出されてたるみができたタイプ。 一般的には脱脂術で脂肪を取り除きますが、目の下の凹みや皮膚のたるみを改善することはできません。 脱脂法と似ている施術にハムラ法がありますが、ダウンタイムが大きいことからあまりお勧めできません。 脱脂術+脂肪注入で 評判がいいクリニックは? こちらでは、目の下のたるみの施術として脱脂術+脂肪注入を行うクリニックの中でも、脂肪注入として 「リポトランスファー」を採用しているクリニックをピックアップ。 抜き取ってきた脂肪を再注入するのが脂肪注入ですが、リポトランスファーの場合には注入前に生着しやすいように脂肪に処理を加えています。 より自然なふくらみを作るために、単純な脂肪注入ではなくリポトランスファーに対応している都内のクリニックを2院紹介しています。 セオリークリニック 出血・腫れがほとんどなく 自然な仕上がり! 技術の高さが感じられる施術 名医:筒井 裕介医師 セオリークリニックでは、自然で若々しい目元を作る 「脱脂術+リポトランスファー(脂肪注入)」に力を入れています。 この施術は下まぶたの裏側から脂肪を抽出して特殊な加工を施し、目の下にできたくぼみに注入するものです。 高周波レーザーを使用することで切開部を最小限に抑え、極細の針で一か所から注入することで 出血を抑えます。 独自の注入技術により、 より美しく自然で立体的な目元に仕上げます。 また独自の麻酔注射器を使うことで、 少量の麻酔薬をしっかり効かせて腫れや痛みを緩和させるなど、このクリニックならではの工夫が随所に見られます。

次の

目の下の切らないタルミ取り、脱脂を考えている方、またはされ...

目の下 の たるみ 取り 名医

目の下のたるみ治療はココ!名医のいるクリニック5選 なんだか最近目の下がたるんできたような…なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。 目の下のたるみの原因は、老化・眼窩脂肪の膨らみ・目の周りの筋肉の衰えなど様々です。 マッサージ等で改善できるとも言われておりますが、目の下のたるみを完全に治すには美容外科での施術を行う必要があります。 美容外科といっても沢山あるし…どこに行けばいいの?どうせやるなら経験のある上手い先生にお願いしたい…と誰もが思うはず。 東京都中央区に院を構え、目の下のたるみ治療の他目元や鼻・輪郭等の美容整形、スキンケア治療等を行っています。 日本で3本の指に数えられる名医であり、神の手を持つドクターと言われています。 2010年、多くのクリニックから誘いがある中ISEAに参加。 圧倒的なメスさばきとスピード、正確性を持つ職人肌、その高い技術と温厚な人柄から、患者様からの暑い信頼を得ています。 医師から目標とされる医師 当時、日本最大手の美容外科であった神奈川クリニックにて、総診療部長として常時30~40名ほどの医師の指導や育成を行う他、難易度の高い手術やクレーム症例再手術などを行ってきました。 現在、育てた医師の数は100名以上にも及び、全国に多数の弟子を持っています。 その他にも最新の美容技術の研究や開発を担当し、現在の美容医療の発展に大きく貢献してきました。 圧倒的な症例数と技術力の高さ、温厚な人柄は多くの医師たちの目標とされています。 日本屈指の実績 吉種先生は数多くの目の下のたるみ治療の施術の経験がある他、顔面骨 骨切り手術1000件以上、タトゥー除去手術5000件以上、二重手術3万件以上、豊凶手術2700件以上、脂肪吸引2500件以上、鼻の整形手術5000件以上と日本国内においてトップクラスの施術経験を持っています。 「私より経験のある日本のドクターに、私はこれまで会ったことがない」と自ら語るとおり、美容整形の経験の他、更に難易度の高い、乳幼児の先天性の奇形修正手術や、事故後の顔の復元手術などの形成外科手術を数十年にわたり経験しています。 吉種先生の技術力の高さは、生まれ持った才能によるものではなく、努力と経験の積み重ねにより手にしたものです。 目の下のたるみやくま、フェイスリフトなどのアンチエイジング治療を行っているクリニックです。 久保 隆之医師 北海道大学医学部および関連病院で研修をしたあと、微小整形外科の最先端である米国フィラデルフィア・トーマス・ジェファーソン大学に留学。 美容外科の施術に必要な技術と知識を習得し、十仁病院(渋谷分院)の院長として多くの患者様の施術を行いました。 その後、2005年4月に銀座CUVOクリニックを開院し、多数の実績をもとに院長として最適な治療法を提案しています。 カウンセリングから施術まで院長が担当 銀座CUVOクリニックでは、カウンセリングから施術、アフターケアまでの全てを、久保先生が担当します。 多くの症例と実績を持った久保先生が全てを担当してくれるからこそ、安心して施術を受けられます。 基本的な脱脂術だと目の下がくぼんでしまうリスクや、脂肪注入をした方が仕上がりが自然になるなどと言われておりますが、久保先生のオリジナルの術式では脂肪注入をすることなく自然な仕上がりになると評判です。 カウンセリングから施術、アフターケアまでをすべてドクターが担当し、オーダーメイドの治療を行っています。 筒井裕介医師 2003年順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学の形成外科医助手を経て、美容皮膚科・美容外科であるオザキクリニックに勤務。 その後、2009年にTheoryクリニックを開業し、目の下のたるみ治療の他若返り、アンチエイジングの治療を行っています。 独自のデザイン技術 セオリークリニックの目の下のたるみの手術では、手術時の出血量を少量に留め、組織の損傷を減らす技術や、器具の使用の工夫で腫れを最小限に抑えるなどの独自の技術で、表情を考えた美しい仕上がりを提供しています。 患者様に合わせた最適最良の治療 目の下のたるみといっても患者様によって症状は異なります。 若々しい目元を手に入れるため、患者様の悩みや症状を見極め、最適最良なオーダーメイドの治療を行っています。 2006年の開院以来、10年以上に渡り6000名以上の患者様の目の下のたるみ治療を行っています。 また、100件を超える様々なパターンの症例を元に、カウンセリングの際には詳しい情報を開示しています。 水谷和則医師 1991年に福島県立医科大学医学部を卒業後、15年ほど美容外科業界で多くの施術を担当。 その後2006年に銀座みゆき通り美容外科を開業し、同院長に就任。 国内では数少ない日本美容外科学会認定専門医であり、受賞歴もある医師です。 皮膚を切らない目の下のたるみ手術 現在多くのクリニックでは、目の下のたるみ治療は外科手術が推奨されています。 ですが、皮膚を切ってしまうと目元に傷跡が残ってしまう場合があります。 ですが、水谷医師が研究を重ね完成させた、銀座みゆき通り美容外科の目の下のたるみ治療であればそんな心配もありません。 目の下のたるみの原因である脂肪を除去する場合は、まぶたの裏側の粘膜から行う経結膜脱脂法で行います。 そのため、顔に傷跡が残ってしまう心配がありません。 また、脂肪を注入する場合には注射針で行うため、傷を作ることなく目の下のたるみを解消することが可能です。 現在では全国に6院を展開しています。 41年間医療事故ゼロと、多数の手術実績のある数少ない歴史のあるクリニックです。 目の下のたるみ治療はもちろんのこと、二重や鼻の形成、脂肪吸引、豊胸など様々な施術を行っている総合美容クリニックです。 石井秀典医師 平成12年に提供大学医学部卒業後、大学病院での外科医として多くの施術を担当し、平成18年に大塚美容形成外科に入局。 現在は大塚院の院長を勤める美容外科歴16年とベテランの医師です。 丁寧なカウンセリング 外科医としての技術はもちろんのこと、インフォームドコンセントを重視した丁寧なカウンセリングが評判。 患者様の症状や希望にあわせて最適な施術方法を提案してくれます。 一人ひとりの希望を理解し、最も負担が少ない効果的な方法で施術を行います。

次の

目の下のたるみ治療はココ!名医のいるクリニック5選

目の下 の たるみ 取り 名医

目の下のクマ・目の下のたるみ治療の名医がいる美容外科クリニック 目の下のクマは、女性にとって深刻な悩み。 年齢よりも老け顔になり、不健康そうに見えてしまうからです。 イキイキとした表情を取り戻したいなら、美容外科に行くのが一番の近道。 いくら高い化粧品を使っても、何もしないよりはマシですが、それだけでキレイに治すのは難しいです。 今、美容医療では、手術、切らない施術、注射による治療、レーザーなどの治療法が選べます。 それぞれに得意分野を持つ名医がいるので、効果が期待できるでしょう。 ここでは、治療法別におすすめのクリニックをガイド。 診療の特徴や、口コミ・評判までを紹介していますので、気になる治療法を探している方や、自分に合った治療法が得意な名医を調べている方は、参考にしてください。 目の下のクマ・目の下のたるみ治療の名医がいる美容外科クリニックまとめ 皮膚を切る美容整形 皮膚をメスで切って手術をする方法です。 たるみが重い症状の方でも良くなった症例があります。 代表的なのはハムラ法。 まつ毛の生え際を切開し、皮膚を引き上げたり、脂肪を取り移動したり、根本的な原因を完治させるというもの。 ですから、やはり肌への負担や術後の腫れ、痛みはあります。 だからこそ、安さだけがウリのクリニックは選ばないこと。 実績の多い名医なら、負担を少なく、傷痕を目立たなくする技術を持っています。 皮膚を切る美容整形を得意とするクリニック• 目の下のクマ・目の下のたるみ治療の名医がいる美容外科クリニックまとめ 皮膚を切らない美容整形 最新の治療法としてこのサイトでは特におすすめしています。 皮膚を切開しないから傷痕が残らず、肌への負担が少なくすむからです。 まぶたの裏側から目の下のふくらみの原因である脂肪を取り除く方法です。 また、目の下と頬の溝に脂肪を注入してクマの影を消していきます。 皮膚を切らない美容整形を得意とするクリニック• 目の下のクマ・目の下のたるみ治療の名医がいる美容外科クリニックまとめ ヒアルロン酸注射・レディエッセ 目の下にヒアルロン酸を注入していく方法は、クマ・たるみ治療としてはポピュラー。 化粧品でよく知られる美容成分を注射器で入れるだけなので安心感はありますよね。 ただし、この治療は、永久的ではなく、半年から1年で吸収されてもとに戻ってしまいます。 もうひとつのレディエッセもハイドロキシアパタイトという持続性の高い成分を入れていくというものです。 ヒアルロン酸注射・レディエッセを得意とするクリニック• 目の下のクマ・目の下のたるみ治療の名医がいる美容外科クリニックまとめ レーザー治療 目の下の茶色いクマは、メラニンが沈着することで皮膚が変色してしまったことが原因です。 これは、シミと同じでレーザーでも治療が可能です。 目の下にレーザーを照射してお肌の新陳代謝を高めて新たなメラニン生成をおさえることができます。 ただし、1回で効果を出すのは難しいです。 症状により違いはありますが、何度も通い、施術を繰り返すことで薄くなっていきます。 レーザー治療を得意とするクリニック•

次の