年金 免除 申請 書。 国民年金保険料の免除申請は毎年するのですか。 江戸川区ホームページ

国民年金の免除申請をしたのに、「国民年金保険料納付書」が届いた…申請が通らなかったということ? 払わないといけないの?

年金 免除 申請 書

単身世帯 夫婦世帯 夫婦+子ども2人 (夫婦のどちらかは無収入を想定) 全額免除 57万円 (122万円) 92万円 (157万円) 162万円 (257万円) 4分の3免除 93万円 (158万円) 142万円 (229万円) 230万円 (354万円) 半額免除 141万円 (227万円) 195万円 (304万円) 282万円 (420万円) 4分の1免除 189万円 (296万円) 247万円 (376万円) 335万円 (486万円) 上記の条件に当てはまっている人は年金の支払いが免除になる可能性が高いです。 例として、一人暮らしをしながら約1年ニートをしていたとします。 前年度の収入が単発バイト(日給1万円のお給料だと仮定します)を週2回行い年収が96万円。 その場合年収額は単身世帯全額免除の122万円よりも下回っているので、この人は全額免除になる可能性が極めて高いといえます。 同居している家族がおり、その家族に収入がある場合は年金の支払い義務が生じるので確認しましょう。 国民年金が無事に免除となれば、収入のないニートの方にとっては肩の荷が下りると思います。 しかし、年金を払わないことで起きるデメリットはあるのでしょうか? 猶予の場合、デメリットは免除ではないので後々支払う義務が生じる以外ありません。 年金が免除となった場合のデメリットは 将来的に貰える年金額が最大で半分まで減らされてしまうことです。 逆に考えると、 申請をすれば年金を払わずとも半分は貰えるということ。 年金を未納にしてしまうと、いざ年金が必要になった場合でも1円も貰うことはできません。 ニート期間が長くなり年金の追納期間(2年1ヶ月)を過ぎてしまった場合は、ゆっくりでもいいので返納することをおすすめします。

次の

個人事業主が国民年金の免除申請に行ってきた!手続き方法や必要なものは?

年金 免除 申請 書

【 関連記事】 「」 なぜこんなに通知が早かったの? 役場で手続きした時には「10月半ばに通知がきます」と案内があったのに、なぜこんなにも早く通知が届いたのでしょうか? 申請する人が少なかったから?離職票のコピーを提出したから? 詳細は不明ですが、恐らくで役場の方が仰っていたように、離職票があればほぼ「全額免除」に該当するため、審査が早く終わったのではないかと推測されます。 個人事業主として開業していて、収入があっても全額免除? 以前も少しお話させていただいたのですが、私の現在の状況は「 個人事業主として開業していて、収入があるが失業認定もされている」状態です。 「現在の収入の証明などもしなくてよいのですか?」とも念の為質問したのですが、全く必要無しとのこと。 しかし、もちろん将来貰える年金額は減ります。 一円も払わずに半分貰えるなら超お得!となるかは人それぞれですが、10年以内でしたら追納することで、満額受け取ることも可能です。 次回は「平成31年7月」に「平成31年7月から平成32年6月」までの免除申請をします。 国民年金免除通知が届くまでに届いた納付書はどうするの? 通常、退職後すぐに厚生年金から国民年金に切り替え手続きをした場合には1ヶ月程で納付書が届きます。 私の場合は「2018年6月25日」に退職し、納付書が届いたのは「7月末」頃でした。 そして、免除の結果が出たのが「8月17日」ですので、納付書が先に届いたということになります。 場合によっては年金支払い要求の電話がかかってくることもあるようですが、この場合も免除申請の結果待ちであることを伝えればOKです。 年金免除申請の結果到着後は、結果によって納付書をどうするかが変わります。 【 納付猶予】 納付書の使用期限内 2年以内 に支払えるのであれば、現在の納付書で支払う。 期限が過ぎた後 10年以内 に支払う場合は年金事務所で新しい納付書を貰う。 国民年金の免除申請が却下された場合の通知はくる? 念の為調べていたことでしたが、 国民年金免除申請で残念ながら、申請が却下された場合でも通知は届くようです。 却下の通知が来ないとずっと結果を待ち続けることになりますので、当然ですよね。 改装工事で、役場の場所が変わっているという不測の事態で少し焦りましたが、年金免除申請の受付自体は5分程で完了しました。 今回は「 令和元年 2019年 7月から令和2年 2020年 6月まで」の免除申請をしたことになります。 申請手続きが完了してから、少し気になり「今年度分の年金納付書はいつ届きますか?」と質問したところ「2019年4月に届いているはずですが。。 」と回答がありました。 郵便物は日々確認していたのですが、届いていないんですよね。 去年初めて免除申請を行ったことで、なにか手違いがあった可能性があります。 また、2回目の国民年金免除申請で必要だったものは『雇用保険被保険者証 ハローワークでもらう 』と『基礎年金番号 年金手帳に記載 』のみで印鑑などは使用しませんでした。 3ヶ月以内に「免除可否の結果はがき」が届くとのことですので、その結果が届き次第こちらに追記させて頂きます。 結果は前回と同じく『 全額免除 令和元年 2019年 7月から令和2年 2020年 6月まで 』です。 免除申請から3ヶ月以内に「免除可否の結果はがき」が届くという案内でしたが、結果的には「1ヶ月半程」で結果が届きました。 免除申請は毎年行う必要がありますので、次回は「令和2年 2020年 7月」に「令和2年7月から令和3年6月」までの免除申請をします。

次の

ニートの方必見!申請書たった1枚で年金を全額払わなくてよくなる⁉

年金 免除 申請 書

ブラックだった会社を退職したNon太()です。 退職後はすぐに厚生年金を国民年金に切り替えて、収入が激減だったのであわせて免除申請も行いました。 でも申請からしばらくたって、「 国民年金保険料納付書」というものが届きビックリしました。 なおさら、払わないといけない気になってしまいます…。 毎年のように金額が値上がりしている国民年金ですが、自分の分に加えて妻の分と合わせて支払っていかなければなりません。 僕の場合、9月末で退職したので、10月~翌年3月までが対象ですが、計算すると約20万円近い金額になっていました! これは申請が通らなかったのか? はたまた払わないといけないものなのか?と疑問に思ったので、色々調べてみました。 申請の結果が出る前に届く書類だった そういえば思い返してみると、区役所で申請した時もおばちゃんに「 支払い通知書が届くと思うけど、払ったらあかんよ~!」って言われてた気がする…と思い出しました。 要するに、国民年金の免除申請を行った後、約1~2ヶ月後に結果は出るようなのですが、 その結果が出る前に支払い通知書が届くことが普通らしいんです。 (僕の場合、10月の中旬頃に申請に行ったのでちょうど1ヶ月と少し経過してますが、まだ申請の結果は来ていません。 現在、免除等を申請中の方にもこの納付書をお送りしていますので、ご了承ください。 申請の結果は後日通知しますが、結果通知が届くまでの間は、納付書を大切に保管してください。 と書かれています。 民間企業だったらその対応はどうやねん!って感じですが、とりあえず免除申請の結果が通知されるまでは保管しておき、結果が出るのを待ちましょう。 免除申請をするかどうかは自己判断で! 年金には受給資格期間というものがあり、将来の年金額にも影響する 年金というのは受給資格期間というものがあり、決められた期間加入していないと年金を受け取ることが出来ないという制度があります。 2017年7月31日までは、その期間が25年以上でした。 2017年8月1日からは、資格期間が10年以上と変更になっています。 基本的に、国民年金が免除されるかどうかは 前年の所得が基準になると言われていますが、退職や失業などの場合、 問答無用で免除になりやすいとも言われています。 (あくまで言われているだけで、必ず通るかは分かりません。 ) 何も手続きをしないままスルーだけしてしまうと、 未納となり 支払っている期間(=受給資格期間)にはカウントされません。 ですが、この免除申請を行いその申請が通った場合、 支払いはもちろん免除され、支払っている期間(=受給資格期間)にもカウントされる仕組みになっています。 (受給資格期間にはカウントされるものの、免除期間の年金額は保険料を収めた時に比べて2分の1になります。 =免除期間分のもらえる年金額が半額ということ) もし払えないからと手続するのかしないかでも大きな差となるので、しっかり知識をつけた上で対応する必要があります。 国民年金保険料納付書が届いた|まとめ 結論、 免除申請を行っているなら「国民年金保険料納付書」が届いたからと言って支払う必要はなく、申請結果が出るまでは大人しく待っていれば良いということです。 僕は自己都合退職でしたが、無事に免除申請は通っています。 この国はホントに自分で行動しない人からは、ガンガンむしり取るような制度になっているので、しっかり調べて対処していきましょう。

次の