東海アマブログ。 中津川市、東海アマ氏の集団ストーカー報告スレッド #38に返答

We're PROCeeD.:同調圧力について

東海アマブログ

ここは、「中部地区ゴルファーのグリーンの概念を変えた」と言われるアンジェレーション豊かな超高速グリーンが有名。 半分以上のホールに池が絡み、ブラインドショット、打ち上げ、打ち下ろし、やたらとあちこちにバンカー、もー、なんでもありのRTジョーンズの傑作戦略設計コースだ。 今回は、フロントティーからの舐め切ったセッティング。 別注したRV10の納入が遅れ、ほとんど練習できなかったこともあって、ティーショット用に久々にPING EYE2のドライビングアイアンを引っ張り出した。 ティーショットだけでなく、アイアンも手前に落とす「刻み&刻み作戦」で、パットを36位内に抑えれば多分50位内に入れて、東海マスターズ出場決定だ。 落下地点が見えないホールが多いこともあって皆、ティーショットは、3Wや、アイアン、神経質にクラブを選んで攻めて行く。 私は全てドライビングアイアン。 さすがにこれでは、最初にセカンドを打つことが多くなる。 一番ホールは、グリーン手前まで左側に池が張り出す。 アイアンの乗った私が最初にパットを打つことになった。 2年ぶりのこの超高速グリーン、今年のスピードは・・・おいおい、遅いじゃんか(汗)。 その後も、遅いグリーンにパットのタッチが全く合わない。 RIG(パーオン)は、9回したものの、乗ればスリーパット、チップが寄ってもパットが入らず、ボギーのオンパレード。 2回使ったドライバーは、2度とも大スライスで、1回は、OBとパッとせず。 まったく最後まで見せ場なく、結局トータルスコア90は、過去3年間の最低タイスコア。 41パットは情けないの一言。 カットは、92(他の人も悪すぎだよ)なので、予選通過はしたものの決勝は前から3組目だ。 情けない。 戦略形設計のコースでは、「長方形を斜めにねらう」コースレイアウトが基本となるため、ただ飛ぶだけではダメ。 飛距離と方向の両方がコントロールできなければ良いスコアにつながらない。 さらに、安全なショットを選択した時に、ツケが回ってくるグリーン。 高速なのは当然として、広く、マウンドがあるため、ピンの立つデッキに乗せなければ、手前からでも3パット。 デッキに確実に乗せる3打目のコントロール。 乗せられないとき、どこに逃げるかの判断力。 決勝大会は、グリーン回りをしっかり仕上げてくるはずだ。 予選では、グリーンが遅かったこととドライビングアイアンで刻んだティーショットがことごとくFWバンカーにつかまって、ボギーの嵐になってしまった。 今回は、ドライバーで、ハザードを飛び越える作戦。 高速グリーンの対応も十分練習してきた。 そして、グリーンは、・・・今回も遅い!っていうか思い切り「通常営業」モードだ。 高速グリーン対応練習がアダとなり、カップを越して、グリーンの外まで叩き出すつもりで打っても、カップまでの半分しか転がらない。 パットが全く打ち切れず、前半は、3パット4回の43。 グリーンのスピードについて、キャディに聞いてみると、最近はあまり速く仕上げられないという。 よく見ると、コケのような雑草が、沢山まざっている。 そうと判れば、ピン下を狙う必要は無い、後半は、アイアンの狙いをピン直撃に変えた。 しかし、ショートアイアンの距離感が合わず、デッキに乗っていかない。 後半は3パットなしの41。 RIG7回のバーディなし。 このコースは、250ヤード前後にハザードがあるホールが多く、ドライバーで気持ちよく打てるパー5がひとつだけ。 しかし、グリーンが遅い片肺状態でさえ、このスコアでは、コースが健康体だったら、全く歯が立たないということか。 4年前、ゴルフを再開してから、飛距離一辺倒で、新しい自分のゴルフを作ってきた。 貞宝や、春日井のような古いレイアウトのコースなら「ドライバーは出来る限り飛ばして、アイアンは手前」作戦、現在の球種と精度でなんとか通用しそうなんだけどな。 コースレート、スロープの高いコースでの試合で70台を出すには、そろそろ曲がり角に差掛かっているのかな。 決勝ラウンド50位タイ(今回はスコア86)までが、三好CCで行われる東海マスターズに出場できる。 トータル84は38位タイで、出場権は確保した。 しかし、スプリングフィールドには完全に負けた。 また来年。

次の

ツイッター社の言論弾圧がひどい 正当な理由なく東海アマ氏のアカウントを永久凍結 断固抗議しよう 魑魅魍魎男

東海アマブログ

(2014年1月4日) ここで批判されている「東海アマ」とやらのは、あまりにも胸くそが悪いのでここには転記しない。 上記リンク先をご覧あれ。 手前味噌だが、ここ2,3年当ダイアリーは、他の有名ブログにリンクされてアクセス数が跳ね上がった記憶がない。 当ダイアリーの記事がやからリンクを張られてアクセス数が一時的に増加することならしばしばあるけれども。 開設から今年7月末で8年になる当ダイアリーも、その程度にはなったかと思っていたのだが、一昨年だったか、当ダイアリーの記事が「東海アマ」のからリンクを張られてアクセス数が跳ね上がったことがあった。 東海アマのの読者はそれほどまでにも多いのだ。 おそらくかつての「」を上回るだろう。 しかし「東海アマ」とやらの正体は、チンケなに過ぎない。 それは、上記にリンクしたvanacoralさんの日記からも明らかだ。 あの悪名高い「」も真っ青だろう。 昨年、あっと驚いたことに、さる「リベラル・左派」系の重鎮格のブログから東海アマのがリンクされ、好意的に紹介されたことがあった。 当該ブログ主が「東海アマ」についてどれほどご存知だったか、私は知らない。 なお、当ダイアリー内で「東海アマ」を検索語にして検索したところ、下記1件のみが引っかかった。 (2011年12月1日) 上記記事において、私は東海アマについて下記のように言及していた。 なお、というのは「東海アマ」や「きっこ」と並び称されるデマ拡散の大家らしい。 この3人の中では、まだしも「きっこ」が一番マシに見えるのだから呆れたものである。 単なる「デマ拡散」だけならまだかわいいものだったが、他国民・他民族の排撃を旨とする「」とあっては笑いごとではない。 そして、そんな「東海アマ」をろくろく批判できないあたりにも「リベラル・左派」の病根があるように私には思える。 kojitaken.

次の

ツイッター社の言論弾圧がひどい 正当な理由なく東海アマ氏のアカウントを永久凍結 断固抗議しよう 魑魅魍魎男

東海アマブログ

これは3月8日まで44日間続いた。 これまでの十数年の経験から、ロングスパンの台形データが出れば 収束消失後、数日で超大型地震が発生していた。 清水は、もっぱら東海沿岸の地震に対応すると思われたので、三日後の3月11日にスパンに見合った超巨大地震が東海沖で起きると警告した。 ところが結果は東北巨大震災になった。 その行徳清水が、再び同じような台形データを出したのが9月13日で、これは9月21日に収束して消えた。 いつでも必ず結果が出るわけではないが、この収束に対応する地震は規模がM7を大きく超えると思われたが現在まで対応がない。 ところが今度は香取データが同じような台形スパンを9月25日から記録し始めた。 このデータも赤グラフが浮き上がり恐ろしい規模だ。 もし清水の継続として記録されているなら、再びM9に迫る地震の前兆かもしれないと思った。 現段階で少し弱まっているが完全に消えていないため収束とは判定できないが、これが3月8日のように突然消えるとすれば、おそらく香取データが茨城沖に対応することから、茨城沖M8前後を起点として3月11日と似た分散多発巨大地震連鎖になると考えるしかない。 数日前から微震、超絶的耳鳴り、家鳴りなどの典型的前兆が始まった。 今のところM6以下にとどまっているが、 これから数十日のうちに、東北大震災級の超巨大地震の再発が避けられないと考えている 2011年10月3日 8:00 東海アマ もし、あなたが関東在住なら、備蓄ではすまない事態かも。 これが 収束すれば三日後に数十万人が死亡するくらいの大震災が起きるかもしれない 2011年10月1日 18:30 東海アマ すでに何度も書いてますが、東北震災の前、行徳清水水平が1月23日から3月8日まで超ロングスパンの異常を記録し、収束後三日で巨大地震となりました。 ところが同じデータが9月13日から21日まで続き、結果でないまま香取に継続 現在まで続く もしまた二ヶ月も続くなら、再びM9クラスと警告 2011年10月1日 6:30 東海アマ 収束の場合、まったく記録しなくなってしまいます。 まだ収束していません。 2000超ピークは外国のM7級前兆だと思います 2011年09月30日 7:30 東海アマ 今出てる前兆はM6や震度5などと生やさしいものではありません。 東北大震災以来の大変な事態が来ると予想しています。 行徳香取の上辺貼り付きデータが突然消えてから三日後に巨大地震が発生すると思ってください。 最初は茨城沖、次に神奈川沖、そして東海と連鎖の可能性 2011年09月29日 11:30t 東海アマ 東海アマは、久々、 東北大震災以来の大警報! もの凄い前兆だ。 規模の桁が違う。 今すぐ香取が収束しても茨城沖M7級、たぶん8クラス。 大津波が襲ってくるだろう。 数日中に発生の可能性。 まだ直前タイミングが見えない.

次の