かぐや様 167。 最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』167

かぐや様は告らせたい167話感想 デートプランに絶対の正解など無い!

かぐや様 167

かぐや様は告らせたい【第167話】のネタバレ デートプラン 石上はつばめとのデートが決まったことを生徒会室に報告に来ていました。 そこでデートプランをどうするか話し合います。 そこでまず石上が提案。 最近ファッションレンタルサービスが流行っているためプロのコーディネーターに芸能人が着るような服を見立ててもらう。 それに加えてメイクサービスも使い2人ともバッチリキメキメになった所からデートスタート! しかし気色悪いしファッションセンスを問われているようでどこか釈然としない。 半端に女性目線気取ってるのが1番気色悪いし飛び道具で挑む人間性に不安を覚えると指摘。 やはり正攻法しかないか…と次に石上が提案したのは行く先々に一輪の薔薇を置くデート。 風変わりな人が奇抜なことをやったら常軌を逸するのであって、普通のことをするつもりぐらいが貴方は1番ちょうどいいとかぐやは諌めます。 なら無難にディズニーかな……と結論に至りました。 早坂のデートプラン 帰宅後早坂に話すとディズニーデートは愚の骨頂!と否定。 ディズニーは恋人の仲を深める場所じゃなくディズニーを楽しむ場所。 イチャイチャする暇があったら世界観を楽しむことに全力をそそぐべき!と……早坂はディズニーにうるさかった。 そこで早坂はどんなデートプランを立てるのか?とかぐやは尋ねます。 早坂が提案したのは横浜デート。 様々な観光スポットを巡ったあと、港の見える丘公園にてキス!! これが早坂の考える最高のデートプランでした。 やけに詳しい早坂にこのプランでデートしたり横浜に行ったことがあるのか尋ねるとなんと全ては脳内シュミレーションだったことが判明。 こんな妄想プラン、何か悩みがあるのではとかぐやが心配するとそっちが聞いてきたのに!!と早坂は怒るのでした…… 勝敗 翌日早坂のデートプランを石上に見せるかぐや。 デートプラン表を見ながら石上は、これ作った人横浜行ったことないですよね?そこそこ距離のある港の見える丘公園に行くのは滅茶苦茶キスしたい欲が出ているしこれを作った人はそれが重要だから港の見える丘公園を指定しているんだろうけど俺はそこまで飢えてない。 色々妄想するけど実際にデートしたことない人だと石上が推測していると、ドアの隙間から見ていた早坂が石上に思い切りボールをなげつけました。 本日の勝敗、早坂愛の負けです。 生徒会室を後にする早坂。 早坂は携帯を眺めながら、もうかぐやは1人じゃないから私が居なくなってもきっと大丈夫だと考えていました。 携帯画面には、母から付き人解任の連絡がきていたのです…… ヤングジャンプのネタバレ記事 —.

次の

『かぐや様は告らせたい』第168話感想 ミコちんはなぜ泣いていたのか?

かぐや様 167

かぐや様は告らせたい 最新153話 ネタバレ! つばめ「あ、スカイツリー、行ったことない!」 石上はノートをススス、としまう。 石上「スカイツリー、超良いですね。 行きましょ!」 石上とつばめ先輩が廊下でデートの打ち合わせをしている横を… ミコと大仏が通り過ぎていく。 デートの打ち合わせが終わり、つばめ先輩が去った後、石上の元に白銀が現れる。 白銀「やるじゃないか石上。 子安つばめとデートとは」 へへ、と嬉しそうに笑う石上。 デートの日付は明後日。 ちょうど白銀たちが修学旅行に行っている間だった。 石上「藤原先輩の耳に入ったら、後をつけてみましょうとか言い出しかねないので、対策しておきました」 白銀「マジで対策うたれるほど、あいつ信頼ないのか…」 修学旅行とデート、お互いの成功を応援しつつ、別れる白銀と石上。 石上の中学生時代の事件 白銀は石上と別れた後、廊下で子安つばめとすれ違う。 つばめは下級生に囲まれており、「石上はろくなヤツじゃないから気を付けてください!」と心配そうに詰め寄られていた。 白銀の耳にもその言葉が届く。 白銀(…藤原は本当に信頼されていないな。 石上の中学時代の事件、真相がわかった時、一番憤っていたのは藤原だったのにな) 回想シーン。 石上の事件の真相を知り、公表すべきです!と憤る藤原。 白銀は本人の意思を尊重して黙っているべきだと考える。 かぐやは「皆さんの考えに従います」というものの、もともとこの案件を持ち込んだのはかぐやであり、思うところがあったのは明白。 白銀は改めて石上の意思を確認するが、大友に恋愛のトラウマを抱えさせないように、とやはり真実の公表を拒み、嫌われ者の役をかぶり続けることを選択。 白銀(それが石上の矜持であり、踏みにじってはいけないことだとはわかる) 回想が終わって現在。 白銀(だがそれは、子安つばめとの恋愛には足かせになる。 本当のことを伝えるべきだ。 たとえ石上に嫌われても…) 生徒会室の棚には、藤原によって例の事件の調査ファイルが置かれていた。 それは藤原なりの抵抗であり、誰かが気づくことを祈ってのことだった。 生徒会室で泣いているミコ 白銀は石上に嫌われることを覚悟で、子安つばめに真相を伝えよう、と決める。 しかし生徒会室に行ってみると、なぜかミコが一人で泣いている。 ソファで膝を抱えて泣き続けるミコ。 白銀(え、なに?ただ事じゃない雰囲気なんだけど…) また藤原がなにやったのか?と藤原を信頼していない白銀。 以前のように音楽を聴いているのか?と考える白銀だったが、スマホはテーブルの上に置かれており、ケーブル類はつながれていない。 ミコ「なんで人は、辛くても生きなきゃならないの?…」 白銀(闇が重い!) 白銀はふと、生徒会室の棚から、例のファイルがなくなっていることに気づく。 ファイルを読んだのはミコ? 白銀はミコがファイルを読み、事件の真相を知ったことで、石上のために泣いているんだと考える。 白銀「伊井野、俺は嬉しく思う。 人のために涙を流せるなんて、お前は優しいな。 それでこそ次期生徒会の…」 ミコ「え、なんですか?」 ミコは耳にはめていたワイヤレスのイヤフォンを外し、「いたんですね、すみません」とようやく白銀に気づく。 ミコは「聴いてみますか?」と白銀にイヤフォンを貸す。 ミコが聴いていたのは「心臓の鼓動」であり、「母親の胎内を疑似体験して落ち着ける」というものだった。 どっくん、どっくんという心臓の音を聞きながら、白銀は「なんか全部どうでもよくなった」と言って先ほどのミコのようにひざを抱え始める。 動き出す早坂と大仏 早坂「大事な話があります。 かぐや様」 かぐやの自室で、早坂がかぐやにそう切り出す。 一方、秀知院では大仏が例のファイルを持ちだし、つばめ先輩と接触していた。 大仏「ここには先輩が知っておくべきことが書かれているんです」 かぐや様は告らせたい 最新話 感想と考察レビュー! ミコはファイルを読んだように見せかけて、実は読んでいなかったと思わせておいて、本当はやっぱり読んでいた…なんてオチになるんじゃないかと思いながら読み進めていました。 真相は大仏がファイルを持ちだしたのであり、ミコは本当に心臓の鼓動を聞いて泣いていただけだったのですね…。 ただ、ミコが泣いていたのは、タイミング的に「石上がつばめ先輩とデートの打ち合わせを見た直後」だと思われるので、そのショックから落ち着きを取り戻すために「心臓の音」を聞いてたのだとすると、ミコの石上に対する好感度ってすでにかなり高いレベルまでいってそうですよね。 だからこそミコちゃんLOVEな大仏としては、ミコと石上がくっついてしまう可能性をつぶすために動いた、という感じでしょうか。 大仏は石上の秘密を、早坂は付き人の解任を明かし、両サイドで事態が大きく動きそうです。 次回から「修学旅行編」と「終わる秘密編」が始まるようで、どちらの行方も気になります。

次の

かぐや様は告らせたい169話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

かぐや様 167

ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】 関連記事 名無しの読者さん 2019-09-15 18:56 「面白くなかった」と表明することは感想の範疇だから問題ない(「俺にとっては神回じゃない」はOK) 「面白いという感想はおかしい」という意見は単なる感想を逸脱し他者への批判の意図を含む(「微妙な回を気安く神回だのなんて言って欲しくない」という感想はこっちにあたる) そして、他者への批判の根拠として自分の感想を持ち出しても当然意味が無い(「自分が面白くないから面白くない」と言ってるに過ぎない) 批判したいなら客観的な事実の指摘が必要だが、ギャグとかコメディは結局受け手の感性次第なので客観的な批判は難しい 何が言いたいかというと、面白かった人も、面白くなかった人もいて当然で、お互いを責め合うようなことは辞めようということ ストーリー上の矛盾とか、客観的な批判点がある場合は別だけども.

次の