五 等 分 の 花嫁 ドンキ。 『五等分の花嫁』43話

五等分の花嫁考察 結婚相手は五月で確定

五 等 分 の 花嫁 ドンキ

五等分の花嫁 51話 「初の春」 感想 五等分の花嫁 最新話 感想 ネタバレ注意 なんという美しさだ・・・ 今週の『五等分の花嫁』が大変素晴らしいことになっております。 長かった「七つのさよなら」編も見事な着地を見せ、今回は 新章突入前の日常話が描かれていたのですが、まさか5人の振袖姿が拝めるとは...。 全く目が離せません!(見開きをガン見しながら) なんせ、ちゃんなんてリボンにも柄が付いてますからね。 まさか リボンまでお正月仕様のものがあったの!?.... もはや春場先生のこだわり... というか『信念』をひしひしと感じるレベルでさえありました。 5巻の時もそうでしたが、明らかに単行本単位で纏まるようにお話を考えていることがわかります。 ~七つのさよなら~ 1. 零奈からフータローへの「さよなら」(42話) 2. 二乃からフータローへの「バイバイ」(44話) 3. 二乃からキンタローへの「さようなら」(47話) 4. 囚われていた過去とその象徴である長い髪との「さようなら」(47話) 5. ちゃんから陸上部への「お別れすることになりました」(48話) 6. フータローから五つ子たちへの「じゃあな」(49話) 7. フータローから零奈への「さよならだ」(50話) ちなみに、「七つのさよなら」も6巻収録分(42話~50話)の内容に全て収まるように描かれていて、(これは以前にも感想で書いたのですが)、こう俯瞰して振り返ってみると、個人的にこの長編シリーズは、 主人公・上杉郎の成長ストーリーとしての側面が色濃く描かれていたなぁという印象を受けます。 スタートとゴールを考えると、やはり、彼が「過去」と決別し、中野五姉妹との「未来」を 自らの意志で選び取るというところにこそ、この1年という連載期間の中で目指していた物語の大きな骨子があったのではないかなと。 だからこそ、その一つのゴールを締め括るシリーズの中で、同じく 「過去」への未練を抱えていた二乃の内面に踏み込み、作品テーマを支える要素として彼女の成長物語を据えたんだと思います。 設定の妙も含め、「七つのさよなら」編は本当に自分の中でとても印象深いシリーズになりました。 6巻の発売日が今からとても楽しみですね! <七つのさよなら編 感想>• 『五等分の花嫁』におけるラ回! ラ回 さて、今週は新年を新しい家で過ごすお話です。 で、もちろんそれ自体は一般的なプロセスなのですが、この作品で特筆すべき点はとにかく 「信頼」を得るまでの過程を緻密に描いているところなんですよね。 少なくとも現段階では「恋愛」部分よりも「信頼」部分の方が比重は大きいと感じるほど。 ゆえに、あからさまな恋愛方面のお話ってまだあまり多くない。 少年誌のラ漫画としては非常に珍しいテイストだなぁと感じている人も中にはいるのかもしれません。 それぞれの恋模様 しかし!だからこそ今回のような 「ラ回」が最高に映えるってわけですよ! それぞれに積み重ねてきた関係性や想いがここで爆発する。 「ご褒美」というワードから、フータローとのキスを連想して悶々とするみんなの姿に、読者の頬が自然と緩む。 これこそが至高なり!約1名、メダルを思い浮かべていますが、 それはそれで可愛いというズルさがまたね...。 やっぱり、ちゃんは何をしてても可愛いな! ふぅ...。 やはり『五等分の花嫁』のラ回はニヤニヤのバーゲンセールとも評するべき神回なのです。 だって、あの五月も完全にドラマの影響を受けて恋愛脳になってますからね。 堅物な 五月ちゃんに不純な妄想をさせるラ回、本当に恐ろしい破壊力だと思います..... 本当に最近の二乃はめちゃんこ 素敵な女の子になったなぁ... 元から可愛かったけれど、ここ数回の二乃は更に可愛さのギアを100段は上げてきてるなって。 たとえば、さりげなく 自分の隣が空いてることを主張しちゃうあたりとかがですね...。 あー、本当に二乃はかわいいなぁ、もう! デレた二乃には要注意!とあれほど言われてきたにも関わらず、見事なまでにハートを鷲掴みにされてしまいました。 一途な女の子 しかし一方で、キンタローへの想いがまだ二乃の中で完全にはなくなっていないような、恋する女の子としての 儚い部分が出てきてしまう一面も凄く印象的で...。 「過去」の気持ちにけじめをつけ、強い覚悟で髪まで切ったのに.. 、それでも 髪を触りながらキンタローを思い出してしまう二乃の姿、彼女の二面性がこれまたグッとくるところでありました....。 公式のプロフィールにもありますけれど、やっぱり二乃ってどこまでも 「一途な女の子」なんだと思います。 一度好きになった人を簡単には忘れられない。 過去にあれだけ囚われていたのも、裏を返せばそれだけ 「思い出」や「想い」を大切にする子であればこそです。 フータローと二乃の共通点(44話) そして、それは フータローにも通じるものがあるんですよね。 五年もの間、自分の人生の道しるべにしていたくらい、「写真の子」をずっと想い続けてきたフータロー。 ただ、フータローがそういう感情に気付いていないだけ。 ゆえに、フータローも二乃も芯の部分は凄く似ているんです。 どこまでも一途に誰かを想える人。 そして、これからきっと 新しい「想い」に気付いていく人。 そういう意味でも、中野二乃というヒロインの立ち位置は、今後とも個人的に注目していきたいところ。 あぁ、... !(涙) 無自覚なちゃんのキス!と郎の今後について ちゃんのキス! なんだ... この可愛さは.....。 さて、各ヒロインたちが、それぞれに可愛さを披露しポテンシャルヒットを刻んでいた今週のラ回ですが、そんな中、まさかの特大ホームランで全国の『五等分の花嫁』読者を一瞬にして悶絶死させにきたヒロインがおりました。 そう、ちゃんであります! 無自覚に放たれる 「クリーム付いてますよ」攻撃。 まったく、とんでもないな...。 「動かざることニブチンの如し」とも評されたフータローを少なからず動揺させるとは...。 控えめに言って、めちゃんこテンションが上がりました。 本当にありがとうございます! し・か・も! テレるちゃん キスした後に テレちゃうのかよ!と。 それはさすがに反則でしょ!と。 なんなんだ、この圧倒的なまでのニヤニヤメーカーは! いやー、ちょうどフータローと二乃が似ているという話をしたばかりでアレですが、 ちゃんとフータローもめっちゃ似てるんですよ...。 2人とも恋愛事情に疎いのに、いきなりドキドキシーンをぶっこんでくるところとかさ!緩急がエグ過ぎて大変心臓に悪いですね!(超絶賛してます) また、これは余談ですが、今週の幸せラ回を読んでいると、 フータローのおみくじの運勢が気になります。 特に 「恋愛運」。 果たして、本当に大凶だったのかなーって。 フータローの恋愛運は? まぁ、もちろん作中では明示されていないので、 読者の皆様にお任せします... というところなのでしょうけれど、新年一日目から 「ほっぺにチュー」って。 そんなの大吉なんてレベルではないじゃないですかー。 宝くじで3億円を当てるより、 幸せでかけがえのない「青春」を過ごしていることにフータローはいつ気付くのか。 そんなことを考えさせられる回でもありました。 ここが7巻の始まりでもあるので、7巻の最後には恋愛方面で一歩を踏み出すような展開が描かれるのかも... と思ってみたり。 新章も始まっていくでしょうからこれからが楽しみですね!.... 今週も「三玖の方が適任」と、譲るような描写があったので、まだまだ 恋愛方面で一花さんには成長フラグがあるでしょうし。 というかあって欲しい...。 huwahuwa014.

次の

『五等分の花嫁』43話

五 等 分 の 花嫁 ドンキ

新しい家 バイト中の風太郎 五つ子たちが風太郎のバイト先を訪れて、冷かしています。 配達はやっていないと言い張りますが、何故かバイト先の店長も五つ子たちの味方をして、ケーキを配達するように勧めます。 わざと遠回りして、黙って家庭教師を辞めた事を責めようとしている、と考える風太郎ですが。 65歳なのに見た目があれですが、東京の大学出身で元教師と、優秀そうだと新しい家庭教師を褒めます。 しかし二乃葉、このまま次の人に任せていいのかと風太郎を責めます。 前のマンションへの立ち入りを禁止されているので、新しい家なら問題なく出入りできるはずだと言います。 契約は別の人のようですが、父親にも事後報告済みのようです。 びっくりする風太郎。 落ちながら零奈の事が走馬灯のように思い出されていきます。 そして五つ子たち全員から促されて、風太郎は決断します。 五つ子たちの為とはいえ、すごい恰好をしますね。 が、思い切ったことしますね。 あの家での生活に五つ子たちは耐えられるのでしょうか。 ただ風太郎は書いて教師を続ける事を決めましたが、最後に五つ子たちの父親から、娘はやれないよ発言があったのでこの後もすんなりいきそうにないです。 次回、51話の記事です。 『七つのさよなら』シリーズも終わって、いよいよ新展開です。 2018-08-29 08:40 春場ねぎ先生が公式twitterで「五等分の花嫁記念日」の、5,555ツイート達成記念イラストを掲載してくれてます。 興味のある方は見てみましょう。 お待たせいたしました! 「五等分の花嫁記念日」の5555ツイート達成イラストです!お題は「五つ子全員が子供になって風太郎がそれをあやす」です。 皆様、6418ものツイートを本当にありがとうございました! — 五等分の花嫁【公式】 5Hanayome 次にくるマンガ大賞2018「コミックス部門」受賞 五等分の花嫁が【次にくるマンガ大賞2018「コミックス部門」】にて、8位を獲得されています!TVアニメ化も決定して、勢いあるので興味のある方はコミックス購入しましょう。 ㊗️『五等分の花嫁』が【次にくるマンガ大賞2018「コミックス部門」】にて、8位に入賞したそうです! いつも読んでくださっている皆様、投票していただいた皆様、本当にありがとうございます! これからも応援、よろしくお願いいたします! — 五等分の花嫁【公式】 5Hanayome 1巻、2巻、3巻、4巻、5巻のネタバレ、感想も書いています。 こちらからどうぞ。

次の

【ネタバレ】五等分の花嫁 50話 『七つのさよなら⑫』の感想

五 等 分 の 花嫁 ドンキ

五等分の花嫁でキーパーソンとも言える零奈。 とても安直ですがもしかしたら上杉の将来の嫁に最も近い人物なのではないかという予想もちらほら。 さて少なくとも五つ子の中の1人であることは間違えないようですが... 花嫁は一体誰??? さて花嫁は一体誰なのでしょうか? といってもそう簡単に答えが出るわけでもないのでお得意の消去法で考えてみてみようと思います。 まず、花嫁になりうる要素を考えてみましょう。 特に思いつきませんがやっぱり風太郎のことが異性として好きな子でしょう。 しかし、風太郎も言っているとおり人間関係は片方の意見だけでは成り立ちません。 加えて風太郎が嫁に選びうる可能性のある人間が要素の一つでしょう。 こんな程度しか思い浮かびませんが、話の流れとして自然なことも重要かと思います。 そりゃないぜと思うような展開で嫁を選ぶことはどこぞの少年雑誌ぐらいでしょうからこの線でも考えてみたいと思います。 スポンサーリンク 中野一花が花嫁? 中野一花が花嫁の場合を考えてみましょう。 まず風太郎が好きかどうか。 ここはバッチリでしょう。 次に風太郎が嫁に選ぶ可能性があるかどうか。 この点、決め手はなかなかないですね。 風太郎から家庭教師を超えてるような感情に動きは感じられません。 流れに関しては、少し前までは有りかと思っていましたが最近の三玖とのドロドロ具合を見たいるとちょっと無理があるような気がします。 中野二乃が花嫁? 個人的には一番ありえそうな気がするのが二乃説。 二乃はの風太郎への気持ちは60話で先行して告白していることから考えても十分。 むしろ空回りしてるぐらい。 風太郎が嫁に選ぶかどうかですが十分あり得ると思います。 弱みを見せない風太郎が唯一弱みを見せたのが二乃です。 他の4人とは違う木本を持っていてもおかしくはないでしょう。 話の流れ的にも十分あり得ると個人的には思っています。 中野三玖が花嫁? 三玖が花嫁説ですがこれもありえると思っています。 風太郎への気持ちですが読者ならよく分かる通りだと思います。 風太郎が嫁に選ぶかどうかですが決め手にはかけるといったところでしょう。 5人になかで一番に勉強に協力的になったところで風太郎からの信頼も厚いです。 話の流れ的にもありえるとは思います。 しかしなんとなくかませ犬な気がしてなりません。 中野四葉が花嫁? 四葉が嫁説ですがあまりないような気がします。 四葉から風太郎への気持ちも恋愛のような感じではありませんし、逆もまた然りなような感じがします。 良くも悪くも生徒と教師といった感じ。 中野五月が花嫁? 五月が花嫁説に関してですがこれもあまり妥当性があるとは思えません。 まず五月から風太郎へは教師として尊敬は見られますが恋愛的な部分はあまり感じられません。 逆もまた然りで、風太郎が五月を嫁にする理由が今の所見つかりません。 話の流れ的には最初に上杉に声をかけたなどに流れもあるので原点回帰的な感じでありえなくはないとは思います。 零奈=花嫁 当初花嫁=写真の女の子(零奈)という説がありましたね。 私もずっとこの説有力かと思っていたのですが、最近の傾向見ているとちょっと安直過ぎる気がしますね。 昔からの思い人と結ばれる素晴らしいですが、話の流れを見ているとそこを乗り越えて運命の人を見つけるような感じの話なので花嫁は零奈以外の誰かなんじゃないかなと思います。 花嫁は〇〇 当サイトの見解とすると二乃が花嫁になる可能性が高いにではないでしょうか? 理由は上記で述べた通りですが、二乃と上杉に関係は他の4人よりも進んでいるように感じるからですね。 最近の展開を見ていると二乃が花嫁という説も薄れてきているような気がします。 今の状況で二乃と上杉がくっつくのはあまり想像できません。 やっぱり一花あたりが妥当なのでしょうか? 五月と四葉以外の三人が花嫁だとは思いますが一体誰になるのか・・・ 花嫁は決めてない説 スポンサーリンク この漫画の三巻あたりを読んでいるときにふと思ったのですが作者自身特に花嫁を決めていない可能性もあるのではないでしょうか? 人気な子を嫁にするそういう作戦もあるかもしれませんね とはいってもあまり可能性は高くないと思いますが。 NEW! 髪の毛の色で判断できる説 アニメをみていてふと思った説ですが、花嫁の髪の色に近い女の子が花嫁なのではないでしょうか? と思って見比べて見たのですが、こう見ると五月、二乃が一番可能性がありそうですね。 五月なんてドンピシャじゃないですか?? 三玖も可能性あると思います。 残念なことに一花と四葉は髪の毛の色が違いすぎて対象にはならなそうですね。 まぁどうせ子供の頃の髪の色は一緒だったりするでしょうから、個人的にはあんまり当てにならないと思ってます。 まとめ 以上五等分の花嫁の花嫁とは誰なのかでした。 あくまで私の予想なので一意見として考えてください。 また、自分はこうだと思うなということがあればコメント欄に是非お願いします。 少し単行本勢にはぶっ込んだ話ですがこのサイトがネタバレをしていることを考慮して予想を書きます。 まずこの最新1,2話で一花の敗北が9割近く見えてきました。 また、これまでのラブコメ漫画を鑑みるとやはり3が脱落するのも間違いないと言えます。 個人的には押しtop2が1と3なのでこの予想が外れることを期待したいですが…。 残る三人の中で今考察界隈で最も花嫁説が高いのは五月です、しかし私はあえて二乃を推します。 四葉に関してはまだまだ謎が深いので保留です。 五月は確かに初登場1巻表紙を飾っています、王道と言えるでしょう。 プータローは五月にとっては理想の教師像兼父親枠 作中コメント なのではないでしょうか、そして謎の多い4を黒幕にテンプレ13が脱落し2が恋愛枠を担当するという流れではないかと現在の状況から予想します。 自分が誰を推したいかは別として、作品構成を見る限り、普通に考えてメインヒロインの五月でしょうか。 ただヒロインたちは皆、それぞれ魅力的で、五人のヒロインの誰が花嫁でも不自然ではありません。 それでも読者がそれで納得してくれるかと言えば、多分、八割の方が不満を持つのでしょうね。 なぜなら読者は風太郎(=自分)の視点で読んでいるので、自分が選びたい相手と異なれば納得しないでしょうから。 (そう考えるとこの作品、読者の大半を敵に回す危険性がある大胆な設定ですよね。 ) それでも風太郎は間違いなく一人を選ぶでしょう、人間性を疑われるようなハーレムエンドだけはあり得ませんから。 では、読者の誰もが(大多数の間違いかな)納得するようなうな結末にすることは不可能でしょうか? 可能です、確かに限りなくそれに近い方法があります、少なくとも一つは。 運命などはなくて自分が誰かを選ぶ……その視点で突き詰めれば、この作品はマルチエンディングでしょう。 風太郎が五人のヒロインの誰を選んでも、きっとそれぞれ幸せな未来は築けると思いますから。 ただゲームでは簡単なこの結末が漫画でも許されるのか、どう連載するのか……そこが難しいのでしょうね。 これはあくまで希望的観測です。 個人的には三玖か四葉だと思います 理由は八巻をみて まず旅行先でキスをした人が花嫁という前提でいきます まずは個人の意見で違うと思うキャラを除外していきます 除外キャラ 一花 理由キスをしたキャラはキスをしたあと走っています ですが一花は山で足をひねっています 二乃 花嫁は無言で風太郎に近ずいています 二乃の性格上 キスしましょうと正面からいいそうなので 五月 風太郎と花嫁が出会ったのは5年前 ですが五月は零奈としてそれより前にであっています 多分 となると残りは 三玖 四葉 この二人まで絞ってみましたがここからわからん! が 四葉は9巻で風太郎と付き合うなんてありえないといっているので 自分の最有力候補は三玖です.

次の