セロトニン サプリメント。 セロトニンから考える心身によい生活習慣

セロトニンを増やすには!食品やサプリ、漢方のおすすめは?

セロトニン サプリメント

そもそもセロトニンとは?その効果を解説! しっかり眠っているのに、なぜか朝にも疲労が残る。 心が不安定で落ち着かない、気持ちが切り替えられない、するなど、気持ちや眠りの質の悪化に悩んでいませんか。 その原因の1つとなるのが「セロトニンの不足」です。 セロトニンは神経伝達物質の1つで、主に腸や血液、脳から分泌されます。 最も眠りの質や気持ちに関わるのが脳から分泌されるセロトニンで、緊張やイライラする気持ちなどを抑制してくれます。 朝、起きると同時に分泌が開始され、日が落ちる時間帯まで継続して作られ続け、そして夜になって分泌が停止すると、セロトニンはというホルモンの材料になります。 メラトニンは「ホルモン」という呼ばれ方をすることもあり、眠気を生み出し、穏やかな眠りをサポートする働きがあります。 セロトニンがきちんと分泌されることで、私たちは落ち着いた気持ちを保ったり、心地よく眠ったりできるのです。 セロトニンが不足する原因は? 現代では日光を浴びない環境でも生活が可能であり、また夜になっても明るい環境で仕事ができるようになりました。 これがセロトニン不足の大きな原因の1つです。 セロトニンが分泌されるきっかけは「太陽光」です。 太陽光を日中十分浴びていない場合、寝ている間に分泌されるメラトニンの分泌が止まらず、眠気が続いてしまいます。 夜になっても、眩しい光やパソコンやスマートフォンから出るブルーライトのように強い光を浴びづけていると、今度はせっかく作られたセロトニンがメラトニン分泌に使われず、眠気が起きにくくなります。 また食生活の面で、セロトニンの原料となる必須である「」が十分に足りていない場合、セロトニンが作られにくくなり、メラトニンの分泌がされにくくなってしまいます。 ですがトリプトファンの摂取量に関しては、そこまで神経質になる必要はありません。 トリプトファンを含む食品は非常に豊富なため、基本的には不足しにくく、十分な量を摂れていることがほとんどです。 もしより一層セロトニンの効果を実感したい、積極的に増やしたい、と考えているのであれば、朝食に必須アミノ酸を豊富に含むをしっかり食べることがおすすめです。 セロトニンを必要としているのはこんな方! 「眠りが浅く寝つきが悪い」「時間的には十分なはずなのに、ぐっすり寝た気がしない」といった、眠ることに対して質の悪化や寝つきにくさを感じている人は、体がセロトニン不足になっている可能性があります。 また「何をやるのもつらい」「体が重くて気力がわかない」「気持ちが落ち込んでいるが、なんとか頑張って会社に行っている」という人も、セロトニン不足により心が不安定になっているかもしれません。 セロトニン不足を解消することで、こうした気持ちや眠りの面での問題を解決できる可能性もあります。 しかしすでに体調不良など、心身ともに症状が現れている、すぐにでも気持ちを何とかしたいと考えている場合は、まずは医療機関へ相談することをおすすめします。 セロトニンとパニック障害、不安神経症、うつ病は関係している? セロトニン不足に関わる疾患として、パニック障害や不安神経症、うつ病が上げられます。 まだはっきりと全ての原因が確定しているわけではありませんが、これらは心や性格に原因があるのではなく、脳自体に原因があるという説が有力だと言われているためです。 は環境などが原因によるが引き金になると思われがちですが、特に原因となるような状況がなくとも、ある日突然うつ病に陥ることもあります。 心や性格ではなく、人間の感情に関する情報を伝える、の神経伝達物質の働きが悪化していたとしたら、突然うつ病が起きる状態にも説明がつくというわけです。 また突然激しいドキドキ感が10分から1時間ほど続くなど「死んでしまうかもしれない強い不安感」に襲われるでは、脳内のセロトニンが増える治療を受けると症状が和らぐことがあります。 うつ病でも、セロトニンとノルアドレナリンのバランスが取れるようにすることで、症状の改善が見られます。 そのためうつ病や不安神経症、パニック障害は心や性格の病気ではなく、脳の病気として薬や認知行動療法、自律訓練法が治療として行われています。 薬物療法ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬、三環系抗うつ薬といった薬が使われ、セロトニンなど脳内神経物質のバランスを保つよう働きかけます。 セロトニンを増やす方法とは? セロトニンを増やす方法は「太陽光をしっかり浴びる」「一定のリズムを持つ運動をする」「食事やサプリメントでトリプトファンを摂取する」の3つが効果的です。 まず「太陽光をしっかり浴びる」ことで、メラトニン生成が抑えられ、睡眠状態からセロトニンが生成される状態に返ることができます。 そして「一定のリズムを持つ運動」を行うことで、セロトニンの分泌をコントロールしているを刺激できます。 運動は体力面や健康面もカバーするのであれば、ウォーキングのように軽い負荷の運動を30分ほど継続するのが効果的です。 切り替えとして活用する場合は、起きてすぐに寝たまま同じ動作で軽くストレッチをすることがおすすめです。 体を目覚めさせ、セロトニンの分泌を促してくれます。 そして食事面において、不足する原因に挙げたように、セロトニンの原料となる「トリプトファン」という必須アミノ酸を摂取することも重要です。 トリプトファンは、必須アミノ酸という体の中では作り出せないアミノ酸の一種であり、食事やサプリメントから体内に適量摂り入れる必要があります。 WHOが推奨する必須アミノ酸摂取量によると、トリプトファンの推奨摂取量は成人であれば体重1kgあたり4mgとされています。 すなわち体重60kgなら毎日240mgの摂取が必要であり、これはを含む3~14歳までの子供の場合はより多い1kgあたり4. 8mgが推奨されています。 主に味噌や豆腐、など大豆製品、、チーズ、ヨーグルトに豊富ですが、白米など主食にも含まれていることから、基本的にトリプトファンが不足することはありません。 ところがトリプトファンはが悪いため、食事からしっかり摂取しようとしても、大抵は体の外へ排出されてしまいます。 そこでトリプトファンを効率よくセロトニンに変え、増やしていくためのサポート役となる栄養素を一緒に摂ることをおすすめします。 トリプトファンと一緒に摂りたい栄養素 トリプトファンは必須アミノ酸の1種なので、基本的に動物性タンパク質に豊富に含まれます。 また魚卵やゴマ、鰹節、アボカド、バナナにも豊富です。 しかしトリプトファンだけでは、セロトニンを合成することはできません。 セロトニンを合成しやすい環境を作り、合成をサポートする栄養素を説明します。 合成に必要不可欠、 炭水化物 トリプトファンがセロトニンになるには、セロトニンを合成するためのエネルギー源が欠かせません。 その素となるのが、炭水化物です。 ご飯や麺、パン、イモ類など、主食となるものが基本ですが、果物にも含まれています。 合成を促進する、 ビタミンB6 セロトニン合成を促進する効果を持つのが、です。 体にとって大切なビタミンの1つで、不足するとや皮膚炎などを引き起こします。 食材としては青魚や豆類、バナナ、ニンニク、玄米などに豊富に含まれてます。 こうした食品にはトリプトファンも一緒に含まれているので、同時に摂ることができます。 ただし熱に弱いため生で食べられない場合は、サッと炒めたり、軽く煮込んで汁ごと食べられるような調理法がおすすめです。 代謝に欠かせない、 ナイアシン 水溶性ビタミンの1つであるは、の1つです。 人間の体内において、細胞からエネルギーを作り出すときに働くのサポート役として大きな役目をはたしています。 そのため不足しないように、人間の体はトリプトファンからナイアシンを合成して代謝に利用する仕組みを備えています。 ところがエネルギーを作るためのナイアシンが不足していると、体がトリプトファンからナイアシンをどんどん作り出すため、結果としてセロトニンの材料が減ることになります。 しかしナイアシン自体は、通常の食事をしている分には不足する心配はほとんどありません。 様々な食品に含まれており、なおかつトリプトファンを摂取するのにぴったりな動物性タンパク質の食品に豊富なためです。 ですが心が疲れ切っていて食事がままならなかったり、偏った食生活を続けていたり、状況によっては不足することもあります。 神経伝達物質の放出に欠かせない、 マグネシウムとカルシウム とは、それぞれ骨や歯を作るのに欠かせない栄養素ですが、同時に神経の働きに非常に重要な役目を果たします。 カルシウムやマグネシウムは骨に貯蔵され、消費されると必要量がその都度骨から放出されます。 しかしカルシウムやマグネシウムはどちらも、現代日本人は摂取量が少ないと言われています。 カルシウムは乳製品や小魚、マグネシウムはアーモンドなどナッツ類や魚介類、海藻などに豊富です。 またどちらも含むものとして、海藻類や大豆類が挙げられます。 合成に必須、 鉄 セロトニンやノルアドレナリン、といった神経伝達物質の合成に必須のが鉄です。 鉄はヒジキやパセリ、干しエビ、レバーなどに豊富ですが、海藻類を食べる機会が減った日本人において不足しやすいミネラルでもあります。 こうした栄養素の中でも、特に重要なのがセロトニンの材料となるトリプトファン、合成サポート役のビタミンB6、エネルギー源となる炭水化物です。 肉や卵、魚介類といったタンパク質に、牛乳や乳製品、大豆製品をあわせ、海藻と緑黄色野菜、イモや果物類、油分を毎日食べるようにすることが大切です。 食品として高価なものはなく、また手に入りにくいものもほぼありません。 しかし毎日の食生活や仕事の関係で、食事からこれらをしっかり摂ることが難しいこともあります。 特に現代人の食生活において、タンパク質やミネラルは不足しやすい栄養素です。 そんな時に頼りになるのが、トリプトファンを含むサプリメントです。 セロトニンサプリメントの選び方と注意点を解説! 実際にセロトニンサプリメントを選びたい、と思ったら、次の3つに注目して選んでみましょう。 トリプトファンが含まれているかチェック セロトニンサプリメントとはいうものの、実際に摂取したいのはセロトニンの材料となってくれる必須アミノ酸「トリプトファン」です。 ところが、セロトニンサプリメントと銘打たれていても、中にはトリプトファンが含まれていない悪質なものもあります。 そのため、トリプトファンが含まれているかどうか、必ずチェックしましょう。 成分量が表記されているかチェック サプリメントは食品であり、原材料は表記されている必要があるものの、含まれる成分量を子細に明記する法律などは、今のところ限られた条件でしか適応されていません。 とは異なり、安全性や確実性、即効性について不透明な部分が多いサプリメントだからこそ、自分自身でチェックして納得したうえで使いましょう。 コスパと続けやすさを考える サプリメントは基本的に、薬のように強い効果は期待できず、継続して飲まないと効果が現れづらいものです。 1か月あたりどのくらいサプリメントにお金をかけられるのか、継続できるだけの値段なのか、自分でもよく検討して購入しましょう。 セロトニンサプリメントを避けた方が良い場合 もうすでに抗うつ剤を飲んでいる人、眠剤を使用しているという人は、セロトニンの量が過剰になりすぎてしまう可能性があります。 事前に医師に相談し、サプリメントを飲み始めてよいかどうか、必ず確認しましょう。 また抑うつ症状や身体的な症状をすでに抱えている、不安が強くて外に出られないなど、サプリメントではなく治療が必要な人も、飲まない方が賢明です。 サプリメントはあくまで栄養を補助するものであり、病気を治すためのものではありません。 高額なサプリメントにお金をかけるよりも、まずは治療を優先しましょう。 セロトニンサプリメントのおすすめ3選! それでは、セロトニンサプリメントの選び方を元にチェックした、3つのサプリメントを紹介します。 配合量で選ぶならこれ、 カイミン トリプトリズム トウモロコシを主原料に、ビタミンB6とナイアシンも一緒に配合されているサプリメントです。 1回分に500mgのトリプトファンが配合されており、トリプトファンサプリメントの中で配合量がトップクラスです。 様々な成分でイキイキした毎日をサポートするなら、ドクターポジティブイがおすすめ! サフランエキス、イミダゾールジ、有胞子、ぬか発酵、クワンソウ、黒生姜エキスなど、 イキイキした毎日をサポートするための成分が豊富に使用されています。 また安全性にもこだわっており、薬との併用でが懸念される成分や、中しか入手できない成分は使用していません。 原材料の産地、安全性検査の結果も全て開示している商品です。 上記の記事では、他のサプリメントとの違い、それぞれの成分の効果を詳しく解説し、 最もお得に購入する方法も紹介しています。 ファンケルやDHCにもセロトニンサプリメントはある? サプリメントメーカーとして人気のファンケルやDHCでは、トリプトファンが多く配合されているサプリメントは販売されていません。 しかし必須アミノ酸を配合したアミノ酸サプリメントは販売されているため、トリプトファンもその中に含まれています。 ただしセロトニンサプリメントほど、量は多くありません。 ですが普段の生活でタンパク質が基本的に不足している人は、活用するのも1つの方法です。 タンパク質を手軽に摂る方法としては、ドラッグストアなどでも気軽に購入できるを活用するのも良いでしょう。 タンパク質以外のビタミンB群やミネラルも一緒に補給できる商品を選ぶと、栄養バランスの改善にも役立ちます。 またやでは、セントジョーンズワートというヨーロッパなどで古くから使われてきた心を落ち着かせる効果のあるハーブを使用したサプリメントが販売されています。 しかしセントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)については、抑うつ剤としての決定的な根拠がなく、また複数の薬の代謝に影響を及ぼすと言われています。 通常のうつ病治療の代わりにする目的や、仕事が忙しいからと受診を先送りするために使う目的であれば、利用しないことをおすすめします。 サプリメントを過信しない 注意したいのは、こうしたサプリメントやセロトニン自体を過信しすぎは危険であるということです。 セロトニンの分泌バランス以外に原因があれば、セロトニンの量を増やしたり、サプリメントを使ったりしても、効果が見られない可能性があります。 サプリメントは薬ではないので効果や副作用にも不明確な点が多いのも、サプリメントを過信してはいけない理由の1つです。 妊婦やの母親、子どもを対象とする試験が行われていないことがほとんどです。 そのためセロトニンサプリメントも含め、子どもへの使用を考える場合は、本当に必要かどうか医師へ確認することをおすすめします。 また診断がない状態で「自分はうつ病だ」「自分はパニック障害なんだ」と思い込むことも危険です。 もしすでに診断があるのなら必ずサプリメントの使用は医師に確認をとり、まだ診断がないのであればその理由も合わせて医療機関にかかることが重要です。 まずは栄養バランスを心掛けた朝食をしっかり噛みながら食べることで、セロトニンやメラトニンをより生成しやすい環境を整えていきましょう。

次の

セロトニンのサプリの効果って?オススメ市販サプリと2つの注意点をご紹介!

セロトニン サプリメント

人類が誕生してから長い年月の間、人は太陽と共に目覚めて活動し、日が暮れたら就寝する生活を当たり前のようにしていました。 しかし急速に発展した現代社会では、24時間営業のコンビニエンスストアが当たり前となり、大都市は眠らない街ともいえる状況になっています。 便利な世の中にはなったものの、悠久の時間の中で培われた人間の生活リズムを乱してしまうことで、健康を損なってしまう人もいます。 概日リズム(サーカディアンリズム)とよばれる体内時計のリズムは、視交叉上核のメラトニンというホルモンによって調整されます。 その刺激を受けて、脳内の神経伝達物質のセロトニンによって睡眠と覚醒のリズムが作られていくことが分かってきました。 セロトニンはうつ病に関係が強い物質と言われていますが、うつ病で睡眠障害が多いのもセロトニンの影響が大きいと考えられます。 精神的に安定して過ごしていくためには、脳の神経伝達物質のセロトニンを意識した生活をしてみてもよいかもしれません。 ここでは、セロトニンとうまくつきあっていく過ごし方を考えていきましょう。 1.セロトニンとは? 脳の神経伝達物質の一つで、覚醒の維持、自律神経の調節に大きな働きがあります。 精神状態の安定に重要な物質であると考えられています。 脳内には、さまざまな神経伝達物質とよばれる情報の橋渡しをする物質があります。 セロトニンもそのうちのひとつで、他にはドパミンやノルアドレナリンなどが挙げられます。 脳内には150億以上の神経細胞があり、その神経の先からセロトニンなどの化学物質が放出され、別の神経細胞がそれを受けることにより情報が伝達されます。 これを繰り返しているわけです。 セロトニンは数万程度の脳全体で見たらとても少ない神経細胞ですが、その役割は非常に大きく、脳の神経細胞のバランスをとるために非常に重要な働きをしています。 セロトニンは覚醒状態にとても大切で、ノルアドレナリンやドパミンの働きを適切にコントロールすることで情緒が安定すると考えられています。 そのセロトニンを作り出す神経細胞は脳のどこにあるのかというと、脳の中心である脳幹のさらに中央部分の縫線核というところにあります。 縫線核は、交感神経や副交感神経といった自律神経のバランスを司る視床下部に働きかけています。 ですからセロトニンの適切な分泌が、精神の安定や睡眠や覚醒のリズムに重要な働きがあると考えられています。 セロトニン神経は朝起きると活性化して、夕方になるにつれて活動が落ちていきます。 セロトニンは、セロトニン受容体にくっつくことで作用します。 そして受け皿であるセロトニン受容体は、受け取る場所によってタイプの分布が異なっており、作用も異なります。 セロトニンが作用すると腸の動きが強まり、血管は拡張します。 脳を覚醒させて、精神の安定に働きます。 セロトニン受容体について詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 2.セロトニンを増やすことでうつ病が予防できるのか? セロトニンを増やすことでうつ病を予防できるかというと、難しいと言わざるを得ません。 セロトニンの適切な機能は重要だけど、量を増やせばいいというわけではありません。 セロトニンは、うつ病に関係がある物質として世間では知られています。 インターネットの情報をみていると、 「セロトニンが不足するとうつ病になる」 「セロトニンを増やせばうつ病予防になる」 というのをよく目にします。 うつ病の治療薬である抗うつ剤がセロトニンを増加させる作用があるから、このようにいわれているのでしょう。 確かに抗うつ剤は、効果があります。 しかしながら薬をつかった直後によくなるわけではなく、時間をかけて少しずつよくなっていきます。 このことから、セロトニンが増加したことよりも、セロトニン受容体の変化や神経再生(BDNF増加)による影響が大きいのではと考えられています。 ですからうつ病は、セロトニンが増えたらよくなるという単純明快なものではありません。 そうはいってもセロトニンは自律神経の調整に大きく関係していると考えられているので、適切なセロトニンが分泌されることは重要です。 ここで注意が必要なのは、セロトニンの血中濃度と脳の濃度は関係性がないことです。 消化管のセロトニンは血中に取り込まれても、大部分が代謝されてしまいます。 代謝されなかったとしても、脳血液関門(BBB)と呼ばれるゲートをくぐれません。 このため血中のセロトニンは、脳内のセロトニンとは関係しないのです。 うつ病の方の脳内では、セロトニンが減少している可能性があるといわれています。 しかしながら脳内のセロトニン測定は非常に困難で、髄液をとらなくてはいけません。 背中に針をさして採取するので、そんなに気軽にできる検査ではありません。 脳内のセロトニン(正確には代謝産物の5-HIAA)を測定すると、うつ病の患者さんでは減少しているという報告もあれば、変わらないという報告もあります。 このため現在のところ、セロトニンが低下していてもうつ病は診断できません。 このように、セロトニンを増やすことでうつ病が予防できるかと言われると、難しいと言わざるを得ません。 現時点でわかることは、「セロトニンの適切な機能は重要だけど、純粋に量を増やせばいいというわけではない」ということです。 本来あるべきセロトニン機能に近づける努力は無駄ではありません。 このように考えると、日中にセロトニンをうまく活性化することで、心身の健康に良い生活習慣につなげていくことができます。 3.セロトニンを増やす方法とは? それではセロトニンを増やす方法にはどのようなものがあるでしょうか。 セロトニン神経は朝方に活性化して夕方に働きが落ちるというリズムがありました。 それに従ったセロトニンの活性化が必要です。 セロトニンを増加させる方法としては、以下の4つがあります。 よく噛むこと• 動物には、概日リズム(サーカディアンリズム)とよばれる体内時計のリズムがあります。 このリズムは、視交叉上核にあるメラトニンというホルモンによって調整されています。 その刺激をうけて、セロトニンが自律神経のバランスをとって睡眠と覚醒のリズムを作っていることがわかってきています。 メラトニンは20時頃から分泌が増えてきて、真夜中にピークとなり、朝になるにつれて減少していきます。 メラトニンは光と密接な関係にあり、2つの大きな特徴があります。 光を浴びるとメラトニンの分泌が抑制される• 日中に光を浴びると、夜間のメラトニンの分泌量が増加する メラトニンが抑制されるとセロトニン神経が活性化していきます。 このことから、朝にしっかりと光を浴び、できるだけ日中に光を浴びるようにすることが大切といえます。 メラトニンについて詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 うつ病に運動は有効かどうかは賛否がありますが、ある程度は有効と考えている専門家が多いです。 イギリスでは、軽症~中等症のうつ病で有効とするガイドラインがあるほどです。 また、睡眠によい運動習慣のひとつとして、ガイドラインにも運動は含まれています。 日中の運動はによって睡眠と覚醒のリズムにメリハリがつくのは、感覚的にも理解できます。 運動とセロトニンの関係については、まだ分かっていない部分が多いです。 運動をした前後では、血中のセロトニンが増加すると報告されています。 しかしながら脳内セロトニンが増加するかはわかっていません。 ただ、動物実験のレベルでは、運動によって脳内のセロトニンが増加したとする報告があります。 リズム運動がよいと提唱している専門家もいますが、運動内容による違いはよくわかっていません。 うつ病と運動について詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 よく噛むことで、血中セロトニン濃度が増加するという報告があります。 噛むこと、すなわち咀嚼も、筋肉をつかった運動のひとつです。 筋肉が緊張状態になってしまうと、リラックスしようと意識してもなかなかできません。 緊張を緩めるには、一度思いっきり筋肉を緊張させてから緩めることが手っ取り早いです。 噛むという運動は、噛みしめることで筋肉を緊張させ、口をあけることで力が抜けます。 これを交互に繰り返すのが「噛む」という運動です。 このため、筋肉の緊張が解けてリラックスしやすいといえます。 リズム運動がよいというのも、筋肉の緊張が緩みやすいことが関係しているかもしれません。 ただしここでも注意が必要ですが、血中セロトニン濃度が増えるからといって脳内セロトニン濃度が増加するとはいえないのです。 そうはいっても、食事のときによく噛んで食べることは大きなデメリットがありません。 食べ物の吸収も穏やかになるので、身体にもよいと思います。 よく噛んで食べる意識をしてください。 外国人プロ野球選手などがガムを噛んでいたりしますが、もしかすると合理的なのかもしれませんね。 呼吸も、広い意味で言うと運動になります。 呼吸をしている時には、多くの呼吸筋を使っています。 息を吸ったり吐いたりで、それぞれの筋肉は伸びたり縮んだりします。 そういう意味では、呼吸もリズム運動といえるでしょう。 呼吸法をしっかりと行うと、血中セロトニンが増加すると報告されています。 くどいようですが、脳内セロトニンはわかりませんが・・・ リラックスする呼吸法についてご紹介していきます。 おへその下のあたりを丹田といったりしますが、その部分を意識して腹式呼吸をしていきます。 深呼吸というと息を吸いこむイメージの方が多いですが、どちらかというと息を吐くときが大切です。 息を長く吐き出していくことで、副交感神経である迷走神経が刺激されてリラックスします。 丹田をふくらませるように、鼻から息を吸いこみます。 その後2秒ほど息を止めて、口から丹田をへこませるようにして、時間をかけて吐き出していきます。 ゆっくり吐き出せない方は、口をすぼめてみてください。 この呼吸を繰り返していきます。 呼吸法について詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 4.セロトニンは食べ物やサプリで補えるの? セロトニンは脳内には届きません。 セロトニンの材料のトリプトファンを補充しても、うつ病にはあまり効果が期待できません。 セロトニンは食事やサプリで補えないかと考えている方もいらっしゃるでしょう。 セロトニンのサプリなども市販されているので、購入を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。 しかしながら、サプリメントとしてセロトニンを摂取しても効果は期待できないでしょう。 腸管ではほとんど代謝されてしまって、吸収されたとしても肝臓で代謝されてしまいます。 何とか代謝されずに血中をめぐったとしても、脳血液関門(BBB)をこえて脳内に入ることはできません。 脳内のセロトニンは、脳内で作るしかないのです。 セロトニンは、アミノ酸の一種であるトリプトファンから合成されます。 トリプトファンは体内では十分に合成できずに、栄養素として摂取する必要がある必須アミノ酸のひとつです。 このため、材料であるトリプトファンを補充すればよいのではと考えられて、サプリメントも販売されています。 実際にうつ病の患者さんでは、血中のトリプトファン濃度が低いという報告も多いのです。 しかしながらトリプトファンを補充しても、効果はあまり期待できないという結果になっています。 トリプトファンが豊富な食べ物としては、肉や魚、豆や穀類、乳製品などがあげられます。 これらをバランスよく食事としてとっていれば、トリプトファンが欠乏してしまうことは少ないです。 うつ病と関係する食事について詳しく知りたい方は、「」をお読みください。 まとめ セロトニンは脳の神経伝達物質の一つで、覚醒の維持、自律神経の調節に大きな働きがあります。 精神状態の安定に重要な物質であると考えられています。 セロトニンを増やすことでうつ病を予防できるかというと、難しいと言わざるを得ません。 セロトニンの適切な機能は重要だけど、ただ量を増やせばいいというわけではありません。 セロトニン神経を活性化すると考えられているのは、以下の4つの方法があります。 よく噛むこと• 呼吸法 セロトニンを食べ物やサプリメントで補充しても、脳内には届きません。 セロトニンの材料のトリプトファンを補充しても、うつ病にはあまり効果が期待できません。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

セロトニン症候群とは?抗うつ薬(セロトニン作動薬)の副作用

セロトニン サプリメント

セロトニンのサプリの効果って?オススメ市販サプリと2つの注意点をご紹介!• 疲れた時や眠れない時、セロトニンのサプリメントを試してみようと考えることもあるかもしれません。 しかし、疲れた人の多い現代、セロトニンのサプリメントもたくさん販売されていて、どれが良いのか迷ってしまいますよね。 そんな人のために、オススメのサプリメントや注意点についてご紹介していきます。 サプリメントを飲む前に知っておきたいセロトニンのこと 疲れを感じたり、眠れないと感じた時に飲むと良いとされているサプリメントの中には、セロトニンの分泌を促すようなサプリメントが多くあります。 では、このセロトニンというのはどのような役割をしているのでしょうか。 セロトニンは、体内で非常に重要な役割を果たしている一方で、過剰摂取などによって重大な副作用を引き起こすこともあります。 サプリメントを摂取する前に、ぜひセロトニンについて知っておきましょう。 セロトニンとは? セロトニンとは、神経伝達物質の一種です。 「ノルアドレナリン」「ドーパミン」と並んで三大神経伝達物質の一つであると言われています。 セロトニンは、人間の精神面に大きな影響力を与える物質で、主に精神の安定や安らぎに影響を与えると言われています。 そのため、セロトニンは別名を「幸せホルモン」とも言います。 セロトニンが不足することで暴力的になったり、激しく落ち込んだりといった症状が出やすくなると言われています。 うつ病の原因となるとも言われている物質です。 早寝早起きをする、太陽光を浴びる、リズム運動をするなどと言った方法でセロトニンの分泌を増やすことができると言われていますが、それらにじっくり取り組むのが難しい人は、サプリメントで補充するという方法もあります。 セロトニンが与える効果とは? 精神が安定する セロトニンは、精神を安定せる効果がある物質であると言われています。 具体的には、ドーパミンやノルアドレナリンの暴走を抑える効果があるとされているのです。 ノルアドレナリンは、神経を興奮させたり、集中力や判断力を向上させる効果がある一方で、過剰に分泌されると不安感が強くなったり、興奮しすぎたりといった作用が出ると言われています。 ドーパミンは脳を興奮状態にさせる作用があると言われている物質です。 集中力が向上するという効果がかんがえられている一方で、過剰に分泌されると依存症状態になってしまったり、過食の原因になるとも言われています。 セロトニンの分泌によってこれらの物質が暴走するのを抑えることで、安定した気持ちで日々を過ごすことができるようになるのだと言われています。 睡眠の質を向上させる セロトニンが適度に分泌されることで、睡眠の質を向上させるとも言われています。 人間が熟睡するためにはメラトニンというホルモンが分泌されることが不可欠であると言われています。 セロトニンは、このメラトニンの材料となると言われているのです。 朝すっきりと起きられなかったり、夜なかなか眠れなかったりといった状態に悩んでいる人は、メラトニンの不足が原因となって体内時計が狂ってしまっている可能性があります。 日中に日光を浴びるなどして体内にセロトニンを溜めておくと、夜にはしっかりとメラトニンが分泌されて睡眠の質が改善されると言われています。 うつ症状を抑制する セロトニンが不足すると、うつ症状を引き起こすと言われています。 世界は、冷静に考えてしまうと不安なことだらけです。 その不安をやわらげて、穏やかに日常生活を送れるようにしてくれるのがセロトニンの役割なのです。 つまり、セロトニンが不足することで日々の生活に対する不安感が増してしまい、それがうつ病を引き起こすのではないかと考えられています。 強いストレスを感じているような時には、セロトニンが不足しているのではないかと疑ってみることも必要かもしれません。 セロトニンが不足するとどうなる? 朝の目覚めと夜の寝つきが悪くなる セロトニンが不足すると、睡眠のリズムが崩れてしまうことが考えられます。 睡眠のリズムをつかさどっているのはメラトニンというホルモンですが、セロトニンは、このメラトニンを作る材料になっていると言われているのです。 つまり、セロトニンが不足すると、メラトニンが不足する原因ともなります。 メラトニンが不足すると夜の寝つきが悪くなってしまいます。 また、それによって睡眠の質が下がるために、朝の目覚めが悪くなることにもつながると言われています。 精神状態のバランスが悪くなる セロトニンの最も大きな役割は、精神を安定させることだと言われています。 セロトニンが不足することによって、精神状態のバランスが悪くなると考えられています。 具体的には、暴力的になる、精神的に落ち込みやすくなる、疲れやすくなるといったような症状が考えられます。 また、このような症状は睡眠不足によっても引き起こされると言われています。 セロトニンが不足することで睡眠不足の状態となり、さらにこれらの症状を悪化させてしまうということも考えられます。 セロトニン不足におすすめの市販サプリメント グッドナイト27000 グッドナイト27000は、休息の質を高めるサプリメントとして知られています。 セロトニンを体内で作るためには「トリプトファン」という物質が材料となると言われているのですが、グッドナイト27000にはこのトリプトファンが多く含まれています。 その他にも、GABAやカモミールなど、リラックス効果があるとされている成分がたくさん配合されているため、不眠に悩んでいる人はもちろん、その他の面でも疲れを感じたりセロトニン不足を感じている人にはとてもオススメのサプリメントです。 潤睡ハーブ 潤睡ハーブも、休息をサポートするといううたい文句のサプリメントです。 やはり、睡眠の質を上げるためにはセロトニンを多く分泌できるようにするのが良いのだと考えられているのでしょう。 また、イライラした状態のままであると睡眠を妨げるとも言われています。 イライラした状態を解消するのもセロトニンの役目です。 こちらのサプリメントは、休息に必須だと言われているアミノ酸が豊富に含まれています。 さらに、イライラを解消すると言われているGABAや、GABAと相性の良いラフマエキス、休息の質を高めるクワンソウなど、睡眠をサポートすると言われているハーブが濃縮して含まれています。 トリプトファンも、アミノ酸の一種として含まれています。 これによってセロトニンの分泌をうながすことができ、イライラを抑えたり、睡眠の質を高めたりできるのではないかと考えられています。 ネ・ムーンプラス ネ・ムーンプラスも、夜しっかり休めないと感じている人のためのサプリメントです。 セロトニンの材料となるトリプトファンが配合されているのはもちろん、ここまでのサプリメントでもご紹介したGABAやクワンソウ、さらには休息を促すアミノ酸であるグリシンやポリフェノールが豊富な赤ワインエキス末なども配合されています。 このサプリメントの特徴は、休息を促す栄養素が含まれていることに加えて、ビタミンEやビタミンCなど美容に効果があるとされている成分も含まれていることです。 元々、休息を促してキレイになろうというコンセプトのサプリメントですので、美容に重点を置いているサプリメントであるとも言えます。 セントジョーンズワート セントジョーンズワートは、セロトニンの分泌を促すサプリメントとして有名です。 サプリメントの中では最もセロトニンが発生しやすいとも言われているようです。 日本ではサプリメントとして扱われていますが、ドイツやオーストラリアなどでは、処方箋がなければ入手できない薬として扱われているようです。 DHCなどのメーカーから発売されているものは、ドラッグストアなどでも気軽に購入することができます。 ただし、効果が強いサプリメントですので、使用には注意が必要です。 特に、医薬品との併用は注意が必要になると言われています。 例えば、避妊薬として有名なピルを服用している場合には、セントジョーンズワートのサプリメントは服用してはいけないと言われています。 その他にもたくさんの注意点があるサプリメントですから、購入前には注意書きをよく読むように心がけてください。 グッスミン 酵母のちから グッスミン 酵母のちからも、休息の質を高めるためのサプリメントです。 こちらは、主に加齢による休息の質の低下に着目したサプリメントであるようです。 朝が辛いことに加えて、気力や体力が続かない時にも効果があるとされています。 このサプリメントに含まれる「清酒酵母」という成分によって、休息がサポートされると説明されています。 「清酒酵母」とは、日本酒を作るときに用いられる酵母の総称ですが、これらが、休息の質を高めることにも効果があると研究によって判明し、それがサプリメントに用いられているのだそうです。 妊娠中・授乳中におすすめのサプリメント マインドガードDX セロトニンの分泌を促すサプリメントは、妊娠中や授乳中には使用してはいけないと言われているものがほとんどです。 しかし、この時期は精神的な乱れが大きくなる時期でもあり、特に妊娠前からセロトニンの分泌を促すサプリメントを使用していた人は、サプリメントを使用したくなる気持ちが強くなる時期であると言えるでしょう。 そんな人にオススメしたいのが、マインドガードDXです。 このサプリメントは、医薬品ではなく分類が「食品」であるため、妊娠中や授乳中の期間でも摂取についての制限がありません。 日本製というのも、品質を気にするお母さんにとっては安心なポイントとなるのではないでしょうか。 妊娠中や授乳中は、体力を消耗しやすいにも関わらず、睡眠の質が低下しやすい時期です。 寝つきが悪かったり、夜中に起きてしまったり、精神的に何か落ち着かないというような悩みを抱えているお母さんは、ぜひこのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。 セロトニンを増やすサプリメントに副作用はある? セロトニン症候群 いいことばかりに見えるセロトニンですが、サプリメントを過剰に摂取すると体内のセロトニン濃度が上がり過ぎて副作用をひきこ起こすことがあります。 この副作用は「セロトニン症候群」と呼ばれます。 サプリメントの他、うつ病の治療薬であるSSRIの過剰摂取によっても引き起こされる可能性があります。 セロトニン症候群の症状は、頭痛やめまい、嘔吐、昏睡などと言われていて、最悪の場合には死に至ることもあると言われています。 けいれんや体の震えなどが起きることもあります。 サプリメントを飲んだ時にこのような症状が現れた場合には、すぐにそのサプリメントの服用を中止しましょう。 通常は1日程度で症状が改善すると言われていますが、それ以上の期間が過ぎても症状が治まらない場合や、ひどい症状が出てしまった場合にはすぐに医師に相談しましょう。 特に、意識を失うような激しい症状が出た時には周囲の人が救急車を呼ぶなどの対処をすることも必要になります。 セロトニン症候群を予防するためには 処方薬との飲み合わせに注意する セロトニン症候群は、サプリメントと処方薬との飲み合わせで発症することがあると言われています。 普段常用している処方薬がある方は、サプリメントを飲み始める前に必ず医師と相談するようにしましょう。 またサプリメントを常用しているタイミングで何らかの薬の処方を受けた場合にも、医師や薬剤師に相談することが必要になります。 用法用量を守って服用する どんなサプリメントを使用する際にも言えることですが、使用する際には必ず用法用量を守って服用しましょう。 サプリメントを多く服用したからといって、効果が高くなるというわけではありません。 特に、セロトニンの場合には副作用が大きいために注意が必要です。 サプリメントだけを使用する場合には、無茶な使い方をしなければ副作用を引き起こす可能性は低いと言われています。 それだけに、使い方を遵守することが自分の命を守るためにも重要になると言えるでしょう。 まとめ セロトニンは、眠りの質を高めたり、精神の安定をもたらしたりするのに効果があると言われている物質です。 疲れやストレス、イライラなどを感じていたり、最近眠れないと感じている人や、眠っても疲れが取れないと感じている人はぜひ摂取してみると良いでしょう。 ただし、セロトニンのサプリは副作用が強く出る場合もあります。 処方薬と併用する場合には医師に必ず相談するとともに、用法用量を守って正しく使用しましょう。 副作用が出てしまった際には服用を中止し、症状が1日以上おさまらない場合や激しい症状が出てしまった場合にはすぐに医師に相談してください。 投稿ナビゲーション.

次の