櫻田 愛美。 櫻田愛実

櫻田 愛実(Manami Sakurada)|株式会社ウォーク(WALK)|芸能事務所

櫻田 愛美

塩屋 理美, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 平舩 寛彦, 朝賀 純一, 高橋 宏彰, 大越 英雄, 工藤 賢三, 佐藤 信範: 秋田県の保険薬局における全処方箋に占める変更不可処方箋の割合に関する実態調査. Journal of the Akita Pharmaceutical Association 秋薬PRESS, 29 19 ;9-12 2019• 小林 江梨子, 池下 暁人, 孫 尚孝, 櫻田 大也, 佐藤 信範: 後発医薬品への変更不可に関する薬局実態調査. レギュラトリーサイエンス学会誌,9 3 ;141-150 2019• Reiko MATSUI, Tomoya SAKURADA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Questionnaire survey on pharmacists' provision of clinical pharmacy services to patients receiving outpatient cancer chemotherapy. Journal of Drug Interaction Research,Vol. 43 No. 2 23-29 2019• Takayoshi ONODERA, Munetaka MARU, Tomoya SAKURADA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Difference in physical properties between brand-name and generic topical 0. Journal of Drug Interaction Research,Vol. 43 No. 1 25-31 2019• Tomohiko TAIRABUNE, Takeshi CHIBA, Takashi TOMITA, Tomoya SAKURADA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH, Kenzo KUDO: Questionnaire survey on knowledge and perceptions of generic medicines for pharmacy students. Journal of Drug Interaction Research,Vol. 43 No. 1 17-23 2019• Kobayashi E, Abe C, Satoh N. : Patients' perspectives on generic substitution among statin users in Japan. J Public Health,27;11-19 2019• 小林 江梨子, 根本 由美子, 櫻田 大也, 佐藤 信範: 小学生対象の薬物乱用防止啓発講義に関する検討-意識調査を通して-. 医薬品相互作用研究,42 2 23-29 2018• 太田 若菜, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 平舩 寛彦, 千葉 健史, 富田 隆, 工藤 賢三, 佐藤 信範: 全処方箋に占める変更不可処方箋の割合等の実態に関する調査. レギュラトリーサイエンス学会誌,8 2 ;95-102 2018• Munetaka MARU, Tomoya SAKURADDA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Comparison of functional usability between brand-name and generic topical anti-inflammatory analgesics. 医薬品相互作用研究,Vol. 42 No. 1 16-22 2018• 工藤 賢三, 小林 江梨子, 夏目 紗恵, 石川 幸奈, 根本 由美子, 高橋 青衣, 小野寺 隆芳, 丸 宗孝, 櫻田 大也, 佐藤 信範: 小学生に対する医薬品適正使用啓発講義の検討. イーハトーブ,65;12-17 2018• 太田 若菜, 丸 宗孝, 阿部 智美, 小野寺 隆芳, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 先発医薬品と後発医薬品における貼付剤の物理的性質の比較-ロキソプロフェンナトリウム水和物製剤を例として-. 薬局薬学,9 2 ;192-198 2017• Takayama A, Kobayashi E, Nakamura T, Narukawa M. : Quantitative assessment of premium rates for clinical usefulness in new drug price calculation in Japan. Kazushi OSADA, Eriko KOBAYASHI, and Nobunori SATOH. : Relationship between drug dosage and antihypertensive effect in clinical trials. 医薬品相互作用研究,Vol. 41 No. 1 35-42 2017• 木村 美咲, 網岡 克維, 小野寺 隆芳, 丸 宗孝, 澤田 康裕, 工藤 賢三, 小林 江梨子, 佐藤 信範: OTC医薬品の情報提供における課題抽出に関するパイロットスタディ. レギュラトリーサイエンス学会誌,6 3 ;307-318 2016• 佐藤 信範, 小林 江梨子, 宮村 充彦, 工藤 賢三, 荒田 尚子, 島田 安博, 大山 邦男, 村山 純一郎: 新しい医療用医薬品添付文書の構築. 道薬誌,33 8 ;77-79 2016• 高松 大騎, 小林 江梨子, 伊藤 晃成, 佐藤 信範: 電子化お薬手帳の使用実態と患者の意識調査. レギュラトリーサイエンス学会誌,6 2 ;139-150 2016• 阿部 智美, 岡 遼太郎, 小野寺 隆芳, 丸 宗孝, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 貼付剤の先発医薬品と後発医薬品における物理的性質の比較. 薬局薬学,8 1 ;67-73 2016• 高安 芽衣子, 與那原 希, 松本 美奈子, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 緩和ケア情報の在り方に関する研究. レギュラトリーサイエンス学会誌,6 1 ;11-20 2016• 野田 龍也, 田倉 智之, 中村 哲也, 小林 江梨子, 成川 衛, 今村 知明: 医薬品と特定保険医療材料 医療機器 の価格決定に関する定量的な手法の研究. 厚生の指標,62 15 ;38-45 2015• 小林 江梨子, 成川 衛, 高山 茜, 中村 哲也: 新薬の薬価算定 原価計算方式 における平均的利益率の補正の定量的評価. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,46 7 ;433-437 2015• 木村 美咲, 黒沢 智佳子, 小林 江梨子, 佐藤 信範: OTC医薬品に対する来客患者の意識調査. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,46 7 ;464-474 2015• 小林 江梨子, 浅田 和広, 阿部 智美, 荒田 尚子, 大山 邦男, 川上 明三, 工藤 賢三, 小村 誠, 島田 安博, 鳥山 五月, 服部 洋子, 宮村 充彦, 村島 温子, 村山 純一郎, 佐藤 信範: 新しい医療用医薬品添付文書モデル 案 の提案. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther,46 2 ;55-63 2015• 成川 衛, 小林 江梨子, 中川 久美子, 高山 茜, 中村 哲也: 新薬の薬価算定における有用性加算等の加算率の定量的評価.医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 46 3 ; 131-135 2015• 保坂 萌, 飯島 久志, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 保険薬局における外用薬の混合調剤の実態調査に関する研究.医薬品相互作用研究, Vol. 38 No. 2 25-30 2014• 黒沢 智佳子, 小林 江梨子, 佐藤 信範: OTC医薬品に対する企業勤務者の意識調査.医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 43 3 ;251- 260 2014• 神田 藍, 川﨑 淳史, 森田 理恵子, 武者 愛美, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書における「腎機能」に関する記載内容についての検討. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther ,Vol. 44 No. 4 313-318 2013• 秋山 和映, 吉良 美里, 福原 千津, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 混和方法の相違による自動散剤分包機の分包精度に関するパイロットスタディー. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 2 21-25 2012• Chika UCHIYAMA, Tomoya SAKURADDA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Large-scale questionnaire surver to assess doctors' attitudes toward package inserts for prescription drugs in clinical practice. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 2 27-37 2012• 福原 千津, 兼重 千夏, 秋山 和映, 小林 江梨子, 入江 康文, 佐藤 信範: 透析患者におけるニフェジピンの後発医薬品への切り替えに際しての降圧効果の検討. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther,Vol. 43 No. 6 387-392 2012• 黒沢 智佳子, 内山 知香, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書の課題~承認条件の在り方に関する検討~. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther,Vol. 43 No. 6 381-386 2012• Hiroshi KARIKOMI, Tomoya SAKURADA, Sachiko OHDE, Kazumi GOTOH, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Safety of Pandemic Influenza A H1N1 2009 Vaccination during Pregnancy in Lapan. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 1 39-46 2012• 櫻田 大也, 小嶋 文良, 長谷川 哲也, 佐藤 信範: 実務実習指導・管理システムの活用と評価. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 1 21-27 2012• 吉良 美里, 高橋 由佳, 野口 栄眞, 堀越 慶一, 丸山 裕徳, 幸田 真純, 杉山 宏之, 刈込 博, 北島 眞由美, 喰田 崇, 永田 泰造, 井上 真理, 図師 清二, 平松 久嗣, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書に記載の「社内資料」情報提供体制に関する検討 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,Vol. 43 No. 8 761-769 2012• 乾 杏菜, 福原 千津, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医薬品回収の実態に関する研究. 医薬品相互作用研究,Vol. 35 No. 32 23-29 2012• KAZUYA UCHIBORI, ATSUSHI KASAMATSU, MASAHIKO SUNAGA, SATOSHI YOKOTA, TOMOYA SAKURADA, ERIKO KOBAYASHI, MASAHARU TOSHIKAWA, KATSUHIRO UZAWA, SHIRO UEDA, HIDEKI TANZAWA, NOBUNORI SATO : Establishment and characterization of two 5-fluorouracil-resistant hepatocellular carcinoma cell lines. INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY,40;105-1010 2012• Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Community pharmacists' perspectives on generic substitution on Japan. J Public Health,19;249-256 2011• 小林 江梨子, 小野口 麻美, 小林 美沙樹, 佐藤 信範: 妊娠・授乳中の女性への薬剤投与に関する医薬品情報の現状. 産科と婦人科,Vol. 78 No. 9;111-116 2011• 高橋 由佳, 内山 知香, 田中 恵未, 平井 麻衣子, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書における「適用上の注意」の項に関する検討. 医薬品相互作用研究,Vol. 35 No. 1;23-32 2011• 小林 江梨子, 神田 藍, 佐藤 信範: 平成22年度「レギュラトリーサイエンス推進調査研究事業」研究報告 患者・消費者の視点から見た医薬品情報の現状及びあり方に関する研究. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,Vol. 42 No. 8;723-730 2011• 妙中 義之, 山本 晴子, 小林 江梨子, 成川 衛, 上崎 勇一: 医療機器の臨床試験の実施の基準 医療機器GCP について. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,Vol. 42 No. 8;680-683 2011• Yasuko Hirano, Tomoya Sakurada, Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Present status of drug information regarding breastfeeding women -Evaluation based on expressions for the item "breastfeeding women" of package inserts-. 医薬品相互作用研究,Vol. 34 No. 3;5-8 2011• Eriko Kobayashi, Tomoya Sakurada, Shiro Ueda, Nobunori Satoh: Public involvement in pharmacogenomics research:a national survey on patients' attitudes towards pharmacogenomics research and the willingness to donate DNA samples to a DNA bank in japan. Cell Tissue Bank,12;71-80 2011• Noriko Takeuchi, Emi Takenoshita, Fumino Kato, Tomoko Terajima, Makoto Ogawa, Satoshi Suzuki, Takayuki Fujii, Eriko kobayashi, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Doubling of serum creatinine: is it appropriate as the endpoint for CKD? Proposal of a new surrogate endpoint based on the reciprocal of serum ceatinine. Clin Exp Nephrol, vol15;100-107 2011• Eriko Kobayashi, Hiroshi Karigome, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Patients' attitudes towards generic drug substitution in Japan. Health Policy, 99;60-65 2011• Eriko KOBAYASHI and Nobunori SATOH: Hospital Directors' and Community Pharmacists' Attitudes Towads Pharmacogenomics Research and a DNA Bank in Japan. Current Pharmacogenomics and Personalized Medicine, Vol. 8 No. 2;117-123 2010• 33 No. 2;9-14 2010• Eriko KOBAYASHI, Masumi KODA, Mitsuyoshi KUROKI, Manabu TAKAHASHI, Sachi KOTANI, Nobunori SATOH, Shiro UEDA: A pilot study - drug information sources for patients. 医薬品相互作用研究, Vol. 34 No. 1;13-16 2010• Tomoya SAKURADA, Shinya TAKADA, Hisae EGUCHI, Keishiro IZUMI, Nobunori SATOH, Shiro UEDA: Relationship between plasma concentrations of morphine and its metabolites and pain in canaer patienta. Pharm World Sci,vol. 32 No. 6;737-743 2010 DOI 10. Tomoya SAKURADA, Masaharu YOSHIKAWA, Masahiko SUNAGA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH, Osamu YOKOSUKA and Shiro UEDA: Expression of Drug-Resistant Factor Genes in Hepatocellular Carcinoma Patients Undergoing Chemotherapy with Platinum Complex by Arterial Infusion. pharmaceutics2010,2,300-312, doi:10. Issue 1. 1000101, doi:10. 1000101• Eriko Kobayashi, Tomoya Sakurada, Shro Ueda, Nobunori Satoh: Public involvement in pharmacogenomics research: a national survey on patients' attitudes towards pharmacogenomics research and the willingness to donate DNA samples to a DNA bank in Japan. Cell Tissue Bank, doi;10. Eriko Kobayashi and Nobunori Satoh: Public involvement in pharmacogenomics research: a national survey on public attitudes towards pharmacogenomics research and the willingness to donate DNA samples to a DNA bank in Japan. Cell Tissue Bank, 10 4 ;281-91 2009• Kazuteru Akiyama, Chinatsu Kaneshige, Tomoya Sakurada, Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Yasuhumi Irie, Shro Ueda: Use of magnesium oxide in hemodialysis patients. 医薬品相互作用研究, Vol. 33 No. 1;20-25 2009• Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh: 4年制薬学卒業生と6年制薬学卒業生との同等性をいかに確保するか. 薬剤学 -生命とくすり-, Vol. 69 No. 6;411-412 November 2009• Kazuteru Akiyama, Chinatsu Kaneshige, Takashi Tabe, Hiromichi Yoshida, Yoshio Otake, Kazuaki Nakazima, Kazushi Suzuki, Nobunori Satoh, Yasufumi Irie, Shiro Ueda: An Attitude Survey of Defecation Affecting QOL of Patients on Hemodialysis. Jpn. Soc. Hosp. Pharm. , Vol. 44 No. 2;229-231 2008• 32 No. 1;5-9 2008• 32 No. 1;11-14 2008• Takumi Miyazaki, Takashi Misu, Mio Suga, Tatsuhiro Nakai, Takako Okuwaki, Satoko Suzuki, Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Construction of a prescription drug information leaflet-generating system reflecting the condition of individual patients and contents of prescriptions. Jpn. Drug Inform. , 10 2 ;110-118 2008• Takashi Misu, Satoka Ochiai, Hiroshi Karikomi, Tomoya Sakurada, Tadao Inoue, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Investigation of over-the-counter drugs used during pregnancy and literature search of their components. Jpn. Drug Inform. , 10 2 ;126-140 2008• 櫻田大也, 小林典子, 寺島朝子, 木津純子, 佐藤信範: 実務実習指導・管理システムの構築とパイロットスタディ 医薬品相互作用研究, Vol. 32 No. 2;21-26 2008• Shinichi Watanabe, Takashi Misu, Teruko Kurihara, Satoko Suzuki, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Regulation of the Statement in the Information on Drug Metabolizing Enzyme in the Package Insert -The Present Regulation nad its History in Japan, the U. and the U. - Jpn. History Pharm. , 43 2 ;175-180 2008• YOSHIHARA Hiroshi, SAKURADA Tomoya, SATOH Nobunori, UEDA Shiro: Effort toward Medication Error Prevention in a Pharmaceutical Corporation in Japan. JJQSH, Vol. 2 No. 2;166-172 2007• Satoko Suzuki, Teruko Kurihara, Chizuko Haruna, Takatoshi Kaneko, Takashi Misu, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Application of a prescription drug database in medical informatics: Construction of database as a search for similar and comparable drugs. Jpn. Drug Inform. , 9 2 : 131-136 2007.

次の

ABA女性アナウンサー

櫻田 愛美

経歴 [編集 ] 声優養成所卒業後、株式会社ウォークに所属し、舞台やソロライブを中心に活動。 同じ事務所にメンバーがいることから、2015年10月にが開校したに第1期生として入学。 学院生時のケガによりとしてのデビューはせず、、大会でリングアナウンサーとしてデビュー。 当初はメインリングアナの石亀貴規を支える2番手アナであったが、10月2日、川口産業技術総合センター大会よりメインリングアナに昇格。 同年11月12日、WRESTLE-1道場で旗揚げされたでもメインリングアナを担当。 人物 [編集 ]• 特技は陸上 3年 、空手 6年 、バレーボール 6年 の体育会系。 事務所のサイトでは2016年11月まで、誕生日が「1900年00月00日」、バスト「00」㎝となっていた。 「愛実」を「愛美」と間違えられることにとても敏感とされる。 出演 [編集 ] テレビ [編集 ]• (2016年1月12日、 ) - 自撮り隊• 直撃!コロシアム!!ズバッと!TV」(2016年06月06日、TBS) - 潔癖芸能人• (2019年1月 - 、サンテレビ)MC 舞台 [編集 ]• タタカッテシネ旗揚げ公演「DEAD or りばいあさん」(2015年9月18日 - 21日、) - 波 乗子 役• 劇団UTY 第4回本公演 「たとえば僕が死んだら」(2016年4月19日 - 24日、千本桜ホール) - 上坂真帆 あがりさかまほ 役• 骸骨ストリッパー calavera box vol. 3「ベイビー・キングダム~序章~」(2017年10月12日 - 17日、南阿佐ヶ谷・ひつじ座)- 三女・黄菜 キナ 役 WEB [編集 ]• 「メシテロ嬢」(2016年2月25日、Abema flash)• 「スリルな夜」(2016年9月21日、12月27日、2017年4月25日、)• 「」(2017年9月、) - リングアナタレントとして出演 CM [編集 ]• アサヒスーパードライ「夏乾杯」篇(2016年、アサヒビール) 脚注 [編集 ] [].

次の

櫻田愛実(プロレスアナウンサー)の活動内容を調査!

櫻田 愛美

塩屋 理美, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 平舩 寛彦, 朝賀 純一, 高橋 宏彰, 大越 英雄, 工藤 賢三, 佐藤 信範: 秋田県の保険薬局における全処方箋に占める変更不可処方箋の割合に関する実態調査. Journal of the Akita Pharmaceutical Association 秋薬PRESS, 29 19 ;9-12 2019• 小林 江梨子, 池下 暁人, 孫 尚孝, 櫻田 大也, 佐藤 信範: 後発医薬品への変更不可に関する薬局実態調査. レギュラトリーサイエンス学会誌,9 3 ;141-150 2019• Reiko MATSUI, Tomoya SAKURADA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Questionnaire survey on pharmacists' provision of clinical pharmacy services to patients receiving outpatient cancer chemotherapy. Journal of Drug Interaction Research,Vol. 43 No. 2 23-29 2019• Takayoshi ONODERA, Munetaka MARU, Tomoya SAKURADA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Difference in physical properties between brand-name and generic topical 0. Journal of Drug Interaction Research,Vol. 43 No. 1 25-31 2019• Tomohiko TAIRABUNE, Takeshi CHIBA, Takashi TOMITA, Tomoya SAKURADA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH, Kenzo KUDO: Questionnaire survey on knowledge and perceptions of generic medicines for pharmacy students. Journal of Drug Interaction Research,Vol. 43 No. 1 17-23 2019• Kobayashi E, Abe C, Satoh N. : Patients' perspectives on generic substitution among statin users in Japan. J Public Health,27;11-19 2019• 小林 江梨子, 根本 由美子, 櫻田 大也, 佐藤 信範: 小学生対象の薬物乱用防止啓発講義に関する検討-意識調査を通して-. 医薬品相互作用研究,42 2 23-29 2018• 太田 若菜, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 平舩 寛彦, 千葉 健史, 富田 隆, 工藤 賢三, 佐藤 信範: 全処方箋に占める変更不可処方箋の割合等の実態に関する調査. レギュラトリーサイエンス学会誌,8 2 ;95-102 2018• Munetaka MARU, Tomoya SAKURADDA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Comparison of functional usability between brand-name and generic topical anti-inflammatory analgesics. 医薬品相互作用研究,Vol. 42 No. 1 16-22 2018• 工藤 賢三, 小林 江梨子, 夏目 紗恵, 石川 幸奈, 根本 由美子, 高橋 青衣, 小野寺 隆芳, 丸 宗孝, 櫻田 大也, 佐藤 信範: 小学生に対する医薬品適正使用啓発講義の検討. イーハトーブ,65;12-17 2018• 太田 若菜, 丸 宗孝, 阿部 智美, 小野寺 隆芳, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 先発医薬品と後発医薬品における貼付剤の物理的性質の比較-ロキソプロフェンナトリウム水和物製剤を例として-. 薬局薬学,9 2 ;192-198 2017• Takayama A, Kobayashi E, Nakamura T, Narukawa M. : Quantitative assessment of premium rates for clinical usefulness in new drug price calculation in Japan. Kazushi OSADA, Eriko KOBAYASHI, and Nobunori SATOH. : Relationship between drug dosage and antihypertensive effect in clinical trials. 医薬品相互作用研究,Vol. 41 No. 1 35-42 2017• 木村 美咲, 網岡 克維, 小野寺 隆芳, 丸 宗孝, 澤田 康裕, 工藤 賢三, 小林 江梨子, 佐藤 信範: OTC医薬品の情報提供における課題抽出に関するパイロットスタディ. レギュラトリーサイエンス学会誌,6 3 ;307-318 2016• 佐藤 信範, 小林 江梨子, 宮村 充彦, 工藤 賢三, 荒田 尚子, 島田 安博, 大山 邦男, 村山 純一郎: 新しい医療用医薬品添付文書の構築. 道薬誌,33 8 ;77-79 2016• 高松 大騎, 小林 江梨子, 伊藤 晃成, 佐藤 信範: 電子化お薬手帳の使用実態と患者の意識調査. レギュラトリーサイエンス学会誌,6 2 ;139-150 2016• 阿部 智美, 岡 遼太郎, 小野寺 隆芳, 丸 宗孝, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 貼付剤の先発医薬品と後発医薬品における物理的性質の比較. 薬局薬学,8 1 ;67-73 2016• 高安 芽衣子, 與那原 希, 松本 美奈子, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 緩和ケア情報の在り方に関する研究. レギュラトリーサイエンス学会誌,6 1 ;11-20 2016• 野田 龍也, 田倉 智之, 中村 哲也, 小林 江梨子, 成川 衛, 今村 知明: 医薬品と特定保険医療材料 医療機器 の価格決定に関する定量的な手法の研究. 厚生の指標,62 15 ;38-45 2015• 小林 江梨子, 成川 衛, 高山 茜, 中村 哲也: 新薬の薬価算定 原価計算方式 における平均的利益率の補正の定量的評価. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,46 7 ;433-437 2015• 木村 美咲, 黒沢 智佳子, 小林 江梨子, 佐藤 信範: OTC医薬品に対する来客患者の意識調査. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,46 7 ;464-474 2015• 小林 江梨子, 浅田 和広, 阿部 智美, 荒田 尚子, 大山 邦男, 川上 明三, 工藤 賢三, 小村 誠, 島田 安博, 鳥山 五月, 服部 洋子, 宮村 充彦, 村島 温子, 村山 純一郎, 佐藤 信範: 新しい医療用医薬品添付文書モデル 案 の提案. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther,46 2 ;55-63 2015• 成川 衛, 小林 江梨子, 中川 久美子, 高山 茜, 中村 哲也: 新薬の薬価算定における有用性加算等の加算率の定量的評価.医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 46 3 ; 131-135 2015• 保坂 萌, 飯島 久志, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 保険薬局における外用薬の混合調剤の実態調査に関する研究.医薬品相互作用研究, Vol. 38 No. 2 25-30 2014• 黒沢 智佳子, 小林 江梨子, 佐藤 信範: OTC医薬品に対する企業勤務者の意識調査.医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス, 43 3 ;251- 260 2014• 神田 藍, 川﨑 淳史, 森田 理恵子, 武者 愛美, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書における「腎機能」に関する記載内容についての検討. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther ,Vol. 44 No. 4 313-318 2013• 秋山 和映, 吉良 美里, 福原 千津, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 混和方法の相違による自動散剤分包機の分包精度に関するパイロットスタディー. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 2 21-25 2012• Chika UCHIYAMA, Tomoya SAKURADDA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Large-scale questionnaire surver to assess doctors' attitudes toward package inserts for prescription drugs in clinical practice. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 2 27-37 2012• 福原 千津, 兼重 千夏, 秋山 和映, 小林 江梨子, 入江 康文, 佐藤 信範: 透析患者におけるニフェジピンの後発医薬品への切り替えに際しての降圧効果の検討. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther,Vol. 43 No. 6 387-392 2012• 黒沢 智佳子, 内山 知香, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書の課題~承認条件の在り方に関する検討~. 臨床薬理 Jpn J Clin Pharmacol Ther,Vol. 43 No. 6 381-386 2012• Hiroshi KARIKOMI, Tomoya SAKURADA, Sachiko OHDE, Kazumi GOTOH, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH: Safety of Pandemic Influenza A H1N1 2009 Vaccination during Pregnancy in Lapan. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 1 39-46 2012• 櫻田 大也, 小嶋 文良, 長谷川 哲也, 佐藤 信範: 実務実習指導・管理システムの活用と評価. 医薬品相互作用研究,Vol. 36 No. 1 21-27 2012• 吉良 美里, 高橋 由佳, 野口 栄眞, 堀越 慶一, 丸山 裕徳, 幸田 真純, 杉山 宏之, 刈込 博, 北島 眞由美, 喰田 崇, 永田 泰造, 井上 真理, 図師 清二, 平松 久嗣, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書に記載の「社内資料」情報提供体制に関する検討 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,Vol. 43 No. 8 761-769 2012• 乾 杏菜, 福原 千津, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医薬品回収の実態に関する研究. 医薬品相互作用研究,Vol. 35 No. 32 23-29 2012• KAZUYA UCHIBORI, ATSUSHI KASAMATSU, MASAHIKO SUNAGA, SATOSHI YOKOTA, TOMOYA SAKURADA, ERIKO KOBAYASHI, MASAHARU TOSHIKAWA, KATSUHIRO UZAWA, SHIRO UEDA, HIDEKI TANZAWA, NOBUNORI SATO : Establishment and characterization of two 5-fluorouracil-resistant hepatocellular carcinoma cell lines. INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY,40;105-1010 2012• Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Community pharmacists' perspectives on generic substitution on Japan. J Public Health,19;249-256 2011• 小林 江梨子, 小野口 麻美, 小林 美沙樹, 佐藤 信範: 妊娠・授乳中の女性への薬剤投与に関する医薬品情報の現状. 産科と婦人科,Vol. 78 No. 9;111-116 2011• 高橋 由佳, 内山 知香, 田中 恵未, 平井 麻衣子, 櫻田 大也, 小林 江梨子, 佐藤 信範: 医療用医薬品添付文書における「適用上の注意」の項に関する検討. 医薬品相互作用研究,Vol. 35 No. 1;23-32 2011• 小林 江梨子, 神田 藍, 佐藤 信範: 平成22年度「レギュラトリーサイエンス推進調査研究事業」研究報告 患者・消費者の視点から見た医薬品情報の現状及びあり方に関する研究. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,Vol. 42 No. 8;723-730 2011• 妙中 義之, 山本 晴子, 小林 江梨子, 成川 衛, 上崎 勇一: 医療機器の臨床試験の実施の基準 医療機器GCP について. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,Vol. 42 No. 8;680-683 2011• Yasuko Hirano, Tomoya Sakurada, Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Present status of drug information regarding breastfeeding women -Evaluation based on expressions for the item "breastfeeding women" of package inserts-. 医薬品相互作用研究,Vol. 34 No. 3;5-8 2011• Eriko Kobayashi, Tomoya Sakurada, Shiro Ueda, Nobunori Satoh: Public involvement in pharmacogenomics research:a national survey on patients' attitudes towards pharmacogenomics research and the willingness to donate DNA samples to a DNA bank in japan. Cell Tissue Bank,12;71-80 2011• Noriko Takeuchi, Emi Takenoshita, Fumino Kato, Tomoko Terajima, Makoto Ogawa, Satoshi Suzuki, Takayuki Fujii, Eriko kobayashi, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Doubling of serum creatinine: is it appropriate as the endpoint for CKD? Proposal of a new surrogate endpoint based on the reciprocal of serum ceatinine. Clin Exp Nephrol, vol15;100-107 2011• Eriko Kobayashi, Hiroshi Karigome, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Patients' attitudes towards generic drug substitution in Japan. Health Policy, 99;60-65 2011• Eriko KOBAYASHI and Nobunori SATOH: Hospital Directors' and Community Pharmacists' Attitudes Towads Pharmacogenomics Research and a DNA Bank in Japan. Current Pharmacogenomics and Personalized Medicine, Vol. 8 No. 2;117-123 2010• 33 No. 2;9-14 2010• Eriko KOBAYASHI, Masumi KODA, Mitsuyoshi KUROKI, Manabu TAKAHASHI, Sachi KOTANI, Nobunori SATOH, Shiro UEDA: A pilot study - drug information sources for patients. 医薬品相互作用研究, Vol. 34 No. 1;13-16 2010• Tomoya SAKURADA, Shinya TAKADA, Hisae EGUCHI, Keishiro IZUMI, Nobunori SATOH, Shiro UEDA: Relationship between plasma concentrations of morphine and its metabolites and pain in canaer patienta. Pharm World Sci,vol. 32 No. 6;737-743 2010 DOI 10. Tomoya SAKURADA, Masaharu YOSHIKAWA, Masahiko SUNAGA, Eriko KOBAYASHI, Nobunori SATOH, Osamu YOKOSUKA and Shiro UEDA: Expression of Drug-Resistant Factor Genes in Hepatocellular Carcinoma Patients Undergoing Chemotherapy with Platinum Complex by Arterial Infusion. pharmaceutics2010,2,300-312, doi:10. Issue 1. 1000101, doi:10. 1000101• Eriko Kobayashi, Tomoya Sakurada, Shro Ueda, Nobunori Satoh: Public involvement in pharmacogenomics research: a national survey on patients' attitudes towards pharmacogenomics research and the willingness to donate DNA samples to a DNA bank in Japan. Cell Tissue Bank, doi;10. Eriko Kobayashi and Nobunori Satoh: Public involvement in pharmacogenomics research: a national survey on public attitudes towards pharmacogenomics research and the willingness to donate DNA samples to a DNA bank in Japan. Cell Tissue Bank, 10 4 ;281-91 2009• Kazuteru Akiyama, Chinatsu Kaneshige, Tomoya Sakurada, Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Yasuhumi Irie, Shro Ueda: Use of magnesium oxide in hemodialysis patients. 医薬品相互作用研究, Vol. 33 No. 1;20-25 2009• Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh: 4年制薬学卒業生と6年制薬学卒業生との同等性をいかに確保するか. 薬剤学 -生命とくすり-, Vol. 69 No. 6;411-412 November 2009• Kazuteru Akiyama, Chinatsu Kaneshige, Takashi Tabe, Hiromichi Yoshida, Yoshio Otake, Kazuaki Nakazima, Kazushi Suzuki, Nobunori Satoh, Yasufumi Irie, Shiro Ueda: An Attitude Survey of Defecation Affecting QOL of Patients on Hemodialysis. Jpn. Soc. Hosp. Pharm. , Vol. 44 No. 2;229-231 2008• 32 No. 1;5-9 2008• 32 No. 1;11-14 2008• Takumi Miyazaki, Takashi Misu, Mio Suga, Tatsuhiro Nakai, Takako Okuwaki, Satoko Suzuki, Eriko Kobayashi, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Construction of a prescription drug information leaflet-generating system reflecting the condition of individual patients and contents of prescriptions. Jpn. Drug Inform. , 10 2 ;110-118 2008• Takashi Misu, Satoka Ochiai, Hiroshi Karikomi, Tomoya Sakurada, Tadao Inoue, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Investigation of over-the-counter drugs used during pregnancy and literature search of their components. Jpn. Drug Inform. , 10 2 ;126-140 2008• 櫻田大也, 小林典子, 寺島朝子, 木津純子, 佐藤信範: 実務実習指導・管理システムの構築とパイロットスタディ 医薬品相互作用研究, Vol. 32 No. 2;21-26 2008• Shinichi Watanabe, Takashi Misu, Teruko Kurihara, Satoko Suzuki, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Regulation of the Statement in the Information on Drug Metabolizing Enzyme in the Package Insert -The Present Regulation nad its History in Japan, the U. and the U. - Jpn. History Pharm. , 43 2 ;175-180 2008• YOSHIHARA Hiroshi, SAKURADA Tomoya, SATOH Nobunori, UEDA Shiro: Effort toward Medication Error Prevention in a Pharmaceutical Corporation in Japan. JJQSH, Vol. 2 No. 2;166-172 2007• Satoko Suzuki, Teruko Kurihara, Chizuko Haruna, Takatoshi Kaneko, Takashi Misu, Tomoya Sakurada, Nobunori Satoh, Shiro Ueda: Application of a prescription drug database in medical informatics: Construction of database as a search for similar and comparable drugs. Jpn. Drug Inform. , 9 2 : 131-136 2007.

次の