日本 郵政 株。 「日本郵政」「東京メトロ」 株式売却期限を27年度に 5年延長 政府が方針固める

日本郵政 (6178) : アナリストの予想株価・プロ予想 [JAPAN POST HOLDINGS]

日本 郵政 株

参照: 日本郵政グループの持株会社。 日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の3社が主体。 利益を出している金融2社(ゆうちょ銀行、かんぽ生命)に依存。 金融窓口・銀行はゆうちょ銀行。 生命保険はかんぽ生命。 事業ポートフォリオを見る限り、かんぽ生命が売上の主柱であることが確認できます。 しかし、近年の不適切な保険販売による業務停止命令により、今後の動向に注目です。 日本郵政配当金の推移 日本郵政は比較的高配当。 2016年:25 円 2017年:50 円 2018年:57 円 2019年:50 円 2020年:50 円(会社予想) 配当金は年間50円で推移しています。 安定的に配当を出していますが、今後も配当が減額する可能性があります。 現状のチャートを見る限り上昇が見込めません。 今後も株価は低迷すると見れます。 経常利益の推移 2020年は減益予想 2016年:9,662 億円 2017年:7,952 億円 2018年:9,161 億円 2019年:8,306 億円 2020年:7,100 億円(会社予想) 2020年の経常利益が減少は、業務改善停止後を見越した予想。 とはいえ、これ以上の減益になる可能性が高いと予測します。 財務状況 自己資本比率:4. 57円 流動比率:- 現状の財務状況は問題ありません。 日本郵政の株主優待 日本郵政の株主優待は特にありません。 日本郵政の今後 日本郵政は2020年1月6日に増田寛也元総務相を社長に迎えています。 しかし、旧態依然の環境を変える事は非常に困難です。 既存の収益現では先の見通しは暗いと言えます。 また、2022年度までに日本郵政株の第3次売り出しを控え、株価が下落する傾向があります。 以上のことを踏まえると、今後も厳しい状況が続きそうです。 まとめ 日本郵政は混迷が続いています。 収益の柱であるかんぽ生命の不正問題、日本郵便の利益減少。 今後も厳しい状況が続きます。 結論として、高配当銘柄と言えるものの、買い銘柄ではありません。

次の

日本郵政の政府保有株売却、かんぽ生命問題で年度内見送りへ―関係者

日本 郵政 株

・日本郵便(非上場) ・ゆうちょ銀行(7182) ・かんぽ生命(7181) 有名3社は日本郵政グループの子会社です。 日本郵政の株価分析(現状) 株価の推移(チャート) 10年チャート 出典: 上場前は「超大型株の上場!」とか言って派手に騒いでいました。 しかし、 上場後は株価急落。 その後3年程持ち合い状態でしたが、かんぽ生命の不適切販売をきっかけに1,200円の支持線をブレイクダウンしてしまいました。 チャート分析ではライン(支持線・抵抗線)の重要性がよく分かりますよね。 このタイミングを狙って全力空売りを仕掛けた人もいるかもしれません。 株価が下がる理由 日本郵政株が下落する一番大きな原因は 「国による日本郵政株売却」です。 2兆円分売却するという計画があります。 つまり、機関投資家よりも強力な「国」という超大型巨人が10億株も売却してきます。 この売却計画を知っている機関投資家は当然買いませんし、無知な個人が少々買ったところで焼け石に水状態。 株価はピクリとも動きません。 株価が下がるのは必然と言わざるをえませんよね。 参考指標.

次の

日本郵政(6178)株価分析|株価が下がる明確な原因があります。|進撃の個人投資家

日本 郵政 株

日本郵政のみんかぶ目標株価は「1,042円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 1,048円 、証券アナリストによる予想では【中立】 予想株価 1,028円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 1,069円 と判断されています。 日本郵政は、【宅配、3PL、生命保険】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の