ドロヘドロ 原画 展。 ドロヘドロ原画展

ドロヘドロ原画展に行ってきました

ドロヘドロ 原画 展

Advertisement はじめに 先日、東京・渋谷の西武Movida館で開催されていた『ドロヘドロ原画展~林田球の世界~』に行ってきました。 ご存じない方に簡単に説明すると、「ドロヘドロ」というのは2000年から2018年の長期にわたって「月刊IKKI」他複数の月刊誌で連載されていた漫画(既刊23巻完結)で、サイバーパンクとホラーと魔法ファンタジーをミックスしたような独特の世界観と、主人公の出自を巡るサスペンスフルな物語と、そして何より林田球先生による「濃密」という他ない魅力溢れるアートワークで、連載が終了した現在もカルト的な人気を誇る作品です。 御多分に漏れず、筆者も林田球先生のアートワークの大ファンでして、古参ファンのふりして(実際はコミックス7巻くらいから)知ってることを書き連ねますが、林田先生は国立東京藝術大学油画専攻のご出身、1977年生まれの女性です。 デジタル描画が主流となった漫画界において、未だにアシスタントをつけることなく、殆ど手作業で下書きからペン入れ、カラーページは筆による彩色を行うスタイルで、そのこだわりから生まれるアートの鬼気迫る迫力は誌面を通して滲み出てくるかのようです。 非常に陳腐な表現になってしまいますが、林田先生の絵には、筆者が思う「カッコいい要素」が詰め込まれている気がしています。 そんなわけで筆者にとっては林田先生の原画の鑑賞は長年の悲願であったわけです。 それがついにアニメ放映スタート(東京MXほか)を契機にして原画展実現の運びとなり、開催アナウンスがあってから楽しみにしていたのですが、会期を大幅に読み間違えて危うく見逃しそうになりまして。 というのも、会期である「2020年2月22日から3月1日まで」というのをフライヤー等で確かに目にしてはいたはずなのですが、日程のこう月を跨いでる感じと、美術館などで開催される企画展などのイメージから「2月22日から一カ月くらいやってる。 」と何故か思い込んでしまい、2月も末日になって物販はどんなのがあんのかなあと公式サイトを覗いたときに「あれ?終了まであと3日間しかなくね?」と椅子から転げ落ちそうになり、その日の仕事帰りに慌てて馳せ参じたわけでございます。 Advertisement ドロヘドロ原画展~林田球の世界~ そんなわけで、本稿を投稿する頃にはもう終了してしまっている展示ではございますが、次回は大阪で開催されるという情報もございますので、ご参考までにお付き合いください。 以下写真中心のレポートとなります。 開場は東京・渋谷の西武movida館。 公園通りの坂の麓付近、近年は無印良品によってそのフロアの殆どを占拠されているビルです。 えっちらおっちらエスカレーターを6階まで登っていくと、カイマンのスタンディ(立て看板)がお出迎え。 入場料は一般900円。 入場券と、特典としてランダムな絵柄のポストカードが貰えます。 公式サイトより 筆者が貰った図柄は上段一番左のピンクのやつ。 この件は後述しますがほんとこんなこと言いたくありませんが、ちょっとハズレ引いたかなと思いました。 写真が接写の上、手振れが激しいですが、会場内の通路が狭く、来場者も多かったため満足な撮影ポジションが取れなかったためです。 決して筆者の腕が悪いわけではないと何卒ご承知おきください。 林田先生描きおろしのウェルカムイラスト。 スケッチブックから破り取ったような紙の端が、即興で用意してくれたような先生の気前の良さが感じ取れます。 言い忘れましたが会場内は一部を除いて撮影可でした。 原画展示はコミックスの年代順に並んでいました。 個人的に初期のマグマが溢れ出しているような荒々しい絵が特に好きです。 展示の大きな見どころとして、原画に添えられた林田先生自身による製作にまつわるコメントがあります。 こんな感じとか。 ニカイドウの魔法の箱はロケランだったんですね。 筆者と同い年で趣味も同じ、これはもう運命という他ありませんな先生!(何がだ) Advertisement 林田先生の10年前くらいのインタビュー記事で、画材は厚手の漫画原稿用紙にペン入れまで終えたものを、画用紙にコピーして、アクリル絵具で彩色していると読んだことがあります。 テクスチャ感を出すために、瞬間接着剤を原稿に垂らしたり、異素材をそのまま貼り付けたりといったおよそ他の漫画家さんがやらないような手法も取っているそうです。 美大出身という経歴が、従来の漫画創作手法の垣根を取り払っているのでしょうね。 そういえば林田先生の創作に欠かせない要素として、創作ノートならぬ「スケッチブック」の存在があります。 (展示にも内容を撮影したものがあったのですが、つい見入ってしまって写真撮るのを忘れてしまいました。 )18年におよぶ連載で、19冊にもなったというアイデアの卵を詰め込んだスケッチブック。 ちょっと話が逸れるようですが、現在好評連載中の山口つばさ先生の「ブルーピリオド」という人気漫画、こちらは林田先生が通った東京藝大油絵専攻を受験する主人公の物語なんですが、劇中において美術教師に一枚の絵を描くのに1冊のスクラップブックを作れと指導され、以降大作に取り組む際にはスクラップブックをまず創る様子が描かれており、「あ、林田先生と同じことしてる。 この作品を読んでから、ドロヘドロ原画展に行くとより味わい深いものがあると感じました。 Advertisement 展示の最後の方には、新連載の「大ダーク」の原画展示もございました。 死者の魂を骨付き肉にしてむしゃむしゃ食べる死ま田・デス(一番右)に、能井を感じてほっこりしてるのは筆者だけではないはずです。 展示の紹介は以上ですが、こういった企画展に欠かせないのは物販グッズ。 ちょっと苦言を申し上げると、約10日間という会期、発行部数3万くらいの月刊誌連載という枠では予想が難しかったとは思うのですが、筆者の訪問した7日目時点、二度目最後の週末を控えているのにちょっと売り切れ品が多かったような気がします。 関連イベントの先着特典も個数200だったとか。 18年連載してて、さらにNETFLIXでアニメ配信してるんですよ?200なわけないじゃないですか。 日本を代表する漫画家の原画展なのに会場も小さめだし、もっと新国立美術館とかデカい箱でドカーンとやってほしかったです。 そしたら5回は行ったと思います。 これが筆者が当日手に入れたたもの。 左上からランダムポストカード、クリアファイル、グラニフコラボTシャツと購入特典ステッカー(別店舗)、ランダムアクリルスタンド、そして何となくタイムリーなのでマスクポーチ心先輩バージョンです。 おい、お前、古参ファン気取ってるくせに図録(スケッチブック4,500円)買ってねえのかよ、と尤もなご指摘もあろうかと存じますが、売り切れていたのですよ(涙)。 複製原画の購入も考えましたが、つい最近発売された林田先生のドロヘドロ原画集「MUD AND SLUDGE」を買ったばかりで金欠でして、こちらも泣く泣く諦めた次第でございます。 スリーゼロのアニメ版心が発売されたら今度こそ買うのでご勘弁頂きたい。 問題はこれ。 中身がランダムなアクリルスタンド税込900円。 運試しのつもりで1つだけ買いましたが、鳥太とかサーティーンとか出たら最悪だぜおい。 わーい。 何かポストカードおもっくそハズレが来たと思ってたけど、背景にピッタリじゃね? てなわけで、次回開催が完全に同じ内容かは判りませんが、行きたくても行けなかった方や、大阪で待ち構えている方のご参考になれば。 今回の原画展でわかったこと。 その1.企画展は早めに行け。 その2.先着特典欲しければ初日行け。 その3. 林田先生はサービス精神多め 数年後「大ダーク原画展」が東京で開催されるか…それはまだ混沌の中。 それがドロヘドロ! おあとが宜しいようで。

次の

「ドロヘドロ画集 MUD AND SLUDGE」 ヴィレッジヴァンガード限定描き下ろし特典ペーパー付

ドロヘドロ 原画 展

大人気で混み混みでした・・・💦 振り返ったらひどい写真ばかりだったんですけど、、、お楽しみください。 絵の横に林田先生のコメントキャプションがあるんですけど、 時間があったから凝った的なこと書いてあった気がします。 原画がこんな風になってるとは〜〜〜🥺しゅごい・・(👈もうほぼこれしか言ってないです。 笑) 見てコレ〜!うまくアップで撮れたんですけど、右上の方わかりますか?絵具でテクスチャつけてたりとか カイマンの防具も絵具削ってたりしてて、、、まじすごい・・・(すごいしかいえない) かわいいい〜〜〜ガールズ。 心と熊井のちいさいときの話・・・(すき) 👆幸せの心&熊井詰め合わせ・・・🎁💕💐 コレ、めちゃめちゃボコってから博士に気づく心に笑いました。 ハルちゃんすきです。 美人で自由。 強い女かわいいです。 表情変えれるのも良い👌 25,000円くらいで受注生産してたものみたいです。 笑 チダルマ欲しさに。 笑 結局一番前の真ん中のボスがでました👏 カイマンと二階堂がガチャやってるイラストあったのでまとめてみました。 💫笑 あたりまえに上手すぎるし、めっちゃキャンバスに書くみたいに書くし・・・・すごい。 笑 なんかすごい贅沢な凝縮された展示だったな〜と・・・ そして私のブログはすごい煙ファミリー贔屓な感じになっちゃいましたね。

次の

アニメ『ドロヘドロ』

ドロヘドロ 原画 展

「原画展」大阪開催にむけて 皆さんこんにちは、雲吞堂です。 今日はタイトルにもある通り、2月22日(土)~3月1日(日)に開催された、「原画展」東京会場についてのレビュー記事になります。 元々東京・大阪の2会場で、時期を分けての開催を予定していた原画展ですが、 大阪会場での開催は、残念ながら延期になってしまいました。 この度、5月 水 から5月30日 土 まで大丸<梅田>にて開催を予定して おりました「原画展」につきましては、政府からの緊急事態宣言の発令により、開催を延期することを決定いたしました。 公式ホームページより引用) の動向を見つつ、2020年夏ごろに再度開催を予定しているようですので、東京会場に行けなかった方や、これからの大阪会場の開催を楽しみにしている方のために、レビューを書いていきたいと思います。 「」とは? 知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に作品の紹介。 原画展 メイン絵 「」は、作者の先生により、2000年から2018年まで、「月刊」や「」などで連載をされてきた漫画作品です。 魔法使いにトカゲ顔にされてしまった大柄な男カイマン(上画像のマスクの男)が、友人の女性「ニカイドウ」と共に失った記憶を取り戻すまでの話を描いており、ダークでグロテスクながら、どこか憎めないコミカルなキャター、謎が謎を呼びながらも少しづつ核心に近づいていくストーリーなど、23巻をもって完結した今も熱狂的なファンが多い作品です。 その後、完結から2年の時を経て、2020年に突然のアニメ化。 今年の1月頃からで独占配信されました。 現在はこちらから入った方も多いかもしれませんね。 (一部グロテスクな表現があります。 苦手な方は注意!) 原画展、すごいぞ!というお話 作品について語りだすと止まらなくなってしまうので、そろそろ原画展の話をします。 私が行ったのは東京会場の2月24日(月)で、開催から3日目でした。 初日は開始から人がごった返す状況だったみたいですが、この3日目は整理券の配布があったからか、祝日にも関わらず入場前に少し待たされたくらいで済みました。 朝10時頃に整理券を受け取り、入れたのが11時頃の回。 中の時間制限はありませんでしたので、1時間~1時間半程度かけて、じっくり見て回ることが出来ました。 さて、林田先生直筆の絵を見るのは、高校生のころからを追ってきた私にはそれだけでたいへん感慨深いものがありましたが、折角なので凄さが伝わりやすいよう、4つの項目に分けてこの原画展の良かったところを解説します。 なお、この原画展では殆どの作品が写真撮影可です。 いくつかピックアップした写真は、全てこちらの会場のものになります。 1.林田先生の肉筆・アナログによる絵の迫力! 「」という作品は、ストーリーももちろん面白いのですが、まず目を引くのはその独特な作画表現でしょう。 作者の先生は出身と言うこともあり、PCソフトを使ったデジタル作画ではなくアナログ・肉筆で絵を描いていらっしゃるので、直に絵を見るとその力強さを味わうことができます。 特にカラーの絵については、絵の具による厚塗りを繰り返しながら色を付けているようで、単行本では分からなかった、物理的な「絵の厚み」があることに感動しました。 人気キャラ「心」の初登場カラー。 効果音や血しぶきの迫力がスゴイ。 アイスクリームの溶け出し方が絵の具の垂れたような表現と相まってすごくリアル。 2.作画工程がわかる、下書き段階の絵が見られる! 主人公カイマン 下書き段階 完成後 細部が下書きと異なる ふつう、マンガの読者は単行本という形で、完成した絵しか見ることができません。 しかしながら、この原画展では、林田先生がどんな形で作品を作り上げていくのか、という一端に触れる事が出来ます。 原画展のメインとなっている雨に打たれるカイマンの絵(作品紹介画像)については、原画展の会場内で公開されている動画で、作画工程を見ることができます。 本当に一からこの絵を描いているんだ・・・と、当たり前のことなのですが、いざ目の当たりにすると感慨深いものがありました。 ぜひ自分の目でご確認ください。 (この動画は、撮影禁止でした) 3.作者の直筆コメント! 実はこの原画展、公開されている原画の多くに、作者である林田先生ご本人のコメントが用意されています。 敢えて原画の写真は載せず、コメントだけご紹介。 身も蓋もないコメント。 唐突に始まる野球回は 林田先生の強い希望で書かれた模様 他にも沢山ありますが、楽しみを奪ってしまうのは申し訳ないので、 この程度に留めておきます。 いつかの大阪開催までお楽しみに! 4.グッズの豊富さ!会場限定スケブはファン必見! 最後は、グッズについて。 かつてのグッズは、 さんが数多く販売していたのですが、現在はほぼすべての商品が品切れになっています。 当時は学生でなかなか手が出せなかったこともあり、私が持っているのは、 さんよりで発売された「ヘッドマスコットコレクション」のカイマンと恵比寿のみでした。 お気に入りの恵比寿はのストラップにしています。 (そのまま) しかし!ここでアニメ化されたことにより、 ナタリーストアさんで関連グッズの取り扱いを開始。 この原画展には、ナタリーストアで販売しているグッズも一部置いてあり、 会場に入れたのが比較的早かったのもあるのか、色々と購入することが出来ました。 スケッチブック表紙 スケッチブック背表紙。 かなり分厚い。 林田先生がアイディアを記載したスケッチブック19冊をひとまとめにしたもので、 写真のとおり2cmほどの幅がある分厚い本です。 値段は¥4,500+税とお高めですが、各キャラの初期設定やラフ画、当時のストーリー展開の予定など、林田先生の頭の中の一編がそのまま書かれていると言っても過言ではありません。 の事を隅々まで知りたいんだ!というファンの方は、早めに会場に行って確保するのをおすすめします。 (結構重いしかさ張るので、買う場合は持ち運び用のバッグ等はあった方が良いです) まとめ 色々と書いてきましたが、個人的に大満足の内容でした。 生で見る林田先生の原画は本当に凄いし、グッズも買える・・・! 単行本を買っている方だけではなく、アニメからファンになったという方も、ぜひ訪れてみてください。 ただし、完結までの内容がネタバレになりますので、そこは自己責任で。 最後に、延期となった大阪での開催が無事行われることを心から祈っています。 の一日でも早い終息を願って、はに登録し、家でのアニメを見ましょう。 大変作りこまれてて良い出来なので。 それでは、雲吞堂でした。

次の