長らく ご無沙汰。 「ご無沙汰」と「お久しぶり」どう違う?意味と使い方は?【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#5】

「ご無沙汰しております」の意味と使い方!ビジネスや目上への例文

長らく ご無沙汰

唐突に、日常においてお手紙と言うのも、確かに少し違和感があるというか、足踏みしてしまいますね。 だから、季節のご挨拶というのは、本当に善い機会だと思うのです。 一番近いと、初夏〜夏でしょうか。 選りすぐりの絵葉書と、記念切手を用意して、綺麗な字を書ける様に練習をしつつ、夏になったら、「暑中見舞い申し上げます」 出だしは、謝罪から…でしょうか 「長らくご無沙汰してしまい、申し訳ございません。 お変わりありませんか?」 このくらい律儀な感じで一度出します。 日常、少しバタバタとしている事を匂わせて、数行にまとめて添えて。 その後、相手からリアクションを頂けたら、再度、今度はメールでも返すと思います。 「突然ですが、メールしてみました。 元気?お返事有難う」と。 私ももう数年、年賀状を相手に貰ってから疎遠にしてしまった友人に、手紙でも出してみようかと考えておりました。 一度途切れさせてしまったご縁ではありますが、戻れば嬉しいな、と思います。 ユーザーID: 7901709212• はがき 私も結婚・出産後に疎遠になってしまい、年賀状だけのつきあいになってしまった友人がいますが、 またいつか会いたいと思っています。 年賀状が来るということは、会っていなくてもご友人にとってトピ主さんは友人ですよ。 手紙を書きたいけど何を書いたらよいか悩むのであれば暑中見舞いは如何ですか? 絵葉書でもいいですし、パソコンで作るならテンプレートの無料のサイトがあります。 短文でもトピ主さんがご友人と久しぶりにまた話がしたいということが伝わればよいと思います。 また、年賀状を返せなかったご友人にはきちんと誤りの一文を入れた方がよいかと思います。 唐突ということで躊躇されるお気持ちも分かりますが、何もしないよりも、まずは一報入れてきっかけを作ってみて下さい。 ユーザーID: 6856478520.

次の

長らくのご無沙汰です^-^

長らく ご無沙汰

長らく連絡をしてなく久しぶりの連絡となるご無沙汰のお詫びの手紙のポイント ご無沙汰のお詫びだけで手紙を書くことは、今の時代だとあまりないのかもしれません。 何かの用事で合わせてご無沙汰のお詫びを綴るというケースが多いかもしれませんが、久しぶりの連絡となる場合の書き方については注意しながら書きましょう。 お詫びの手紙については、特にくどくどと色々言い訳したり、弁解するのは止めましょう。 近況や連絡のなかった間の話しをするとお互い相手の様子が思い浮かぶので親切です。 お詫びの手紙にも関わらず、言い訳ばかりですと相手からの印象が悪くなります。 正直な理由と誠実にお詫びを心がけて手紙を書くようにし、近況や何をしていたのか?というのを詳細に記すといいでしょう。 久しぶりの連絡となりご無沙汰をお詫びする手紙文例 だんだんと厚さも厳しくなってまいりましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 こちらにまいりましてからも、時折お便りをと心にかけながら、つい家事にとりまぎれてご無沙汰をしてしまいまして、誠に申し訳ありません。 主人も相変わらず元気に毎日働いております。 最近では、ふたりで公園を30分ほどウォーキングを始め、季節の変わり目を感じながら健康に過ごしております。 秋口になれば、一段落もつき年内にはなんとか一度上京できるかと思います。 久々にご挨拶かたがたお訪ねしたいと存じております。 まずは右、ご無沙汰のお詫びかたがた近況ご報告まで。 かねがねご様子をお伺いしようと思いながら生来の筆無精、ついつい一日送りになり申し訳ありません。 その後、先生もお変わりなくお元気でしょうか。 私も刺激を受け、犬と一緒にお散歩がすっかり日課になりました。 先生の健康の源であるゴルフのお話についても今度お聞かせ下さい。 ご都合のよろしいときに、近々ご挨拶にでもと願っております。 まずは右、ご無沙汰のお詫びかたがた近況ご報告まで。 お詫びをしたうえで、本文で伝えたいことを伝えることにはなりますが、相手の安否や自分の現在の状況など、久しぶりとなる相手が気になるであることを伝えるとより意味のある連絡となるでしょう。 何気ない日常の内容となるので、あまり硬くならずに気軽に自分の言葉で近況報告するとともに、頻繁に会う事ができないからこそ、近況や詳細を本文に盛り込むようにしましょう。 いつも会っていないと、なかなか電話しにくいものですし、今の相手の状況も把握できないので、最近の様子がわかるように伝えると、相手の方も安心しより親交が深まるでしょう。 ネガティブ表現はなるべく避けてポジティブに 恩師や目上の人に送る場合は特に、言葉の表現には気を付ける必要があります。 ネガティブな言葉を並べられると、受け取った側も非常に心配になりますし、手紙をもらったのに余計な気苦労を負わせてしまう結果になりかねません。 ネガティブな出来事があったとしても、その言葉だけで終わらせずに表現をポジティブにするよう心がけると、受け取った側も心配せずに済みますので、表現には気を付けましょう。

次の

「ご無沙汰しております」を使った手紙

長らく ご無沙汰

話し言葉でも書き言葉でも頻繁に使われており、目上の相手に対しても使うことができます。 「ご無沙汰しています」と言った後は、「お変わりありませんか?」「どうお過ごしですか?」など、連絡をとっていない期間への配慮の言葉を続けるといいでしょう。 話し方や前後の言葉で相手への伝わり方が変わってくる言葉だといえます。 私生活においては、長らく会っていなかった相手と久しぶりの再会をしたときや、しばらく連絡が途絶えていた相手に連絡をするときなどに使います。 (1)「お久しぶりです」 前回、会ったり連絡をとってから長い時間が経過しているときに使います。 【例文】 ・ お久しぶりです。 たまには一緒にご飯でもいかがかと思い連絡いたしました。 【例文】 ・ずいぶんと 久方ぶりです。 義理と人付き合いの道理から考えれば、連絡をとるべきだったのにそうしてこなかったというお詫びの気持ちを全面に押し出すときに使うことがあります。 【例文】 ・ずいぶん前にご連絡を頂いたにもかかわらず、 不義理をしてしまい申し訳ございませんでした。

次の