太陽 は 動か ない。 太陽は動かないのロケ地や撮影場所は?藤原竜也主演映画!

藤原竜也:「太陽は動かない」最終話 見どころは安藤政信との「決着」

太陽 は 動か ない

『太陽は動かない』の概要 吉田修一さん原作の『太陽は動かない』の実写化。 彼は『悪人』や『怒り』などの小説を書く人気小説家です。 そんな待望の実写化で主人公に抜擢されたのは『カイジ』『デスノート』などでおなじみ、何かと巻き込まれる俳優: 藤原竜也。 もう一人の主人公は、ドラマ『テセウスの船』や『名探偵ピカチュウ』などに出演する若手俳優: 竹内涼真。 二人の心臓に爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るサスペンスアクションです。 元々映画の公開日が 5月15日で、ドラマ版の初回放送が 5月24日だったので、映画が公開してからドラマが放送されるといった流れでした。 しかし新型コロナウイルスの影響で 映画の公開が延期になり、ドラマ版の方が映画より先に公開される事に。 【公開延期のお知らせ】 5月15日 金 に公開を予定しておりました『』につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大防止及びお客様の健康を第一に考え製作委員会で協議した結果、公開を延期することになりました。 このやり方だと 不満を持つ方がたくさん出てくる可能性があり、逆に映画を見る意欲がうせてしまう事だってあるかもしれません。 一応映画とドラマ版の繋がりは多少あるみたいですが、ドラマを見ていないから、映画が楽しめないなんて事にはならないと思います。 全く別のオリジナルストーリーなのと、映画の方が先に公開する予定でしたので、むしろ 二重に楽しめる良い事だらけだと感じます。 ドラマ版も凄く面白く、WOWOWの作るドラマは本格的で個人的にかなり好きです。 この後ストーリーについて解説していきますが民放などで放送してるドラマより断然面白いと思いますし、ドラマを見て映画。 映画を見てからドラマを見るでも全然ありです。 私自身WOWOWに長年加入しており、 映画やドラマといったコンテンツはもちろん、テニスや音楽など幅広く楽しめます。 もし気になっている方は、WOWOWに加入するメリットやデメリットなどをまとめた記事も書いていますので、是非そちらも読んでいただきたいです。 ドラマ版『太陽は動かない』概要 ここからは映画に先駆けて放送されている『太陽は動かない-THE ECLIPSE-』について解説していきたいと思います。 ドラマ版の方は映画とは違い、 タイトルに副題が付いています。 映画と混同しない為にあえてそうしたのかもしれません。 ちなみに副題の【ECLIPSE】と言うのは日本語で「 日食・月食」といった… ある天体が他の天体によって姿が隠れる現象の事を指します。 他にもギリシャ語で「 姿を消す」「 力を失う」などの意味も。 今作のタイトル『太陽は動かない』に掛けての副題だと思われますが… 日食は太陽が月に覆われて見えなくなる現象。 つまり 太陽は主人公たちであり、影で活躍する彼らを表現しているのではないでしょうか。 まあだいぶ勝手な憶測ですが… そんな話はさておき、ドラマ版の方ストーリーを解説していきたいと思います。 第一話が無料で配信! まず初めにお伝えしますが… 第一話は無料で放送されています! なんという懐の深さ。 ホームページや動画配信サイトYouTubeでも公開しており、 WOWOWに加入しなくても無料で視聴する事ができます。 無料で観られる期限は2020年7月11日(土)までなので、もし見たい方はお早めに… 見どころ• 緊迫した爆弾解除のシーン• 鷹野と田岡の出会い• 竹内涼真のシャワーシーン 爆弾を解除する二人のシーンは息を呑むような緊迫感が。 さらには第一話という事で主人公の二人が初めて出会うシーンなどがあります。 映画版では最初から出会った状態で物語が始まるのか?それとも同じように出会いのシーンから始まるのかわかりませんが、一層早く映画が見たくなりました。 初っ端から爆発した現場のシーンから始まります。 東京消防庁の消防服を着た主人公の鷹野が爆発現場を彷徨っています。 この時の映像は ドローンで撮影されており、空から全体が見え、なかなか面白い映像になっています。 爆発の原因を調べる為消防隊員になりすましそこで何かを拾います。 それは爆弾の起爆装置の一部でした。 その事実を元副総理で政界のフィクサーである 中尊寺(石橋蓮司)に報告。 中尊寺からは首謀者を特定するように依頼されます。 こうして物語はスタートしていきます。 オープニングもどこかレトロな感じがしてかっこいいですよね。 爆破をテロと睨むNPO法人「みなと人権センター」の職員である 落合(多部未華子)は中尊寺が爆破に関わっていると思い、自宅に向かいます。 門前払いされますが。 男性キャストの方が多く、とても渋い作品でもあるなと思いました」 紅一点の落合の活躍にこうご期待💥 — 『太陽は動かない』公式 taiyowaugokanai 都市博覧会の開催地として候補に挙がっていたのが、現在決まっている「 西東京」と、中尊寺が推し進めていた「 湾岸」の二つ。 決まっていた「西東京」の建設予定地が爆破されれば、もう一つの候補地である「湾岸案」になり、中尊寺の思う壺。 実際に爆発が起きたことにより、爆発自体が中尊寺の策略だと思い込む落合。 そして調べていく内に 裏工作や情報の売買を行う組織がいる事を耳にします。 その名は【 AN通信】 アジアなどの各国でニュースを配信会社は表向き。 裏では 情報の売買などを行っています。 80年代にアジアのCNNを作るという「 GMN構想」があり、アメリカはアメリカの放送局、ヨーロッパはヨーロッパの放送局。 そしてアジアのニュースは日本が集め、毎日それぞれ8時間放送するというものです。 ちなみにGMNは「 Global Media Network」の略。 CNNは1980年に世界で初めて作られた24時間放送されるニュース専門チャンネルです。 しかし昭和という時代が終わったことで、計画自体が消えてしまい、 その時作られた企業名義の海外の隠し口座に莫大な国家予算が流れ、AN通信が作られました。 アジアの各国で集めた情報を、大衆に向けて発信するのではなく、権力者のような人物に売買する方向に軌道修正されます。 今では世界を股にかけ活躍している諜報部隊…いわゆる 産業スパイなのです。 そんな中尊寺とは 18年前からの付き合いだそうです。 18年前に何かあったのでしょうか?もしかしたらどこかで明かされるかもしれません。 暴力団の会長である佐々木という人物にあう鷹野。 佐々木を裏切った密入国者のスパイにより、佐々木の身内に逮捕者が。 裏切り者の情報と引き換えに、爆発事故の首謀者を探ろうとします。 その後鷹野の上司である風間と会話し、新人を付けられる事に。 そこに新人エージェントの 田岡(竹内涼真)がやってきます。 鷹野の車が建物に入ってく所を外から見ていた田岡ですが、鷹野にはバレていました。 そしてみどころの一つ?である 竹内涼真のシャワーシーン…肉体美が素晴らしいです。 / 1話を振り返って第2話に備えよ! \ 第1話の未公開&メイキングショットを公開!.。 鷹野は「昔見たことがある。 8年前に俺の目の前で爆発した」と。 その人物が後に物語の重大な鍵を握ります。 中尊寺に会いにきた鷹野たちですが不在と言われ、中尊寺の部下である第一秘書の永島と話をします。 「西東京」と「湾岸案」を巡る争いは、中尊寺の息のかかった反社会勢力がガス漏れ事故を装い爆発したと。 しかし協力していた大手ゼネコンが 情報漏洩を危惧し、爆発計画は凍結。 そしてその計画が何者かに乗っ取られ、実行されてしまいました。 元々の首謀者である中尊寺に疑いがかかるのは時間の問題。 中尊寺が疑われる前に首謀者を突き止めるのが今回のミッションだと。 永島と話しをしていく中で鷹野が「 ゼネコンが怖気づくような情報を誰かが与えたとしたら」といった仮説を言います。 そして爆破計画に対して反対だった永島を疑い始めます。 しかし裏切るなら18年前に裏切っていたと。 またもや謎の過去が登場。 早く明かしてほしいですね。 そして最初の爆破がダミーだと気づいた鷹野たちは メイン・パビリオンに爆弾を探しに向かいます。 今作の一番の見どころである 爆弾解除。 宙づりで解除している姿はミッション・インポッシブルのトム・クルーズを彷彿とさせます。 外にいた犯人らしき男が爆弾を起動させます。 三分で爆発って…時間全然ねーじゃん。 時間が経つにつれて緊張感が増していく展開。 あんだけコードがあるのにどれを切っていいかわかる田岡も凄いですが… 途中鷹野が「 昔転校生と滝に行った」と発言していますが、おそらく映画で描かれる鷹野の高校時代の話に出てくる人物だと思われます。 こういった細かな所で映画と連動しているのでこだわりようが半端ないです。 そして爆弾の結び方に気づいた鷹野ですが…別の爆弾が爆発し、メインパビリオンがぶっ飛んでしまいます。 犯人に爆弾解除の瞬間をカメラで捉えられており、謎の中国系企業が永島にその写真を。 長々と語っていましたが第一話は無料で放送されているので、普通に見ていただいて楽しんでもらえればと思います。 第一話登場のキャスト 鷹野一彦(藤原竜也) AN通信の優秀なエージェント。 両親に捨てられ弟を亡くし孤独に生きている。 田岡亮一(竹内涼真) AN通信の新人エージェント。 かつて山下の元にいたが、鷹野の相棒となる。 風間武(佐藤浩市) 鷹野と田岡の上司。 車いすで生活しており、かつて「GMN構想」を追っていた新聞記者だった過去も。 記事には「死亡か!?」とも書かれていたので、非常に謎が多い人物。 中尊寺信孝(石橋蓮司) 元副総理にして政界のフィクサー。 都市博覧会建設の「湾岸案」を推し進める人物でもあり、今回の爆破の首謀者でもあったが、何者かに乗っ取られた。 永島徹(吉田鋼太郎) 中尊寺の第一秘書。 野心家で鷹野たちを敵視している。 周宇睿 (酒向芳) 謎の中国系企業の男。 鷹野たちの写真を持っていたりと怪しい人物。 落合香(多部未華子) NPO法人「みなと人権センター」の職員。 中尊寺に固執しており、さらには風間との因縁も? 桐野研次郎 (柿澤勇人) 衆議院議員で元総理の息子。 エリートで、中尊寺からは目の敵にされている。 第二話 5月28日放送の第二話。 6月7日夜9時から第二話。 10時からは第三話を限定で公開。 一夜限りなので是非見ていただきたいと思います。 見逃してしまった方は、これを機にWOWOWに加入する事をおすすめします。 見どころ• ボスとの会食シーン• 胸の爆弾の解除• フォークリフトとの対決• 起爆装置の結び方を見ながら鷹野と田岡が会話をしています。 こんな結び方をする人間を一人知っていると。 そしてそれが 8年前に死んだはずの鷹野の元相棒:桜井修であると… 場面は変わり、 中国系企業の男と永島が会話。 鷹野と田岡が写っている写真を見ながら、親しくしたいと申し出る男。 怪しいな… 鷹野と田岡は、8年前に桜井が死んだ現場を訪れ、死んだ時の過去の映像がフラッシュバックします。 桜井の腕が爆発によって取れており、ちょっとだけグロいシーンです。 鷹野たちと中尊寺の第一秘書である 永島と会う約束を取り付け、鷹野たちの上司である風間と中尊寺も会う約束をし、それぞれが話をしに行きます。 さらに元総理の息子である 桐野と永島も会話をします。 なんだか永島が動き始めましたね。 だんだんと怪しくなる彼。 中尊寺の家に行く落合ですが、そこで車に乗っている風間に遭遇。 何かある様子で、風間を尾行します。 結局撒かれてしまいますが… 風間も落合に対して「 あの子か…」と言っていたので、何か因縁があるのでしょう。 謎の失踪を遂げた元・新聞記者。 幼少期の鷹野を引き取りエージェントとして育て上げた。 香港でマフィアのボスらしき男の元に潜入します。 山下の情報によると今回の爆破の実行犯は フクモトという男。 さらには中国の裏組織が送り込んだ人物であると。 そしてその裏組織に情報提供者を得たので、ボスに会いに行く山下。 その後鷹野と田岡が駐車場で何者かに襲われます。 あっけなくやられてしましますが、 おそらく敵の情報を集める為にわざと捕まったのだと思います。 そして見どころの一つ。 裏組織のボスと潜入した山下が食事をするシーン。 まあ山下はシバタという偽名を使っていますが。 ボスは 変声器みたいなものを使っており、おそらく声を知られない為だと思われます。 かなり斬新ですが。 捕まった鷹野と田岡は、裏組織のボスと映像が繋がっており「 山下を知っているか?」と聞かれます。 最初は楽しそうに食事をしていましたが、殺されそうになる山下。 それに耐えきれない田岡。 情報を教えれば山下の命だけは救うと言う拉致した奴ら。 AN通信なら胸に爆弾を埋めこんだ傷があると言い確かめます。 しかし服を開けると 胸の傷がない!しかしその直前に耐え切れなくなって情報を言ってしまった田岡のせいでAN通信だとバレ、銃撃戦に。 さらにはその隙に拘束を解いた鷹野が拉致した奴らと戦い、フォークリフトに追いかけられます。 顔に突き刺さりそうになるシーンがあったりなど、迫力あるシーンです。 その時鷹野と田岡の胸の爆弾が発動。 5分以内に解除しないと爆発する仕組みです。 縛られている田岡の前に 覆面をした謎の男がやってきて、胸の爆弾の解除コードを入力するように指示します。 なんとか解除に成功する田岡。 しかし追いかけられている鷹野はまだ解除できていません。 覆面の男を追いかけようとする鷹野ですが、まずは胸の爆弾を解除します。 なんとか逃げ切った山下ですが、田岡のせいで作戦が台無しになった事もあり「 田岡を厄介払いして正解だった」と口にします。 ただ助けたかった田岡ですが、作戦を台無しにしてしまった後悔や、AN通信に対しての葛藤だったりをうまく表現していたと思います。 そして桜井の登場。 覆面の男は桜井でした。 なぜ助けたのかいろいろと疑問が残ります… 第二話登場のキャスト 桜井修(安藤政信) 8年前に死んだはずの鷹野の元相棒で、かつての鷹野の教育係。 爆弾処理のプロ。 山下竜二(市原隼人) AN通信のエージェント。 香港に潜入しており、以前田岡と組んでいた。 見どころ• 爆破事件の真相が明かされる• 落合の過去• 竹内涼真のシャワーシーン• 中国系企業の男と永島が電話をしています。 フクモトに逃げられたと。 フクモトと言うのは 桜井の偽名です。 そして二人の仲も鷹野の上司である風間にバレており、中尊寺にも報告していると。 現状維持で飼い殺しの状態になってしまい可哀想です。 そんな最中人権センターの職員である 落合の携帯に、何者かから「 18年前の件」というメッセージが。 場面は移り、風間宅で鷹野と風間が会話をしています。 今回の爆破事件の真の目的は、都市博誘致ではなく、 カジノ利権が絡んだ出来事だったのです。 カジノ誘致候補として挙がっていた「 湾岸案」ですが、土壇場になって都市博開催地が西東京に決まってしまいます。 それを阻止するためにリスクを背負ってまで湾岸案に戻そうとしていたのです。 その計画を カジノ利権に絡んでいた中国企業に乗っ取られ、今回の爆破事件が起こりました。 鷹野と田岡が爆弾処理をしている場面の写真を撮影したのは フクモト。 つまり桜井です。 彼が爆発を実行し、中尊寺たちに事態の処理をさせます。 それは囮で 第二の現場を爆発しそのすべてをAN通信の仕業に仕立て上げようとしていました。 それがフクモトのミッションでしたが、なぜか中国企業を裏切り、覆面の男たちに紛れ込み鷹野と田岡を助けました。 そのせいもあり中国企業は 今回の顛末をすべてフクモトになすりつけようと。 彼は死んでいる男なのですから。 この件はこれで終わりと言う風間に対して、いたたまれない感情に苛まれる鷹野。 桜井は鷹野の師匠でもあり、共に戦った仲間なのです。 場面は変わり、 めちゃくちゃ食う鷹野。 若干揉める鷹野と田岡。 一人でフクモトを探しに行く鷹野。 桜井との日々を思い出し感傷に浸っています。 そんな中例の中国企業の手下たちに捕まるフクモト。 一体なんなのでしょうか。 過去の記憶なのかもしれません。 そしてシャワーシーン。 何回 竹内涼真のシャワーシーンやるんだよ。 経団連の総会のパーティにも顔を出せと言われる中尊寺の第二秘書。 徐々に見切りを付けられていく可哀想な永島。 そんな彼は政界のプリンスである 桐野と話をします。 カジノ利権の発案は桐野の父親である元総理大臣だと。 そしていまだに父のおかげでカジノ利権の情報が入ってくると。 どうやら桐野には永島の行動がバレている様子です。 桐野はこれからは良い顔をするのはやめると。 そう言って立ち去ります。 そして風間宅に入ってきた落合を捕える田岡。 車中で18年前の出来事について話をします。 18年前医療従事者としてイラク戦争にボランティアで単身乗り込み、武装勢力に拉致されました。 彼らの目的は 自衛隊の撤退です。 その時対応に当たっていたのが中尊寺。 部下の永島も落合親子を励ましていました。 しかし中尊寺が「 自業自得」と言っている場面を目撃してしまい、父は見捨てられ、二人には周りから酷いバッシングを受けました。 石が投げられたりと酷い有様。 精神を患い自殺を図ろうとします。 しかし寸前の所で風間に助けられます。 彼は「 ただ一日だけ生きてみなさい。 そうして一日が過ぎたら次の一日を試してみなさい。 生きてみなさい」と。 そして「家に帰りなさい。 父が待ってる」と言います。 家に帰ると父の遺骨が。 風間が置いていったのです。 しかし風間は死亡していると世間からは思われており、今になってようやく彼がAN通信の人間だと知ります。 あの時救われたことを凄く感謝しており、 命の恩人だと。 風間と使用人の女性が外でお茶しています。 落合にメールを送ったのは風間でした。 田岡と落合を引き合わせる為に。 そして捕まっているフクモトを助ける鷹野。 なんとか逃げ切った二人は会話をします。 久しぶりの再会ですが、いずれ鷹野に桜井殺害の命令を下さなければならない時が来ると風間が発言。 今回はアクションシーンはありませんでした。 物語の中間点という事もあったのでしょう。 謎が解明されるシーンが多く、落ち着いた展開でした。 第四話 6月14日夜10時から放送。 第四話の大まかなストーリーは… 久しぶりに再会した鷹野と桜井。 二人の出逢いから今に至るまでを回想で振り返ります。 鷹野と桜井は別れを告げるのですが、その直後桜井が何者かに攫われます。 中国企業は桜井を消す為に「チーヨウ」という謎の刺客を日本に向かわせます。 今回はいきなり 過去の話から始まります。 14年前の南蘭島という島にいた鷹野ですが、正式なエージェントになる為に桜井のもとに。 これが二人の出逢いです。 若い鷹野を演じているのは藤原竜也ではなく 日向亘という俳優。 彼は映画版でも藤原竜也の青年期を演じています。 二人で服を買いにいくのですが、桜井が「 建物に入る前に誰がいた?」と…以前鷹野が田岡に聞いたこと同じことを言います。 他にも食事のマナーや、誰も見てない所では汚い食い方をするなど、 桜井の影響を多く受けている鷹野。 まるで本物の兄弟みたいです。 ショッピングモールに行く二人。 「そこにいる保育士にプレゼントするつもりでなんか買ってこい」と言う桜井。 鷹野が買ってきたのが… まさかの2980円の腕時計。 しかも機能性重視の普通の腕時計。 あれはさすがに笑いましたね。 相手がどう思うかが大切と言う桜井。 発電所に爆弾を設置する二人。 爆弾はアートであり、美しくないといけないと。 これは一話の爆弾解除のシーンにも繋がってきますね。 爆弾の配線の結び方。 ダミーは水引、 本命は結びきり。 ここでもあの時と同じ結び方をしています。 これが桜井の特徴です。 そんなこんなで訓練をしながら月日は経ち… 青年期の俳優がいきなり藤原竜也になります。 いきなり成長しすぎじゃね?と感じましたが、そこは多めに見ましょう。 訓練中に以前買った腕時計が出てきます。 記念にとその腕時計を付ける桜井。 あの腕時計にはこんなエピソードがあったんですね。 桜井が鷹野に「 これが俺の最後の仕事」と言います。 いつもいるロッカーの前で佇む桜井。 実は彼はそのロッカーに捨てられていたのです。 桜井は「 お前の笑った顔は一度も見たことはないぞ」と。 確かに彼は笑わないです。 そして家をおまえにやると言い残して去っていく桜井。 その後桜井と連絡がとれなくなる鷹野。 例の桜井が爆発した建物に急行します。 この後の展開は以前回想シーンでもやった通り、桜井の胸の爆弾が爆発し腕が取れ… 思い出の腕時計を大事にとっておく鷹野でしたが… 桜井は胸の爆弾を液体窒素で部分的に凍らせて、一気に回路を焼き切りました。 そのおかげで胸の爆弾が爆発しないようになったのです。 35歳で胸のチップが取れるのは嘘であり、いつまでも組織が監視し続けます。 以前雨の中で裸になり叫んでいた夢を見ていましたが… あれは子供の頃の田岡が、母親の男にシャワーを浴びせられ 真冬のベランダに放り出された過去を描写している夢だったのです。 誰も助けてくれず、母親は男に抱かれており田岡は意識を失って死にかけました。 体中に殴られた痕があり、痩せこけ、施設ではしゃべれなくなっていました。 そんな中今の上司である風間がやってきて田岡にこう言います。 「 お前は生きてていいんだ」と。 彼は初めて自分が生まれてきた事を肯定してもらった気分になりすごく嬉しかったそう。 落合は「 どうして自分に話してくれたの?」と言います。 田岡は「 同じ匂いがした」と。 これは以前落合が田岡に言ったセリフと同じです。 場面は鷹野と桜井の方に。 桜井はこの計画を鷹野が来た時から考えていたと。 そんな話をしていると先程のチンピラが追ってきて銃撃戦が始まります。 敵は鷹野と桜井がいると思い込んでいますが、実際は爆竹でごまかして逃走していました。 敵のボス的な?やつを倒す鷹野と桜井。 桜井と別れる鷹野。 もう二度と俺の前に現れないでくださいと鷹野が言います。 そして桜井は「 たまには笑えよ」と。 いいシーンですね。 その直後 桜井が何者かに攫われます。 どうやら中国の工作員の仕業ではないようです。 あの片言の中国人も必死に探してる様子。 香港にいた声を変な機械で変えている男に連絡をします。 フクモト(桜井)が生きていると中尊寺にとってもリスクがありますし、中国勢力もフクモトの存在を公にしては都合が悪いのです。 爆破事件を彼のせいに仕立てあげていたから。 声を変な機械で帰る男が「 チーヨウ」という謎の殺し屋に「日本に行け!」と命令をします。 どうやらこの男が鷹野たちの前に立ちはだかる最強の敵らしいです。 例のコインロッカーの前にいる鷹野。 撤去されるという貼り紙が。 悲しいですね。 その頃政界のプリンスと言われている桐野が「 予定通りでお願いします」という謎の電話を誰かとしています。 そして桜井を拉致した人物とは… 今回も目立ったアクションシーンはなく、 鷹野と桜井の過去を描いた展開でした。 第五話 6月21日夜10時から放送。

次の

藤原竜也:「太陽は動かない」最終話 見どころは安藤政信との「決着」

太陽 は 動か ない

解説 「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一のスパイアクション小説「太陽は動かない」「森は知っている」を藤原竜也主演で映画化。 謎の秘密組織AN通信。 この組織に属するエージェントは心臓に爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫まるという。 エージェントの鷹野は相棒の田岡とともに、死の危険を抱えながら「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐって、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦を繰り広げる。 鷹野役の藤原、田岡役の竹内涼真のほか、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、佐藤浩市、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎らが脇を固める。 監督は「海猿」「暗殺教室」「MOZU」など数多くのヒットシリーズを手がける羽住英一郎。 2020年製作/110分/G/日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 スタッフ・キャスト• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

「太陽は動かない

太陽 は 動か ない

この節にはに関する記述があります。 記述内容は映画の公開によって変更されることがあります。 ( 2019年5月) 太陽は動かない 監督 脚本 原作 『太陽は動かない』 『森は知っている』 製作 武田吉孝(企画・プロデュース) 大瀧亮(企画・プロデュース) 小出真佐樹 古屋厚 出演者 ピョン・ヨハン 日向亘 音楽 主題歌 『泡』 撮影 江崎朋生 編集 西尾光男 制作会社 製作会社 「太陽は動かない」製作委員会 配給 製作国 言語 『 太陽は動かない』(たいようはうごかない)のタイトルで公開予定。 監督は、主演は。 にて海外ロケが行われ、列車を40km走らせながらの撮影も行われた。 2020年5月15日全国公開予定だったが、の感染拡大の影響で4月1日に公開延期が発表された。 キャスト(映画) [ ]• 鷹野一彦:• 田岡亮一:• AYAKO:• デイビッド・キム:ピョン・ヨハン• 山下竜二:• 菊池詩織:• 鷹野一彦(高校時代):• 柳勇次:• ジミー・オハラ:• アンディ・黄:• 小田部奈々:• 小田部教授:• 河上麻子:• 河上満太郎:• 風間武: スタッフ(映画) [ ]• 原作:『太陽は動かない』『森は知っている』()• 監督:• 脚本:• 音楽:• 主題歌:『泡』()• 企画・プロデュース:武田吉孝、大瀧亮• プロデューサー:、小出真佐樹、古屋厚• 共同プロデューサー:加納貴治• ラインプロデューサー:中島勇樹• 企画協力:茅原秀行• 撮影:江崎朋生• 照明:• 録音:小松崎永行• 特機:実原康之• 操演:宇田川幸夫• アクションコーディネーター:• VFXプロデューサー:赤羽智史• 美術デザイン:• 装飾:小山大次郎• 衣裳:丸山佳奈• ヘアメイク:百瀬広美• スクリプター:谷恵子• 編集:西尾光男• 選曲:藤村義孝• 音響効果:• キャスティング:緒方慶子• ブルガリアロケユニットプロデューサー:駒谷タク• 助監督:吉川祐太• 制作担当:宮下直也• 助成:文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)• ブルガリアロケ制作プロダクション:B2Y PRODUCTIONS• 制作プロダクション:• 配給:• 製作幹事:、• 製作:「太陽は動かない」製作委員会(WOWOW、ホリプロ、、ROBOT、ワーナー・ブラザース映画、、、、、) テレビドラマ [ ] 太陽は動かない -THE ECLIPSE- ジャンル 脚本 監督 監修 出演者 音楽 エンディング 「泡」 国・地域 言語 製作 制作 放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 - (予定) 放送時間 日曜 22:00 - 23:00 放送枠 放送分 60分 回数 6(予定) 『 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』(たいようはうごかない ジ エクリプス)のタイトルで、から「」において、原作者である監修によるオリジナルストーリーとして放送されている。 主演は映画と同じ。 キャスト(テレビドラマ) [ ]• 鷹野一彦:• 田岡亮一:• 桜井修:• 落合香:• 山下竜二:• 桐野研次郎:• 鷹野一彦(高校時代):• 中尊寺信孝:• 永島徹:• 風間武: スタッフ(テレビドラマ) [ ]• 監修:• 監督:• 脚本:• 音楽:• 主題歌:「泡」()• 制作会社:、• 製作: 前番組 番組名 次番組• 2019年5月21日閲覧。 幻冬舎. 2019年5月21日閲覧。 2019年5月21日. 2019年5月21日閲覧。 2018年8月11日. 2019年5月21日閲覧。 シネマカフェ. 2019年5月21日. 2019年5月21日閲覧。 シネマカフェ. 2020年4月1日. 2020年4月19日閲覧。 シネマトゥデイ. 2020年1月16日閲覧。 株式会社ナターシャ. 2020年3月24日. 2020年3月24日閲覧。 クランクイン!. 2019年5月21日. 2019年5月21日閲覧。 2020年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - 幻冬舎• - 幻冬舎• taiyowaugokanai -• - プレイリスト• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の