麻薬 mdma。 タコに幻覚剤「MDMA」を与えた結果、驚きの現象が判明

【知識】『合成麻薬MDMA』違法薬物:5GAI|5GAI

麻薬 mdma

MDMAとは? MDMAとは、3,4-methylenedioxymethamphetamine という化学物質です。 化学構造は、図1の通りです。 化学的に合成される合成麻薬の一種です。 「麻薬及び向精神薬取締法」の規制対象となっています。 日本でも、「エクスタシー Ecstasy 」という通称で、近年、若者たちの間で服用する者が増加していて、問題となっています。 下のグラフ1のように、日本においては近年、MDMA等の錠剤型合成麻薬は押収量が年々増加しています。 また、MDMA等合成麻薬事犯の検挙人員も、平成14年117人、平成15年256人、平成16年417人、平成17年403人と近年、増加してきています。 日本における他の薬物事犯の検挙人員との比較については、当・横浜市衛生研究所ホームページ「」をご覧ください。 米国における米国司法省麻薬取締局 Drug Enforcement Administration:DEA によるMDMAの押収量は、1993年に196錠、1998年に174,278錠、1999年に100万錠以上、2000年に300万錠以上、2001年に550万錠以上と増加しています。 米国税関によるMDMAの押収量も、1999年に350万錠、2000年に930万錠と増加しています。 ただし、2002年の概算では、米国では、12歳以上の676000人が1ヶ月以内にMDMAを使っていたのが、2003年の概算では470000人に減ったと考えられています。 2002年の米国における調査( National Survey on Drug Use and Health )では、生涯に少なくとも1回MDMAを使ったことのある人の割合は、12-17歳で3. 3%、18-25歳で15. 1%、26歳以上で2. 6%と若者で多いです。 また、米国では、MDMAを初めて使った人は1993年には168,000人だったのが、2001年には180万人と増加しています。 欧米では、XTC、X、E、Empathy、Essence、Adam、Clarity、Lover's Speed、hug、beans、love drug、B-bombs、Bens、Cristal、Decadence、Dex、Disco biscuit、Eve、Go、Hug drug、Iboga、Morning shot、Pollutants、Speed for lovers、Sweeties、Wheels 等の呼称もあります。 MDEA methylenedioxyethylamphetamine や、MDA(3,4- methylenedioxyamphetamine)も、同系統の化学物質です。 世界的には、MDMAは、西ヨーロッパのベルギーやオランダなどでひそかに製造されているものが多いと考えられています。 これらの国で全世界の消費量の80%は製造されていると考えられています。 前駆物質や必要な化学薬品が入手しやすいことや国際的な交易の中心であることが要因として考えられています。 国際刑事警察機構 インターポール:Interpol:International Criminal Police Organization:I. ;本部はパリ によれば、ヨーロッパで押収されたMDMAは1998年に500万錠、1999年に1410万錠と増加しています。 全世界で押収されたMDMAも、1998年に560万錠、1999年に2200万錠と増加しています。 「エクスタシー Ecstasy 」と呼ばれる錠剤はMDMA、MDEA、MDA以外の薬物も含んでいることがあります。 それは、メタンフェタミン、カフェイン、エフェドリン、コカイン、ケタミン、コデイン、DXM dextromethorphan 、PMA paramethoxyamphetamine などの薬物だったりします。 MDMAと他の薬物との組み合わせにより、さらに危険性が増す可能性があります。 また、MDMAでない薬物がMDMAとして偽られて与えられることがありえます。 例えば、PMA paramethoxyamphetamine は、違法な合成薬物で幻覚作用や覚醒作用があります。 PMAがMDMAとして偽られて与えられ服用した場合には、PMAの作用発現がMDMAより遅いため、実際にはPMAを服用しているのに弱いMDMAを服用したと思い込み、より強くハイな気分を感じようとPMAの作用がまだ充分に発現していない時点で追加して服用することでPMAの過剰な摂取となり死に至るような可能性がありえます。

次の

【知識】『合成麻薬MDMA』違法薬物:5GAI|5GAI

麻薬 mdma

【効果】 服用から30分程度たつとスイッチをオンにしたようにガツンと効果が表れて薬効が切れるまで、瞳孔が開き、高い声が出るようになり、歯が折れたり内頬がザクザクになるほど無意識に歯を食いしばり続けます。 音楽やSEXが最高に気持ちよくなり、一緒に使用している人と深い友情、愛情に結ばれているように思えます。 実際はタイプでは全くない不細工な異性なのにも関わらず、色っぽい美人に見えて、尋常じゃない性欲がやってきますが、チン〇ンは立たちません。 しかし覚醒剤同様に全身クリトリスになったと思わんばかりの快楽があります。 効果が出ている間は体温調節が分からなくなり、現状が暑いのか寒いのか分からなくなります。 人によってはクラブなどで効果が切れるまで永遠に踊り続けたり、酷い幻覚を見て苦しんだり、痙攣や嘔吐して最悪の場合、死にます。 私の場合、上のイニシャルDの画像のように、車のテールランプが尾を引いているような幻覚が見えたり、普通の電球からレーザーが出ているような幻覚が見えました。 【後遺症】 私の体感では、友達と楽しく会話しているはずなのに、「今いったい何を話していたの?」と現状何が起こっているのか分からなくなったり、過去の記憶が消えて思い出せなくなったり、自分の名前を漢字で書けなくなったりと、死ぬほど後悔する後遺症がありました。 自分が話している内容も「あれ?自分何のことについて話しているんだろう?」と分からなくなりました。 田代まさしが「ミニにタコ」と言ってしまったように、「耳」という言葉が思い出せなくなり、なんとなくニュアンスで「ミニ」と言ってしまうような言語障害になります。 ハートやAなどとマークされた強烈な効果の出るMDMAの場合、この言語障害が半年ほど続くことがあります。 実際、私が半年ほど言語障害状態になった事がありました。 使用して死ななかったとしても、MDMAは非常に頭が悪くなり社会不適合者になる危険な麻薬です。 良かったらコレをポチっとお願いします。

次の

合成麻薬「MDMA」とは 一見サプリメント 性行為時に使われることも― スポニチ Sponichi Annex 芸能

麻薬 mdma

どうも、ぼくです。 某有名人が逮捕されたことをきっかけに「MDMA」というワードが脚光を浴びていますね。 合成麻薬のMDMAを共同で所持していたとして女優の沢尻エリカ容疑者と知人の男が逮捕された事件で、2人は頻繁に都内のクラブなどを一緒に訪れていたことが関係者への取材でわかりました。 沢尻容疑者は、数週間前に男からMDMAを渡されたと供述していて、警視庁はその前後の2人の行動について詳しく調べています。 … おそらく大半の人は、大麻や覚醒剤はどういうものか知っているけども「MDMA」って何?って思われる方が多いかと思われます。 そもそも「MDMA」で逮捕された人が中々話題にならなかったりするので、「MDMA」はまだメジャーな違法薬物として認知されていなかったりするんでしょうね。 そこで今回はそんなマイナーな違法薬物「MDMA」についてご紹介したいと思います!! そもそもMDMAって? MDMAは、アンフェタミンと類似した化学構造を持つ化合物である。 愛の薬などと呼ばれ共感作用がある。 幻覚剤に分類される。 心的外傷後ストレス障害 PTSD に対し、MDMAを併用した心理療法の臨床試験がアメリカ合衆国で進行している。 2017年にはアメリカで画期的治療法に指定され[8]、FDAは承認審査を迅速化する。 しかし、ほとんどの国では違法であり、2018年現在、医療用としては認可されておらず、研究用に例外として認められているにとどまる 「MDMA」の正式名称は「メチレンジオキシメタンフェタミン」と言います。 上記引用にある通り、「MDMA」は幻覚剤としての効能があります。 また一般的な「MDMA」は製造者によって純度がまちまちであるため、一概に依存性がない・体に害はないなど言うことはできません。 様々な化合物が含まれている可能性もあるため危険性も増しています。 また、 クラブパーティーや性行為する際などによく「MDMA」を用いられることから「パーティードラッグ」などといわれることもあります。 「MDMA」の効果が効いている時間としては 体内に投与してから「30~45分後」に効いてきます。 その後一番効果が感じられるピーク時が「90~120分」続き、「3~6時間」後に投与前に戻ります。 また前述いたしましたが、「MDMA」は製造者によって純度がまちまちであるため一概にこの時間で効いたりすることはないです。 あくまでも一般的な効果の効き目について記載しております。 大麻と比べると「MDMA」は、すぐ体内から消える。 ドラッグの効果を感じなくなっても、血液、尿、髪の毛にはその成分はしばらく残る。 (ドラッグの)痕跡が体内から完全に消える時間は、(ドラッグの)種類によって異なる。 アルコールからモルヒネまで、様々なドラッグが体内から完全に抜けるまでの所要時間を、以下の表にまとめてみた。 … 上記の記事である通り、「MDMA」は大麻よりもすぐ体から消えるという結果が出ています。 結構「MDMA」は長く体内から消えないイメージでしたので、大麻よりも体内から消えるというのは意外でしたね。 最後に すぐ体内から消えるから、覚醒剤より効果は薄いから、といった理由で安易に手を出してしまいがちなのがこの「MDMA」ですね。 周りがやっているから自分も大丈夫だ、といった安直な考えで服用してしまうと後遺症などが残ってしまう可能性があるので、怪しいものには手を出さないのが一番良いですね。 おしまい。

次の