麒麟がくる薬物。 「麒麟がくる」片岡愛之助「複雑ですが、今井翼さんに討ち取られるなら仕方ない(笑)」今夜ついに桶狭間― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「麒麟がくる」に激震!?「マトリがくる」薬物報道でチンコロされた女優とは?

麒麟がくる薬物

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)は7日、第21話が放送され、中盤最大のクライマックス「桶狭間の戦い」(1560年、永禄3年)が描かれる。 東海最強の戦国武将・今川義元を熱演している歌舞伎俳優の片岡愛之助(48)は、義元を討ち取る織田信長の家臣・毛利新介役の俳優・今井翼(38)について「公私ともに仲が良いので複雑ですが、翼さんに討ち取られるなら仕方ないかと思います(笑)。 大河ドラマが共演できて、とてもうれしかったです」と語った。 今井の大河ドラマ出演は矢頭右衛門七を演じた1999年「元禄繚乱」、那須与一を演じた2005年「義経」以来15年ぶり3回目。 今回演じる毛利新介は織田信長(染谷将太)の家臣。 信長の馬廻(うままわり)として仕え、桶狭間の戦いで服部一忠とともに、今川義元(愛之助)に肉薄し、首級を挙げた。 今井は今年4月1日、愛之助と同じ芸能事務所「松竹エンタテインメント」に所属。 14、16年「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」、今年2月「システィーナ歌舞伎 NOBUNAGA」など歌舞伎公演でも共演している。 俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。 第21話は「決戦!桶狭間」。 今川方から松平元康(風間俊介)を離反させる工作は失敗に終わった。 織田信長(染谷)は父・信秀(高橋克典)の教えを思い出し、今川が本当に噂されるような2万もの大軍であることを疑い、前線へ出陣。 局地戦を展開し、今川義元(愛之助)自ら率いる本隊から徐々に兵を引き離す作戦を決行する。 一方、元康は三河勢を駒のように扱う今川方に次第に嫌気がさし始め、織田軍の迎撃に加わることを拒否。 そして暴風雨の中、数の減った今川本隊は桶狭間山での立ち往生を余儀なくされる。 そこに織田の軍勢が襲い掛かる…という展開。 愛之助は「これまでの今川義元は見た目は公家のようなイメージがありますが、今回は頭も良くて強大な強さを持った勇敢な武将として描かれています。 全体的にクールな印象がありますが、その中に鋭さと燃えたぎるような情熱が見え隠れするように、義元を演じてきました」と役作り。 最後まで屈強な義元であることで、討ち取った信長の存在がさらに強くなると思い、絶命の瞬間まで戦う武将であることを意識しました」と明かした。 最大のハイライトは「信長と義元の駆け引き」。 「圧倒的有利な状況で着々と織田方の城を落としていく義元は順調そのもの。 信長が突いてくるのはまさにそこで、少数精鋭で今川本陣を攻めてきます。 結末は分かっている桶狭間の戦いですが、どのように描かれているのか、楽しんでいただけたらと思います。 また義元をはじめ、今川軍と織田軍の迫力ある殺陣のシーンにもご注目いただきたいです」と呼び掛けた。 「麒麟がくる」は新型コロナウイルスの影響のため、収録は4月1日からストップ。 第21話をもって一時休止に入る。

次の

沢尻エリカ薬物事件で麒麟がくる降板濃厚、損害賠償は5億円以上? 親友・片瀬那奈が心境語り涙。彼氏も捜査対象に?

麒麟がくる薬物

NHK 6月29日発売の「実話ナックルズ」がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中の、演技派女優Xの「違法薬物使用疑惑」を報じている。 記事によれば、実際Xに薬物を届けた売人が「南米由来の薬物がメインだが、それだけでなくいろいろな種類を買ってくれる。 売人仲間の間では上客として有名」と告白。 裏社会では筋金入りのジャンキーと呼ばれているというのだ。 現在、新型コロナの影響で放送休止中の「麒麟がくる」は、放送前に濃姫役のが自宅に違法薬物を所持していたとして逮捕。 緊急降板することとなり、急きょ沢尻の出演シーンを撮り直すという事態に見舞われている。 もし、沢尻に続く逮捕者が出れば、呪われた大河となることは間違いないだろう。 では、問題の女優Xとは誰なのだろうか。 記事中に何度も出てくる「演技派」という言葉から考えられるのは、数々の映画やドラマに出演している女優だろう。 「麒麟がくる」の出演リストを見ると、ドラマや映画で十分に主役を張れそうな名前がズラリと並ぶ。 年齢や特徴などがわかる明確な記述はないため特定することは難しいが、裏社会に詳しいジャーナリストは「芸能界では数年前から南米由来のパーティー向け薬物が流行っている。 正直、誰がやっていても驚きはない」と証言する。 昨年、が逮捕されたときに明らかになったように、このパーティー向け薬物は、吸引後数十分で効果が抜けるため、景気づけに仕事前に使用する人間も多いという。 「コロナ禍において、警察やマトリはけっして捜査の手をゆるめているわけではありません。 むしろふだんよりも多くの有名人がクスリで摘発されています。 この理由は2つ。 ひとつはコロナ疲れからくるストレスを違法薬物で発散させたいという有名人が意外に多かったということ。 そういう人間ほど警戒心が薄れやすい。 そしてもうひとつは、違法薬物の取引価格の高騰。 外国との人の往来が激減したことで、国内に供給される量が減ったのが一因。 こうした状況で、クスリが入手できるのは、それなりの人脈と金を持つ一部の金持ちや有名人に限られてきますからね。 嫉妬にかられたクスリ仲間から『あいつやってまっせ』みたいなタレコミが寄せられることも増えたそうです」(前出・ジャーナリスト) 芸能人の薬物疑惑は後を絶たず、そのほとんどが疑惑のままで終わることは確かだが、裏社会の専門誌である「実話ナックルズ」だけになぜか説得力もあるような…。 「麒麟がくる」にマトリがくるような悲劇が訪れないよう、祈るばかりだ。 (金沢伝之助).

次の

麒麟がくる女優X?まあ確かにテンションおかしいわな

麒麟がくる薬物

「麒麟がくる」の放送休止と放送再開についての発表と情報がありました! 7月26日までは放送休止で代替番組を放送し、放送再開は早くて8月となる見通しです。 今後の代替番組は、過去の戦国大河の名場面スペシャルとなります。 6月14日 日 は「独眼竜政宗」、6月21日 日 は「国盗り物語」、6月28日 日 は「利家とまつ」、7月12日 日 は「秀吉」の予定です。 7月5日 日 は、東京都知事選挙の開票速報となります。 6月30日から撮影は再開される見通しですので、放送再開のおりには出演する演者と製作スタッフの思いも心に留めつつ番組を楽しみたいですね。 6月13日更新 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が新型コロナの影響で、撮影のめどが立たない状況となっています。 「麒麟がくる」の撮影は4月1日から中止しており、このままだと6月7日放送分の21話でストックが切れてしまうため放送の中断は避けられないようです。 現在、放送回数を減らす方向で調整されており、途中、総集編などで間はつなぐことになりそうですが、全44話全て放送されます! それでは、 今回は、「麒麟がくる」打ち切りで終了危機だった理由と何話までで終わるかについてお伝えします!• 「麒麟がくる」が打ち切り? 新型コロナの感染拡大の影響を受け 、4月1日から撮影が中止されています。 NHKは4月1日に撮影を12日まで中止することを発表し、その後7日には緊急事態宣言が出たため更に中止の延長をしていました。 当初は最初の期限が終わった後、5月7日以降には撮影を再開する予定となっていましたが、緊急事態宣言の更なる延長で6月で終了を考えせざるを得なくなってしまいました。 麒麟がくる」は何話で終わる? 4月1日から撮影が中断されているため、撮影が終わっているのが6月7日放送の第21話分までです。 このまま5月中に撮影を再開できなければ、6月14日以降の放送に間に合わないので中断は避けられず、回数を減らして年内終了では、と報じられていました。 ところが、嬉しいニュースが飛び込んできました! 最終話の44話まで全て放送すると決定し、6月29日に撮影を再開することを決めました。 例年は10月で撮影を終えるところを、年内ギリギリの撮影スケジュールになり、 最終回は2021年になるようです。 現在のところ、前半の見せ場となる「桶狭間の戦い」は収録が終わっていて、6月に放送できるようですが、大事な「本能寺の変」は撮影が終わっていませんでした。 「本能寺の変」の前で終わってしまうのではと、視聴者からはがっかりとの声が聞こえていましたが、これから撮影が進むようなので楽しみに待っていたいですね。 緊急事態宣言で多くのドラマが撮影中断 今回の新型コロナの感染拡大による 「緊急事態宣言」で、多くのドラマは撮影が中断されている状況となっています。 その中でも、放送が続いて最終話まで行けそうなドラマとそうでないドラマがあるのはなぜでしょうか。 最終話まで放送できるドラマは、 「特捜9」「警視庁・捜査一課長」などの定番シリーズものなのです。 セットも以前のものを使えて、シリーズものはスタッフや役者もいままでの手順もわかっているので打ち合わせも最小限ですむのが、今回収録が早めに進んでいた理由のようです。 しかし、 大河ドラマは、もともと他のドラマと比べて制作に時間と手間がとても掛かります。 それに加えて、「麒麟がくる」の場合、 沢尻エリカさんの薬物による不祥事で、収録がだいぶ遅れていたのがネックとなっていました。 「麒麟がくる」を最終話まで変更なしの理由 「放送回数を減らし、年内で終了案」も話し合われていたようですが、 「麒麟がくる」を年内で終わらせたとしても2021年の大河ドラマ「晴天を衝け」も撮影がとまっているため年明けに放送できないのです。 そして、変更なしの他の理由としては NHK大河ドラマ制作スタッフの「職人気質」もあります。 歴史ものは特に、何話分か縮めてしまったら、 ドラマの重厚感が薄れてしまいます。 そしてここ何年かの大河ドラマの中でも、今回の「麒麟がくる」は視聴者からも評判が良く、どうしても全話放送したいというNHK側の思いがあったようです。 これだけの逆境の中で制作される「麒麟がくる」にますます期待が高まります! 最後まで私たち視聴者が納得できる大河ドラマで楽しませてほしいですね。

次の