過 呼吸 対応。 ストレスに注意!過呼吸になった時の症状と対処法

過換気症候群|一般社団法人日本呼吸器学会

過 呼吸 対応

みなさまこんにちは。 品川の頭痛治療家の片柳亮輔です。 今日は雪の予報ですが、みなさまの地域はいかがでしょうか。 私の住まいの品川では朝になって雪に変わっていったようです。 通勤・通学のタイミングですのでくれぐれも足元気を付けてください。 さて、こんなとき電車やバスの乗車率が非常に高く、精神的・肉体的にも疲れますよね。 こうゆうときや、プレッシャーなどで起こりやすいのが「過呼吸」。 正式には「過呼吸症候群」または「過換気症候群」と言われるもので、本日はこのお話をさせていただきます。 過呼吸はとても自律神経と密接に繋がっています。 過呼吸は、自律神経が乱れると発症しやすくなります。 発作的に胸が締め付けられ、呼吸が速くなり、空気が吸い込めない状態に陥り、恐怖に襲われます。 そして頭痛やめまい、四肢のしびれや痙攣などを引き起こしてしまうものです。 しかし、過呼吸・過換気症候群は、身体的な異常で生じるものではないため、身体の異常は何もない。 原因は精神的ストレスによる自律神経系の異常なんです。 自律神経は、私たちの意思とは無関係にはたらく神経で、心身を緊張、興奮させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」に分かれます。 自律神経は血圧や血液をコントロールしてくれるものです。 自律神経の乱れの原因は仕事のプレッシャーや過労、人間関係などの精神的なストレスの原因がとても大きいです。 昨年末の紅白歌合戦でも歌手の方が過呼吸になっていた理由として、極度の緊張感に襲われていたそうです。 ただ基本的な過呼吸は見た目の症状ほど重篤ではないというのが救いです。 過呼吸発作のピークは 30分程度で、しばらく経てば自然と治まるのが基本的な症状になります。 しかし長い場合では 1時間近くも発作が続くことがあり、心臓発作を誘発する危険性を持っているのでそれは注意が必要です。 「油断は禁物」の言葉通り、本人が判断するのはやはりなかなか難しいところですが、発作が起きた時は特に周囲が、慌てず、腹式呼吸を静かに繰り返えさせるようにさせてあげてください。 そんな自律神経のバランスがおかしかったり、いつもツラい頭痛に悩まされている方は品川の頭痛専門やなぎ整体院までお越しください。 冬の電車の最初は嬉しいが、時間が経つとしんどくなってくる品川の頭痛治療家 片柳亮輔.

次の

過呼吸はなぜ起こる?|予防・対策のセルフケア

過 呼吸 対応

過呼吸発作になる過程 [ ] 過呼吸は、(特になどの息止め競技など)で危険とされ禁じられている、「呼吸法(などの息止め競技などで潜水時間を伸ばすことができるために盛んに行われている潜水前に行う呼吸法)」と同様に、中のとのバランスが崩れ、酸素過多になり、二酸化炭素不足となる状態。 呼気からのの排出が必要量を超え動脈血の二酸化炭素濃度が減少してがに傾くため、息苦しさを覚える。 そのため、無意識にが反射によってを停止させ、血液中の二酸化炭素を増加させようとする。 しかし、は、呼吸ができなくなるのを異常と捉え、さらに呼吸させようとする。 また、血管が収縮してしまい、軽度の場合は手足の痺れ、重度の場合は筋肉が硬直する。 それらが悪循環になってがひどくなっていく。 これを、過呼吸症候群という。 これが精神的要因によっておこる場合はとなる。 症状 [ ] 過換気症候群によって引き起こされる症状には以下のようなものがある。 息苦しさ• 呼吸が速くなる(呼吸を深くすると胸部に圧迫を感じる)• 胸部の圧迫感や痛み• 手足や手指、唇の痺れ• 頭がボーとする• 死の恐怖を感じる、パニックになる• (まれに)失神 直接的にこの症状が起因して死ぬ事はない。 しかし心臓発作などを誘発し死に至るケースもある。 他の病気で発熱し、息が荒くなっただけで発症するケースもある。 対処法 [ ] 紙袋などに口・鼻をあて、吐いた空気を再度吸い込むという行為をくり返し、血中の二酸化炭素濃度を上げる方法(ペーパーバッグ法)が一般的だが、この場合、酸素不足にならないよう、少し隙間を作っておくなどの配慮が必要でその加減が難しく、袋を用いる方法は有効性よりもむしろリスクの方が大きいという意見もある。 誤った処置(袋をぴったりと口・鼻に当ててしまい、外気を遮断してしまうなど)により、発作時には、酸素が多すぎた状態から、一気にバランスが逆転し二酸化炭素が多くなり過ぎて、窒息死に至ったケースも報告されているという。 呼吸の速さと深さを自分で意識的に調整すれば2~3分で自然に治まる。 このことを利用し、万一発作が起きた場合は、介助者は何もせずに、大丈夫だ、安心しなさいと、患者を落ち着かせ、息を吐くことを患者に意識させ、ゆっくりと深呼吸をさせる(「吸う:吐く」が1:2の割合で呼吸する。 一呼吸に10秒くらいかけて、少しずつ息を吐く。 また息を吐く前に1~2秒くらい息を止める事が良い。 胸や背中をゆっくり押して、呼吸をゆっくりするように促す。 )などの呼吸管理によって、二酸化炭素を増やしながらも、酸素を取り込んで、窒息しないように呼吸管理をすることが、推奨されている。 脚注 [ ]• 参考文献 [ ]• 2012年8月29日放送 NHK総合テレビ「ためしてガッテン」窒息死を招く大誤解! 本当は怖い過呼吸SP 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ].

次の

過呼吸で苦しいのに保健室の先生が頼れない…誰を頼れば?

過 呼吸 対応

ページの目次• タオルさえあればできる!過呼吸の予防と対処法! 過呼吸になったらタオルを口にあてる 呼吸というのは、吐いて吸っての繰り返し、吐かないと吸えないし、バランスが大事です。 ところが、過呼吸になってしまうと、吸う方ばかりに力が入ってしまい、うまく息を吐くことができないのに、また吸い込もうとして、吸う時に苦しそうな声が出ることもあります。 ここで、ゆっくりと息を吐いて、吐き切ったところで吸う事ができれば、正常な状態に戻れるのですが、パニックに陥って吸ってばかりだと、なかなか立ち直れないのがほとんどです。 そんな時に、一枚のタオルを用意して下さい。 過呼吸の方の口にタオルをあてて、タオルを通して息を吸うだけです。 タオルがない状態よりは、目が粗くて息があまり入らないので、吸う息を少なくすることができます。 しばらく安静にして、数分ほどで治まるそうです。 急に動かずに少しづつ普通の動きに戻しましょう。 日頃からタオルを持ち歩き予防 過呼吸の経験がある人であれば、またそのような状態になったらどうしようかと不安があると思います。 その不安が、また過呼吸を促す要因にもなります。 一度でもタオルで過呼吸を止めたことがあれば、日頃からタオルを持ち歩いているだけで、いざと言う時は口にあてるだけという安心感が生まれます。 タオルが持ち歩きにくければ、ハンカチでも代用できます。 過呼吸の対処法はタオルがベスト!紙袋は危険? 過呼吸は心の病 過呼吸は決して心臓や肺などに問題があって起きる病気ではありません。 自分を否定されたり、自分に自信がなくなるなどの恐怖感や喪失感が呼吸のバランスを乱します。 経験された方の話だと、手足が震え、脂汗がにじみ出るそうです。 心配ばかりしていても解決にはならないので、ここで過呼吸の特徴を整理してみます。 1 心臓や肺に原因があるわけではなく、心に原因があります。 2 過呼吸で死んだ人はいません。 3 しばらくすると自然に治ります。 以上の3点を見ればおわかりのとおり、元々臓器などに疾患があるわけではないので、ほんのわずかの時間をのりきれば、じきに収まるようなものだということです。 恐怖感が一番の大敵、常にそのうち治まると心がけることが大事です。 過呼吸の対処法 絶対やってはいけない!「ペーパーバック法」 紙袋を鼻と口に隙間なくあて、吐いた息をそのまま吸う方法。 以前は推奨されていましたが危険だとわかり、現在では絶対にしないよう警告されています。 誰でもどこでもできる「タオル対処法」 身近にあるもので対処できたらいいですね。 最近では過呼吸になった時にタオルを使った対処法が推奨されています。 息を吸う力を抑える効果があるので、おすすめです。 1 タオルで口を押えます。 2 鼻からゆっくり息を吸います。 3 口をすぼめて、ゆっくり息を吐きます。 4 深呼吸せずに、普通の呼吸を繰り返し行います。 なお、ハンカチでも代用できますが、タオルやハンカチがない場合は、口に手をあてて鼻から吸って口から出すを繰り返すだけでも効果があります。 過呼吸の人を発見!タオルも何もない場合の対処法 目の前に過呼吸になった人がいたらどうしますか?タオルやハンカチがあれば、口にあてて吸う力をセーブできますが、何もないような時はどうしたらよいでしょうか。 過呼吸になる時というのは、不安や恐怖からパニックに陥っていると思われます。 そんな時は、まずそのうち自然に治まるから心配いらないということを伝え、安心させることが先決です。 苦しくても大体30分もあれば治まるそうなので、その間は少しでもゆっくり息を吐くことができるように、大丈夫だと声かけてあげて下さい。 ・椅子に座らせ、膝に胸をつける状態で下を向かせます。 ・椅子がなければ、うつぶせがいいそうです。 ・3秒間吸って、4秒間吐きます。 ・3秒間吸って、5秒、6秒、7秒とだんだん長く吐きます。 ・一呼吸10秒くらいかけるのがいいと言われています。 ・吐く前に1,2秒息を止めることができたら止めて下さい。 秒数などは、正確でなくてもよいのですが、過呼吸は吐くことができなくなってしまう症状なので、吸った息の倍の量を吐かせるように促すことが大事です。 熱中症が原因の過呼吸の場合、対処法の手順 過呼吸の原因が熱中症の場合があります。 暑さに対するストレスということですね。 こんな時は、熱中症と過呼吸を同時に改善しなければいけませんが、一般的な対応方法をみてみましょう。 熱中症の応急処置 1 日陰など涼しい場所に移動します。 2 血圧をあげないように、足を高くして寝かせます。 3 脇の下、首、頭など特にリンパが通っている部分を氷などで冷やします。 4 着ている服のボタンなどを緩め、靴を脱がせます。 5 OS-1のような経口補水液で水分を十分与えます。 過呼吸の対応方法 1 何よりも恐怖感をとりはらうことが大事なので、大丈夫だよと声をかけて安心させます。 2 ゆっくりと呼吸させます。 この時、できれば、吸う息よりも吐く息を長くするように促します。 3 もしも、呼吸がうまくできない時は、紙袋再呼吸法で二酸化炭素を吸わせます。 4 血圧を測り、安定しているか見ながら鎮静剤で発作を治めます。 まずは、熱中症の応急処置をしてから、過呼吸対策という順番で行うそうです。 過呼吸は薬を使わなくても治ることが多い 薬を使わない治療法 専門家から言わせると、過呼吸や過換気症候群というものは、特効薬がないそうです。 即効性の薬がないので、それぞれの症例によって、改善が期待されるような場合のみ、薬を使う事があるそうです。 実は、もともと過呼吸や過換気症候群で起きる発作は、良性と言われています。 実際に死に至るようなことはありませんし、後遺症が残るということもないそうです。 ただ、発作を起こしている時は苦しいので、軽く見ることはできません。 薬を飲まなくても30分から一時間くらいで発作は治まります。 原則、薬を使っての治療は控えているということです。 しいて言えば精神を安定させる薬 過呼吸や過換気症候群の患者は、なるべく薬を使わずに治すことが原則なのですが、かといって、薬が使う場面もあります。 それは、薬を使うことで症状が大きく改善されると見込まれる時です。 多くの過呼吸や過換気症候群自体を治す薬はないので、原因となっている精神的なストレスを緩和させる薬の投与が考えられます。 一つは発作時、一つは間欠期に用いると言われています。 過呼吸も過換気症候群も、パニック障害の症状と似ており、不安や恐怖で悪化し、発作を起こすことが多いのです。 そのため、パニック障害で使われる薬が過呼吸や過換気症候群でも使われることがあるそうです。

次の