トーマツ コンサル。 コンサルタントの「パートナー」とは?意味と役職 [コンサルタントで働く] All About

トーマツが「トーマツ イノベーション」を売却

トーマツ コンサル

本記事の目次• デロイトトーマツコンサルティングについて デロイトトーマツコンサルティングはDTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 企業のさまざまな組織、機能、目的に対応したサービスを提供する専門家に加え、さまざまな業界・業種ごとの専門的知識と豊富なプロジェクト経験をもつエキスパートたちが、クライアントと共に経営課題の解決に取り組んでいます。 さまざまな業界・業種ごとの専門的知識とプロジェクト経験をもつインダストリーサービスと、組織、機能、目的に対応し、特有の課題を解決するコンピテンシーサービスの2つの軸のプロフェッショナルがチームを組み、サービスを展開しています。 また、グローバルに事業展開するクライアントをサポートする体制を有しています。 デロイト トーマツ コンサルティングは、デジタル社会の進展に伴う変革にとどまらず、さらにその先を見据え、企業のエクスポネンシャル(指数関数的)な事業成長の加速を多面的に支援しています。 日本、そして世界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する今日、成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、これからのビジネスに求められている価値観であると考えています。 次世代のために、その先にある未来のために、クライアントとともにバリューを創り出し、世界へと届ける。 デロイト トーマツ コンサルティングはクライアントと共に日本を、世界を進化させ続けています。 デロイトトーマツコンサルティングの会社情報 企業名 デロイトトーマツコンサルティング 本社所在地 〒100-6390 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 17階 支店住所 全国に多数 HPのURL 設立年月日 1993年4月 代表取締役 宋 修永 役員 経営会議議長 副社長:川原 均、執行役員 経営会議メンバー:篠田 昌典、日下 明彦、佐瀬 真人、シニアアドバイザー:近藤 聡 上場・非上場 非上場 電話番号 03-5220-8600 FAX番号 03-5220-8601 決済月 5月 売上高 709億7,700万円 従業員数 2,381名 男女比 現在調査中 CM動画 デロイトトーマツコンサルティングの事業内容 主な事業内容は、経営コンサルティングです。 経営理念とビジョン 経営理念 経済社会の公正を守り率先してその発展に貢献する、クライアントの期待を超える知的専門サービスを総合的に提供する、各人の個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある場を創りだす ビジョン 100年先に続くバリューを、日本から。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は486万円~1,448万円で、平均年収は815万円です。 年度別平均年収は、こちらです。 現在調査中 年齢別の平均年収は、下記となっております。 20~24歳:486万6,000円 25~29歳:686万円 30~34歳:787万5,000円 35~39歳:876万,7000円 40~44歳:928万円 45~49歳:970万2,000円 50~54歳:987万2,000円 55~59歳:944万7,000円 60~64歳:667万2,000円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 初任給は現在調査中ですが、初年度530万円程度 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 デロイトトーマツコンサルティングの離職率は現在調査中です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年2回 【月間残業時間】 81. 4時間 【有給消化率】 45. 社内制度はフレックスタイム制度があります。 人事制度は「アワーグラス・モデル」を適用しており、始めから専門性を固定するのではなく、 色々な分野のプロジェクトを経験しつつコンサルタントとしての基礎スキルを身につけていき、数年後に自身のこれまでのプロジェクト経験を振り返り、適性や将来を考えて専門領域を絞り込み、その中で更に経験やスキルを積み重ねていきます。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 社内外で研修やセミナーに参加する機会が多く、新たな知識や見識を広げることが出来ます。 また、同業および他業種の動向やトレンドを常に追い、勉強し、自己研鑽するすることが求められる会社環境の為、常に最先端のビジネス・シーンの動きを能動的に学習するのが好きな人や、上昇志向が強く、将来的に起業独立を考えているタイプの人にはやりがいのある会社と言えるかもしれません。 出典元: ブラックな口コミは? 就業規則があるのにも関わらず部署の上司によって休みも取れません。 夏期休暇の延長も不可フレックスも使えません。 整えても使えないのでは全く意味がありません。 管理者がマネージメントを怠ってる場合規定にそわない勤務を強いられて労基問題だらけです。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 デロイトトーマツコンサルティングの採用情報 採用人数、インターン 採用人数は職種により変動で、インターンは擬似プロジェクトを通じ、経営コンサルティング業務を体感できます。 出身大学の傾向・学歴 応募は公募式なので出身大学や専攻等による不利な点はありませんが、結果として大学院卒やMBA等の学歴の方が内定者の中には多いようです。 デロイトトーマツコンサルティングのまとめ いかがでしたか?「デロイトトーマツコンサルティング」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

トーマツが「トーマツ イノベーション」を売却

トーマツ コンサル

社風としてはUP OR OUTであるがグローバル案件も多く給料も非常によい。 BIG4でトップクラス。 また、自動車領域や戦略には強みがあり、下流工程を実施しないことが多いファーム。 他ファーム同様、インダストリーとサービスに分かれており、それぞれに担当役員パートナーが複数人存在する。 若手は全てプールユニットに所属するために、パートナー同士の権力争いに巻き込まれないが、SC(シニアコンサルタント)やM マネジャー)になるとインダストリー所属になるので、出世可否は上司のご機嫌をとれるかどうかにかかっている。 人にもよるが、意見ははっきり言う人が多く、はっきり言っても問題ないケースが多い。 本当にグローバル案件が多い。 特に従来から言われていた自動車領域の海外展開含め、実際に海外にいく案件も数多くある。 人材の質は、BIG4一であるのでコンサルの質も高い。 *ただし、プライドが高いのが問題である。 また、アクセンチュアほどではないが、デロイトエクスポネンシャルという組織にデジタル部隊が所属しており、BIG4の中では最も人も多くデジタルには強い。 また、女性の働き方にも気を使っており、女性は働きやすい。 ただし、未だにパートナークラスは男性が多く、男尊女卑の俺様も多いので、出世や昇進等には実際、男性パートナーの影響している。 *あくまで等松であることをお忘れなく。 もともと優秀な人が多いので、高望みをしなければそれなりのところにはいける。 他のファームより、英語力や職歴(VCやコンサル出身者が有利)を見ている。 また、英語力はやはり必要。 英語力がある帰国子女が多い。 新卒のトイックの点数は高く、900点以上ある人も数多く在籍している。 なお、デロイトやPWCは入社している人のレベルが高く、入社者の質は高い。 また、オラオラ系の人が多いため、結構しんどい。 また炎上案件も数多く受注する体質のため(パートナーの営業がラクに大きくあげやすい)、炎上案件にアサインされると精神的・肉体的にしんどい。 *そのかわり特別ボーナスがでる。 DTCは他のBIG4とは違うと思っている人が非常に内部には多いが、外からはそう見られないことが問題。 転職活動の第一歩はこちら!! ミイダスは、転職活動をしようとしている人なら登録必須です。 インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトで、最大の特徴は、 ・「自分と類似した人材 学歴、年齢、経験スキル 等 の転職実績」 ・「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材 学歴、年齢、経験スキル等 がどれくらいの年収で転職できたのか」 ・MIIDASのオファーは「面接確約」です。 とにかく登録して損はないので、ぜひお勧めします!!.

次の

コンサル会社「デロイト」最年少21歳マネジャーはホワイトハッカー、異例の経歴

トーマツ コンサル

こんにちは、ワンキャリ編集部です。 ワンキャリ編集部が総力を挙げてお届けする。 今回は、ネームバリューの高さや採用人数やインターンの多さ、内定をもらえる時期の早さなどから、就活生を引きつけてやまない 「総合コンサル」をご紹介します。 その中でも、就活生から圧倒的な人気を誇る総合コンサル5社、「 デロイト トーマツ コンサルティング(以下、デロイト)、 アクセンチュア、 PwCコンサルティング・PwCアドバイザリー(以下、PwC)、 アビームコンサルティング(以下、アビーム)、 KPMGコンサルティング(以下、KPMG)」の特徴に迫ります。 就活を始めた学生に、一気に知名度が高まる業界が 「コンサルティング業界」。 グローバルに活躍できる職場環境や社会的インパクトの大きい職務内容、そして圧倒的な成長機会やそれに見合う給与形態など、同業界にはトップ就活生を魅了する要素が多くあります。 ぜひ、最後までご覧ください。 主な業務は高い専門性を生かしてクライアントの経営課題を解決することで、担当する領域に合わせて戦略系コンサル・ITコンサルなどに区別されます。 長い勤務時間や求められる頭の良さ、能力の高さに応じて基本的に給料水準は高く、コンサルティング業務で身につけた専門性を生かして転職や独立する人が多い傾向にあります。 就活生に人気のコンサルは 「戦略」と 「総合」の二つに分けることができ、以下のような特徴があります。 戦略コンサルは大企業の経営戦略を考案する、まさに「コンサルらしいコンサル」です。 経営戦略や成長戦略の立案など、企業の根幹に関わる業務に対するコンサルティングを行います。 一つの案件の依頼料が1〜2,000万円と高額で、クライアントも政府や大企業に限定され若くして大企業の経営者と対等に仕事ができるというチャレンジングな環境で働けます。 戦略コンサルの詳細に関しては、以下のリンクをご覧ください。 ・ ・ 総合コンサルは 戦略から実行まで企業の経営課題を解決できるファームです。 提供するサービスも幅広く、戦略立案・組織改編、オペレーション改善など、さまざまな案件に対してコンサルティングを行います。 クライアントの悩みに対し、川上から川下までサポートできることが総合コンサルの魅力です。 ゆえに、 組織の規模が非常に大きく、その部分が戦略コンサルとの大きな違いです。 どの企業も大規模な人員や拠点数を抱えており、最大級の総合コンサルティングファームであるアクセンチュアの従業員は全世界で50. また、 「BIG4」と呼ばれるアメリカの世界4大会計事務所(デロイト/PwC/KPMGコンサルティング/EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング)に所属するコンサルティングファームは、いずれもグループ内に会計事務所、監査法人、法務、ファイナンシャルアドバイザリーなどの企業を抱えており、連携してグローバルサービスを提供しています。 ・ ・ 総合コンサル人気5社の特徴を徹底比較 総合コンサル5社「デロイト、アクセンチュア、PwC、アビーム、KPMG」のそれぞれの特徴をご紹介します。 デロイトは監査法人Deloitteの 日系のグローバルメンバーファームです。 グローバルの印象が強く外資系コンサルと勘違いされやすいデロイトですが、スローガンでも「100年先に続くバリューを日本から。 4大会計事務所「BIG4」をバックボーンに持つ日系コンサルティングファームであり、内定者が内定者説明会で社員から聞いた話によれば「 デロイトは世界最大規模の売り上げを誇っている」とのことです ( より)。 そんなデロイトの強みは、 戦略から実行までを担う総合力とデロイトグループが持つ国際力を生かしたサービス展開、そしてコンサル業界随一の育成制度です。 税務・財務面でのソリューション提供に強みがあることは、「BIG4」をバックに持つデロイトの従来の強みでした。 デロイトは戦略パートを分離させておらず 戦略から実行までより一貫した案件遂行ができる環境にあります。 前述の通り、どの競合他社の追随を許さない規模であり、全世界の従業員数は 50. そして、アクセンチュアの強みは デジタル分野におけるIT技術です。 これはアクセンチュアが電子情報システムの開発と統合のサポート業務を行うコンサルティング業務から出発したことに由来します。 また、最近では複数のAI(人工知能)サービスを束ねて効果的に活用するツールである「AI Hubプラットフォーム」を独自開発するなど、「ITコンサル」の枠を超えた活動も目立っています。 アクセンチュア自体がGoogleやIBMのようなデジタルプレイヤーとしての側面が出てきたことも、他のファームに比べて大きな違いです。 そんなPwCの強みは「 多様なキャリア開発の選択肢」です。 一方でジョブローテーションの文化も盛んであるため、自分の可能性を模索し続けながら「最適なキャリア」を探すことができます。 また、日本法人が非常に巨大なアクセンチュアやデロイトに比べ、PwC Japanは「グローバルファームの一角」としての色が強く、キャリア開発の選択肢も他社に比べてグローバルに行えることも大きな魅力です。 実際に社内案件の約7割がグローバル案件であり、数カ月海外支社に在中して海外社員とチームを組んで案件を扱うことも多いようです (より)。 そんなアビームは「 日本発、アジア発のNo. アビームは、日系企業のアジア進出をサポートする案件を多く担うファームとして知られています。 そんなアビームの強みは、 クライアント密着型のコンサルティングと、海外に出るチャンスの多さです。 それゆえに日系企業の海外進出をサポートする際などは実際にコンサルタントが海外に行く機会が多くなり、社員の多くが渡航するという特徴を持っています。 このように、設立年度が比較的新しいことから、 ベンチャー気質の社風であり、比較的 個人の裁量権が大きいようです。 そのため、立ち上げフェーズならではの「自分たちで会社を作っていく」ベンチャーのようなやりがいが用意された環境と言えます。 KPMGは会社の一部門として多様な経験・背景を持つデジタル人材を集結した「KPMGイグニション東京」を2019年に立ち上げています。 ONE CAREERへの新規会員登録/ログインが必要です。 各企業のクチコミはこちらをご覧ください。 ONE CAREERへの新規会員登録/ログインが必要です。 【コンサル業界研究のオススメ記事】 ・・・・ 【コンサルのインターン・筆記試験のオススメ対策記事】 ・ ・・ 【外資戦略コンサル徹底解説】 <Vol. 1><Vol. 2><Vol. com/Shutterstock. com).

次の